« <movie> 雪の奥多摩・大岳山 2024年冬 / Trekking in the snow mountain trail to Mt. Ohdakesan, Japan | トップページ | ドコモ「持ち込み機種変更」「Apple StoreでiPhone購入」 »

2024年2月26日 (月)

ドコモ 「ドコモ光」「光事業者変更番号の取得」「ひかり電話ルータ」

・・・・・ケータイに疎い者の独り言(1)・・・・・

      

昨年(2023年)7月にドコモから「irumo」(イルモ)、「eximo」(エクシモ)、ahamo(アハモ)という新料金プランが発表されました。私自身はほとんど関心がなかったのですが、秋になってある事情によりドコモショップを訪れた事により、真剣に考えるようになりました。

      
この新料金プランは「わかりにくい」と不評だったそうですが、ネット上での解説によると、携帯電話の契約に加えてドコモ光とdカードへの加入により大幅な割引となり、大きな価格競争力が得られるはず、とのことでした。
我が家は長らくソフトバンクと契約していたために、ドコモ光やdカードにはもちろん加入しておらず良く分かっていませんでした。しかし、そう遠くない時期に機種変更をせざるを得ない状態でしたので、現状の契約だとスマホ使用料が大幅に上がってしまい、ちょっと困る状況が想定されました。

   

             

スマートフォンとパソコンのインターネット利用のためには、1)回線事業者(NTT、KDDI、ソフトバンクなど)、2) プロバイダー(インターネットサービスプロバイダーとも呼ばれインターネットに接続・利用するためのさまざまなサービスを提供する通信事業者;OCN、Yahoo!BB、BIGLOBE、So-net、@niftyなど)、3)レンタルサーバー(Webサイトを公開するためのサーバーを貸し出しするサービス会社、メールの保存、FTP、データベース、ファイヤウォール、ドメインなども)が必要で、さらに4) ブログ作成サービス (Webサイト作成のためのアプリ提供サービス;WordPressブログ、Amebaブログ、note、はてなブログ、FC2ブログ、Tumblr、@nifty:ココログなど)もあります。現在では1)-3)の会社は特にそれぞれクロスオーバー的にサービスを行っています。

  

    
「ドコモ光」とは「NTTのフレッツ光回線またはケーブルテレビの設備を使ってドコモが提供するプロバイダ一体型の光インターネットサービス」(ドコモはNTTのグループ会社)です。したがって、基本的には回線事業者とプロバイダーと個別に契約する必要がない、つまりドコモを窓口として一括契約で済むことになります。「ドコモ光」でたいへん驚くのは、ソフトバンク系のYahoo!BBを除く、大部分のプロバイダーがこの「ドコモ光」に参加していることです。

今までも回線事業者とプロバイダの主導権争い?に翻弄され、不愉快な思いを何度もしました。
・@nifty光 with フレッツ 〜2016年
・主契約 NTT東日本 フレッツ 光ネクスト+副契約 @nifty光ライフ with フレッツ 2016年〜 (NTT 「フレッツ光」回線、機器・設備利用料、nifty コース月額料、オプションサービス利用料)
・@nifty光  2018年〜
・ドコモ光 主契約(NTT回線等使用料、niftyプロバイダー料金〜月額料)+副契約 nifty(オプションサービス利用料)

つまり、「ドコモ光」によってドコモとプロバイダーとの力関係が完全に変わったようにも思います。これは予想以上の影響があるようにも思えます。

  

   

ドコモショップで詳細を打合わせる際には、スマホ(iPhone)・パソコン(MAC)・タブレット(iPad)・固定電話(NTT東日本)のセットで現状の費用、契約変更後の費用を自ら事前予測し、ショップで確認・訂正・提案などをしてもらいました。スマホは4G契約で従量制でしたので判断が難しいのですが、費用は事前予測も契約変更後の実際も概ね1割程度安くすんでいる感じです。固定電話はひかり電話(IP電話)への変更ですが、割安感が大きいです。音声の品質も全く問題ないです。(現在の固定電話は停電時には使用不可で、防災用に停電時でも通話可能なのは昔の黒電話と公衆電話だけなので、NTTの固定電話に固執する必要はあまり無いようです。)

この契約変更に際して「光事業者変更番号の取得」(主たる契約事業者の変更届?)が必要となりました。機種変更などに際してキャリア変更をする場合(のりかえ)に必要な「転用承諾番号の取得」ではありません。

また以下のような各種の手数料がかかりました。

ドコモ 契約事務手数料3300円、ドコモ光工事料4400円(計7,700円)
nifty  事業者変更(解除)手数料3300、@nifty光 解除手数料(3年) 22,000(不課税)(計25,300円) 
NTT東日本 工事料2,200
合計35,200円と、けっこうな金額です(笑)。ショップ独自のキャッシュバックキャンペーンでかなりの金額は負担してくれました。ただ、@nifty光 解除手数料は条件によってはかなり高額となり、ショップでも対応しきれなかったようで、一部の費用は持ち出しとなりました。

いずれにしても、これで契約がシンプルになり、回線事業者とプロバイダの主導権争いに巻き込まれることもなく、中長期的に見れば費用も低減できてまずまずかと思いました。

 

 

さて、契約が完了し、NTTからひかり電話用のルータ(RT-S300NE)も到着し、回線も開通しました。このルータはひかり電話(IP電話)や無線LANとしての機能も持っていました。接続によりひかり電話(IP電話)は何も問題なく通話が可能でした。

ところが、インターネット接続には一悶着ありました(苦笑)。我が家では、光回線終端装置〜新しいひかり電話ルータ〜無線Wifiルータ(NEC Atermシリーズ)〜MAC, NAS, iPhoneと繋がっています。したがって、新しいひかり電話ルータにはWifi機能がついていますが、これは単にスルーするだけになります。接続当初はインターネット接続ができなくなりました。やむをえなく、NTT「設置に関するトラブル」を見ます。ルータの各種ランプ点灯には異常が無く、けっきょく、NTTのウェブサイト「Web設定」ページに入って、設定変更を試みます。設定メニューを全て見て、変更できそうな箇所を探しますが、該当しそうな部分は最初からグレー表示で何もできません。何度も堂々巡りをし、工場出荷状態に戻したりしてみますが、やはりインターネット接続ができません。NEC Aterm Q&A「NTTで光回線を契約している場合の、Atermやその他の機器(ONUなど)の接続イメージが知りたい」では、Atermルータ使用の場合はひかり電話のルータ機能を停止すること、接続すべきポートなどが説明されています。NTTの「Web設定」ではひかり電話のルータ機能利用が大前提で説明されているような気がしました。

最初から3時間たち、今日はもう諦めようと思っていたところ、ふと気がつくとインターネットにアクセス出来ていました。何度も堂々巡りをしましたが、けっきょく最初からどこも設定変更を出来ていないはずなのですが・・・・・。良く分かりませんが、ようやく一件落着となりました。

|

« <movie> 雪の奥多摩・大岳山 2024年冬 / Trekking in the snow mountain trail to Mt. Ohdakesan, Japan | トップページ | ドコモ「持ち込み機種変更」「Apple StoreでiPhone購入」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« <movie> 雪の奥多摩・大岳山 2024年冬 / Trekking in the snow mountain trail to Mt. Ohdakesan, Japan | トップページ | ドコモ「持ち込み機種変更」「Apple StoreでiPhone購入」 »