2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ

2017年11月11日 (土)

バッハコレギウムジャパン (2017.10)

Rx1r00199_


 前回はやむおうえない事情で行けなかったので、久しぶりのBCJです。
 
 今回はルター500プロジェクト - 宗教改革500周年を記念して - (第5回、シリーズ最終回)です。
 
 演奏会の開演に先立って鈴木雅明氏がステージに現れて、「定期演奏会では最初にあまりお話しするようなことはないのですが・・・」と言いながら、少々お話をされてから演奏会が始まりました。ウィキペディアなどを参照しながらフォローすると、ちょっと長くなりますが、以下のような趣旨のお話でした。
 
 
Bcj_201710_1__



 今日は街中ではちょうどハロウィンの日です。
 
 ハロウィンとは古代ケルト人が起源と考えられている祭のこと。ケルト人の1年の終わりは10月31日で、この夜は夏の終わりを意味し、冬の始まりでもあり、死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていた。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国では民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。
 
 したがって、ハロウィンはキリスト教の祭ではない。ただし、ややこしいことにキリスト教の「諸聖人の日」がハロウィンに重なっているために、教会でもこの日に合わせてパーティ等のイベントを行うことがある。そのために、ハロウィンに対してはキリスト教(カトリック、プロテスタント、東方教会)からは容認から批判まで様々な見解がある。
 
 カトリック教会では11月1日を「諸聖人の日」としているが、英語の「ハロウィン」は「諸聖人の日(万聖節)の夜」を意味する "All-hallow Evening" の短縮形をその語源としている。つまりハロウィンとはオール・ハロー(全ての聖人、我らの神)の日のイブという意味で、11月1日が「諸聖人の祝日」、その前夜祭がハロウィンになってしまった。これは、ケルト人が自然崇拝からケルト系キリスト教を経てカトリックへと改宗する過程で、ケルトの収穫祭に合わせて11月1日に設定したと考えられている。
 
 ところで、贖宥状(しょくゆうじょう)とは、16世紀にカトリック教会が発行した罪の償いを軽減する証明書で、免罪符などとも呼ばれています。贖宥状はドイツで盛んに売られて、ルターの批判を生むきっかけとなります。マルティン・ルターが1517年10月31日に『95ヶ条の論題』をヴィッテンベルク(ドイツ中部)の教会に掲出したことを発端に、ローマ・カトリック教会から分離したプロテスタントが誕生していく、宗教改革が引き起こされていきます。
 
 宗教改革に際して、ドイツ語聖書の出版を可能にした技術である活版印刷術は、ドイツ・マインツの出身者ヨハネス・グーテンベルクの発明とされています。マインツにはたくさんの聖遺物があるそうで(有名なマインツ大聖堂にあるのでしょうか)、その御利益を求めて贖宥状などお布施もたくさん集まったのでしょうね。ルターの書簡が本当に10月31日であったのかどうかはよくわからないそうですが、教会批判のシンボルとして「諸聖人の祝日」のイブである10月31日とどこでもされているそうです。


Bcj_201710_2_
 
 鈴木雅明氏は、以上の趣旨をごく簡単にお話しされて、シリーズ最後の演奏では、ルターに始まるカンタータ(斉唱)が様々な形で発展し最後J.S.Bachにより教会カンタータとして集大成されたその200年間の変遷の歴史を振りかえっていきたいとおっしゃられて、今日の演奏会が始まりました。
 

2017年11月 5日 (日)

新国立劇場 くるみ割り人形

_

 
Dsc00182_
 
 
 新国立劇場バレエ団の「くるみ割り人形」(新国立劇場開場20周年記念公演)に行きました。「くるみ割り人形」は恒例のクリスマスシーズンの演目です。
 原作は子供向けのメルヘンですが、いろいろな版があるようです。
 
 今回のバレエでは、主役クララが夢の中で出会う出来事(くるみ割り人形とネズミの王様の戦い、お菓子の国での踊り)はもちろん主演の女性ダンサーが踊るのですが、冒頭のクララが夢見る前のクリスマスパーティや夢から覚めた場面は子供さんのダンサーが踊るのが特徴だそうです。つまり、クララは現実の世界では12歳の少女、夢の中では18歳のレディという設定で、夢見るシーンから主演ダンサーに入れ替わります。バレエを習っていると思われる子供さんたちが大勢来ているので、子供さんたちには分かり易かったのではないかと思いました。
 
 2015年暮れの熊川哲也Kバレエカンパニーの「くるみ割り人形」(今シーズンもやっているようです)との比較になってしまいますが、新国立劇場のバレエは生のオーケストラがつきますが、反面、舞台装置や演出がやや地味なような気もします。
 Kバレエでは、雪の国の精たちの踊りが大変印象的で、くるみ割り人形とネズミの王様との戦いやクララとの関係が分かり易かったと思います(ただし、音楽はCDですが)。
 今回は、オーソドックスに「花のワルツ」の群舞と「金平糖の精と王子のパ・ド・ドゥ」に力が入っていました。ネズミの顔は? ライオン? という感じでした。
 ちなみにパンフレットは、Kバレエは有料(高価)、こちらは無料ですので、解説の力の入れ方も違います。
 
 
Dsc00162_
 

 開演前に3階のイタリアン・レストラン「マエストロ」でランチをとりました。
 ランチは、サラダ&スープバイキング+メイン料理+ドルチェ+ドリンクバーという構成で、まずまずでした。こちらは、初めてですがまあ開場までゆっくりできるのが良いのかなと思いました。
 
 
Dsc00150__2

Dsc00153__2
 
Dsc00154__2
 
 
 なんやかんやで、新国立劇場で1日楽しく過ごすことができました。
 
 
 Dsc00174_
 
Dsc00165_


Dsc00167_

Dsc00168_


Dsc00178_
 
撮影機材 SONY RX1-R
 

2017年8月20日 (日)

写真家 沢田教一展 ーその視線の先にー(日本橋高島屋)

 
Fs0a3819_  
 

 ベトナム戦争の戦場写真家としてピュリッツアー賞ほか、国際的に数々の受賞をしたカメラマン沢田教一氏。昨年生誕80周年と言う節目で、各種の企画がなされているようです。東京ではこの8月開催で、マスコミでも随分と取り上げられていましたので、出かけてみました。
 
 曜日・時間帯にもよるのでしょうが、私が出かけた際には入場券を買うのにも長蛇の列で少々びっくり。時代は1960年代、やはり中高年が多いです。
 
 心を打たれるのは、ピュリッツアー賞受賞作品である「安全への逃避」に関する後日談でしょうか。単なる決定的瞬間ではなくて、家族の救出、受賞の賞金の一部を携えて記憶も定かでない村々を回って家族を探し出しことと、3度にわたる妻のサタさんの再訪、そして今回の相互訪問(当時2歳の女児、サタさん)など連綿とした流れがあることが(もちろん、マスコミなどの支援があったわけですが)、1枚の写真を通して歴史に翻弄される人間と歴史の流れや重みを感じざるをえませんでした。
 
 帰りに、沢田教一 プライベートストーリー、くれせんと出版部(2005年)を買ってしまいました。展示ではモノクロとカラー写真が混在していますが、モノクロ写真の訴求性に改めて感じ入りました。
 
 
Fs0a3830_
 
 
 
 
 戦場カメラマンといえば、「ちょっとピンぼけ」のロバート・キャパ(スペイン内戦、日中戦争、第二次世界大戦のヨーロッパ戦線、第一次中東戦争、第一次インドシナ戦争)、今回の「ライカでグッドバイ」の沢田教一、「地雷を踏んだらサヨウナラ」の一ノ瀬泰造(ベトナム戦争)などの各氏が有名です。
 
 田中長徳氏によると「キャパからベトナム戦争まで、つまりあのグラフジャーナリズム全盛のヒューマニズムがまだ力を持っていた時代と、湾岸戦争以来の眼に見えない電子戦とでは、スチルカメラのジャーナリズムで占める地位というものが変わってしまったのだ。」(チョートクのカメラジャーナル No.1, 1993年5月)
 
 ちなみに、戦場におけるカメラ機材の伝説的話題としては、一ノ瀬泰造氏の弾丸が貫通したニコンF、「安全への逃避」はニコン嫌いでM3を愛用した沢田教一氏が実はNikon Fで撮っていたこと、またチョートクのカメラジャーナル創刊号では、ボスニア・ヘルツェゴビナの内戦でアメリカ人カメラマンのコンタックスT2に爆弾の破片が被弾し、新しい「カメラ伝説」の誕生か、と話題提供していました。
 
 
 最近では、ビデオジャーナリストの山本美香氏が2012年シリア内戦での取材中に殺害されましたが、ビデオジャーナリズムがスチルカメラよりも主流のようです。そうは言っても、NHKの番組(ディープピープル)で、3人の戦場カメラマン(渡部陽一氏・宮嶋茂樹氏・高橋邦典氏)の対談があったりして、再び注目されているのでしょうか。
 
 
Dp3m2111_


2017年5月18日 (木)

バッハコレギウムジャパン (2017.5)

 今回はまた、宗教改革500周年を記念したバッハ 教会カンタータのシリーズです。ちょうど500年前の1517年がその年だそうです。
 
 今回はカンタータ100番、140番、180番ほかでしたが、私好みのメロディーが多くたいへん楽しめました。シュープラー・コラール集第1曲(カンタータ140番 第4曲)が一番ポピューラーでしょうか。Bach meets the Future (Bernhard Lindner), 1991というバッハをシンセサイザーで編曲演奏した古いCDが手元にありますが、この中ではじめて知りました。
 
 
 今回のパンフレットによると、鈴木雅明氏は、自分の結婚式の花嫁入場にカンタータ140番の第1曲を友人達に演奏してもらったそうです。140番と婚礼の関係も解説されていますが、一言で表すのは難しいです。花嫁がゆっくりとバージンロードを歩く姿を想像しながら聞いていたのですが、落ち着いたゆっくりとした曲で、メンデルスゾーンやワグナーの華やかな結婚行進曲とは全く趣が違います。なんといったら良いのだろう、難しいです(苦笑)。
 
 
Bjc_
 
Img_4780_      (パイプオルガンの左右に20周年記念のロゴが。もちろん演奏会が始まると消えていきます。)  
 

2017年5月15日 (月)

「19世紀パリ時間紀行」ー失われた街を求めてー 練馬区立美術館

Sdim2841__3

 
 凱旋門やシャンゼリゼ通りを初めとする現在見るパリの街並みは、19世紀中頃に行われた「パリ大改造」と言われる大事業で生まれたもので、皇帝ナポレオン3世の命を受けたセーヌ県知事オスマンが、中世以来の街並みを取り壊して新たに作った都市と言えます。
 
 この展示会は、19世紀前半までの中世的な街並みのパリと、19世紀後半の現代につながるパリの街並みの変遷やそれに伴う芸術の変化など、フランス文学者の鹿島 茂氏のコレクションを中心にして企画されたものです。このような企画は日本ではもちろん初めて、フランスでも無いそうです。
  
 東京も、関東大震災により、それまでの江戸の雰囲気を残した街並みが消失し、近代的な都市としての東京へと移り変わっていきましたが、パリは人為的に、東京は自然災害により大きく変貌したという違いがあります。

 

Sdim2828__2

 
 素人の私にもパリに行った想い出と重なりあって、なかなか興味深いものでした。たとえば、
 
■フランス文学者の鹿島 茂コレクション
 パリは紀元前にシテ島から始まりました。ルーブル宮殿の歴史などを紹介した本でパリの古い地図(絵図)を見た記憶があるので、いろいろな古地図(絵図)があって、興味が引かれました。ノートルダム寺院は今も昔もパリの中心。遠くに描かれている山は、モンマルトルの丘だったようです。
 
 
■パリ市の守護聖人として知られる聖ジュヌヴィエーヴ(5~6世紀の女性)
 すっかり忘れていましたが、パンテオンでも観たようで同じ絵葉書を買っていました(苦笑)。
 聖ジュヌヴィエーヴの死後、教会が建てられましたが、すっかり荒廃している中で国王ルイ15世により再建が試みられ、結局18世紀末のフランス革命の最中にパンテオンとして完成しました。しかしフランス革命でその遺骸は焼却されてしまったそうです。
 
 
 
1_
 
 
■皇帝ナポレオン3世と皇后ウージェニー
  「パリ大改造」の立役者です。二人の大きな肖像画がありましたが、ルーブル美術館でも同じような肖像画見たような気がします(たくさんあるのかも?)。
 マルメゾン城(マルメゾン国立博物館)でも皇帝ナポレオン・ボナパルトの家系として紹介されています。
 
 ■ NHKのBS番組 華麗なる宮廷の后たち「ナポレオン3世皇后ウージェニー」(2010)は見応えがあります。鹿島 茂氏もゲストとして出演しています。
 二人とも現代のフランスではほとんど忘れられている存在のようですが、鹿島氏は第二帝政期(1852〜1870年)の重要性を強調していました。政治的には失敗したが(メキシコ出兵の失敗や普仏戦争での敗北と皇帝自らが捕虜に)、パリの大改造がその後のパリの絶対的なブランド化を確立した、という意見は耳を傾けるものでした。
 
 ちなみに、ナポレオン3世(ルイ・ナポレオン)は不潔な街が大嫌いで大の女好きだったそうで、貧民街や路地を大通りに改造し、凱旋門やオペラ座(二人の頭文字 N、E)を作り、建築様式の統一を図り、パリ万博を開催しました(第二帝政の最後の輝き)。普仏戦争の後は家族でイギリスに亡命し、ウージェニーは94歳で亡くなりました。
 ナポレオン3世には著名な批判者が二人、カール・マルクスとヴィクトル・ユーゴーだそうです。
 
 
Sdim2836_

 
■ヴィクトル・ユーゴとレ・ミゼラブル
  妻は大好き、私は苦手。
 この本は絶対に売れるとの見込みで、出版時の版権争いが激しかったそうです。フランスの挿絵画家エミール・バヤールによる少女コゼットの挿絵はたいへん有名です。この時代から、今でいうイラストレーターという仕事が存在していたそうです。
 
 
 学芸員の方のまさに企画力でしょうか。大勢の来場者がいて驚きましたが、パリのブランド力はさすがですね。
 結論、またパリに行ってみたい・・・・。
 
撮影機材 SIGMA DP2 Merrill
 

2017年4月22日 (土)

バッハコレギウムジャパン (2017.4)

Bcj_3_


 今年もまた”受難曲シーズン”がやってきました。キリストの復活を祝う祭典イースター(復活祭)、今年は4月16日だそうですので、ちょうど良いタイミングです。今日はいつもになく大勢のお客さんが来られていました。


Img_4651_iphone5

 
 マタイ受難曲(BWV244)は3回目になります。受難曲はイエスがどのような経緯で十字架の上で死を迎えたのかを描いていますが、演奏形式としては2つのオーケストラと2つの合唱から編成されていることが大きな特徴です。これについては数多くの研究がされているそうで、パンフレットでも詳しい解説がされています。理解するのは難しいですが、少しでもお気に入りの楽曲を増やそうと耳を傾けます。全曲を通して聴くのは、このような演奏会でもないとなかなか時間が取れませんね。


Bcj_1_
 
 
 新聞でも、日本でのイースター商戦の盛り上がりが取り上げられていました。
 伸び悩みのバレンタインデー、落ち目のホワイデーに代わって、ハロウィーンに続く大きな商機が期待されているそうです。

 ちなみに、イースターでは誕生や復活をイメージする”卵”や、多産・繁栄の象徴である”うさぎ”をモチーフにした装飾で部屋を色鮮やかにして家族で食卓を囲むそうです。卵を使った料理を食べたり、卵の殻に絵を描いた「イースターエッグ」を飾ったり、卵を探すゲーム「エッグハント」などがあるそうです。
 
 ちょうど、イースターの前日、新聞の折り込み広告にキューピー株式会社のチラシが入っていました。卵を使ってウサギさんを表した料理など、イメージがよく掴めました。
 

2017年3月 9日 (木)

バッハコレギウムジャパン (2017.3)

Iphone5_4371_2
 
Iphone5_4397_2


 久しぶりのBCJです。
 今日はルター500プロジェクト(宗教改革500周年記念)第3回目の教会カンターターシリーズです。私的には馴染みのない曲ばかりで少々我慢のしどころでした(苦笑)。
 
 パンフレットの解説によると、キリスト教美術史ではイエス・キリストの受難の場面におけるイメージが時代により異なり、特に1050年ごろを境に大きく変化しているそうです。それ以前では、「支配者としてのイエス・キリスト」(パントクラトール)と呼ばれるように、十字架上のイエスは苦悶を見せずに死に勝利して復活した支配者としての顔を見せるのに対して、それ以降では苦悶の表情、苦しみの表情が表現された神としてのイエスではなく人間イエスが表現されているそうです。

 
Bcj201703
 
   
 バッハのカンタータ(230余曲)およびそれに含まれる楽曲まで考えると膨大な数の曲があるわけですが、10回の定期演奏会で14曲の教会・世俗カンタータを聞いています。ネット検索をするとそれらの名曲が出てきますが、イマイチ良く分かりません。
 
 バッハのカンタータの素晴らしさは、よく言われるように、音楽の多様性です。冒頭や終曲の素晴らしい合唱。ソロ、デュエット、3重唱、コラール合唱、多声合唱などの声楽部分の多様さ。そして、アリアのオブリガートとして演奏されるフルートやオーボエ、バイオリンなどの楽器の旋律の美しさ。伴奏とは思えないような魅力。いちど自分自身の好きな曲を整理してみようと思います。
 
撮影機材 iPhone 5 (仕事帰りですので、手抜きです)
 

2017年2月 3日 (金)

オペラ「カルメン」 新国立劇場 2017

P1280754_


 約4時間、幕間にシャンパンを飲みながら新国立劇場で楽しい時間を過ごしました。

 バレエの「カルメン」と比べると、前奏曲に始まり、ハバネラ「恋は野の鳥」、セギディーリャ、闘牛士の歌「諸君の乾杯を喜んで受けよう」、花の歌、ミカエラのアリアなど、広く知られた歌や曲が立て続けに出てくるオペラの方がはるかに楽しめるようです。

 
Img_4046__2

 
 「カルメン」(Carmen)は、ジョルジュ・ビゼーが19世紀後半に作曲したフランス語によるオペラで、フランス・オペラの傑作であるとともに、世界中で最も頻繁に上演されている名作オペラとも言われています。
 
 オペラ「カルメン」は、フランスの作家プロスペル・メリメが19世紀中頃に発表した小説「カルメン」を基にしたものです。「カルメン」という名はスペインではごくありふれた女性名だそうです。(以下、ウィキペディアなどから)
 
 原作ではスペインの民族構成の複雑さや下層社会の抱える困難、荒涼とした風土などを背景に、孤独で勤実なバスク少数民族の男が、カルメンという情熱的なジプシー女(ボヘミア人)に振り回されたあげく、情欲のため犯罪に加担し、やがて破滅するというお話です。物語の背景にあるスペインの複雑な「内と外」の問題、それに繋がるヨーロッパ社会のはらむ文化の「内と外」が、隠されたテーマであったようです。
 
 一方で、この原作からの派生作品では恋愛と嫉妬を中心にすえ、闘牛士やフラメンコなどスペインを代表する「明るさ」を前面に出すことで物語の印象を一新しています。男にとっては危険な女というカルメンのイメージは、オペラ「カルメン」ではさらに強調されています。


Carmen1__2

 
 主役の一人であるミカエラ役は、砂川涼子(ソプラノ)さんです。妖艶なカルメンとは対照的に清楚でシャイで可愛らしいミカエラ役には、雰囲気が良くあっており、なかなかの人気でした。

 それにしても、このオペラもドン・ホセ(ドン・ジョゼ)が婚約者であるミカエラを捨て、代わりに恋い焦がれたカルメンを刺し殺してしまうという悲劇で終わります。最後のあっという間の出来事で、幕が下りてきて終演となります。悲劇的な第4幕も、楽曲自体は華やかに終わります。
 
 終演後、ホワイエに出てくると、そこは個人賛助会員の懇親会(パーティ)の準備中でした。幕間には出ていなかったカルメンとエスカミーリョ(闘牛士)の衣装も展示されていました。いいなぁ・・・・・と思いながら、帰宅の途につきました。
 
撮影機材 Olympus STYLIS 1s, iPhone 5
 

2016年12月22日 (木)

新国立劇場バレエ団 シンデレラ

Dp3m1811_

Dp3m1814__2

Dp3m1803__2


 シンデレラ (Cinderella) は、仏語で「サンドリヨン(Cendrillon)」、和名で「灰かぶり姫」あるいは「灰かぶり」。
 
 グリム兄弟によるアシェンプテル (Aschenputtel)やシャルル・ペローによるものがよく知られているが、より古い形態を残していると考えられているジャンバッティスタ・バジーレによるチェネレントラ (Cenerentola)もある。日本の落窪物語や中国の掃灰娘なども含めて、古くから世界の広い地域に伝わる民間伝承。日本では、ガラスの靴を履かせ、カボチャの馬車に乗せるというモチーフを付け加えたペロー版が有名。
 音楽はプロコフィエフ作曲のバレエ音楽「シンデレラ」。
(ウィキペディアより)


Dp3m1790__2

 
 出演者は全て日本人、振付・演出・指揮は外国人スタッフ。全3幕、約3時間弱のバレエでした。終演後には握手会が。素人なので良く分かりませんが、演出はやや地味のような印象でした。第1幕の最後、シンデレラが馬車に乗って舞踏会へ出かける場面、ステージを一周回って終わり・・・。あーっと思っているうちに、幕が下りてしまい、馬車の細部などよく見られない間に終わってしまいました。派手な演出がない中で、一番の見せ場だったような気がしますので、もっとよく見せて欲しかった。せっかくの馬車ももったいないような感想でした。でも楽しく見ることができました。

 バレエ音楽「シンデレラ」、知っている曲が全くありませんでした(苦笑)。


1__2

__2
 
撮影機材 SIGMA DP3 Merrill
 

2016年11月17日 (木)

バッハ・コレギウム・ジャパン (2016.11)

Img_3838_

Img_3851_

Img_3858_


 東京オペラシティ、タケミツメモリアルは、早くもクリスマスシーズンです(笑)。


 今日はバッハ晩年の大曲、ミサ曲ロ短調です。4部構成で全27曲からなります。実際の教会での礼拝時ミサ用ではなくて、あくまでも神に捧げるためのミサ曲だそうです。バッハの中では非常に有名な曲ですが、個人的には好きなメロディー(楽曲)が少ないので(今回も改めて聴きながらチェックしたのですが)、敷居が高いです。

 
 プログラムの解説を見ながら少々気になった点を二つ。
 
・鈴木雅明さんによる有名なカールリヒター指揮ミュンヘンバッハ合唱団とオーケストラが演奏するロ短調ミサ曲の思い出が書かれています。私もカールリヒター指揮のレコードは何枚か持っていますが、いわゆる古楽器による演奏ではないとのことで、私自身も知らなかったというか、当時はあまりそのようなことは考えていませんでした。
 
・ミサ曲ロ短調の第2部「ニケーア信経(信条)」とは、ローマ帝国コンスタンティヌス1世(ローマ帝国を再統一、死の直前にローマ皇帝として初めてキリスト教に帰依したことで歴史的に有名)が主催した第1ニケーア(ニカイヤ)公会議(325年、現在のトルコ共和国イズニックで開かれた最初の全教会的な規模の会議)において採択されたキリスト教の信条の一つ、だそうです。信経・信条とは、キリスト教の教会がその教理・教義を神と人に示す成文箇条。キリスト教会は、その歴史上、幾度もの教理・教義論争と分裂を繰り返してきた。信条は、所属信徒に対し拘束力を持った客観的な信仰基準である。信条は、偽教理、異端、誤りを、使徒の教え、使徒の教理で識別し、教会から追放するために作成された。(Wikipediaより)
 
Img_3877_


Bcj_201611_
 
撮影機材 iPhone 5 (仕事帰りですので、また手抜きです)