« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年1月29日 (土)

パイオニア クロ(プラズマテレビ)との別れ、そしてRECBOX

 

 Pioneer KURO KRP-500A (パイオニア 2008年3月プラズマパネル生産撤退発表、2008年10月KURO発売、2009年2月購入、2009年2月薄型テレビ事業から撤退発表、2009年3月生産終了発表、2021年3月修理受付終了)との別れがとうとうやってきました。購入後、ほぼまる13年でした。昨年初夏の頃から、ディスプレイやチューナーの電源ランプ・スタンドバイランプの点滅、モニター画面での赤・青色長方形ブロックの交互点滅の現象が出始めました。これは電源基盤の経年劣化だそうですが、年末には45~60分毎に発生するようになり、流石に使い続けるのが難しくなり、残念ながら廃棄処分とせざるを得なくなりました。2021年3月ごろに修理(基盤交換)をしておけば良かったのかもしれませんでしたが、判断の難しい状況でした。

 量販店ではKUROを知っているスタッフは、もうほとんどいなくなっているそうです。ちょうどKUROを知っているスタッフの話では、パイオニアの技術者はパナソニックに移り、パナソニックがプラズマ撤退後は有機液晶を担当しているので、KUROからの移行には画質的にもVIERAの有機液晶がお薦めと言われて(半分セールストークと思いながらも)、 VIERA TH-55JZ2000(2021年 5月発売)を買うことになりました。

 

 2つを並べて直接比較している訳ではありませんが、KURO(プラズマテレビ)と VIERA(有機液晶テレビ)の違いの印象を整理してみました。

クロ(プラズマ) 
 長期使用で電子回路の劣化があるのかどうか分かりませんが、比較するとマイルドな解像感。黒の階調はクロの方がまだ良いような印象で、見慣れているせいか眼にも優しく感じます。モノとしての存在感が圧倒的。プラズマパネルは、暖房機器並の発熱で実に暖かい(笑)。設置をお願いした業者さんは、このテレビは滅多に扱うことがないので緊張しますと言って、途中で会社にも作業確認の電話をしながら、約2時間かかりました。

ビエラ(有機液晶) 
 こちらの設置時間は約30分、あっという間に終わりました。非常に合理化されていてチューナーもスピーカーも内部に収められた一体型、ケーブルはアンテナ線と電源コードの2本だけ。時代の流れを感じます。パネルが非常に薄くて何かをぶつけると破損しそうで怖い。モノとしての存在感は薄い。
 クロは50型、こちらは55型であるけれども、テレビ本体としての大きさは相対的に小型化。端子類も少ない。有機液晶パネルからの発熱はほとんど無い。スタンドは現行機種としてはしっかりしているが、スタンド自体や転倒防止策はクロの方が頑丈。
 画質はデフォルトのAIモードでもかなり派手目、シネマ系モードでクロに似た質感となりましたが、非常に高精細でクロと同じ位置では見難いかもしれません。ただ、原色系の色はやはり派手な印象です。そのうちに慣れるでしょうが、やはり画質は違いますね(笑)。
 テレビ本体だけでもふんわりとした3次元的な音場感が出ています。実は、以前からBOSEのCINEMATE 1SR(2011年9月発売、いわゆるサウンドバー・タイプのホームシアタースピーカー)もあったのですが、クロとの配置では効果がイマイチでした。今回、テレビ配置の微調整に伴いBOSEの位置も変更せざるを得なかったのですが、その結果、音場感が激変、低音もよりいっそう出ている感じになりました。周囲の壁との位置関係でしょうか。
 便利機能満載。番組表などの文字が小さくて老眼には見にくいです。外付けHDDに録画できるのが、お手軽で便利です。取扱説明書は薄い小冊子のみ、あとはウェブサイトのPDFをダウンロードしてね、ということでした。
 一通り操作系を確認後、とりあえずSONY PS3経由でREGBOXの録画データとの接続状況を確認しました。大丈夫! 良かった!(笑)

 

 東芝 VARDIA RD-X9 から REGZA DBR-UT209 へ
 ところで、パイオニア クロとの組み合わせで買った東芝ハイビジョンDVDレコーダー VARDIA RD-X9(2009年9月発売、2010年3月購入、2010年10月頃生産完了)ですが、これもとうとう入れ替えとなりました。RD-X9は、もう1年以上前からW録画ができなくなり、それに伴い一旦間違えてW予約をするといずれも録画ができず全ての予約を解除する必要があったりして、かなり使いづらい状況に陥ってしまいました。そんなわけでしばらく前に、バックアップ機種として東芝 BRレコーダー REGZA DBR-UT209 (2019年11月発売、3番組同時録画)を購入していたので、こちらを新しいVIERAとの組み合わせとしました。こちらには伝統的な分厚い取説がついていました。


 買替えに際しては、RECBOXの利用が大前提となるので、IO DATAのウェブサイトで「RECBOX動作確認済み機器一覧」などを参照しながら、改めてRECBOX利用可能のシステム構成を確認しましたが、実質的に使える機種が非常に少なくなっているのに驚きました。したがって、乏しい選択肢の中でREGZA DBR-UT209となりました。録画データの機種依存性を避けるという意味では、コンパクトに収めることができて相変わらずメリットは大きいと思いますが、一方でRECBOXのリスクが徐々に大きくなっているような感じもします。RECBOXの利用も徐々に減らそうか(現在8台使用。これ以上、増やさないように)と思案中です。


 RD-X9は使い難い点もいろいろとありましたが、11年以上よく活躍してくれました。特に、パソコン用のキーボードが使えるのが非常に便利でした。さすがに今回のREGZAでは使えませんでした。

 

| | コメント (0)

2022年1月21日 (金)

大菩薩峠トレッキング 2021晩秋

 

Img3876_cocolog

 

Img3906_cocolog

 

 

大菩薩峠に約35年ぶりで(笑)出かけました。当時は塩山駅~裂石~上日川峠~大菩薩峠・介山荘のコースでした。初日は小雨で、翌日は朝から大雨! 仕方がなくて、介山荘からすぐに小菅村に下山。大菩薩峠ってどんなところだか全くわからない山行でした。

 

今回は甲斐大和駅からバスで上日川峠下車、大菩薩峠という、現在の標準的な日帰りコースです。11月中旬ですので紅葉も終わり、登山客もまばらかなと思いながら出かけました。甲斐大和駅は各駅停車の列車しか止まらない閑散とした駅だと思っていましたが、駅前に停車しているバスに小走りに乗り込むともうほとんど満席でびっくり!皆さん1本前の列車で来ているようです。結局乗客は総勢約45人、マイクロバスが1台追加となりました。上日川峠までバスで1時間弱。バス停付近には駐車場もかなりあり、オープンドライブ で来ても楽しそうなコースのようです。

 

大菩薩峠(介山荘)までは急登もなく、快適な歩きやすい道です。峠の手前から大菩薩嶺の手前にある雷岩付近が見えます。

大菩薩峠から雷岩までの稜線歩きは実に気持ちが良いです。富士山・上日川ダム(大菩薩湖)・甲府盆地・雪を被った南アルプスの大展望が素晴らしいです。介山荘からは奥多摩側の大岳山・御前山なども見えます。この稜線歩き、遠くから見ると草もみじの中の気楽な道のように見えますが、霜柱のためか登山道が結構ぬかるんでいて歩き難いです。この日は快晴でしたが、稜線は標高2000mほどあるので吹く風が冷たく、のんびりと昼食をとるような雰囲気ではありませんでした。

 

Img3911_cocolog

 

下山も同じコースを戻ります。バス停前のロッジ長兵衛で一休みしながら、山ぶどうアイスクリームを食べます。なかなかのボリュームで、乾いた喉には嬉しいです。ロッジのご主人、今日は寒いのにアイスクリームがなぜかたくさん売れましたと笑っていました。帰りの最終バスは乗客20人弱で、ほっとしました。それにしても、このバス路線は東京電力の上日川ダム(大菩薩湖)建設工事によってできたのでしょうか。

 

上日川峠は標高1,585m、大菩薩峠1,897m、大菩薩嶺2,057mですので、2000mの稜線まで300~500mの登りで済んでしまうので、また良い季節に来てみたいと思いました。

(全画像はこちらへ)

 

Img3899_cocolog
 
 

撮影機材;CONTAX645, Planar T* 80 mm F2.0
MFB-1B, FUJIFILM フジクローム Velvia100 プロフェッショナル (RVP 100) 220サイズ
MFB-1A, FUJIFILM フジカラー PRO 160NS プロフェッショナル (PN 160) 120サイズ
Film Scanner EPSON F3200

 

手持ちの220サイズフィルムのストックも、とうとうこれが最後となりました。CONTAX645システムの特徴の一つである220バキュームフィルムインサートMFB-1B(中判カメラ最大の課題であったフィルムの平面性を常に安定に確保する新しいインサート方式採用)も、これが最後の出番となりました。

手持ちのネガフィルムのPRO 160NSも残りわずかとなりました。PRO 160NSもまもなく販売終了です。残った中版フィルムはどれも価格が非常に高騰しており、流石にちょっと手が出しにくくなりました。これからは、ネオパン100 ACROS II を時々使う程度でしょうか。以前、東京オリンピックまでは無くならないと思っていましたが、このご時世、やむおうえないこととは言え今後はどうなるのでしょうか。

ところで以前は、現像から上がって来たばかりのシートから出していないネガやポジは、Film Scanner EPSON F3200でスキャンしても、ノイズやゴミはほとんどついていませんでした。ところが、最近は原因不明の汚れ、多数のノイズやゴミが出たりします。スキャン作業時の私の管理不備もあると思いますが、F3200の経年劣化(発売日2004年8月、修理対応期限2012年4月)、あるいは現像時の微妙な管理の変化?? のためか、これらの除去作業(画像処理)がけっこうたいへんとなっています。CONTAX645のフィルム/デジタル ハイブリッドも徐々に終焉の時を迎えているのかもしれません。

 

| | コメント (0)

2022年1月 7日 (金)

謹賀新年

 

Img3896_cocolog

 

新型コロナ感染症も、このオミクロン株で終わりになって欲しいものです。

 

撮影機材 CONTAX645, Planar T* 80 mm F2.0, MFB-1B,   Fujifilm Velvia 100 (RVP 220 type), Film Scanner EPSON F3200

| | コメント (0)

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »