2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

無料ブログはココログ

2019年9月30日 (月)

高尾山トレッキング

 

L1130185_x-vario

 

都心からも近い高尾山、フランスのガイドブック『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』が三つ星として掲載したために、大ブレーク!? いつも大混雑という噂で足が遠のいていた高尾山、ずいぶん久しぶりに出かけてみました。

 

ミシュランによると、ミシュラン・グリーンガイドの第一冊目は1926年に発行された“フランス ブルターニュ編”だそうで、2009年にはミシュラン・グリーンガイド・ジャポンが発行。これは日本を訪れる外国人観光客向けガイドブックのため、日本語版はなく、改訂第4版(フランス語)は2015年よりフランスで発売されているとのことです。お勧めしたい場所は三つ星から一つ星までの星の数で表わされています。ちなみに、★★★ 「わざわざ旅行する価値がある」、★★ 「寄り道する価値がある」、★ 「興味深い」となっています。

 

確かに人は多かったのですが、昔も高尾山山頂は人で溢れていたことを思い出しました。

 

今回は京王バス蛇滝(じゃたき)口バス停から高尾山山頂へ、奥高尾の小仏峠までのトレッキングでした。

 

L1130019_x-vario

 

L1130024_x-vario

 

L1130059_x-vario

 

L1130082_x-vario

 

高尾山は信仰の山としても有名ですが、その中の一つ、蛇瀧(じゃたき)~青龍大権現は、水行道場としても有名だそうです。古くは修験者(山伏)が本格的な修行の前に、心身を清める前行として、神仏に祈願するため冷水を浴び、心身の穢れを去って清浄していたそうです。

 
蛇瀧への登山道は、高尾山の北側斜面にあるためか、鬱蒼とした森の中は薄暗く冷んやりとしており、その中を小さな渓流が勢いよく流れていました。小仏に行くバスは大混雑なのに、ここで下車して登る人はあまりいないような感じでした。ところで圏央道が高尾山の下をトンネルで通過していますが、確かその工事の際に環境問題の一つとして、蛇瀧の水が枯れるのではないかと、大きな問題になったと記憶しています。しかし今回見る限りでは、豊かな水が流れている感じでした。

 

 

 

  

L1130115_x-vario

 

 

ほとんど人気のない登山道を登り切ると、ちょうどロープウェイの下車口、薬王院に向かう参道、11丁目茶屋に出ます。ここはもう、観光客・登山客に溢れたフツウの高尾山でした(笑)。展望テラスから間近に見える高層ビル群!は町田駅前!

 

人混みを避けて3号路経由で高尾山山頂へ。若い人が多い。前には大学のサークルの学生?20名ほどのグループ。ツクツクボーシやニイニイゼミなどがたくさん鳴いていて驚きます。確か自宅付近ではもうセミは鳴いていないと思ったが。

 

 

Img_1394_iphonese

 

山頂の茶店でとろろ付きたぬきそばを食べます。太めの蕎麦で観光地にしてはまずまずの味。あまりしょっぱくなくて良かった。これも「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で三つ星になったおかげ?(笑)

 

 

L1130153_x-vario

 

 

 

L1130144_x-vario

 

L1130169_x-vario

 

 

山頂からの急な階段を下ると、ここからはいわゆる奥高尾。ようやく人が減ってくる。もみじ台、丁平展望デッキ、小仏城山、小仏峠まで行く。昔と比べて、しっかりとした階段が増えたような印象だが、この階段を上り下りするのは存外に草臥れる。花が予想外にたくさん咲いている。
それにしても、外国人(日本人の同伴者が多い感じ)や登山道を走る「トレイルランニング」も多く、このトレランにはずいぶんと道を譲りました。

 

また、小仏方面からも多数の団体さん、グループがやってきます。陣馬山からの縦走?と思いましたが、帰宅して改めて調べてみると、確かに陣馬山からの縦走だとこの時間帯になるのだなと納得しました。高尾山には夕暮れに着いて、都心方面の夜景を見ながらビール飲んで打上げなのでしょうか。

  

L1130181_x-vario

 

L1130158_x-vario

 

L1130203_x-vario

 

L1130234_x-vario

 

L1130219_x-vario

 

 

確かに、「都心からわずか1時間とアクセスが便利、キレイな空気と東京を一望できる絶景、本格登山とお気軽ハイキングのどちらも楽しめる高尾山、夏にはビールまで楽しめる楽園」なのかもしれません。

なお、小仏峠を越えた景信山からの下りは滑る箇所が多かった印象ですが、今回の小仏峠からの下りは楽勝でした。

 

L1130250_x-vario

 

L1130246_x-vario

 

L1130254_x-vario

  

 

2019年9月15日 (日)

アメリカ空軍横田基地 日米友好祭2019 (1)

 

Cf006012_cx645

 

Cf006015_cx645

 

Cf005995_cx645

 

 

今年は展示されていた航空機が多かったような印象ですが、どうなんでしょうか。逆に、自衛隊の出し物が少なかったような感じ。

昨年10月から横田飛行場に配備されたCV-22オスプレイ、予想外に大きいですね。
台風を避けてたまたま横田に来ていた無人偵察機「RQ-4 グローバルホーク」。

 

こちらは「友好祭」であって「航空祭」ではないので、もともと「飛行展示」(デモ飛行)は少ないそうです。私もあまり真剣に見た記憶がないのですが、今回は3回も見てしまいました。例年になく、超望遠レンズをもったアマチュアカメラマンが多数。

輸送機・130・?〜2機による編隊飛行、空挺部隊による落下傘降下が見ものでした。
A-10 サンダーボルトII(Thunderbolt II)
F-16 ファイティング・ファルコン (Fighting Falcon)

 

 

Cf005939_cx645

 

Cf005973_cx645

 

Cf005976_cx645

Cf005978_cx645

 

 

初日は曇りで時折霧雨が舞う非常に涼しい天候、明日は雨という予報のせいか、来場者が非常に多くて驚きました。相変わらずの盛況でした。あるテントの中では、PC数台とプロジェクター投影で日本周辺での航空機の飛行状況や飛行軌跡などが、モニター表示されていて興味深かったでした。

  

 

Cf005992_cx645

 

撮影機材 CONTAX645, P30+, Zonnar T* 140 mm F2.8

 

2019年9月10日 (火)

東京藝術大学 藝祭2019〜御輿パレード&御輿アピール (4)

 

Fs0a6621_7dii

 

Fs0a6636_7dii

 

Fs0a6747_7dii

 

Fs0a6749_7dii

 

Fs0a6754_7dii

 

 

今年で4回目、2016,2017年までは8チームあったのが、2018年から4チームに減ってしまい、今年も同じ4チームでちょっと残念でした。しかし、相変わらず力作ぞろいで、パフォーマンスも含めて素晴らしい。

 

彫刻・先端芸術表現・管楽器・ピアノ・音楽環境創造チーム
御輿:地獄の門番、牛頭と馬頭。逃げても逃げても四苦八苦
法被:阿鼻叫喚の地獄絵図、東奔西走火の車
自称:火水風土の召喚獣?
(以上、藝祭公式サイトなどから)

感想:御輿も法被もリアル感が半端ないですね。凄い。

 

 

Fs0a6818_7dii

 

Fs0a7115_7dii

 

Fs0a7124_7dii

  

Fs0a7156_7dii
  
 
 

Fs0a7176_7dii

 

過去の藝祭はこちらへ。
 2016, 2017(1), 2017(2), 2017(3), 2018(1), 2018(2)

 

撮影機材
EOS 7D Mark II + EF400mm F5.6L USM, EF35mm F2 IS USM

 

2019年9月 7日 (土)

東京藝術大学 藝祭2019〜御輿パレード&御輿アピール (1)

 

Fs0a6605_7dii

Fs0a6661_7dii
 

Fs0a7042_7dii
 

 今年で4回目、2016,2017年までは8チームあったのが、2018年から4チームに減ってしまい、今年も同じ4チームでちょっと残念でした。しかし、相変わらず力作ぞろいで、パフォーマンスも含めて素晴らしい。

 

工芸・日本画・楽理・邦楽チーム_
御輿:今年も上野にたくさんの“穂り”がありますように
法被:花よ よく咲け、穂よ よく実れ
(以上、藝祭公式サイトなどから)

感想:例年と比べると分かりやすい御輿? 躍動感あふれる御輿アピール

 

 

Fs0a7012_7dii

 

Fs0a7030_7dii

 

 

Fs0a7059_7dii

 

Fs0a7047_7dii

 

 

Fs0a7052_7dii

 

Fs0a7055_7dii

 

Fs0a7006_7dii

 

 

Fs0a7085_7dii

 

 

過去の藝祭はこちらへ。
 2016, 2017(1), 2017(2), 2017(3), 2018(1), 2018(2)

 

撮影機材
EOS 7D Mark II + EF400mm F5.6L USM, EF35mm F2 IS USM

 

2019年7月 2日 (火)

東京都東村山市北山公園 花菖蒲

 

 

Cf005816_cx645

  

 

 また花菖蒲を見に行きました(笑) 。
 今度は西武新宿線東村山駅から徒歩で15分程度のところにある市立の北山公園です。そんなに有名なところではないと思います。

 

 むしろもっと有名なところが隣にあります(笑)。

 それは「八国山緑地」です。つまり、スタジオジブリの「となりのトトロ」に登場する七国山のモデルとなったのが、ここだと言われています。公園と緑地の間には単線の西武鉄道西武園線が走っています。「八国山」の名前の由来は、上野・下野・常陸・安房・相模・駿河・信濃・甲斐の八カ国の山々が眺望できたことに由来するそうです。また、『となりのトトロ』の主人公のサツキとメイの母が入院していた「七国山病院」のモデルになったと言われる病院が、実際に今でもあります。

 

 

Cf005780_cx645
 
Cf005835_cx645

 

 本題の花菖蒲です。水を張った水路が多いのと、白い花菖蒲が多いのが印象的でした。地元や近隣の人たちが三々午後やってくる感じでした。こちらも花は見頃でした。

 
 園内を様々な色の帽子を被った幼稚園・保育園の園児たちが先生に連れられて次から次へと来ます。最初はどこに行くのだろうと思いましたが、「八国山緑地」内にある遊び場へ行くようでした。

 

☆ こちらも併せてどうぞ 〜 タンブラー(tumblr) への浮気! ☆ tumblr(タンブラー)とはマイクロブログサービス(TwitterなどのSNS〜ブログの中間のサービス)。記事は画像・タイトル・テキスト本文・タグ(キーワード検索)の順に配列。画像をクリックすると拡大された画像一覧が左右に並んで、左右の画像クリックにより順次閲覧。画像のキャプションが入る場合もあります。「ARCHIVE」クリックでサムネイル画像により記事一覧表示。ブログの持つ多機能性はありませんが、画像の劣化が少ないのが気に入っています。

撮影機材 CONTAX645, P30+, Zonnar T* 210 mm F4.0, Zonnar T* 140 mm F2.8

 

2019年6月22日 (土)

青梅市吹上しょうぶ公園

Cf005660_cx645

 

Cf005719_cx645

 

 久しぶりに花菖蒲を見に行きました。

 場所は東京都青梅市の「吹上しょうぶ公園」。東京多摩地域では有名な花菖蒲園のようです。スタッフの人から8分咲きくらいでちょうど見頃と言われました。よかった!この日は初夏の陽気、ただ谷間を吹き抜ける風が心地よかったでした。この日は来園者もそこそこでゆっくりできました。

 ハナショウブ、アヤメ、カキツバタは同じアヤメ科の植物で、よく似ているので混同されがちです。これらの植物の栽培が本格化したのは江戸時代からで、江戸を中心に諸大名が好み、庶民にも広がりました。明治以降は海外にも輸出され、欧米好みの改良品種も育てられたようです。ただアメリカでは第二次世界大戦中にアヤメは敵国の花として廃棄処分にされたそうです。現在ではハナショウブが一番バラエティに富んでいるようです。こちらの花菖蒲園には、江戸系、肥後系、伊勢系、長井系(山形県)、野生種、米国種などがあるそうです。

 210mm/F4.0での手持ち撮影が多いです。花図鑑になっても仕方がないので、ちょうど花の手入れ(剪定など?)をしているスタッフの方を背景に入れながら撮っています。単焦点レンズだと間合いの取り方が難しく、たくさんは撮れませんでした。

 

Cf005705_cx645

 

 

Cf005714_cx645

 

 

☆ こちらも併せてどうぞ 〜 タンブラー(tumblr) への浮気! ☆ tumblr(タンブラー)とはマイクロブログサービス(TwitterなどのSNS〜ブログの中間のサービス)。記事は画像・タイトル・テキスト本文・タグ(キーワード検索)の順に配列。画像をクリックすると拡大された画像一覧が左右に並んで、左右の画像クリックにより順次閲覧。画像のキャプションが入る場合もあります。「ARCHIVE」クリックでサムネイル画像により記事一覧表示。ブログの持つ多機能性はありませんが、画像の劣化が少ないのが気に入っています。

撮影機材 CONTAX645, P30+, Zonnar T* 210 mm F4.0, Zonnar T* 140 mm F2.8

 

2019年6月18日 (火)

銀座の紫陽花

Img_1006__

 

 銀座・数寄屋橋交差点近くを歩いていると、突然たくさんの紫陽花が眼に飛び込んできました。
 ビル街、観光バスやタクシーと相まって、ちょっと不思議な感じでした。

 

2019年6月 9日 (日)

旧前田家本邸(駒場公園)

 

L1120726_x-vario

 

 

 東京都目黒区、京王井の頭線駒場東大前駅から近い、いわゆる旧前田侯爵邸の洋館です。正確には、敷地と侯爵邸和館は区立駒場公園として目黒区が、侯爵邸の洋館は東京都が管理しているそうです。つい最近、保存修復工事が完了し、なかなか見応えがある施設となっています。この付近は何度か訪れているのですが、この駒場公園に入るのは初めてでした。

 この邸宅は、旧加賀藩前田家16代当主侯爵前田利為侯の居宅および迎賓館として昭和3年~5年にかけて建設されました。利為侯は駐英大使館付武官を勤めていましたが、昭和17年太平洋戦争で戦死され、その後邸宅は中島飛行機製作所、戦後はアメリカ極東軍空軍司令官官邸となり、昭和30年代に入り日本に返還されました。したがって、居宅および迎賓館として利用されたのは、わずか10余年のわずかな期間でした。

 

 

L1120795_x-vario

 

 

L1120765_x-vario

 

 

 華族の館は現在でもいくつも残っていますが、それらから当時の華族の生活を具体的にイメージできるような館はなかなか無いそうです。こちらの邸宅では、広大な敷地がほぼそのままの形で残されていること、各室ごとに設けられている暖炉やシャンデリアなどはほぼ建築当時の状態に修復されていること、当時の写真もたくさんあり、何よりも利為侯の長女酒井美意子さんが邸宅での生活を著作としても残していることなどから、昭和初期における上流華族の生活の一端を今でも具体的にイメージできる稀な場所であるそうです。

☆ こちらも併せてどうぞ 〜 タンブラー(tumblr) への浮気! ☆ tumblr(タンブラー)とはマイクロブログサービス(TwitterなどのSNS〜ブログの中間のサービス)。記事は画像・タイトル・テキスト本文・タグ(キーワード検索)の順に配列。画像をクリックすると拡大された画像一覧が左右に並んで、左右の画像クリックにより順次閲覧。「ARCHIVE」クリックでサムネイル画像により記事一覧表示。ブログの持つ多機能性はありませんが、画像の劣化が少ないのが気に入っています。

撮影機材 SONY RX1R, Zeiss Zonnar T* 35mm F2.0

 

2019年5月25日 (土)

昭和記念公園 シャーレーポピー 2019

  

Cf005430_cx645

 

 

Cf005484_cx645

 

 

Cf005488_cx645

 

 

 

 ちょうど見頃の時に出かけました。

 まさに赤い絨毯!

 

 5月中旬~下旬ごろが見頃。もともとは赤色ですが、最近はいろいろな花の色があります。アイスランドポピーも似ていますが、こちらは4月ごろ開花します。切り花は、このアイスランドポピーだそうです。

 英語名 シャーレーポピー (Shirley poppy)、フランス語名 Coquelicot(コクリコ)、和名 ヒナゲシ、グビジンソウ。

 

 

 

Cf005508_cx645

 

 

Cf005525_cx645
 

 それほど混んでいなかったので、のんびり撮影です。立ち話をしたカメラマンの方、ここでは良く見るポーズをしっかり決めて自撮りする外国人の若い女性たち、そして幼稚園児・保育園児に囲まれてしまった私。子供達は、三脚を据えて撮影していると、ビデオカメラのレンズを覗き込むように(テレビで良く見ますが)、はしゃぎながら私のレンズを次々と覗き込んでいきます。気が付いた先生が慌てて飛んできて、すみませ~ん。この日は天気は良いものの風がけっこうあって、なかなか花がこちらを向いてくれませんでした。一休みして、美しい赤い絨毯を堪能しました。気がつくと絨毯の向こうにはパークトレインが・・・・。

 

☆ こちらも併せてどうぞ 〜 タンブラー(tumblr) への浮気! ☆ tumblr(タンブラー)とはマイクロブログサービス(TwitterなどのSNS〜ブログの中間のサービス)。記事は画像・タイトル・テキスト本文・タグ(キーワード検索)の順に配列。画像をクリックすると拡大された画像一覧が左右に並んで、左右の画像クリックにより順次閲覧。「ARCHIVE」クリックでサムネイル画像により記事一覧表示。ブログの持つ多機能性はありませんが、画像の劣化が少ないのが気に入っています。

撮影機材 CONTAX645,  P30+,  Zonnar T* 210 mm F4.0,   Mutar T* 1.4X,  Distagon T* 55 mm F3.5

 

2019年3月 6日 (水)

玉川上水橋梁から府中街道に出ると・・・・

 
Dp3m2307_

 

 

 

 

 
 
 
 玉川上水橋梁から少し歩くともう府中街道です。
 

 

 森の中に見え隠れしているのが、津田塾大学です。

 

 創設者津田梅子の名前が冠されていますが、現在の住居表示も”津田”町なんですね。

 

 女子大なので詳しくは知りません。


Dp3m2310__4

 

 


 

 

 

 

 
 
撮影機材 SIGMA DP3 Merrill ( 50mm F2.8 )

 

 

より以前の記事一覧