2017年2月22日 (水)

JR立川駅前 散策

Img685_dpp_
 
 
Img687_dpp_
 
 
 残ったフィルムを使って久しぶりにDistagon T* 35 mm F3.5本来の超広角(換算21mm)を楽しみました。モノクロでの超広角のシャープ感はいいですね。
 
本来は同じレンズでフィルムとデジタルで画角の違いを有効に楽しめるのですが、屋外でフィルムバックとデジタルバックを頻繁に交換するのは躊躇することも多いので、なかなか建前通りにはいきません。
 
 
Img688_dpp_
 
撮影機材
CONTAX 645,  Distagon T* 35 mm F3.5,  MFB-1A  + Kodax TX400、EPSON F-3200(コダックのフィルムも異常に高価になってしまい厳しいですね。)
 

| | コメント (0)

2017年1月12日 (木)

寒山寺ー奥多摩 沢井

Img670_dpp_

Img667_dpp__2


 奥多摩・御岳溪谷の急斜面にある小さなお寺、寒山寺(かんざんじ)です。
 あまり撮影スポットとは言えませんが、落葉したこの季節では寺の緑の瓦が印象的です。
 
(ウィキペディアなどによると)
 
 この「寒山寺」は中国の蘇州にある臨済宗の寒山寺にちなんでいます。書家の田口米舫氏が明治18(1885)年に蘇州の寒山寺を訪れた際、釈迦仏木1体を託され、帰国後、昭和5(1930)年に小澤太平氏(武陽銀行頭取)の協力によってここに寒山寺が建立された。


Img658dpp_
正面の3〜4本の木が撮影には邪魔ですが、これはどうしようもないですね。


Img671_dpp_
ここでも右側の木も邪魔ですが、撮影場所が限られているので、どうしても入ってしまいます。
 
 
 蘇州の寒山寺は「寒山拾得の故事」で名高い。「寒山」と「拾得」は共に唐代の脱俗的な人物で、乞食同然の生活をする非僧非俗の風狂の徒だったが、仏教の哲理には深く通じていた。両者とも詩作をよくし、寒山は文殊菩薩、拾得は普賢菩薩の再来と呼ばれることもある。
 宋代以後、彼らの生き方に憧れる禅僧や文人によって格好の画題とされてきた。

 1940年の日本映画『支那の夜』の挿入歌「蘇州夜曲」(女優の李香蘭でも有名ですが)でも寒山寺が登場するので、日本人には馴染みが深いようです。
 
撮影機材 CONTAX645,  Zonnar T* 140 mm F2.8  +  MFB-1B  +  Fuji Pro 400、EPSON F-3200 (最後の220サイズPN400となりました)
 

| | コメント (0)

2017年1月 4日 (水)

年の初めに

Fs0a3019__3 

Fs0a3007_


 少々出遅れた初詣です。戦後70余年、なんやかんや言っても平和に過ごしてきた日本でしたが、トランプ次期大統領の登場や英国のEU離脱などで不安定な世界へと変化していくのでしょうか。しあわせな一年を祈りました。
 
 初詣の後は散歩にランチです。
 最近はただの写真日記に陥っていますが、手持ち機材の200%活用術を工夫しながら、写真ライフを楽しんでいきたいですね。今年の最大の課題は7DIIの稼働率向上でしょうか。便利で良く写って文句は無いのですが昔キヤノンを使った時に感じたトキメキ感に乏しいなあ、やはりAPS-Cに馴染めないのかも?

 
Sdim2526__2
 
Sdim2531_

Sdim2536__2

Sdim2538__2


撮影機材 SIGMA DP2 Merrill (+ AML-2  Close-up Lens) レストランの写真はiPhoneでふつうに撮った方が良さそうですね。
EOS 7D Mark II + EF35mm F2 IS USM 旅行用便利ズームで妥協するか、特別な単焦点レンズにするか?

| | コメント (0)

2016年12月27日 (火)

ギンザ・イルミネーション2016 ヒカリミチ

Cf002881_


Cf002870_

 
 ~“光の庭園”をテーマにしたイルミネーションで“昼と夜”2つのギンザの街並みを演出!~
 
 “光のアーティスト” として国際的に活躍しているフランスのクリエーションスタジオ“PITAYA(ピタヤ)”を起用、“花と樹”をモチーフにしたエレガントなイルミネーション・オブジェを銀座・中央通りに16個設置、32本の街路灯にバスケット状のイルミネーションを吊り下げて頭上からも沿道を照らし続ける。
 (「銀座インフォメーションマネジメント」のオフィシャルサイトから)
 
 
Cf002842_

Cf002862__2
 
 
 銀座中央通りも大型店舗、外資系ブランドばかりで、本当に変わりましたね。なじみ(好み)のショップは銀座と言っても周辺部が多くなりました(苦笑)。むかし行った小さな店は、建て替えなどでいつの間にかどこかに移転してしまったのか、見当たらないですね。
 
Cf002889__2
   
Cf002865__2

 
撮影機材 CONTAX645,  P30+,  Planar T* 80 mm F2
 

| | コメント (0)

2016年12月20日 (火)

名残りの紅葉ー奥多摩 沢井

Img664_dpp__2


Img661_dpp__2


Img681_dpp__2


 早朝ドライブで奥多摩の吉野街道を走り、澤乃井園付近まで出かけてきました。
 
 凍えるような寒さの中、付近はすっかり真冬の装いですが、わずかばかりの名残りの紅葉が朝日に輝いていました。


Img676_dpp__2


Img672_dpp__2

撮影機材 CONTAX645,  Zonnar T* 140 mm F2.8  +  MFB-1B  +  Fuji Pro 400,  Distagon T* 45mm F2.8  +  MFB-1A  + Kodax TX400、EPSON F-3200 (最後の220サイズPN400となりました)

| | コメント (0)

2016年12月15日 (木)

殿ヶ谷戸庭園 2016晩秋 (2)

Cf002812_


Cf002819__2

 
 こちらも、この季節は最近のくだんの例にもれず三脚禁止でした。通路が狭く上り下りも多いので仕方がないと思います。CX645は三脚利用で最大限の性能を発揮できるのですが、やむおうえず三脚を預けての撮影です。
 
 建物を背景にしての紅葉撮影が好きですが、ここはあまりそのようなシチュエーションの場がありません。
 
 
Cf002806__2


Cf002786__2
 
撮影機材 CONTAX645,  P30+,  Distagon T* 55 mm F3.5,  Distagon T* 35 mm F3.5

| | コメント (0)

2016年12月12日 (月)

殿ヶ谷戸庭園 2016晩秋

Cf002839__2


Cf002791__2


Cf002837__2


 殿ヶ谷戸庭園(東京都国分寺市)は崖にできた谷を巧みに利用した「回遊式林泉庭園」で、崖の上の明るい芝生地と崖下の湧水池、樹林で雰囲気が一変する造園手法がみどころだそうです。大正2年〜4年に江口定條氏(後の満鉄副総裁)の別荘として整備され、昭和4年には三菱財閥の岩崎家の別邸となったそうです。(東京都公園協会ウェッブサイトから)
 
 それほど大きな庭園ではありませんが、なかなか変化に富んでいます。ここには何度も来ているのですが、この季節に来たのは初めてです。モミジはやや盛りを過ぎた頃だと思いますが、たくさんの木々がありました。天気も良くて、月並みですがたいへん綺麗でした。
 
 休日のためか入場者も多く驚きました。邦楽(琴と尺八)の演奏会も行われていました。
 
 
Cf002832__2
ここは人気の撮影スポットのようですが、ごちゃごちゃしていて意外と難しいようにも思えました。

 
撮影機材 CONTAX645,  P30+,  Distagon T* 55 mm F3.5,  Distagon T* 35 mm F3.5

| | コメント (0)

2016年12月 6日 (火)

紅葉 2016東京

Cf002758__2


Cf002775__2

Cf002777__2

東京は10月の暖かさから11月の真冬並みの寒さへと急激に気温が低下したために、今年の紅葉は比較的綺麗なのかもしれないと思いました。


Cf002773__2

Cf002766_
 
撮影機材 CONTAX645,  P30+,  Zonnar T* 140 mm F2.8(三脚なしの手抜き撮影です)
 

| | コメント (0)

2016年12月 2日 (金)

紅葉 2016東京 / 濃霧と初雪

Cf002714_2


Cf002701__2



Cf002753__2


Cf002725__2



 慌ただしく過ぎていったことしの秋。せっかくの季節、予定していた写真も撮れずに終わってしまいました。
 そんな中、東京には珍しい濃霧と記録的な初雪、紅葉との共演でした。


Cf002705__2


Cf002713__2


Cf002741__2

撮影機材 CONTAX645,  P30+,  Zonnar T* 140 mm F2.8 
(三脚なしの手抜き撮影です)

| | コメント (0)

2016年10月19日 (水)

吉祥寺 大正通り散策

Img_3742__2


 あまり行かない吉祥寺ですが、妻の買い物に付き合いながらの「大正通り」を散策です。人の多さに驚きました。
 
 買い物を済ませて、隠れ家的なちょっと変わったパン屋さん Dans Dix ans(ダンディゾン)を覗いて、ランチタイムになったのでちょうど眼に入った北欧料理レストラン「ALLT GOTT(アルトゴット)」に飛び込みます。
 
 
Img_3775__2  
  

メニューは、
 
付出し:サンマのマリネ
前菜:ニシンのマリネ、
前菜:キャベツのサラダ、アンチョビソース
スープ:かぼちゃのスープ
メイン:ノルウェー産ヒラメのムニエル、スモークマヨネーズソース・トマトソース
メイン:牛バラ肉の赤ワイン煮込み、クリームチーズソース
 
 
Img_3756_
 
Img_3758_
 
Img_3767_
 
Img_3770_


 人気のある店なんですね。休日のせいもあり、ずっと満席状態。ニシンのマリネが特に美味しかったでした。
 
 帰りながら家具のソリウッド・クラフィスを覗きます。面白いショップがいろいろとありますね。
 
 
Img_3752_
 
撮影機材 iPhone 5 (CX645を持って行ったのですが、あまりの人の多さに気後れして良くないと思いながらもiPhoneでお茶を濁してしまいました)。
 
 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧