2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ

2017年5月24日 (水)

のらぼう菜(のらぼうな)

Olympus5040810_
 
 
 のらぼう菜! 最近テレビなどで良く見かけます。
 
 その歴史は定かではないようですが、江戸時代初期にはすでに栽培が行われており、今では東京都西多摩地方や埼玉県西部で地方野菜として栽培されているそうです。
 
 私も昨年春、親戚が家庭菜園で育てたのらぼう菜をもらい、初めて食べてみて大変美味しくて驚きました。偶然ですが、続いて友人からのらぼう菜の種をもらう機会があり、秋に植えてみました。
 
 実家の家庭菜園ではなかなか生育しなかったのですが、3月頃から急に伸びて、父は収穫のタイミングがよくわからずやや時期を逃しましたが、4月後半に十分食べる量は収穫できて、GWには写真のように黄色の花が満開でした。菜の花のようです。
 
 一方、プランターでも試しに育ててみました。種を蒔くとすぐに芽が出て順調のように見えたのですが、なかなか伸びず、気がつくと花が咲いており、収穫どころではありませんでした。失敗(笑)!


Olympus5040822_
 
 
 のらぼう菜は、前年8月下旬〜9月上旬に播種をして苗を畑に植え付けます。春先(3月下旬〜4月下旬)に成長してきた花茎を、上の方の柔らかい部分30cm程度を手で折り取りながら収穫するそうです。下の方の茎は固くて食べられません。
 
 収穫後はしおれやすいため長距離輸送や大量出荷向きではなく、生産地付近でのみ消費される地方野菜として扱われているそうです。スーパーなどであまり見かけないのは、このような理由によるようです。
 
 苦みやくせのない味わいが人気だそうで、おひたし、ごま和え、炒め物に合うそうです。我が家でも、炒め物に使いました。
 
 種を取って、来年は大量生産を目指しています(笑)。
 
撮影機材 Olympus STYLIS 1s
 

2017年4月30日 (日)

カフェ・カーサダノーマ ー 原茂ワイン 2017春

Img_4719_iphone5


Img_4717_iphone5


 久しぶりに春の原茂ワイン、カフェ・カーサダノーマ(山梨県甲州市、勝沼ぶどう郷)へ出掛けてきました。

 
 今回は車でのドライブでしたので予約なしのとびこみでしたが、ちょうどオープン15分前に到着。一巡目で、それもなんと運良くテラス席に案内されてしまいました!テラス席は初めてです!晴れて気温もほどほど、風もなく、快適なテラス席で楽しいランチの時間を過ごしました。


Img_4707_iphone5


Img_4710_iphone5

Img_4691_iphone5


Img_4701_iphone5


 メニューはいつもの「パンの気まぐれブランチ」、そしてハラモヴィンテージシャルドネ2014、ぶどうジュース(山梨市カノハタ100%ストレート果汁)です。

 「パンの気まぐれブランチ」では、定番のソーセージ、ハム、マイタケに、ボリューム感のある各種のサラダ。

 パンはカンパーニュ、フォカッチャ、グリッシーニ。パンはやや小ぶりで物足りないですが、食べ終わる頃にはもう満腹でデザートも入りませんでした。

 
Img_4672_iphone5

 
Img_4698_iphone5


Cx003257_


 
  
Cx003261_
 
 
Cx003243_
 
 
Cx003246_
 
 
Cx003249_

 今年の春は寒かったためか、ぶどうの枝にはようやく新芽が。
 一方で、ワイナリー にはいろいろな花が咲き乱れていました。春、満開でしょうか。


Cx003241_


Cx003254_

 昔からいるワンちゃんも、今日は大人しくお昼寝です。
 最初はワイナリーの中にいたようで、妻がカフェの予約を書いていると人なつっこく足元に寄ってきたそうです。初めて来た時からいるので、もうかなりの老犬なのかもしれません。

撮影機材 CONTAX645,  P30+,  Distagon T* 55 mm F3.5,  Apo Macro Planar T* 120mm F4,  iPhone 5
 

2017年4月 8日 (土)

「あまおう苺入りどら焼き」(続報)ー伊都きんぐ

Iphone5_4585

 
Iphone5_4598

 
 久しぶりに博多に行きましたので、また「あまおう苺入りどら焼きーどらきんぐ生」をお土産に買ってしまいました。大中小の3種類があり、大を2個買いました。ちなみに1個460円とケーキ並みの値段でしたが、大粒のあまおうが入っていて、相変わらずあまおう〜あんこ〜生クリームの味わいが絶妙ですね。

 これは季節限定であるとともに、なまものですので糸島〜博多界隈限定というのも泣かせます。「どらきんぐ生」のネーミングもいいです。


Iphone5_4607

 
 近所のスーパでも大粒あまおうのパックが結構なお値段で売っています。

 ちなみに、前回は6個の箱入りで2000円でしたので、大きさが違っていたのでしょうね。
 
 今回は薄いラップフィルムの簡易包装でしたので、つぶれないかと心配しながら持ち帰りました。
 
撮影機材 iPhone 5
 

2017年4月 5日 (水)

西湘~真鶴岬(神奈川県)

Cx003050_


Cx003059_


 初めて西湘バイパスを走り真鶴岬までドライブしました。天気も良く、渋滞もなく、海辺を走る快適なドライブでした。
 
 「西湘バイパス」の表示には気がつきましたが、大磯東ICがどこだったのかあまり意識がなく、西湘二宮ICあたりからようやく有料の自動車専用道路なのかな、という安心感に浸りました。途中2、3か所で舗装工事を行っていたためコールタールの匂いで臭かったのですが、それ以外は潮の香りも感じながらのドライブでした。
 
Cx003051_

 箱根口ICにほど近い西湘PAで一休みです。小田原新名物を目指している「かます棒」、昨年12月新発売の製品です。早速食べてみました(笑)。北条の名前に魅かれて食べてみましたが、やや硬くて期待外れでした。それにしても久しぶりに海を間近に見ました。
 
 その後、早川分岐から石橋ICを目指します。小田原漁港を眼下に眺めながら小田原ブルーウェイブリッジを渡るとまもなく石橋ICで、再び海を間近に見ながら国道135号を走り、真鶴駅前から岬の真鶴漁港を目指します。
 


Cx003061_

 
Cx003076_

 
Cx003066_


 真鶴漁港の和食レストランの「魚座」(さかなざ)に到着します。

 平成7年の真鶴魚市場の建て替えに伴い、レストラン、磯料理店、朝市などの販売所を新たに併設し、人気を得ているそうです。
 
 この日も、ランチには大勢の人がやってきました。暖かくなるとテラス席もあるようです。メニューはやや勘違いして”ばらちらし”を頼んでしまいました。でも美味しかった。ゆっくり休んだ後、市場の周りを散歩します。
 
 
Cx003062_


Cx003071_


Cx003073_


Cx003081_


 小さな真鶴岬を一周して、再び西湘バイパスにのって鎌倉を目指します。片瀬江ノ島駅周辺の変わりようにはそれこそびっくり。まるでカリフォルニアのよう・・・。
 
  
撮影機材 CONTAX645,  P30+,  Distagon T* 45 mm F2.8,  Planar T* 80 mm F2,  Zonnar T* 140 mm F2.8,  iPhone SE
 

2016年8月20日 (土)

牛久シャトー 2016年夏

Fs0a2607_
 
 
 久しぶりに牛久シャトー(茨城県牛久市)に立ち寄り、ランチを食べました。
 
 東日本大震災でシャトーカミヤ旧醸造場施設(重要文化財)が大きな被害を受け、かなりの期間休業していたようですが、徐々に再開し今は通常の営業をしているようです。
   

Fs0a2614__2  
 
 ただし、お気に入りの会席料理の富貴洞が無くなったり、全体としてかなりカジュアルな雰囲気になり、昔の思い出が消えてしまったところもあり少々残念にも思いました。
 
 

Iphone_3544
 
Iphone_3548
 
Iphone_3551
 
 
 ランチは初めて行く「ラ・テラス・ドゥ・オノエン」で頂きました。 古風な煉瓦造りの建物が多い中で、ガラス張りのモダンなレストランです。
 
 平日のランチなので予約などは不要と思ったのですが、念のため前日、急遽予約を入れました。行ってみると、びっくり!大勢の団体さんを初めとして、個人の家族連れのお客さん、若いカップルも次から次へと来て、盛況でした。
 人気あるんですね!
 
地ビールと洋風創作料理が売りだそうです。私たちは地ビールに合わせたソーセージやハムステーキを頼みました。味はなかなか良かったでした。
 
 
Fs0a2608__2
 
 
 修復された事務所も綺麗に輝いていました。今回は時間がなかったので、またゆっくり来たいと思っています。
 
撮影機材
EOS 7D Mark II + EF35mm F2 IS USM,  iPhone 5
 

2016年2月 1日 (月)

黒尊 ー”県民総選挙” 高知県民が選んだ54店舗ー

Img_2357b

Img_2346b

 ずいぶんと久しぶりに高知市に行きました。駅前もすっかり変わってモダンな佇まいです。
 
 ホテルで駅前のインフォーメーションでもらった「高知家 イチオシ グルメガイド 2015」ー”県民総選挙” 高知県民が選んだ54店舗ー を眺めていました。2、3の候補を決めて、最後「黒尊(くろそん)」という鰹のたたき料理の店に入りました。


Img_2318b
 
Img_2313b
    
  
 NHK高知放送局のすぐ側ですが、古びた路地裏の店(店主のお話では60年以上前にできた)で表には表札が出ているだけで、最初はここ? という感じでした。小雪の舞う寒い日の夕方で予約無しですから、ダメ元で入ってみるとOKでした。中は、確かに古い小さなお店です。しかし超人気店だそうで、通常は要予約で、一人なので偶然入れたようです。この日も満席だったようです。
 
 料理は基本的にはおまかせ料理で、希望を言いながら、付け出し、鰹のたたき、ブリの煮込み、寿司のコースでした。
 付け出しにはあん肝や牡蠣もありました。メインの鰹のたたきは、大皿に温もりのある鰹の塩たたきとヒラメの刺身、にニンニクの葉を擦り込んだブリぬた、粗塩、たくさんの生ニンニク、ワサビなどがついてきました。鰹の塩たたきはこの店が発祥だそうで、テレビで紹介されて広まったそうです。続いて、大きなブリの煮込み、最後にボリューム感のある寿司で終わります。
 
 本当に美味しく満足感の高いお店でした。高知に来る時には、また訪れたい店です。
 
Img_2309b
 

Img_2368b

 
Img_2413b   
 
撮影機材 iPhone 5
 
 

2015年12月 6日 (日)

シャトー・ルミエール & ワイナリーレストラン「ゼルコバ」ー山梨県笛吹市ー

Fs0a1936b


 2008年11月に憧れのシャトー・ルミエールを訪問したのですが、丁度世代交代の時期だったのか、その寂れたありさまに驚きました。それから7年、家庭画報でワイナリーレストラン「ゼルコバ」が久しぶりに紹介されたようで、私達も再び訪れてみました。「ゼルコバ」は確かに美味しかったです。シャトー・ルミエールも復活の道を歩み始めたようです。

 
 県道306号線からルミエールの看板をたよりに小道に入ります。正面に大きな工場が見えます。以前はこの工場の手前にワインショップがあったはずだと記憶をたどりながら、工場を通り過ぎ、小さな丘を登り詰めると突然南側に面した広い葡萄畑と「ゼルコバ」が見ました。

 とりあえずワインショップで一休みです。丁度レストラン・ウェディングの終わったところで、付近は華やいだ雰囲気でいっぱいでした。ショップの奥まった一角にシャトー・ルミエールの名誉ある歴史が展示されていました。
 

Fs0a1940b

Fs0a1944b

Fs0a1950b
 
Fs0a1947b
3機の飛行機の航跡が夕陽に映えています
 
 
 「ゼルコバ」のディナーの時間までにはまだ少しあるので、スタッフから葡萄畑の散策を薦められました。ルミエールからは、以前も農場マップをもらいましたが、今回も農場マップを見ながら散策です。まず高台から葡萄畑全体と夕焼けを眺めます。朝は雪をかぶった南アルプスが非常に良く見えましたが、さすが夕方にはもう見えませんでした。この葡萄畑の最上段にワイナリーレストランを持ってくれば、眺めも良くベストだった思いますが、難しいのでしょうね。
 
 葡萄畑をすこしずつ下りて行くと、いつの間にかやや大きな県道?(「南野呂千米寺」交差点から「南野呂交差点」へ北上する道路、306号線よりは幅広い道路)に出ます。この道路を少し北に歩いて、再び人家の合間のやや狭い道を登っていくと、再び「ゼルコバ」の前に出ます。こちらにルミエールの看板を出せたら、遥かにイメージが良くなると思うのですが、現状の道幅では難しいですね。隣接する工場が無骨なのですが、昔はこのような場所にレストランを作るなどとは思ってもみなかったのでしょう。


Fs0a1954b

Fs0a1959b


 さて、「ゼルコバ」です。2010年にオープン。「ゼルコバ(Zelkoba)」は「ケヤキ」の学名です。このワイナリーレストランは、創業者の降矢家の屋敷跡に建てられたもので、屋敷にあったケヤキの巨木(レストランの前)にその名前が由来しているそうです。
 甲斐サーモン、甲州ビーフ、自家製ワインベーコンなど、季節ごとの地元の食材を生かした「ヤマナシ・フレンチ」がモットーで、総料理長はホテルオークラやホテル西洋を経た方です。

 
 3種類のコースメニューがありましたが、標準的なフルコースの「メニュー・ルミエール」を頼みました。
 
Img_2236b

Img_2241b
アミューズグール(蒸し鶏と季節のフルーツ、チーズのサラダなど):川魚のパテ、そしてフルーツ、チーズなどのスライスの感触が不思議な美味さ


Img_2242b  
スペルト小麦のヴルテ:一見カボチャのスープに似ているが、そこはスペルト小麦、違う味。


Img_2245b  
甲州サーモンのポワレ ブールドアンショワ:川魚の臭みのない大型虹鱒


Img_2247b
甲州ワインビーフのロースト、ソース シャンピニオン:甲州牛、里芋、ごぼうのスライス、茸のソース(美味しい)。里芋は後ろにあります。

Img_2252b
どんぐりパウンドケーキとブランデーアイスクリーム:初めてのどんぐり、美味しい!


 ワインショップで見た感じでは、「シャトー・ルミエール」、「光」以外はお手軽な価格のワインでした。高級ワインは東京の直営ワインショップや会員さん向けでしょうね。こちらに到着する前にあちらこちらで試飲してきたので、お酒にはすでにお疲れ気味。ここではグラスワインに止めておき、「シャトー・ルミエール」の白や「光」のメルロー、カベルネソーヴィニオンです。まあ、それなりの感じでした。

 
 この日は、レストラン・ウェディングに加えて、ディナーも予約客で満席(8テーブルくらい+個室)、予約無しの(多分)お客さんも2テーブルあり盛況でした。料理はリーズナブルな価格で量も十分で、確かにどれも美味しかった。また来たいと思わせる料理でした。ルミエールのワインはほとんど飲んでいないので良く分かりません。サービスは一部にちょっと難ありでした。でも、葡萄畑の散歩や美味しい料理で大満足でした。帰りはタクシーで甲府盆地の美しい夜景を見ながら勝沼ぶどうきょう駅に到着です。
 
 
Fs0a1956b
 

Fs0a1970b


 ところで、話はガラリと変わります。

 シャトー・ルミエール(笛吹市一宮町)は、降矢醸造場〜甲州園〜ルミエールと移り変わります。創業は明治18年、創業者は降矢徳義氏です。降矢家は皇族の流れを汲んで約900年続いた名家で、幕末は幕府側に立ったために明治政府による名誉回復後の創業だそうです。塚本俊彦氏が日本のワイナリーとしては初めて欧州の国際ワインコンクールに赤・白ワインで金賞受賞し、ワイン醸造の日中合弁事業設立でも一躍有名になります。千代田区平河町にワインショップがあるのも、その辺りの事情によるのでしょう。

 一方、勝沼地区では、当初山梨県により明治10年に大日本山梨葡萄酒会社が設立され、2人の若者がフランスへ留学。帰国後二人はワイン造りを始めますが、紆余曲折ののち、明治20年頃宮崎光太郎氏が事業に参加し、甲斐産商店〜大黒葡萄酒(〜現在のメルシャンへ)として成功。宮崎氏はワイン醸造と観光を組み合わせて日本のワイン産業を育てたことが特徴。近代化産業遺産の宮光園(みやこうえん:勝沼町)は、宮崎光太郎のブドウ園です。宮光園の隣にはシャトー・メルシャンがあります。最近では、勝沼のワイナリーも国際コンクールでしばしば受賞し日本のワインの評価を高めています。

 私自身は、ルミエールは良くも悪くも山梨のワイナリーの中でもちょっと”浮いた感じ”がするのですが、このような歴史の違いが背景にあるのではないかと思っています。
 

撮影機材 EOS 7D Mark II + EF35mm F2 IS USM、iPhone 5
 

2015年12月 3日 (木)

勝沼 ワイナリー巡り2015

Fs0a1790b_2

Fs0a1848b

Fs0a1851b


 勝沼ぶどう郷駅のホームからは、快晴の中、雪を冠った南アルプスが非常に良く見えました。この日は、ワイナリー巡りのお客さんも多いような雰囲気です。
 
 今日の予定は、勝沼・グレイスワイナリー、シャトー・メルシャン、イケダ・ワイナリー、勝沼醸造、ワイナリーレストラン「ゼルコバ」(シャトー・ルミエール)の5カ所です。
 
  
Fs0a1801b

Fs0a1822b

Fs0a1826b
 
1)勝沼・グレイスワイナリー(中央葡萄酒株式会社)
 最近有名なグレイスワイン(ワイナリー)にまず出かけてみます。蔦のからまったワイナリーの建物が眼を引きます。入口は非常に狭いのですが、中に入ってみるとビックリ、意外と広い建物です。すでに、ワイナリー見学で試飲中のお客さんほかで混雑していました。
 
 実はこの中央葡萄酒は初めてなのですが、予想外にいろいろと手広くやっている印象でした。この数年間集中的に国内外のコンクールに出品し、優秀な成績を収められています。キュヴェ三澤などの有名なワインは既に完売でした。
 
 オーナーの娘さんは、ボルドー大学ワイン醸造学部を卒業、海外研修を積みながら現在は醸造責任者を任され、金賞受賞の名誉もありマスコミにも積極的に対応したりブログをやったりと、活躍されています。オーナーの娘さんの大活躍で一気に有名になるという、最近よくあるパターンです。
 
 テイスティングは、気に入ったワインを1杯・・・円(銘柄により値段が違って300〜500円くらいでした)で好きなだけ飲むという、ある意味割り切ったルールです。テイスティングでもあるし、スタンドバーのような雰囲気でもあるので、最初は少々戸惑いました。日本の甲州種は勝沼で、欧州系の葡萄(主に赤ワイン用)は北杜市明野(韮崎~小淵沢の中間くらいの所)と、栽培場所を分けているそうです。用意されていたワインは、まだ若い印象でした。
 
 今日巡った5カ所の中では、今一番勢いがあるというか、活気に溢れていた印象でした。
 
 
Fs0a1885b

Fs0a1895b

Fs0a1900b

2)シャトー・メルシャン
 どちらかというと、昼食のために立ち寄りました。ここでもランチプレートなどが食べられます。カフェカウンターとテイスティングカウンターを分けた方が良いと思うのですが、スペース的にやむをえないのでしょうね。天気も良いので、外でランチを食べる人が大勢いました。私達も外でのんびとしました。
 
 ワインショップを覗くと、「桔梗が原メルロー」が2011年ものを除いて全く無いのに驚きました。以前は沢山あったのに、やはり好景気で売れ行きが良いのでしょうか。
 
 
Fs0a1904b

Fs0a1907b
 
3)イケダ・ワイナリー
 小さなワイナリーですが、相変わらず根強いファンが多いようです。外に飾られている猫ちゃんも相変わらずです。毛並みの奇麗なラブラドール・レトリーバーも健在でした。メルローグランキュヴェとグランキュヴェ甲州がお気に入りです。商品としての種類はほとんど変わらないので、地道にやっているんでしょうね。
 
 
Fs0a1914b

Fs0a1920b

4)勝沼醸造
 テイスティングの方法がガラリと変わっていて本当に驚きました。テイスティングは、500円で決められた6種類のワインを順番に試飲するというコースです。テラス席もすべて予約制で、時間制限付きになりました。お店の方のお話では、いろいろな事情でこのような方法に変えたそうです。やむをえないですね。テイスティング可能な種類がずいぶんと減ってしまい、ちょっと残念でした。テラスは予約が切れた合間に少し休ませてもらいました。
 
 ヌーボーフェアーにも少し飽きて御無沙汰していますが、勝沼醸造直営レストラン「風」も『レストランテ 風 アルガ葡萄園直営』に変更になるそうです。「アルガ」「アルガーノ」はワインの名前の冠になっていましたが、多分それほど一般的には知られていないと思うので、そのあたりの知名度アップを目指しているのでしょう。トップを走ってきた勝沼醸造も時代の変化を感じ、CI(コーポレート・アイデンティティ)を考えているのかもしれません。
 
 
5)ワイナリーレストラン「ゼルコバ」(シャトー・ルミエール)
 今日の最後の目的地です。「ゼルコバ」、確かに料理は美味しくて、また来たいと思わせる料理でした。これは後ほど改めて書く予定です。
 
 
Fs0a1973b
勝沼ぶどう郷駅 
 
  
 最近、曖昧だった”国産ワイン”の表示ルールを国税庁が見直しました。「国産ワイン」は、原料が国産・海外産にかかわらず、日本で製造されるすべてのワインのことを指します。一方、「日本ワイン」は国産ぶどう100%で造られた国産ワインに限定されます。これは、この10年ほどの間に日本のぶどうで造られた日本製のワインが国際的なコンクールで多数受賞するなどして注目度がアップしたためです。また、「日本ワイン」の地名表示は、国際ルールに則してラベルへの表示を可能にするほか、国内のある地域で収穫されたぶどうを85%以上使用している場合に限り、その地域をラベルに表示できるそうです。
 
 勝沼のワイナリーも、静かながらも大きな変化の時を迎えようとしているのかもしれません。
 
 
撮影機材
EOS 7D Mark II + EF35mm F2 IS USM
 

2015年11月 8日 (日)

化石チョコレート

Dp3m1186b
 
 
Dp3m1176b


 以前、新聞に「ジオ菓子」(ジオガシ旅行団)なるものが紹介されていました。静岡県の伊豆半島にたくさんある火山に由来するさまざまな石や化石を模したチョコレートやクッキーだそうで、人気を集めているそうです。
 

Dp3m1188b


Dp3m1194b


 最近、知人から「化石チョコレート」を頂きました。こちらは国の研究機関の付属施設で販売されているようで一種のミュージアム・グッズだと思います。「ジオボックス」と名前がついています。かなり凝った作りで、専門的な説明もついています。値段はちょっと高めですが、マニアには受けそうです。

撮影機材
SIGMA DP3 Merrill
 

2014年3月 8日 (土)

「あまおう苺入りどら焼き」ー伊都きんぐ

P1070092b
 

 福岡でこんなお土産を見つけました。福岡県糸島産あまおう苺の入ったどら焼きです。イチゴ大福のどら焼き版でしょうか。「どらきんぐ生」「どらきんぐ生・抹茶」「どらきんぐ生・塩バニラ」の3種類があり、あまおう+あんこ+生クリーム、抹茶、塩バニラの組合わせです。これ、確かに美味しいです。外側の皮も柔らかい。問題は日持ちがしないこと。生のイチゴが入っているのでしかたがないのですが、6個買って帰宅してよく見ると賞味期限はその日まで。ちょっと慌てました。

 「あまおう」は最近首都圏のスーパでもよく売っていますね。これはスイーツとして「あまおう」を地元で加工したもので、いろいろな種類があり立派なパンフもついていました。

 
P1070100b


(追記)2017年4月8日  「続報」です。
 
 

より以前の記事一覧