« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »

2023年6月24日 (土)

<movie> 奥多摩 鷹ノ巣山トレッキング 2023初夏 / Mt. Takanosu in Tokyo, early Summer 2023

   

P1027816_cocolog

 山頂への最後の登りから富士山

P1027802_cocolog
山頂への最後の登りから間近に三頭山


P1027776_cocolog
  

P1027844_cocolog

 

雲取山から奥多摩駅に至る非常に長い縦走路(途中に、七ツ石山・高丸山・鷹ノ巣山・六ツ石山・三ノ木戸山など)を石尾根縦走路と呼んでいますが、その中の一角、鷹ノ巣山(標高1736m)にようやく出かけるチャンスに恵まれました。

一番最短時間で登り下りができるのは峰谷バス停(標高590m)ですが、実質的に休日の朝(往路)と夕方(復路)の1本のバスしかなく、自由度が全く無いのですが、フツーに峰谷からスタートです。

峰谷バス停には立派で綺麗な観光用トイレがあるので、たいへん助かります。しばらくは林道・山道・人家を繰り返し、「奥」集落付近で開けた展望を望むと一気に登って来たことに気がつきます。さらに林道を進んで山道に入ると、間もなく鳥居と祠がいくつか現れ(浅間神社)、本来の山登りの気分となります。展望はこの付近から山頂付近までずっとありません。しばらく登るとブナの自然林となり、広大な椎茸の栽培園が現れます。この栽培園が終わると標高1,474mの小ピークに達しますが、ここまで来るとあともう少しです。豊富な「水場」を通過し、立派な鷹ノ巣山避難小屋(標高約1555m付近)に到着です。

  

P1027887_cocolog
 

P1027857_cocolog
山頂から、奥に特異な形をした大岳山、御前山、手前に石尾根縦走路の水根山


P1027876_cocolog
山頂から雁ケ腹摺山~大菩薩嶺方面


ここから進路を東方向に折り返して、山頂まで約180mほどを登ります。この道は防火帯にもなっているので、少し登ると一気に展望が開けます。最初に見えるのは三頭山、富士山、大菩薩嶺、高丸山方面です。鷹ノ巣山(標高1736m)山頂は広々として気持ちが良いです。少し遠くに特異な形をした大岳山、御前山、手前に石尾根縦走路の水根山と榧の木山(尾根)、直近に大きな山体の三頭山、富士山、雁ケ腹摺山~大菩薩嶺方面の大展望が続きます。奥多摩湖は見えません。山頂付近では2度も子鹿が飛び出して来てびっくり!石尾根縦走路南側では意外とスマホが繋がるのに、山頂では圏外でした。

youtube動画(MOVIE) SD/HD ; 奥多摩・鷹ノ巣山トレッキング 2023年初夏

 

P1027912_cocolog
 

P1027919_cocolog
鷹ノ巣山を振り返る 

P1027921_cocolog

 

稲村岩尾根コースは崩落のため相変わらず通行禁止です。下山も防火帯の草原の道を水根山に向かって下ります。巻道から榧の木尾根への登山路を降り、ちょっと距離が長いですが、バスの便が多い倉戸口バス停(標高約490m)に到着です。登りは約1,150m、降りは約1,250mでした。青梅線に乗る前に、奥多摩駅上複合ショップ(PORT OKUTAMA〜オクタマエキウエショップ)に寄ってみました。

撮影機材 Panasonic LUMIX S1 LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.

| | コメント (0)

2023年6月16日 (金)

東村山 北山公園(菖蒲苑)2023年初夏

 
P1027640_cocolog
 

P1027635_cocolog
 
 

P1027517_cocolog
 

P1027520_cocolog

 

今シーズン最後のハナショウブ巡りとして、東京都東村山市北山公園(菖蒲苑)の菖蒲まつりに行きました。土日は菖蒲苑のライトアップがあるそうで、夜桜のライトアップと比べてどんな感じなのだろうかと思いながら、夕方から出かけました。

菖蒲田は「八国山緑地」の南側にある低地に広がっています。この八国山緑地には、ジブリの「となりのトトロ」に出てくる病院(療養所)のモデルとされている病院が今でもあります。のどかな菖蒲田です。ライトアップは19時からでした。もちろんライトアップは広い菖蒲田のごく一部ですが、地元のちょっと早い夏祭りの様相で、出店もたくさん出て、子供たちを含む家族連れなどでたいへん賑わっていました。菖蒲田にはアメリカ・ザリガニがたくさんいるようで、日が暮れるまで、男の子たちが一生懸命探していました。

 

P1027623_cocolog
   

P1027625_cocolog
 
 
P1027522_cocolog
  
 
P1027551_cocolog
  

夜桜のライトアップほどの華やかさはありませんが、ちょっと変わった雰囲気でまずまずと言った趣でしょうか。藤棚のような棚にたくさん吊るされた風鈴が幻想的で、予想外に良かったでした。

 

P1027677_cocolog

 

撮影機材 Panasonic LUMIX S1 LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.

| | コメント (0)

2023年6月13日 (火)

青梅 吹上しょうぶ公園(吹上花しょうぶまつり)2023年初夏

 
Cf010309_cocolog
  
  

Cf010180_cocolog
  
 

Cf010211_cocolog
  
 

東京都青梅市にある吹上しょうぶ公園に行ってきました。最寄りの駅はJR東青梅駅です。

この公園は、ほぼハナショウブ専門のようです。開花時期には「吹上花しょうぶまつり」として出店が少し出たり、ボランティア・ガイドさんが案内をされているようです。 

 

Cf010219_cocolog 
  
 
Cf010231_cocolog
  
     
  
広い谷あいの菖蒲田にたくさんのハナショウブが咲いていました。開花時期は「極早生」から「極晩生」まで様々で、5月下旬から6月いっぱいまで花が見られるようですが、花のラベルを見ていると「中生」がやはり一番多いようで、花の見頃とされているようです。それにしても種類の多さに驚きますが、花の違いを見分けるのは難しく感じました。こちらでは3人の男性スタッフが花柄摘みを行っていました。紫色の花菖蒲の色に合わせた作業服上着です。
  
 
 
Cf010236_cocolog
  
 
Cf010248_cocolog
  
 
Cf010276_cocolog 
  

休息がてら、地元の和菓子屋さんの出店があったので「よもぎ大福餅(こし餡)」を食べてみましたが、なかなか美味しかったでした。

  


Cf010279_cocolog
 

Cf010282_cocolog
  

撮影機材 CONTAX 645 Phase One P30+ Zonnar T* 210 mm F4.0

| | コメント (0)

2023年6月 9日 (金)

町田薬師池公園 ハナショウブ 2023年初夏

 

Cf010099_cocolog
 
 
Cf010067_cocolog
  

Cf010083_cocolog
 
Cf010092_cocolog
 

東京都町田市にある「町田薬師池公園」に初めて出かけてみました。

  
公園は、小田急町田駅と京王相模原線京王永山駅/小田急多摩線小田急永山駅の中間くらいの場所で、多摩丘陵の中、鶴見川の南側に位置しており、鎌倉街道に沿っています。この薬師池公園を中心として、周辺は一大公園エリアとなっていて、配布されている「お散歩マップ」を見ながら歩いた方がよさそうです。薬師池は、戦国時代からあったそうで、「新東京百景」「東京都指定名勝」「日本の歴史公園100選」に選定された町田市を代表する公園だそうですが、歴史を感じさせるなかなか立派な公園です。今回は、薬師池に流れ込む渓流の一角にある菖蒲田を訪れてみました。

  

Cf010113_cocolog
 
 
Cf010118_cocolog
 
 
Cf010150_cocolog
 
 

ちょうど見頃の時期でしたので、私も含めて(笑)早朝からアマチュア・カメラマンが多数。そのうちに花柄摘みのスタッフや生育状態の調査員などが作業を始めます。「カメラマンの皆さんお待ちかねの早乙女姿の花摘み娘さんは・・・・・登場します」とのことで、有名なようです。私も念のために確認すると「仕事中の写真はOK」とのことで、了解を得ました。花摘み娘さんは3人いて、最初に花ショウブの開花数をカウント、次にスマホで開花状況を写真撮影(いずれもウェブサイトの開花情報にアップ)、最後に3人で痛んだショウブの花柄摘みをしていました。渓流の途中にある水車小屋から薬師池に近いエリアでは満開でたいへん綺麗でした。水車小屋から上流部は、谷が狭く木が覆い被さっていて日当たりが悪く水温が低いためか、まだほとんど開花していませんでした。開花時期がずれるので、その分長く花が楽しめるようです。

 

Cf010154_cocolog
 
 
Cf010059_cocolog
 

西園駐車場にあるカフェレストラン「44APARTMENT 薬師池店」でブランチを取ります。ロスト・チキン・プレート+ライス、アイスコヒーです。チキンの皮はパリパリ、香草が非常に効いていて、ヴォリューム満点で、味も良かったでした。公園の中のおしゃれな雰囲気の店、平日にも関わらず若いお客さんが次から次へと来て驚きました。やはり町田市は”大きい”ですね(笑)。一日かけて周囲を散策しても良いと思いました。

 

Img_6520_cocolog

 

撮影機材 CONTAX 645 Phase One P30+ Zonnar T* 210 mm F4.0

| | コメント (0)

2023年6月 6日 (火)

国営昭和記念公園(立川市)〜ハナショウブ 2023年初夏

 

Cf010032_cocolog
 
 

Cf009977_cocolog
 
 

こちらのハナショウブは、日本庭園と花木園菖蒲田の2箇所で見られますが、どちらかというと先に花が咲く(早生〜中生の品種が多い?)日本庭園の方に行ってきました。

 

日本庭園は江戸時代に発展した「池泉回遊式庭園」と呼ばれる様式で、日本庭園の様々な伝統技術が散りばめられているそうです。歴史のある日本庭園には常緑樹が多い(紅葉する木が少ない)のですが、こちらは紅葉する落葉広葉樹が多く、明るい武蔵野の樹木林をイメージしているそうです。ハナショウブは、かなり大きな池の一角で育てられています。それほど広い部分で見られるわけではありませんが、池の中のスイレン、池の周辺に点在する数寄屋建築などの和風建築の眺めとのセットで、ハナショウブを楽しむことができます。開花情報を見ながら出かけましたが、見頃は例年に比べてかなり早かったようです。

 

 

Cf009994_cocolog
 
 

Cf009986_cocolog
 
 

Cf009971_cocolog

撮影機材 CONTAX 645 Phase One P30+ Zonnar T* 210 mm F4.0

 

| | コメント (0)

« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »