2019年9月 3日 (火)

ゼラニウム「カリオペ・ダークレッド」〜 北八ヶ岳ロープウェイ

 
Dp3m2363__20190903121501
 
 

Dp3m2358_

 

 北八ヶ岳ロープウェイのテラスに飾ってあるたくさんの深紅色のゼラニウム、綺麗ですね。いつも気になっていたのですが、販売していたので買ってみました。標高の高いこんな場所で育てているので、東京のような暑い場所では無理かと思ったのですが、普通のゼラニウムと同じようです。自宅でもすぐに咲いてくれました。

 
 「カリオペ・ダークレッド」は“ゼラニウムの女王”とも言われているようです。自宅近くの園芸店ではあまり見かけませんが、今後に期待です!

撮影機材 SIGMA DP3 Merrill

 

| | コメント (0)

2019年8月25日 (日)

ハクサンシャクナゲ 2019夏_北八ヶ岳北横岳

 

Dp3m2544_

 

Dp3m2569_

 

 

 今年は天候がはっきりしないので出かけるのが遅れてしまいました。

 坪庭付近ではハクサンシャクナゲはほとんど花が終わっていましたが、7月下旬北横岳登山道の三岳分岐点から北横岳山頂付近まではハクサンシャクナゲが見頃となっていました。

 
 シャクナゲと言っても高山植物ですので、都会で観る西洋シャクナゲのような華やかさや大きさはありません。小ぶりで色も白地に淡いピンクが入るくらいの地味な花ですが、山の中ではよく目立ちます。

 

Dp3m2557_
 
 Dp3m2422_

撮影機材 SIGMA DP3 Merrill

 

| | コメント (0)

2019年8月10日 (土)

北八ヶ岳 縞枯山荘 2019夏

 

Dp3m2462_

 

 

Dp3m2497_2_

 

 

 縞枯山荘には定期的に通っているようでも、よく調べると数年間もブランクがありました。天候が定まらず予定よりも遅れて出かけたために、坪庭付近ではハクサンシャクナゲはほとんど花が終わっていました。残念!

  

 最近はこちらでも鹿が増えて困っているそうです。私たちも夕食後、外に出てみると、なんと3頭の鹿と間近で眼があってしまいました。縞枯山荘周辺の緑も心持ち変化している? カモシカも目にする機会が減ってしまったようです。

 

 

Dp3m2443_
  

Dp3m2390_

 

撮影機材 SIGMA DP3 Merrill

 

| | コメント (0)

2019年3月 6日 (水)

玉川上水橋梁から府中街道に出ると・・・・

 
Dp3m2307_

 

 

 

 

 
 
 
 玉川上水橋梁から少し歩くともう府中街道です。
 

 

 森の中に見え隠れしているのが、津田塾大学です。

 

 創設者津田梅子の名前が冠されていますが、現在の住居表示も”津田”町なんですね。

 

 女子大なので詳しくは知りません。


Dp3m2310__4

 

 


 

 

 

 

 
 
撮影機材 SIGMA DP3 Merrill ( 50mm F2.8 )

 

 

| | コメント (0)

2018年3月 3日 (土)

CP+ 2018(横浜)

 
Fs0a5163_  
 

Fs0a5175_
 
 
Fs0a5171_  
 
 ミラーレスの新製品が多数発表されて賑わう今年のCP+です。
 平日にもかかわらず、大変な人出でした。
 
 おまけに会場は超暑くて集中できず、ちょっと寄ったSIGMAのブースで、最近SIGMA DP3 Merrill は使っていないな・・・と思いながら座り込んでしまうと、そのまま根が生えてしまいました(苦笑)。山木社長のお話では、ショールーム(サービスセンター)が都内にできるそうです。
 
 
Img_6014_ Img_6022_
  
 
 そんなわけで情報収集という意味では、ほとんど成果なしです(笑)。

 
 帰り際、裏手の? 海辺を歩いてみました。黄昏時にはやや早く、まだ雰囲気に乏しく残念。夕方のラッシュ時間と重なり、疲れました。
 
 
Fs0a5182_  
 
Fs0a5146_  
 
撮影機材 EOS 7D Mark II  +  EF35mm F2 IS USM,  iPhone 5
 

| | コメント (0)

2017年7月13日 (木)

今年もカサブランカが咲きました(2)

 
Cx003289_ 
 
 
Cx003294_ 
 
 
Cx003299_
 
 
 
 カサブランカがたくさんの花をつけました。
今回は花の全体の雰囲気を出すように工夫してみました。
 
 
 
Dp3m2047_  
 
 
Dp3m2081_

 
Dp3m2093_


撮影機材 CONTAX645,  P30+,  Apo Macro Planar T* 120mm F4, SIGMA DP3 Merrill
 

| | コメント (0)

2017年6月 2日 (金)

ラピスラズリ(薔薇)が開花

 
Dp3m2016_


Dp3m2012_
 
 

 2年目のラピスラズリが咲きました。
 
 昨年ショップで、青みのある藤色のオールドローズ(?)を見つけました。
大阪の京阪園芸ガーデナーズ(京阪園芸株式会社)の新しい薔薇で、まだあまり出回っていないと言われましたが、その魅力的な色彩に惹かれて買ってしまいました。
 
 改めてウェッブサイトを見ると、2014 年春発表、半つる性のシュラブローズ、上品な青紫色の花はコンパクトで四季咲中輪、香りが豊か、枝にトゲが少ない、耐病性に優れた育てやすい品種、などの特徴が書かれていました。

 
 
Dp3m2026_


Olympus5250722_
 

 本当に上品で、「きらめく庭の宝石」です。我が家では脇芽を取っているのであまり房咲にはなっていません。
 
 少々気になるのは、葉が伸びてくるとすぐにうどん粉病になることと、蕾の重さで下を向いてしまうと、開花しないでダメになってしまうことが多いです。害虫なのかこの品種の特性なのかよく分かりません。来年はもう少し工夫してみようと思います。

撮影機材 SIGMA DP3 Merrill,  Olympus STYLIS 1s
 

| | コメント (0)

2017年5月28日 (日)

木春堂 ーホテル椿山荘東京ー

 
Sdim2722_
 
 
Sdim2741_

 ホテル椿山荘東京で久しぶりにランチを頂く機会がありました。木春堂(Mokushundo)の石焼料理です。
 
 この日は終日不安定な天候で、木春堂にいた時間帯は大雨でしたが、緑に溢れた庭園が雨に濡れてなかなか情緒ある趣でした。
 
 木春堂に電話予約をした際に、ランチは12時〜、13時半〜のいずれかですが、平日の12時〜ははとバスの団体客が多いのですが・・・・、と言われました。少々迷ったすえに、13:30〜の落ち着いた時間にしました。
 
 
Sdim2735_
 
 
 当日は13時過ぎには到着しましたが、この日はほとんど欧米系の団体さんで賑わっていました。13時半〜でも個人客がかなり入っていました。
 
 

Img_4723_iphone5

 
Img_4724_iphone5
 
 
Img_4726_iphone5   
 
Img_4729_iphone5
 
 
Img_4734_iphone5
 
 石焼ランチ、見どころは国産牛サーロインや国産豚ロースの石焼でしょうか。せっかくですので、赤ワインも飲んでしまいました。
 
 我が家のいつもの調子で2時間ほどのんびりしてしまいました。
 
 
Sdim2769_
 
 
Sdim2751_
 
 
Sdim2779__2

 
Sdim2776_
 
Sdim2758_
    
  
 木春堂を出ることには雨も上がり、せっかくですのでホテル内部と庭園をぐるりと一回りしました。
 
 
 
 
Sdim2803_
 
Sdim2807_
 帰りは、神田川沿いの江戸川公園を散歩しながら、江戸川橋駅に向かいました。
 
 楽しいミニ休日でした。
 
 
撮影機材 SIGMA DP2 Merrill, iPhone 5
 

| | コメント (0)

2017年5月21日 (日)

今年もパット・オースチンが鈴なりに

  
Olympus5140802_
 
 
  

Sdim28632_
 
  
 パット・オースチンは病気にも強く本当に元気ですね。今年も鈴なりに咲いてくれました。

 第一弾が一輪、しばらく時間をおいて第二弾 10輪、第三弾がまた10輪ほど咲きました。

 昨年は枝が混みいっていて花がごちゃごちゃと咲いてしまったので、今年は枝をすっきりと剪定したので、花もバランス良く咲いてくれました。花芽もある程度整理したので、大輪に近い大きさです。ただ、花弁がすぐに開ききってしまい、ややだらしない形になってしまうので、写真を撮るタイミングが難しいです。



Dp3m1986_


Dp3m1982_
 
 
撮影機材 Olympus STYLIS 1s,  SIGMA DP2 Merrill,  SIGMA DP3 Merrill
 

| | コメント (0)

2017年5月15日 (月)

「19世紀パリ時間紀行」ー失われた街を求めてー 練馬区立美術館

Sdim2841__3

 
 凱旋門やシャンゼリゼ通りを初めとする現在見るパリの街並みは、19世紀中頃に行われた「パリ大改造」と言われる大事業で生まれたもので、皇帝ナポレオン3世の命を受けたセーヌ県知事オスマンが、中世以来の街並みを取り壊して新たに作った都市と言えます。
 
 この展示会は、19世紀前半までの中世的な街並みのパリと、19世紀後半の現代につながるパリの街並みの変遷やそれに伴う芸術の変化など、フランス文学者の鹿島 茂氏のコレクションを中心にして企画されたものです。このような企画は日本ではもちろん初めて、フランスでも無いそうです。
  
 東京も、関東大震災により、それまでの江戸の雰囲気を残した街並みが消失し、近代的な都市としての東京へと移り変わっていきましたが、パリは人為的に、東京は自然災害により大きく変貌したという違いがあります。

 

Sdim2828__2

 
 素人の私にもパリに行った想い出と重なりあって、なかなか興味深いものでした。たとえば、
 
■フランス文学者の鹿島 茂コレクション
 パリは紀元前にシテ島から始まりました。ルーブル宮殿の歴史などを紹介した本でパリの古い地図(絵図)を見た記憶があるので、いろいろな古地図(絵図)があって、興味が引かれました。ノートルダム寺院は今も昔もパリの中心。遠くに描かれている山は、モンマルトルの丘だったようです。
 
 
■パリ市の守護聖人として知られる聖ジュヌヴィエーヴ(5~6世紀の女性)
 すっかり忘れていましたが、パンテオンでも観たようで同じ絵葉書を買っていました(苦笑)。
 聖ジュヌヴィエーヴの死後、教会が建てられましたが、すっかり荒廃している中で国王ルイ15世により再建が試みられ、結局18世紀末のフランス革命の最中にパンテオンとして完成しました。しかしフランス革命でその遺骸は焼却されてしまったそうです。
 
 
 
1_
 
 
■皇帝ナポレオン3世と皇后ウージェニー
  「パリ大改造」の立役者です。二人の大きな肖像画がありましたが、ルーブル美術館でも同じような肖像画見たような気がします(たくさんあるのかも?)。
 マルメゾン城(マルメゾン国立博物館)でも皇帝ナポレオン・ボナパルトの家系として紹介されています。
 
 ■ NHKのBS番組 華麗なる宮廷の后たち「ナポレオン3世皇后ウージェニー」(2010)は見応えがあります。鹿島 茂氏もゲストとして出演しています。
 二人とも現代のフランスではほとんど忘れられている存在のようですが、鹿島氏は第二帝政期(1852〜1870年)の重要性を強調していました。政治的には失敗したが(メキシコ出兵の失敗や普仏戦争での敗北と皇帝自らが捕虜に)、パリの大改造がその後のパリの絶対的なブランド化を確立した、という意見は耳を傾けるものでした。
 
 ちなみに、ナポレオン3世(ルイ・ナポレオン)は不潔な街が大嫌いで大の女好きだったそうで、貧民街や路地を大通りに改造し、凱旋門やオペラ座(二人の頭文字 N、E)を作り、建築様式の統一を図り、パリ万博を開催しました(第二帝政の最後の輝き)。普仏戦争の後は家族でイギリスに亡命し、ウージェニーは94歳で亡くなりました。
 ナポレオン3世には著名な批判者が二人、カール・マルクスとヴィクトル・ユーゴーだそうです。
 
 
Sdim2836_

 
■ヴィクトル・ユーゴとレ・ミゼラブル
  妻は大好き、私は苦手。
 この本は絶対に売れるとの見込みで、出版時の版権争いが激しかったそうです。フランスの挿絵画家エミール・バヤールによる少女コゼットの挿絵はたいへん有名です。この時代から、今でいうイラストレーターという仕事が存在していたそうです。
 
 
 学芸員の方のまさに企画力でしょうか。大勢の来場者がいて驚きましたが、パリのブランド力はさすがですね。
 結論、またパリに行ってみたい・・・・。
 
撮影機材 SIGMA DP2 Merrill
 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧