2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウェブページ

無料ブログはココログ

2017年4月20日 (木)

春の嵐で桜も終わりに

Fs0a3666_7dii

Dp3m1885_


 今年はあまり桜を楽しむ時間もなく、ふと気がつくと春の嵐に見舞われ桜も散って葉桜でした。

 来年は桜の花吹雪の中をドライブしてみたい・・・・。


Dp3m1858_
撮影機材
EOS 7D Mark II  +  EF35mm F2 IS USM,  SIGMA DP3 Merrill
 

2017年4月18日 (火)

トルコキキョウ 八重咲き

Fs0a3198_


Fs0a3203_
 
 
 トルコキキョウと言えば一重咲きしか知らなかったのですが、こんな八重咲きがあるとは驚きでした。バラと見間違うような花です。色が少々良くないのが残念です。
 
撮影機材
EOS 7D Mark II  +  EF35mm F2 IS USM
 
 

2017年4月 2日 (日)

桜 2017春

Fs0a3160_7dii
 
 
 相変わらず朝夕は気温の低い日が続く東京ですが、早咲きの濃いピンクの桜(陽光桜 ヨウコウザクラ?)が満開になりました。メジロがやってくるのをかなり待ったのですが、今年も諦めてしまいました。
 
 
Fs0a3150_7dii


Fs0a3142_7dii


Fs0a3131_7dii


Fs0a3116_7dii


Fs0a3190_7dii
 
撮影機材
EOS 7D Mark II  +  EF400mm F5.6L USM,  EF35mm F2 IS USM
 

2017年3月12日 (日)

春を想わせる白いストック (2)

Fs0a3026_
 
 
 CONTAX645のバックアップ用に7DIIで撮った白いストックです。CX645では試験的にウエストレベルファインダーをつけていたのですが、やはりこのような細かい部分にはピントがきちんと合っていないですね。
 
 
Fs0a3034_
 
撮影機材
EOS 7D Mark II + EF35mm F2 IS USM
 

2017年2月25日 (土)

シクラメンをタッチパネルで撮影

P1290837_


 もう2年ほど前の話ですが、妻のカメラとして比較的評判の良かったOlympus STYLIS 1s  を買いました。私の保有しているカメラと操作系がかなり違うので、突然撮影を頼まれると戸惑ってしまいます。同梱のマニュアル(印刷物)には基本的な最小限しか書いてないのにも戸惑います。
 
 それでも改めて操作を確認していくと、タッチパネルでオートフォーカス&撮影ができることに今回気がつきました(苦笑)。最近のカメラではタッチパネルが好評なようですが、私のカメラはみな古いしあまり興味がなかったので、じっくりと触るのは初めての体験でした。


P1280802_

 
 早速三脚に取り付けて試してみると、シビアな点を言わなければ、なかなか便利で面白いと思いました。評判通り、シクラメンも綺麗に撮影できていました。これからは、タッチパネル機能もきちんと確認することにしました。
 
撮影機材 Olympus STYLIS 1s  6.0-64.3mm/F2.8 (35mm換算28-300mm、2014年11月発売)
 

2017年1月22日 (日)

白いスイートピー

Cf003027__2


Cf002995__2


スイートピー、華やかで好きです。昔、家の庭にも咲いていました。
 
スイートピーは17世紀末にイタリア・シシリー島で発見され、ヨーロッパ各地で多様な園芸品種が生まれた。開花時期もさまざま。
 
花名のスイートピー(Sweet pea)は、ほのかな甘い香りをもっていることに由来し、ヨーロッパでは、その甘い香りから寝室に飾る花としているそうです。花言葉は「門出」「別離」「ほのかな喜び」「優しい思い出」。松田聖子さんが歌った『赤いスイートピー』。この曲が発表された1982年当時、赤色の花をつけるスイートピーは無かったそうです。
 
撮影機材 CONTAX645,  P30+,  ウエストレベル ファインダー,  Distagon T* 55 mm F3.5,  Planar T* 80 mm F2(ライティングが上手くいっていませんが)
 

2017年1月21日 (土)

春を想わせる白いストックとスイートピー

Cf002986_


Cf002993__2


 まだ大寒の季節、白いストックやスイートピーは待ち遠しい春を想わせます。今年は例年になく春が待ち遠しいです(笑)。
 
ストック(stock)、和名はアラセイトウ。南ヨーロッパ原産で古代ギリシャでは薬草として栽培。日本には江戸時代初期に渡来し、大正末期には切り花用として栽培。本来は多年草だが、日本では秋にタネをまいて春に花を楽しむ「秋まき一年草」。
 
撮影機材 CONTAX645,  P30+,  ウエストレベル ファインダー,  Distagon T* 55 mm F3.5,  Planar T* 80 mm F2
 

2016年6月 6日 (月)

ペラルゴニウム(サーフィンローズ)

Cf002125b_2


Cf002123b


最初の頃に比べると、枝ぶりや花のつき方が悪くなってきましたが、まだまだ元気に咲いています。
この華やかさが好きです。
 
撮影機材 CONTAX645,  P30+,  Apo Macro Planar T* 120mm F4

2016年3月20日 (日)

濃赤と黄緑のカーネーション

Cf001748b
 
 

Cf001748b2
 
 

 地中海沿岸から西アジアの原産だそうです。
 「母の日」の花としておなじみの、赤いカーネーション。実際には赤、ピンク、オレンジ、紫、青!、緑(黄緑)、虹色?、黄色、白といろいろな色があります。

 

Cf001755b2
 
 

Cf001755b
 

 珍しい? 緑(黄緑)のカーネーションはプラドミント(ライトグリーン)と呼ばれるそうです。
 

 日本ではキク、バラと並ぶ生産高を誇るそうですが、切り花のイメージが強いですね。
 

撮影機材 CONTAX645,  P30+,  Apo Macro Planar T* 120mm F4
 

2016年2月20日 (土)

早春

Fs0a2130b
 
 
 この冬は「暖冬」と言われました。「暖冬」いうと、冬の期間を通じて温暖で穏やかな気候のように思いますが、あくまでも12月〜2月の3カ月間の「平均」気温の話です。実際には寒暖の差が激しくなり、厳寒の天候も少なくなく、太平洋側では雪も多いようです。
 
 
Fs0a2149b
 
Fs0a2146b
 
 
 「暖冬」との予想で、アパレル業界は年末にはコートは片付けて「春物」を出しているとかニュースに出ていました。今年の丁度寒い時に懇意にしているショップに行った際にコートが沢山並んでいるので、「寒くなって良かったですね」というと、「もうバーゲン価格ですから」とのそっけいない返事。やはり正価で売れる時期に暖冬予想がでると苦戦するようです。
 
 
Fs0a2139b
 
 
 早春とは言え、丁度寒い時期、小さなクロッカスと水仙、そしていつも元気なフキが芽を出していました。
 
 
撮影機材
EOS 7D Mark II + EF35mm F2 IS USM