« 奥多摩 浅間尾根トレッキング(浅間尾根登山口 バス停~浅間嶺) 2023春 | トップページ | 山梨県小菅村「小菅の湯」 »

2023年4月30日 (日)

奥多摩 浅間尾根トレッキング(浅間嶺~時坂峠~払沢の滝入口 バス停) 2023春

(スマホではインスタグラム風の表示はされません) 

 

Dsc05533_cocolog-2

 

正確な言い方ではないかもしれませんが、「浅間嶺」は2つあります。山の鞍部(凹み)にある東屋・広場の西側のピークの「浅間嶺」は地図上に表記されており、小岩浅間とも呼ばれ、標高903m、そばに浅間神社がありますが、展望はありません。もう一つの「浅間嶺」は鞍部の東側のピークで標高約900m、立派な山頂の標識?があり、御前山、鋸山~大岳山~馬頭刈尾根コースの大展望が見られ、ベンチもたくさんあって休息に良い場所です。

 

この山頂から東に向かって松生(まつばえ)山への分岐までは、幅広い尾根道を緩やかに下りますが、新緑の美しさと相まってたいへん気持ちの良い山の小径でした。先ほどの東屋・広場から下の巻道を東へ歩いてこの尾根道に入り、西に向かって浅間嶺に到達するのも悪くは無いと思いました。

 

Dsc05593_cocolog-2
 
Dsc05616_cocolog-2
 
Dsc05541_instag_cocolog-2 Dsc05569_instag_cocolog-2
Dsc05585_instag_cocolog-2 Dsc05599_instag_cocolog-2
Dsc05607_instag_cocolog-2 Dsc05638_instag_cocolog-2

 

Dsc05578_cocolog-2
 
Dsc05579_2_cocolog-2
  

「時坂古道コース」を下ります。途中、伐採跡地からの大展望があり三頭山~御前山方面がよく見えます。大山祗神社周辺では廃屋も多く、しばらく林道を歩いてようやく時坂峠に到着です。風化した石仏と道標のみです。このコースで行き交う登山者はごくわずかでした。最後に時坂の集落を通り過ぎながら、払沢(ほっさわ)の滝の駐車場に出ます。ついでですので、バスの時間を気にしながら、払沢の滝まで往復して、払沢の滝入口 バス停到着です。

 

Dsc05622_cocolog-2 Dsc05626_cocolog-2
Dsc05646_cocolog-2 Dsc05650_cocolog-2


ちなみに、この古道「甲州中道」は江戸時代、炭・米・塩などが牛馬で運ばれた幹線道あったそうです。旧代官お休み所なども残っており、往時の雰囲気が偲ばれます。ただ、払沢の滝入口 バス停へのバスの便は多少良いのですが、払沢の滝入口から浅間嶺に登るのは遠いですね(笑)。

(こちらもどうぞ 上川乗 バス停下車~浅間嶺)

Dsc05677_cocolog-2

撮影機材;SONY DSC-RX1R Zeiss Zonnar T* 35mm F2.0

 

|

« 奥多摩 浅間尾根トレッキング(浅間尾根登山口 バス停~浅間嶺) 2023春 | トップページ | 山梨県小菅村「小菅の湯」 »

SONY DSC-RX1R」カテゴリの記事

トレッキング(山登り)/ Trekking」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 奥多摩 浅間尾根トレッキング(浅間尾根登山口 バス停~浅間嶺) 2023春 | トップページ | 山梨県小菅村「小菅の湯」 »