2022年7月25日 (月)

雨の奥多摩・鋸山

 

P1013908_cocolog

 

P1013932_cocolog

 

奥多摩駅(標高343m)から愛宕山の有名な急階段・五重塔・愛宕神社を経由して、鋸山(標高1109m)へ向かいます。通常は、御嶽山・大岳山からの下山コースだと思いますが、その逆コースです。

天気予報では曇りでやや涼しく登りやすいと思ったのですが、途中から予想外の本降りの雨となってしまいました。平日のためか、出会った登山者はわずか2人だけ。新型コロナ第7波の急上昇中、安全な登山です(苦笑)。

 

五重塔の脇にはヤマユリがちょうど咲いていましたが、この時期は花の種類が本当に少ないです。
標高700m付近から標高830m付近にかけては岩場が連続し階段・鎖場もあります。途中には天聖神社石仏も。この岩場区間を通過してから、鋸山山頂まではまだ遠いですね。途中で、遠くで雷鳴・雨も本降り・ガスも濃くかかってきたので、しばらく雨宿りして様子をみますが、諦めて山頂まで登ります。山頂から大岳山分岐まで一旦下りますが、天候回復が見込めないので林道方面へ抜けました。雨具を本当の雨の中で着る機会は少ないのですが、雨具を着ての山行は気分的にも体力的にも疲れます。

 

 

P1013948_cocolog

 

P1013995_cocolog

 

P1014009_cocolog

 

撮影機材 Panasonic LUMIX S1 LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.

| | コメント (0)

2022年7月14日 (木)

高尾山トレッキング 2022夏

 

P1013685

 

P1013716_2
 
 
 
P1013782_2

 

例年この季節は梅雨末期の大雨の日が多いですが、関東甲信地方は6月27日に「記録的に早い梅雨明け」! しかも東京は猛暑日が9日連続し、過去最長を記録。その後は戻り梅雨のようなはっきりしない天候です。

春のトレッキング以来、少し間が空いてしまったので、今回は軽い足ならしで裏高尾へのトレッキングです。コースはごく普通の、小仏バス停~景信山~小仏城山~高尾山(山頂)~4号路~ビアホール(ケーブルカー駅そば)~高尾山口駅です。

この日はなぜか、とにかく人が少なかったです、高尾山山頂でも。景信山や小仏城山の茶店もお休み、おまけに紅葉平の茶店は停電事故で臨時休業、食事ができる所がなくて困った人もいたようです。午前中は曇りで過ごしやすく、木陰を吹き抜ける風が心地良かったですが、昼ごろになると陽が差し始め急に暑くなってきます。この季節は、眼につく花の種類が少ないです。途中で「木カラスウリ」という非常に珍しい花を教えて頂きました。姿・形も変わっています。今回吊り橋のある4号路を初めて歩いてみました。高尾山の北側斜面を歩きます。吊り橋自体は、まあ、それなりでしょうか。

最後に今日の目的地? 有名な?高尾山のビアホールに到着です。かなり高い場所にビアホールがありますが、まだ昼過ぎでしたが大勢の人たちの非常に盛り上がっている声が、下にいてもよく聞こえてきます。入り口の看板には、2時間 飲み放題 4200円 となっており(これは知っていましたが)、どうやらジョッキ1杯とかは無いようでした。ここはグループで楽しむ場所のようです。これなら、展望台の茶店でビールを飲んでも良かったのかなと後悔しましたが、今更戻るのも面倒臭いので、諦めて帰ることにしました。結局、高尾山入り口付近にあるいつものお店でお土産を買い、かき氷を食べて休息することになりました。

 

P1013804

 

P1013846

撮影機材 Panasonic LUMIX S1 LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.

| | コメント (0)

2022年4月23日 (土)

奥多摩 御前山~カタクリの花 2022年春

   
P1013470_cocolog
 
 
P1013546_cocolog

 

P1013336_cocolog

 

今年も御前山(標高1,405m)に可憐なカタクリの花を見に出かけました。

昨年と同じ日に出かけましたが、今年の奥多摩では4月はじめに2度も雪が降ったので、花の見頃はどうなんだろうと思いながら出かけました。

上りはごく普通に奥多摩湖バス停~サス沢山~惣岳山~御前山、下りは大ダワ林道から奥多摩駅に出ました。登山道の脇に咲くカタクリは、昨年より多いような気がしました。一方、惣岳山~御前山の間にある保護地域では、あまり咲いていないような印象でした。この日は天気があまり良くなかったので登山客も非常に少なく、静かな山行とお花見となりました。時折差し込む日差しが、カタクリの花をいっそう引き立てます。

 

P1013507_cocolog

 

P1013132_cocolog
 

御前山〜大ダワ〜大岳山の登山道は現在改修工事中で丸太の階段やボックス状の階段が新たに設置されていました。大ダワの峠は工事会社のベースとなっていましたが、機材の運搬は背負子でやっていました。大変だ!! 

大ダワ〜奥多摩駅まで、途中登山道もありますが、舗装された林道をひたすら歩いて約1時間40分でした。奥多摩駅の2階にあるカフェ「ポートおくたま」に照明が灯っていました。入ろうかと思いましたが、入り口には「準備中」の札が・・・・・。残念! ここはなかなか入る機会が無いですね。

(全画像はこちらへ)(トレッキング編)、(カタクリ編)

(奥多摩 御前山~カタクリの花 2021年春)

 

撮影機材 Panasonic LUMIX S1 LUMIX S 70-300mm F4.5-5.6 MACRO O.I.S.

| | コメント (0)

2022年4月11日 (月)

奥多摩 三頭山トレッキング 2022年 春の雪

 

P1012901_cocolog

 

P1012887_cocolog

 

P1012843_cocolog

 

「東京都檜原都民の森」ウェブサイトによると、4月の初めに珍しく2度も雪が降り、山頂付近では20~30cmの積雪になったそうです。確かに首都圏でも天気が悪く真冬に戻ったような陽気でした。

今日のコースはごく普通に、都民の森バス停~森林館~鞘峠~見晴らし小屋~三頭山東峰1527.5m・中央峰1531m(昼食)・西峰1524.5m~ムシカリ峠~三頭大滝~森林館(休息)~都民の森バス停です。

 

麓の数馬では桜が咲いていましたが、こちらはまだ冬景色です。終日重っ苦しいような曇天で、気温も低く、見晴らし小屋を過ぎるあたりからかなり雪が増えてきました。山頂付近では登山道の脇ではまだ15cm程度の積雪が残っていました。登山道では雪はシャーベット状態で、注意しないと登山靴が泥だらけになりそうでした。流石にこの時期はもう凍結はしていないようです。山頂は結構寒くて昼食も早々に食べて引き上げることにしました。中央峰と西峰の間にあるのが御堂峠(みどうとうげ)。「みどう」がなまって三頭山(みとうさん)になったという話もあります。

三角点は東峰にありますが、西峰にも三角点によく似た標石があるそうです。宮標石といって、かつて皇室の森林だったことを示す標識だそうです。残念ながら知らずに行ってしまいました。天気が悪く富士山も見えませんでした。それにしてもこのルート、新旧の道標がたくさんありますね。

当初は大沢山1482mまで行く予定でしたが雪のために、ムシカリ峠から下りてしまいました。ムシカリ峠から三頭大滝までの登山道は、石畳になっている部分も多く、良く整備されていますね。ちょっと気になったのは、三頭沢の渓流を10ヶ所ほどで渡るので、大雨のあとは渓流の流量が増えて軽装では危ないのではないかと思いました。また、三頭大滝を見るための専用の滝見橋(立派な吊り橋)にもびっくり。ちょうどバブルの頃だったので、お金があったのでしょうね(笑)。

最後に、森林館(いわゆるビジターセンター)で休息兼暖かい食事をしました。地元の山菜の天ぷらが付いたうどんです。舞茸、ふきのとうなどです。ふきのとうは本当に久しぶりで、どれも美味しい天麩羅でした。

(全文はこちらへ)

P1012996_cocolog

 

Img_4952_cocolog

 

撮影機材 Panasonic LUMIX S1 LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.

| | コメント (0)

2022年4月 5日 (火)

桜とヒヨドリ

 

P1012614_cocolog

 

P1012650_cocolog

 

桜の花の季節に、花の蜜を吸ったり花を食べたりする鳥は、メジロ、ヒヨドリ、シジュウカラ、スズメなどのようです。写真の鳥はヒヨドリでしょうか。

(全画像はこちらへ)

 

P1012724_cocolog

 

撮影機材 Panasonic LUMIX S1 LUMIX S 70-300mm F4.5-5.6 MACRO O.I.S.

 

| | コメント (0)

2022年4月 3日 (日)

立川公園根川緑道(東京)


P1012450_cocolog

 

P1012465_cocolog

 

初めて東京都立川市柴崎町にある緑道公園に出かけてみました。

多摩モノレールの柴崎体育館駅下車で、直ぐです。モノレールからも、満開の桜がずっと続いているのが見えます。この桜のエリアは4つのゾーンに分けられていますが、根川緑道と西側の残堀川を併せて全長3km近くで桜が楽しめます。江戸時代から近隣の住民の憩いの場として親しまれ、昭和10年には氾濫防止の改修の際に土手にサクラが植栽され、それ以後花見の名所となったそうです。

根川両岸の桜の大木・老木から咲き乱れる満開の桜は、狭い根川の上に覆いかぶさり、まさに圧巻です。川べりでは皆さん、シートを敷いて楽しまれています。皆さんのマスクと服装から”今”であることがわかりますが、川べりには何も無いので、昭和以来変わらない日本のお花見・原風景のようにも思えます。

ここから、昭和記念公園の桜国立市大学通りの桜を見に回るのも良いのかもしれません。

(全画像はこちらへ)

P1012516_cocolog

撮影機材 Panasonic LUMIX S1 LUMIX S 70-300mm F4.5-5.6 MACRO O.I.S.

 

| | コメント (0)

2022年2月17日 (木)

雪の奥多摩・大岳山 2022

 

P1012226_cocolog

 

P1012289_cocolog

 

 

関東地方では2月10日、13日深夜~14日早朝に雪が降りました。街中では”大雪”というほどではありませんでしたが、東京都御岳ビジターセンターのウェブサイトでは「2月11日13:00現在、御岳山周辺には30㎝程度の積雪、軽アイゼンなどの冬山の装備を必ずお持ちください。」との案内が出ていました。

 

御岳山(武蔵御嶽神社)から大岳山までの登山道は、ごく一部の区間を除いて雪があり、10~30cm程度の雪がまだ残っていました。今回はアイゼン付けてちょうど歩き易い雪の状態でした。でも、来週あたりは木陰の登山道は凍結して大変そうな感じです。

大岳山山頂は人も少なく、風も穏やかでのんびりと昼食がとれました。富士山にはやや雲がかかっていましたが、御前山・三頭山・大菩薩嶺などは晴天の下で良く見えていました。

 

P1012180_cocolog

 

P1012204_cocolog

(全画像はこちらへ)

 

撮影機材 LUMIX S1 LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.

| | コメント (0)

2022年2月 7日 (月)

奥多摩・日の出山にはクマがいる!?

 

P1012046_cocolog

 

奥多摩の入り口付近にある日の出山、御岳山付近から良く見えますが、直接日の出山に登るのは30年ぶりでしょうか(笑)。今回はJR武蔵五日市駅からバスでつるつる温泉へ(登山口下車)、日の出山から吉野梅郷方面に下山、JR青梅線で帰宅です。

お出かけ前に東京都御岳ビジターセンターのウェブサイト(登山道・コース状況確認)を覗くと、最近も日の出山付近で【ツキノワグマ目撃情報】が報告されていました。急ぎ、クマ鈴もザックに追加します。

 

日の出山は、奥多摩の高峰や富士山をのぞむというよりは、東京都心方面を眺めるのが良いようです。すぐに目に着くのは、白く輝く西武ライオンズのドーム球場と褐色に細長く広がる米軍の横田基地です。この日は晴天ではあるもののやや霞んでいましたが、眼を凝らして見ると、池袋や西新宿の高層ビル、東京スカイツリーなどが確認できます。一方、反対側には御岳山と御嶽神社が見えます。

 

P1012055_cocolog

 

P1012068_cocolog

 

平日でしたが、日の出山山頂までは登山者も三々五々やってきます。日の出山~高峰~梅ノ木峠~三室山~吉野梅郷(梅の公園)のコースは人影もなく、行き交う登山者は2人だけ(苦笑)。これではクマがいてもおかしくないのかもしれません。梅ノ木峠の案内板にもクマの目撃情報(クマと断定してはいませんが)が貼ってありました。

この1月、東京は4年ぶりの寒さだったようです。山頂はわずか902mですが、晴天ながら吹く風は冷たかったでした。

(全画像はこちらへ)

 

撮影機材 Panasonic LUMIX S1, LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.

| | コメント (0)

2021年12月31日 (金)

我が家にやって来たミラーレスカメラ LUMIX S1

 

P1000059_cocolog-5
 
 
P1000032_cocolog-5
 
 
P1000080_cocolog-5

 

 

CANON R3やNIKON Z9が発売されたこの年末に書くのは実に間合いが悪いのですが、この夏の初めに我が家にも初めてのミラーレスカメラがやって来ました。

主な更新対象は手持ちのCANON 7D II、撮影対象はトレッキング(登山)です。フルサイズ (NIKON, CANON, LUMIX) はもちろん中判(FUJI, Hasselblad) 、マイクロフォーサイズ(LUMIX) も堂々巡りしながら何度も検討しました。現代の中判は古いCONTAX645とデジタルバッグの組合せと全く違うけれども、流石に中判2系統は不要、マイクロフォーサイズには魅力的なレンズもあるし合理性も分かるけれども、センサーサイズのダウンサイジングには非常な勇気が必要、フルサイズも実際のR3やZ9を見ていたらまた変わったと思うけれども、初夏の時点で結局選んだのは地味なPanasonic LUMIX S1。もちろん価格や必要なレンズも考慮した上での決断。

トレッキング用としては自己矛盾も甚だしいけれども、ショールームで何度か触った上での第一印象の良さとフィーリングに合った事、多分長年慣れ親しんだ一眼レフの感覚に近かったためかと自分ながら推測。結果として現在手元にある(残った)のは、フルサイズのコンパクトタイプとミラーレスレンズ交換式、一眼レフタイプの中版デジタルの3種類。否、プラス iPhoneの4種類でした(笑)。APSサイズは消滅。

 

P1000754_cocolog-5

 

P1000769_cocolog-5

 

P1000348_cocolog-5

 

2019年3月発売でS1/S1Rの評価などは既に出尽くしているので、ちょっと違った個人的な感想を少々。

1) 今でも高い評価のEVF、銀座のショールームでも、室内ディスプレイや銀座の街角を何度も確認して納得したはずだけれども、実際に購入して使用してみるとやはり違和感も。高精細さには問題ないけれども、自然の緑が太陽の光との関係でギラギラする事が多く、EVFの調整機能だけではなんともならない。これは有機液晶の特性で仕方がないのかもしれないが、やはりOVFの方が自然。R3やZ9はどうなんだろうと思う。

2) オートフォーカスはAF-Sを使う事が多い。AF-Cは確かに巷で言われているような感じ。撮影中に”AFが合わない”と思う事がそれなりにあるけれども、ハーフマクロのレンズでいつの間にか近寄りすぎてピントが合わない事が95%くらい、その他は原因不明。やはり正規のマクロレンズが欲しい。

3) UIなどについては概ね満足。購入の決め手となった機能の一つに、マイクフォーサイズで非常に高い評価だったセンサーのゴミ取り機構SSWF(オリンパスのスーパーソニックウェーブフィルター)がある。フルサイズではそれほどの効果は無いという意見もあるが、とりあえず安心して使える。

4) 新しいデジカメを使って最大の恩恵は、やはり優れた高感度特性と手振れ補正機能です。操作に慣れていない段階で、手持ち撮影でこんな写真が撮れてしまうのは本当に驚きです。驚くような色彩感覚で撮れてしまうこともあれば、すごい平凡な色調でがっかりしてしまったり(撮影者の責任かも)、いろいろです。

5) パナソニックが目指す「生命力・生命美」は正直まだよく分からない。CONTAX645では全てRAW現像だが、S1では「生命力・生命美」の画像設計に敬意を評してjpegを尊重している。ただ、手持ちで、バッテリー減少や時間を気にしながら、ファインダーやモニターで画像の各種設定を毎回細かく変えるのは、慣れないせいか、かなりのストレスとなる。Hasselbladのように撮影時の便利機能が一切なく、全てRAW現像で対応するというのも、本当にありだなと思う。

6) 素人による画像比較の印象を一言。
・Hasselblad X1D II(3時間ほどの試写);画像はニュートラル、中判5000万画素は高精細かつ本当に階調豊か。
・CONTAX645 + PhaseOne P30+(約3000万画素、CCD、古いデジタルバック);フィルムでのコンタックスの濃密な赤はP30+では再現が微妙、全体としてはニュートラルな印象。古いけれどもCapture One 最新版によるRAW現像でまだ活躍中。
・LUMIX S1;約2400万画素でSシリーズのレンズ自体がカリカリよりも柔らかい描写を目指しているようなので、全体として画素数に応じた柔らかい標準的な印象。時々コンタックスのフィルム時代によくあったような油絵的な濃厚な描写をすることも。ライカと協業するパナソニックがコンタックスの描写に近い? と言うのも妙な話。ただ、やはり3000万画素くらいは欲しいなと思う身勝手さ。
・NIKON D850(30分ほどの試写);フルサイズ約4500万画素の超高精細さは圧巻。F1.4のレンズとの組み合わせでボケの美しさにも感動。手元に置きたい名機。
・FUJIFILM GFX 50S(90分ほどの試写);試写会の時間と場所の関係で手ぶれが多かった。確かに中判5000万画素は高精細かつ階調豊かだけれども、この時は印象が散漫だった。
・LUMIX G9 PRO(1時間ほどの試写);LEICA DG系大口径レンズをつけてのショールーム内での試写です。システムとしてのコンパクトさには驚嘆です。MacBook Pro 16インチモニターで、ウインドーサイズに合わせた表示では、フルサイズのSシリーズと比較してもそれほど遜色のない感じでした。パナソニックのマイクロフォーサイズ機を使用して作品(写真集)を出されている写真家の方の撮影データを見ると、まずISOは200、暗所では多分三脚使用。また、うがった見方、偶然かもしれませんが、写真は色彩の美しさ、雰囲気、コントラストの強さで見せており、高精細は対象としていないような印象でした。このあたりがマイクロフォーサイズを上手く使うポイントかもしれないと思いました。

7) 24-105mm/F4.0の標準ズームレンズ(ハーフマクロ)は、基本的には”便利ズーム”だが、良く写って確かに万能に使える。フォーカスやズームのリングでは、リングの溝がかなり狭いので手の脂が付き易く汚れやすいような印象です。

8) S1を選んだ際には、動画撮影は全くの対象外。購入後、周りの人達がスマホや小型のデジカメで動画を撮っているのを見て、このS1でも動画が撮れるんだ!と思い出して、遊び心で挑戦。しかしこのLUMIX S1シリーズで動画をきちんと撮ろうとすると本格的になりすぎて、けっこうたいへんそう。現在試行錯誤中だが、静止画と動画とで、画像・映像の雰囲気を合わせるのがなかなか難しい。

撮影機材 Panasonic LUMIX S1, LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.

 

P1011857_cocolog-5

 

P1011933_cocolog-5

 

P1011912_cocolog-5

 

P1011917_cocolog-5

 

 

| | コメント (0)

2021年12月15日 (水)

クリスマスシーズンの立川駅北口・新街区 (GREEN SPRINGS) 

 

P1011933_cocolog
  
  
P1011912_cocolog_20211231123301
 

  

新型コロナの渦中にオープンした立川のGREEN SPRINGS(JR立川駅北口から徒歩8分)にもようやく活気が出てきたようです。このGREEN SPRINGSにはショップ・レストラン・ステージガーデン・ホテルなどがありますが、大きな一つの建物に全てが入っているというわけでなく、非常に立体的な空間の中にそれぞれの建物が配置され、昭和記念公園と立川駅北口のビル群・多摩都市モノレールの間を繋ぐような形になっています。

日本では、今年(最近?)はクリスマスにあまり盛り上がりが無いようですが、この新街区では華やかなライトアップ・イルミネーションや、水が流れ落ちるなだらかな階段状の「カスケード」を上り切った所から眺める夕陽に映える富士山が美しいです。

  

また昭和記念公園の立川口ゲートから約200mまっすぐに伸びるカナール(庭園の水路)の奥には噴水があります。このカナールの中心に新街区のホテル(SORANO HOTEL)の中心をぴったり合わせているようで、常に正面にホテルの中心を見ながら戻ることになり、設計者のこだわりを感じます。

 

(全画像はこちらへ)

撮影機材 Panasonic LUMIX S1, LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.

 

P1011917_cocolog

| | コメント (0)

より以前の記事一覧