2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウェブページ

無料ブログはココログ

2016年7月 5日 (火)

梅雨の一日、DP Merrill でお散歩

Dp3m1666__2

Dp3m1662__2

Dp3m1655__2


 梅雨の休日です。
 
 普段、紫陽花の写真は撮っていませんが、気分転換でちょっと撮ってみました。付近には見慣れた青系の紫陽花しかありませんが、赤や紫の紫陽花も見かけますね。
 調べてみると、紫陽花の色は土壌のpHによって色が変わるそうで、酸性では赤色、中性では紫色、アルカリ性では青色になるそうです。これは花の色を決める色素「アントシアニン」がアルミニュムを吸収するかどうかで決まり、これは土壌のpHによるそうです。日本では火山の影響で酸性の土壌が多く、通常は青系の花が咲くようです。園芸で紫陽花の色を変える場合は、硫酸アルミニュウム(青色に)や苦土石灰(赤色に)の肥料を使用すると良いそうです。


Sdim2405__2

Sdim2398__2

Sdim2452__2

Sdim2416_

 
 レストランでテーブルの写真を撮るときにはiPhoneでさっと撮ることが多いのですが、パスコードを毎回入れるので面倒だったり、構図が決まらなかったり、少し飽きてきたので、DP2 Merrillに買ったきりほとんど忘れていたAML-2 (Close-up Lens)をつけて再び挑戦です。本当はiPhoneよりはるかに面倒なはずですが、手持ち機材の有効利用です。フォビオンセンサーの面倒なことは言わずに、お手軽に使ってみようという感じのノリです。ピントの合う距離が限定されているので、背景を取り込んだ広角マクロ的な構図は無理ですが、お料理単品の撮影は慣れてくるとまずまずでしょうか。しかし、最短距離で撮影すると手振れしているのか、ピントがはずれているのか分かりませんが、ピントが甘い場合が多いようです。心持ち離した方がきちんと写っているようです。レストランで仰々しくカメラで撮るのもみっともないのですが、さてさてSIGMA DP2 Merrill + AML-2 はどうなんでしょうか。もっと適したコンパクト・デジカメがあるとは思うのですが・・・・。


Sdim2393__2

Sdim2387__2

 
 ついでに薔薇の2番花のクローズアップを撮ってみました。三脚なしのお手軽撮影としては、まずまずでしょうか。

 
撮影機材 SIGMA DP2 Merrill + AML-2 (Close-up Lens)、DP3 Merrill

 

2016年7月 3日 (日)

SIGMA sd Quattro 体感イベント 2016.7.2 (3)

Sdim0341__2
18-35/1.8

Sdim0338__2
18-35/1.8

Sdim0334__2
18-35/1.8 休日の青山、さすがにポルシェを見る頻度が高いです
 

Sdim0040_
50-100/1.8
 
 
 スタッフの方のお話では、今日はとにかく大盛況。
 今日の人気のレンズは30mm F1.4だそうで、貸し出しの予約がどんどん入っているとのことでした。
 
三井公一氏トークショー「SIGMA sd Quattroについて」
 ある意味で、新製品に関する普通のお話でした。ポイントは、
 
・AFが非常に安定し普通のカメラ並みになったこと
・バッテリーライフも十分長くなった
 
・シビアに言うとノイズはISO400あたりから出てくるが、高感度は800ないしは1600まで使用可能。(それ以上の高感度は、アダプター経由でSONYを推奨)
・ノイズ低減の新たな撮影モードSFD (Super Fine Detail)
・SIGMA Photo Pro 6.4.0  「ディテールスライダー」(Crispy〜Normal〜Smooth)、 CrispyでMerrill風になるような説明
 
・お薦めは18-35/1.8, 50-100/1.8, 150-600mm F5.0-6.3 DG OS HSM Contemporary の3本セットで換算27-900mmの世界が!
・SIGMA史上最大の予約数、sd Quattro用のSAマウントレンズが量販店では品薄に(?)
 
・sd Quattro Hは年内は無理で来年に延びそう
 

Sdim0327__2
18-35/1.8

Sdim0330__2
18-35/1.8

Sdim0351__2
18-35/1.8

Sdim0347_
18-35/1.8 青がやや不自然
 
 
撮影機材 SIGMA sd Quattro, SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM Art, SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM Art
 

2016年7月 2日 (土)

SIGMA sd Quattro 体感イベント 2016.7.2 (2)

Sdim0289__2
18-35/1.8

Sdim0354__2
18-35/1.8
 
 
 操作感の大雑把な印象です。
 
・電子ビューファインダー、背面液晶も動きへの追随性がイマイチのような感じでした。ビューファインダー、あった方が便利だけど(正確な構図のためには無いと困るわけですが)、まあこんなもんかな・・・という印象でした。動体への追随性は全然ダメでした(カックン、カックンでした)。
 
・昼前から天気が回復し気温も30度前後まで上がったため、警告の温度計とびっくりマークが頻繁に出ました。どうしていいか分からず、後半は撮影の度に電源をON/OFFしました。
 
・電源を咄嗟の際に入れて撮ろうとすると、ビューファインダーは真っ暗、見えてもAFの作動にタイムラグがあったり、やや苛ついてしまいました。フツウの撮影ではピンボケはほとんどありませんでしたが、合焦までのタイムラグがややあるので注意が必要です。ショーウインドウ越しの撮影では、ガラスの反射でピンボケも結構ありました。
 
 
Sdim0061__2
50-100/1.8

Sdim0370__2
18-35/1.8


・事前に操作については特に調べていかなかったので、機材をお借りする際に最低限必要な操作だけを教えてもらったわけですが、その割にはフツウに撮れていたと思います。


Sdim0022__2
50-100/1.8

Sdim0018__2
50-100/1.8

Sdim0313_
18-35/1.8
 
Sdim0303__2
18-35/1.8 オリジナルで見るとタイルの細かい起伏の生々しさが印象的
 
 
撮影機材 SIGMA sd Quattro, SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM Art, SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM Art
 

SIGMA sd Quattro 体感イベント 2016.7.2 (1)

Sdim0054_
50-100/1.8 Polygon青山の横

Sdim0046__2
50-100/1.8

Sdim0270__2
18-35/1.8

 
 DP2M, DP3Mを時々使用していることもあり、青山も最近行っていないので、ちょっと出かけてみました。

 
Sdim0007__2
50-100/1.8

Sdim0285__2
18-35/1.8

Sdim0272__2
18-35/1.8  赤が印象的


 dp Quattro は未体験だしミラーレスもよく知らないので、あまり言えないのですが、とりあえずJpgの撮って出しの画像です(ココログは画像の劣化が大きいので参考程度です)。持参の一脚 (MONOSTAT RS16SK COMPACT)のネジが長すぎるようで、レンズの三脚座の穴にうまく収まらず(ズームリングと干渉している?)、一脚が使えず手持ち撮影になったので調子が狂い、何となく調子が出ずに終わってしまったような感じです。
 
 
Sdim0027__2
50-100/1.8

Sdim0298__2
18-35/1.8

Sdim0031_
50-100/1.8 オリジナルは目の覚めるような超高解像度

 
 しかし、フォビオンセンサーの超高解像度感はここでも健在ですね。AFも普通のところではきちんと合うし、手振れもあまりしていない、露出も安定しているようです。ただし、良く言われているように、Merrillまでのようなフォビオンセンサーの独特の雰囲気は消えて、フツウに綺麗な画像に進化?しているようです。jpgでこれならば、敷居がかなり下がったような印象でした。
 
 
Sdim0292_
18-35/1.8

 
撮影機材 SIGMA sd Quattro, SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM Art, SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM Art
 

2016年4月13日 (水)

春の一日 ひねもすのたりのたりかな

Dp3m1598b

Dp3m1612b

Dp3m1614b


 ソメイヨシノなど桜の季節も過ぎ行く中、春の一日をのんびりと過ごします。
桜もたくさんあるけれども、本当に枝振りの良い立派な桜は以外と少ないですね。街路樹としての桜はどんどん選定されて枝が切られてしまい可愛そうなくらい。のんびりと散歩をします。
 
 
Cf001921b

Cf001926b

 
 最近大型のラナンキュラスが良く出回っています。白もなかなか奇麗ですが、室温が高いためかすぐに花びらが散ってしまい残念。今年の我家のラナンキュラスはなぜかすべて失敗してしまいました。きちんと発芽していたのに、水やりが足りなかった?

 恒例のアリストロメリアです。
 
 
Cf001934b



P1080809b

P1080802b

 奇麗な美しいケーキです。小振りですが(今はこれくらいがふつう?)、濃厚でなかなか食べでがあります。ケーキにハーブティーで休息です。
 
 

夕方から風が出てきて、夜桜も風に大きく揺れています。

珍しく、ひねもすのたりのたりかな・・・・。
 
 
Dp3m1646b

撮影機材 LUMIX DMC-LX3、SIGMA DP3 Merrill、CONTAX 645,  P30+,  Zonnar T* 140 mm F2.8

2016年3月16日 (水)

バッハ・コレギウム・ジャパン (2016.2)

Sdim2335b


Sdim2350b


Sdim2315b


 以前の教会カンタータ、農民カンタータに続いて、今回は世俗カンタータです。
 
 「世俗」と言っても「神」に対する「世俗」ですので、世俗の統治者である王様(ザクセン選帝侯アウグスト三世)を讃える、あるいは祝祭行事のためのカンタータです。このカンタータの背景には、ハプスブルグ王家を中心とする政治社会情勢や、カトリック〜プロテスタントの宗派間の関係などが複雑にからんでいるそうです。
 
 
 
Sdim2294b


Sdim2297b


Sdim2304b


Sdim2333b

 
 ところで帰宅してみるとNHK Eテレで「ロイヤルアカデミー 音楽白熱教室」 第1回 神と王に仕える音楽 〜バッハ〜という番組を放送していました。
 
 「音楽が君主を通して国に、教会を通して神に仕えるものとして具体的な役割を果たしていた17世紀の文化。それがバッハの人生にどのような影響を与え、そして彼の音楽がどのように社会に貢献するという課せられた役割を反映していたのか。」(NHK) という、先ほどの演奏会とほとんど同じような命題の番組で、偶然とはいえ驚きました。
 
 今日もまたサインを頂いてしまいました。
 
 
Bcjb

撮影機材 SIGMA DP2 Merrill
 

2016年3月 6日 (日)

日比谷公園 散策

Dp3m1552b

Dp3m1558b


 東京に住んでいても、なぜか馴染みの薄い日比谷公園。周辺は比較的よく通るのですが、今回はのんびりと公園の中を散策してみました。
  
 江戸時代、江戸城に近いこの付近には大藩の上屋敷が置かれていました。伊達政宗も1601年に徳川家康から外桜田に江戸屋敷を与えられ、1661年まで伊達家の上屋敷として使用されていたことや、政宗公が家康、秀忠、家光の三代の将軍をこの屋敷でもてなしたことなどが「仙台藩祖伊達政宗 終焉の地」で説明されています(平成26年4月24日)。


Dp3m1543b

 
Dp3m1537b

Dp3m1524_2b


 明治になり各藩の上屋敷は撤去され、その後、陸軍近衛師団練兵場を経て、紆余曲折を経た上で、「都市の公園」として計画、設計、造成し、日本初の「洋風近代式公園」が明治36年6月1日に誕生しました。


Dp3m1516b

Dp3m1502b

Dp3m1452b

 都心の一等地にあるわりには、あか抜けない公園。巨木には歴史の長さが。場違いのようなイベント会場。東京都も改修の金がないのでしょうか。
 
 
撮影機材 SIGMA DP3 Merrill
 

2015年12月26日 (土)

バッハ・コレギウム・ジャパン (2015.12)

Messiah_1b

Dp3m1438b

Dp3m1388b


 今日のバッハ・コレギウム・ジャパンは、サントリーホール クリスマスコンサート2015におけるヘンデル「メサイア」です。
 

 「メサイア」といえばハレルヤコーラスですが、全曲を聴くのは実は初めてです。約2時間半の演奏でしたが、ハレルヤ以外は確かに馴染みがありませんでした。
 
 

Img_2277b


Img_2273b
 

 席はからはこのように見えます。指揮の鈴木雅明氏の表情や指揮ぶりが良く分かるし、演奏者の表情も良く見えるし、背中を見せている演奏者の譜面台の楽譜の進み具合も分かるし、いろいろな意味で面白かったでした。
 

 意外と小編成のオーケストラで、弦楽器がメイン、トランペットは特別な時にだけ(4回)出てくるようです。バッロク音楽におけるトランペットは国王のステイタスでもあったために特別な存在で、そのためトランペット奏者もたいへん優遇されていたそうです。曲目は3部構成で、徐々に盛り上がって行きます。ハレルヤコーラスは第2部の最後に出てきます。ソリスト4名と合唱団ですが、それぞれ別々に唄う事が多い曲でした。

 演奏者の方々は、黒の装いに赤いアクセサリー(ポケットチーフ、髪飾り、赤い薔薇のブローチ、ネクタイ)、あるいは内に赤いシャツ、あるいは赤いドレスという組合わせでした。
 
 

Dp3m1393b

Dp3m1441b

 
 今日はアンコール曲がありました。これもクリスマスコンサートならでしょうか。曲目は、”「聖しこの夜」による主題と変奏” 風の合唱曲でした。

 小雨が降ったり止んだりの寒い一日でしたが、アークヒルズのクリスマス・デコレーションも輝いていました。
 

Dp3m1346b

Dp3m1352b

Messiah_3b

撮影機材 iPhone 5、SIGMA DP3 Merrill
  

2015年11月27日 (金)

バッハ・コレギウム・ジャパン (2015.11)

Dp3m1251b

Dp3m1230b


 もうすっかりクリスマス気分です。
 
 モーッアルトの宗教曲というと普段聞くのは、レクイエムとかアヴェ・ヴェルム・コルプスですが、今日聞くのはいずれも初めてでした。

 ミサ曲ハ短調は、詳しい事が分からない未完の大曲だそうです。
 バッハのミサ曲のように「本来典礼に供せられる音楽は、本来典礼に必要な言葉を乗せて美しく響くべき」ですが、モーッアルトのこのミサ曲では「ミサの典礼文によりながらも、ひたすら音楽的で決して典礼的ではない」そうです。(難しい!)

 
Dp3m1295b

201511b
 
撮影機材
SIGMA DP3 Merrill
 

2015年10月30日 (金)

パレスホテル界隈散策

Sdim2147b


Sdim2120b


Sdim2130b


 パレスホテル東京、予定の時間まで1時間程余裕があったので、久しぶりに皇居前広場をぶらぶらとしてみました。

Sdim2151b


お堀端:相変わらず、皇居一周ランニングの人が多いです。皇居のお堀に関わらず、最近公園の池には”藻”がとにかく多い。清掃しきれないのでしょうね。

皇居外苑:もう入場時間が過ぎていて、遅れてきた人はがっかりという表情。



Sdim2194_b
 

Sdim2159b
 
 

Sdim2165b
 

Sdim2185b
 

二重橋:以前、年末のライトアップで来たことがありますが、二重橋濠の際まで初めて行きました。警察官詰所から最後緩やかに上って行きますが、振り返ってみると、予想外に俯瞰して見えているビル群が、普段見慣れている東京とはちょっと違った不思議な世界のようです。ビル群は、丁度雲間から差し込んできた夕焼けに、茜色に輝いています。和田倉噴水公園に向かって歩いて行く途中も、沈みいく夕陽が奇麗でした。

 

Sdim2208b


Sdim2214b


Sdim2221b
 
 
和田倉噴水公園:5時にライトアップや噴水の状態が変わります。ライトアップに変化する噴水を眺めていると、ゆったりとした時間が静かに過ぎて行きます。
 

Sdim2227b

撮影機材 SIGMA DP2 Merrill
                       ISO 200〜800