« カレー風味 鶏の胸肉 ガスオーブン仕立て | トップページ | ピゼッリーニとベーコンのペペロンチーノ »

2021年10月10日 (日)

白谷沢コースで棒ノ折山へ(仙岳尾根下山は要注意) 奥武蔵 2021初秋

 
P1011204_cocolog

 

P1011234_cocolog

 

奥多摩(奥武蔵)の都県境にある棒ノ折山(棒ノ折嶺)には、1972年, 1989年に続いて、随分と年月が開いていますが、3回目です。1回目はJR川井駅下車、大丹波川から登り、2回目は入間川側から、小沢峠・黒山から登り、名郷ラジウム鉱泉経由で下山しました。今回は、入間川側から有馬ダム(名栗湖)を経て、超人気コースである白谷沢コースで棒ノ折山へ登り、槇ノ尾山から人気のない仙岳尾根コースで下山です。

1990年発行、昭文社 山と高原地図「奥多摩」でも、まだ白谷沢コースは載っていません。しかし、沢登りの初心者向けコースとして、昔から有名だったそうです。有馬ダムが完成したのが1986年ですので、その後の周辺の整備事業の一つとして、今のように一般向けの登山コースとして整備されたのでしょう。

 

P1011317_cocolog
  
 
P1011353_cocolog
 
 
 
P1011381_cocolog

 

登山客で超満員のバスを「さわらびの湯」で下車。休日でもあるためか、有馬ダム(堤体)には朝からツーリングのオートバイでいっぱい!(奥多摩湖よりも多い?) 少し歩くと白谷沢登山口に到着。しばらくやや急な登りの後に、滑落事故注意の道標を過ぎると、白谷沢の核心部へと入ります。藤掛ノ滝、第一ゴルジュ、天狗滝、第二ゴルジュ、第三ゴルジュ、白孔雀ノ滝、ロープが掛かる岩場へと続きます。最後に木々の葉が緑に輝く緩やかな谷筋の登り切ると、尾根ではなく大名栗林道との交差部に到着します。距離はそれほどありませんが、美しくちょっとスリリングで気持ちの良い沢筋です。とにかく次から次へと登山客がやってくるので、三密を避けるのに注意します。こんなに人の多い山は、この辺りでは高尾山と御嶽山くらいでしょうか(笑)

(ゴルジュとはフランス語で「のど」という意味。切り立った岩壁にはさまれた谷筋を指します。)

(映像はこちらから)

 

撮影機材 Panasonic LUMIX S1, LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.

  

P1011457_cocolog


棒ノ折山への後半は、丸太の急階段を登りながら、岩茸石・ゴンジリ峠を経て山頂到着(標高969m)です。展望はあまり良いとは言えず、埼玉県の平野部(西武ライオンズのドーム球場がここでもキラキラと輝いていました)と子の権現?が、見えている程度でしょうか。とにかく、ここまでは人が多いです(笑)。

 

 

P1011463_cocolog
 
  
 
P1011481_cocolog

 

棒ノ折山から槇ノ尾山・仙岳尾根コースの下山コースは、一転して人気が無くなります。槇ノ尾山までの稜線では行き交う登山者は2グループ3人、仙岳尾根ではゼロでした。槇ノ尾山からは、頼りない道標、測量の赤い杭、木々に巻かれた赤い目印、トラロープ、そして微かな踏み跡を頼りに降りていきます。道標にある「展望」も見過ごしてしまいました。再び大名栗林道との交差部を過ぎると、今度は水源林の防火帯のような空間部を下りていきます。途中、かなり急傾斜の斜面もあり、滑りやすいです。地図上の標高480m付近に下山すべき「落合」の道標があり、登山路は北北西方向から東北東方向へ急カーブし、山腹を緩やかに進む巻道になります。「痩せた岩稜」が無いな? と思いながらも、GPSで位置確認をしないうちに、有馬ダムの上流部の河原に出てしまいました。

 

P1011493_cocolog
 

対岸の目の前に有馬林道が見るのですが、渡るべき橋がありません! 困惑しているうちに、やや下流に古ぼけた赤い橋があるのに気がつきました。やれやれと思いながら、新しい踏み跡を見つけて少し山の上に進むと、赤い橋のたもとで家族づれがアウトドアをされています。しかし、下る小径が見当たりません。再び河原に戻り、仕方がなく河原に突き出している大きな岩場を登って再び河原に下ると橋のたもとに出ました。橋から続く踏み跡を頼りに逆に戻ってみると、先ほどの大きな岩場の天端に続いていました。一息入れて、赤い橋を渡り小径から有馬林道に取り付きますが、最後の部分では小径が半分崩落。山側の枝にしがみつくと、自生している枝ではなく、伐採した枝を廃棄したもの(笑)。とにもかくにも、有馬林道(舗装道路)に到着。20分のロスタイム。地図を再確認すると、「落合」の登山口である釣り堀は、まだかなり上流。どこで道を間違えたのだろうと不思議! この下山コースはお勧めではないです。

(全画像はこちらへ)

 

|

« カレー風味 鶏の胸肉 ガスオーブン仕立て | トップページ | ピゼッリーニとベーコンのペペロンチーノ »

LUMIX S1, LX3」カテゴリの記事

写真紀行 (Travel & Photo) - 国内(Japan)」カテゴリの記事

トレッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カレー風味 鶏の胸肉 ガスオーブン仕立て | トップページ | ピゼッリーニとベーコンのペペロンチーノ »