2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ウェブページ

無料ブログはココログ

2019年8月25日 (日)

ハクサンシャクナゲ 2019夏_北八ヶ岳北横岳

 

Dp3m2544_

 

Dp3m2569_

 

 

 今年は天候がはっきりしないので出かけるのが遅れてしまいました。

 坪庭付近ではハクサンシャクナゲはほとんど花が終わっていましたが、7月下旬北横岳登山道の三岳分岐点から北横岳山頂付近まではハクサンシャクナゲが見頃となっていました。

 
 シャクナゲと言っても高山植物ですので、都会で観る西洋シャクナゲのような華やかさや大きさはありません。小ぶりで色も白地に淡いピンクが入るくらいの地味な花ですが、山の中ではよく目立ちます。

 

Dp3m2557_
 
 Dp3m2422_

撮影機材 SIGMA DP3 Merrill

 

2019年8月10日 (土)

北八ヶ岳 縞枯山荘 2019夏

 

Dp3m2462_

 

 

Dp3m2497_2_

 

 

 縞枯山荘には定期的に通っているようでも、よく調べると数年間もブランクがありました。天候が定まらず予定よりも遅れて出かけたために、坪庭付近ではハクサンシャクナゲはほとんど花が終わっていました。残念!

  

 最近はこちらでも鹿が増えて困っているそうです。私たちも夕食後、外に出てみると、なんと3頭の鹿と間近で眼があってしまいました。縞枯山荘周辺の緑も心持ち変化している? カモシカも目にする機会が減ってしまったようです。

 

 

Dp3m2443_
  

Dp3m2390_

 

撮影機材 SIGMA DP3 Merrill

 

2019年3月23日 (土)

湘南 春の海

Cf004996__1

 

Cf005002_

 

4月の陽気の中、湘南の海を見に出かけました。
春霞のためか、真鶴半島もかすんでいます。
 

☆ こちらも併せてどうぞ 〜 タンブラー(tumblr) への浮気! ☆ tumblr(タンブラー)とはマイクロブログサービス(TwitterなどのSNS〜ブログの中間のサービス)。記事は画像・タイトル・テキスト本文・タグ(キーワード検索)の順に配列。画像をクリックすると拡大された画像一覧が左右に並んで、左右の画像クリックにより順次閲覧。「ARCHIVE」クリックでサムネイル画像により記事一覧表示。ブログの持つ多機能性はありませんが、画像の劣化が少ないのが気に入っています。

撮影機材 CONTAX645, P30+, Zonnar T* 210 mm F4.0

 

2018年12月18日 (火)

碓氷峠 めがね橋(碓氷第3橋梁)

 
Cx004568_

 



Cx004555_

 

 

 
 

 

 

 松井田から碓氷バイパスに入らずに旧国道18号線に入り、旧信越本線の碓氷峠めがね橋を目指します。
 

 

 

 

 それにしても驚きました。新幹線が開通した後の旧在来線周辺は廃れてしまうことが多いのですが、こちら、碓氷峠周辺の鉄道施設は安中市のパンフレットにもあるように国指定重要文化財となり、なかなかの観光スポットとなっているようです。めがね橋は、このルートの中でもハイライトであり、観光バスも含めてたくさんの観光客が来ていました。
 

 

 JR横川の駅から、このめがね橋を通って、熊ノ平までウォーキングできるようです。以前来た時には、まだめがね橋の上には上がれませんでしたので、今回は初体験です。ボランティアのガイドさんがいたり、トンネルの中を歩けたり、橋の上から紅葉を眺めたり、家族連れでも都会とはちょっと違った体験ができる場所でした。偶然ですが、この廃線跡のトンネルを救急車がサイレンを鳴らしながら出てきたのには、みんなびっくりしていました。
 
  
Cx004526_

 

 


 
 
Cx004550_

 

 

 
 
Cx004562_

 

 

 

 

 

  
 むかし、この旧国道18号線を走った際には、お猿さんがたくさん出てきて随分と楽しめたのですが、今回はお目にかかれませんでした。残念! 横川付近はまだそれほど紅葉していませんが、めがね橋を過ぎてしばらく行くと紅葉も盛りとなり、軽井沢では盛りは過ぎた感じでしょうか? 楽しいドライブコースです。

 

 

 

 
Cx004547_

 

 


 
Cx004571_

 

 




_1__

 

 



_2_

 

 


 

 

撮影機材 CONTAX645,  P30+,  Distagon T* 55 mm F3.5,  Zonnar T* 140 mm F2.8

 

2018年12月 8日 (土)

妙義山〜県立妙義公園 2018秋

 

 

 
Cx004455_2_

 

 



 初めて間近に妙義山を仰ぎ見ました。登山ではなくて、ドライブのついでに立ち寄りました。まだ紅葉の盛りでもなく平日なのに、妙義神社付近はとても駐車できず、県立妙義公園には空きがあるものの、外国人の団体登山も含めて、たいそう賑わっていました。
 
 

Cx004486_2_

 

 



 

Cx004474_2_

 

 

 

 

 日本アルプスを世界に紹介したことでも有名なウォルター・ウェストン卿(Walter Weston)が、ザイルを使う登攀術をここで初めて日本に伝えたそうです。

 

 

 

 「妙義」の名前は、後醍醐天皇(鎌倉時代後期から南北朝時代初期)の時代に、「明々巍々(めいめいぎぎ)たる奇勝を眺めて「明巍」と名付けたものが妙義に改まった」そうです。


Cx004467_

 

 




Cx004458_

 

 


  
 

 

 

Cx004506_2_11_04_20185556_11000s2_2

 

 

 

 
 

 

撮影機材 CONTAX645,  P30+,  Distagon T* 55 mm F3.5,  Zonnar T* 210 mm F4.0
 
 

2018年11月27日 (火)

姥湯温泉桝形屋で過ごす日本の秘湯 / 薬師の森

 
Img1196_cx

 

 

 
 
 
Img1195_cx

 

 

 
 
 

 

 

「薬師の森」、桝形屋から1時間ほど登った平坦な小ピークのことでしょうか。なかなか展望の良い場所です。
 

 

どちらを見ているのか良くわからなかったので、帰ってから登山用のガイドブックを見てみました。どうやら、姥湯温泉の東側の大日岳の稜線、南側の烏帽子山の稜線を見ているようでした。稜線の向こうはもう福島県のようです。米沢八湯のひとつである滑川温泉へ下る道があるようですが、良く分かりませんでした。
 
 
Img1203_cx

 

 


 
 
Img1208_cx

 

 



 

 

また、雲海に覆われているのは米沢方面? もっと近い? 隣には、晴れて美しい盆地(長井方面? 米沢方面? )と、コントラストが美しいです。雲海の向こうに見える連山はどこ? 蔵王? 月山は見えない?

 

 

 

とにかく人気のない東北の山でした。
 

Img1189_cx

 

 



 
Img1190_cx

 

 



 
 
Img1186_cx

 

 


 

 

 

撮影機材:CONTAX645  +  Planar T* 80 mm F2,  Zonnar T* 140 mm F2.8,  MFB-1B + Fuji Pro160(NS) + EPSON F-3200
 
 

 

2018年11月23日 (金)

姥湯温泉桝形屋で過ごす日本の秘湯 / 姥湯温泉遠望

 
Img1178_cx

 

 

 




Img1179_cx

 

 




Img1174_cx

 

 


 
 

 

 桝形屋の吊り橋の脇から、「薬師の森」への登山道を登ります。いきなりの急登で最初は息が切れます。
 

 

 

 少し上から眺める吊り橋も、ちょっと感じが違います。紅葉と背後の白い岸壁のコントラストも美しいです。

 

 
 
Img1218_cx

 

 



 
Img1222_cx

 

 


 
 
 

 

 熊鈴を鳴らしながら黄色の紅葉の中をしばらく登ると、紅葉の木々の合間から姥湯温泉の源泉あたりでしょうか、谷の奥の岸壁や滝が見えてきます。木洩れ日と合間ってなかなか綺麗です。
 
 
 
Img1211_cx

 

 

 
 
 
Img1209_cx

 

 

 
 
 
Img1206_cx

 

 

 

 

 
 
撮影機材:CONTAX645  +  Planar T* 80 mm F2,  Zonnar T* 140 mm F2.8,  MFB-1B + Fuji Pro160(NS) + EPSON F-3200
 
 

2018年11月18日 (日)

久しぶりの旧軽井沢 2018秋

 

 
Cx004584_

 

 



Cx004594_

 

 



Cx004597_

 

 

 
   

 

紅葉の軽井沢、綺麗ですね。

 

 

 

考えてみると、軽井沢はいつも新緑の季節や夏に来ていました。

 

駐車場を探すのがたいへん。でも15時を過ぎると急に空いてきました。

 

予定より時間がなくて、あまり回れませんでした。

 

 

Cx004614_
 
   
Cx004612_

 

 

 
 

 

撮影機材 CONTAX645,  P30+,  Zonnar T* 140 mm F2.8
 

2018年11月15日 (木)

星野リゾート 紅葉の「軽井沢星野エリア」2018

  
Cx004679_

 

 


 
 
Cx004703_

 

 

 
 
Cx004707_

 

 

 

 
 
 

 

「軽井沢星野エリア」は、2~3年ほど前、前を通ったことはあるのですが、今回、トンボの湯、農民食堂、ケラ池スケートリンク、星のや軽井沢(入り口だけ)、ハルニレテラス、ホテル ブレストンコート、石の教会 内村鑑三記念堂と、半日ほど散策をしました。
 
 

Cx004669_

 

 

 
 
Img_0258_iphone_se

 

 



 
Cx004671_

 

 

 
 
 
Cx004715_

 

 

 

 

 
 

 

紅葉はピークをやや過ぎたのかもしれませんが、十分に楽しめました。それにしても、この付近にはもみじが多いですね。軽井沢エリアは、明治以降、避暑地として開発されていく中で、もみじがたくさん植えられたのでしょうか?

 

インバウンドのお客さんが本当に多いです。エリアは楽しめたのですが、食事をしようとしても農民食堂は1時間待ちとか、ハルニレテラスは満車で駐車場に入れず、ブレストンコートには通常のレストランは無いそうで、ちょっと困りました(苦笑)。
 
 

Cx004678_

 

 

 
 
Cx004686_

 

 




 

 

石の教会は、明治・大正期のキリスト教指導者である内村鑑三氏の顕彰を目的。石とガラスの異なるアーチが重なり合う不思議な造形は、アメリカ人建築家ケンドリック・ケロッグ氏によるもので、印象的なものでした。建設は1988年竣工と、古いものではありませんでした。
 
Cx004736_

 

 



 

 

 

昔、西武グループが全盛の頃、セゾン現代美術館などを回りましたが、今は星野オンリーといった感じですね。セゾン現代美術館がまだ残っていること自体に驚きました。
 
 

 

撮影機材 CONTAX645,  P30+,  Distagon T* 55 mm F3.5,  Planar T* 80 mm F2.0,  Zonnar T* 210 mm F4.0

2018年11月10日 (土)

伊香保温泉 晩秋の紅葉

 

 
Img807_cx645

 

 

     「お宿 玉樹」
 
 

 

 水澤寺(水澤観世音)は、飛鳥時代に創建されたと伝えられる天台宗のお寺です。ご本尊は観世音菩薩です。観音信仰は、聖徳太子が夢殿に聖観世音菩薩を祀った事に始まったとされているようです。ちなみに『般若心経』の冒頭に登場する菩薩さまです。
  
  
Img798_cx645

 

 

 
 
 
Img800_cx645

 

 



 

 小さいながらも印象的な仁王門、本堂、六角堂。この季節、紅葉と相まって美しいです。六角堂はチベット仏教の大きなマニ車のよう。晴れていても、木陰は寒い!
 
 
Img799_cx645

 

 

 
 
 
Img801_cx645

 

 

 

 
 

 

 最後に、伊香保温泉のバス・ロータリー前の公園を散策します。石段街の入り口になりますが、宿泊した純和風旅館「お宿 玉樹」の全景を眺めて帰路につきます。
 
 
Img810_cx645

 

 

 

 

 

撮影機材 CONTAX645,  Distagon T* 45 mm F2.8,  MFB-1B,  フジカラープロ160 (PN160NS),  EPSON F-3200
 

より以前の記事一覧