2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ

2016年9月15日 (木)

ディープシーブルー・パールエフェクト Audi A3 Sportback 1.8T FSI

Fs0a2153_blog_2

Fs0a2139b

 
 2008年モデル、5年3ヶ月で約19,000km走りました。A3 SportbackはハッチバックスタイルでAudiとしては便利な実用車で、1.8ターボ(160 psi)でよく走ります。高原リゾートへの小旅行や、親の介護や実家の整理で大変活躍しました。
 
 
P1090149b

P1090146b

P1090141b

 
 ネイビーはシックで好きな色です。若い頃には、BMW3シリーズの紺色に随分と憧れました。このA3 SBのボディカラーはディープシーブルー・パールエフェクト(濃紺)、インテリアカラー(レーザーシート)もディープブルーです(よく見ないと濃紺〜黒の区別が難しいです)。ルーフの内装は明るいグレー(?)ですが、この色の違いは普段はほとんど意識や視界に入ってきません。
 
 Audiの規模の大きい認定中古車センターに行くと予想外にいろいろな色の車を見ることができて、紺系と言っても様々というか微妙に違う色があって、色の選択肢に参考になります。華やかな紺系に「アクアブルーパールエフェクト」(R8用?)という魅力的な色があるようですが、普通の車には設定がないようです。
 
 
P1090136b
 
P1090140b
 
  
 ところで、Sトロニックの極低速間でのギクシャク感は半年くらいで慣れるかと思って購入しましたが、最後まで残りました。疲れてきて運転がややラフになると、どうしてもこのギクシャク感が出てしまいます。妻には不評でした。このあたりがさすがに古いモデルという印象です。
 レザーパッケージですが、一度シートヒーターを経験してしまうと気持ちがよくて、次も欲しくなります。エアコンの温度や風量調整のダイヤルなどの操作が、運転中には面倒でした。
 緊急用のエマージェンシィキットが専用のバッグに収められているのですが、やや大きくてなかなかの重量です。この置き場所がないのです。トランクに入れておくとかなり動いて邪魔なので、結局、右側後部座席の足元が専用置き場になってしまいました。家に置いておく人も多いようです。
 燃費は、何度かレシートを紛失してしまい、正確な記録ではありませんが、都内や高速を入れて平均11km/L程度でした。
 
 5年以上大きな故障もなく安定していました。さすがAudiです。やや費用がかかったものとしてはタイヤ交換、バッテリー交換、マウンティング、オイル交換などでした。しかし、最後にちょっと意外というか、もちろんびっくりするようなトラブル(すぐに人命に関わるようなものではありませんが)がありました。それは・・・・・・・。
 
 

2011年8月 1日 (月)

カクタス・グリーン・パールイフェクト/アボガド・グリーン  アウディ A3

A3_1997_1
 
 
A3_1997_2
 
 
かつて初めてA3が日本に導入された時には、ちょっと変わったイメージカラーが2色ありました。
カタログや雑誌に良く出ていた水色系のコーン・フラワー(ボディ)/マチス・ブルー(ファブリックシート)と、やや黄緑がかった華やかな緑系のカクタス・グリーン・パールイフェクト(ボディ)/アボガド・グリーン(ファブリックシート)です。
 
 
A3_2004_1
 
 
A3_2004_2
 
 
華やかでちょっと艶っぽいボディカラー、計器・オーディオ・エアコンなどの斬新な赤色照明(雑誌からは目に悪いと酷評でした)、品質の高そうな内装、臨場感に富んだオーディオ、重厚なドアの閉まり方(妻は指を挟んで大けがをしました)など、カクタスグリーンには小さいながらもプレミアム感一杯で一目惚れで購入しました。ファブリックシートもちょっと変わっています。14年経ってもほとんど劣化を生じない塗装には本当に驚きましたが、さすがに内部はがたがたになり、とうとうリタイヤとなりました。ご苦労さまでした。これで、最後まで残っていたカセットデッキが、我が家から無くなってしまいました。
 
 
A3_2011_1
 
 
A3_2011_2
 
 
A3_2011_3
 
 
主なトラブルとメンテナンス
5年目:エアコン修理(以前の国産車ではなかったので驚き)、CDチェンジャー取付け、8年目:駐車場での貰い事故、9年目:ハンドル中央部のスターター用コンピュータ部品のショート(年末年始の実家で発生した最大のトラブル、ディーラーまで牽引を依頼)、12年目:タイヤ交換、13年目:エンジン冷却用電動ファン交換、ダッシュボードの変形(最近の夏の猛暑日も影響?)、天井部ファブリック素材の劣化、13〜14年目:断続的に原因不明のバッテリー不調(→エンジン始動不調)、14年目:インナードライブシャフトブーツ切断、15年目:ブレーキ関係部品各種交換、イグニッションボックス内の接触不良による電気系統(ライト、ウインカー、エアコンなど)のダウン(→エンジン自体は問題無いので修理出来たのでしょうが、気分的に最後のとどめでした)。走行距離、約42,000km。10年経つと、12ヶ月点検でもかなりの費用がかかってきました。
 
 
A3_2011_4
 
 
A3_2011_5
 
 
A3_2011_6
 
 
3ドア・ハッチバック、1800CC、4AT、125PS、17.6kgm。燃費は最後まであまり変わらず、町中・渋滞で8〜9km/L、高速で11km/L程度、平均で10km/L程度でした。
 
 
A3_2006_1
 
 
撮影機材
NIKON F4 +Ai AF Nikkor 35mm F2 S / Fuji V100 + EPSON  F-3200
New Mamiya 6 MF  / Fuji プロビアRDP2 + EPSON  F-3200
NIKON F4 + MF-23、Ai Nikkor ED 400mm F3.5S(IF) / KODAX コダクローム64 (PKR) + EPSON  F-3200
Panasonic DMC-LX3 + SLIKYPIX
CONTAX  Aria,   Macro Planar T*  60mm F2.8C  / Fuji  ネオパンプレスト PR400  + EPSON  F-3200