« 上高地 2020 静かな夏 | トップページ | ホテル リッツ  (August 2002)リニューアル更新 (2) / Hôtel Ritz(Hotel Ritz Paris)(August 2002) Renewal (2) »

2020年8月22日 (土)

ホテル リッツ  (August 2002)リニューアル更新 (1) / Hôtel Ritz(Hotel Ritz Paris)(August 2002) Renewal (1)

    
11_img3014
        

01_google-map
Google Mapより

  

はじめに (Introduction to the renewal version)

憧れの「ホテル・リッツ・パリ」のリニュアール更新版です(オリジナル版はこちらへ )。内容的な変更はなく、画像のフィルムスキャンをもう一度やり直して、若干画像を差替え・追加しています。

2002年8月、前半2泊、後半3泊と分けて、ガーデンサイド108号室、”オペラ座サイド”526号室、スクウェアサイド335号室の3室を体験しました。建物や内装にはやはり古さを感じましたが、メインダイニングルーム「エスパドン」、「バー・ヴァンドーム」のカフェ・テラス、リッツ・ヘルス・クラブ、ウナギの寝床状の長いブティック、夜のリッツなど思い出いっぱいです。

ホテル・リッツの格式は、まずはスタッフの昼夜の礼装とセキュリティの厳しさに現われているようです。フランスの合理主義のためでしょうか、スタッフも非常にクールで合理主義的な印象です。ウェルカム的な浮ついた歓迎はありませんが、最初は取っ付き難い感じのスタッフも、話をしだすとジョークも交えながら親切でした。リッツの接客モットーは控え目、シンプルかつ礼儀正しく。見られたい人、見せたい人が泊まるホテルではないそうです。

ちなみに2010年秋にフランスのホテル格付け基準が変更され、5つ星を上回る最上級ランクとして「パラス」が設けられました。「パラス」に選ばれるには、ホテルが歴史的建造物にあり、卓越した建築と装飾を備え、最高水準のサービスとインフラを提供し、仏高級レストランガイド「ミシュラン」で星を獲得したレストランがホテル内にあり、客室1室あたり2.75人以上の従業員を抱えているなどの多くの条件があり、リッツはその基準に見合うよう2012年に閉館して大改装し、2017年に再開業しました。

5年にわたる大改装により、私たちの思い出も消え去った過去のこととなってしまいましたが、ヴァンドーム広場の美しさは生涯の思い出となるでしょう。

   

 04_pdf3  05_pdf4

   

1) ヴァンドーム広場とホテル・リッツ (Place Vendôme and Hôtel Ritz)

ヴァンドーム広場、パリで最も美しい調和を見せている広場と言われ、周囲の建物にはルイ14世時代の面影が忍ばれるそうです。広場は、17世紀初めにルイ14世の栄光をたたえて、建築家マンサールによって設計されて造られました。当時は、ルイ14世自身の巨大な騎馬像がありましたが、フランス革命(1895年)の際に破壊されたそうです。現在ではナポレオンのオーステルリッツ戦勝の記念柱が、広場の中央に立ち、ナポレオン像が広場を見下ろしています。ただあまりにも像が高い位置にあるので、肉眼では像の詳細は良く分かりません。

ヴァンドーム広場の周囲には、司法省、ナポレオンの王冠を作成した宝飾店などの高級宝飾店、そしてホテル・リッツがあります。宝飾店ショーメのある場所では、かつて音楽家のショパンが住んでいたそうです。

ホテル・リッツは、建築家アルドゥアン・マンサールにより設計され、1898年6月1日に創業し、現在もエレガントに格式と伝統を堅持しているホテルと言われています。かつてココ・シャネルが住んでいたスイートルームがあることでも有名なほか、ビリー・ワイルダー監督、オードリー・ヘップバーン主演の名作映画「昼下がりの情事」の舞台になるなど、多くの小説や映画の舞台になっています。しかし今では、衝撃的な死を遂げた英国王室のダイアナ妃が、最後を過したホテルとして印象的です。

いよいよ憧れのホテル・リッツの探検です。

  

  

24_aps021  23_aps020

      
2) リッツ 到着 (Arrival to Hôtel Ritz)

予約は、ホテルと何度かメールのやりとりをした後、お願いしました。部屋のランクや料金は、ホテルのホームページには掲載されていないので、問い合わせをしたところ、MS-WORDの添付ファイルで送られてきたので、少々驚きました。ホテル・リッツが属する The Leading Hotels of the World のホームページからも予約は出来ますが、ホテルに直接問い合わせる人は少ないのでしょうか?。

ちなみにホテルのランクは大きく、ダブル、ジニアスイート、ワンベッドスイート、サウナ&ジャグジー付きスイート、プレステージスイートの5つに分けられ、それぞれがさらに細かく区分されています。スイートルーム以外の普通のダブルルームは、クラシック、スーペリア、デラックスという単純な区分です。8月の料金はMINIMUM  RATESでした。

なお予約時のクレジット・カード情報はセキュリティがはっきりしないので、メールではなくFAXにしました。予約確認に際しては、予約番号と空港までの送迎の案内(ベンツ / リムジン)が来ました。

ホテル業界における原則は、「人は見かけによる」だそうです。36℃の酷暑の東京からの長旅では、途中で着替でもしない限り、何を着て行ってもよれよれになってしまいます。それでもいろいろと工夫して、フォーマルに過ぎず、カジュアルに過ぎず、そのバランスに苦労しながら出来るだけセンス良く(?)ビシッとした服装で出発しました。

さて、ヴァンドーム広場に面した正面玄関を回転ドアから入り、右手のコンシェルジェの奥にあるレセプションでチェックインをします。スタッフに名前を告げると、既にコンピューターから数枚の書類がアウトプットされていて、クレジット・カードとパスポートの確認があり、署名をして、あっという間に完了です。書類には予約時にメールしたこちらの情報が記入されており、その下半分にはおそらく約款と思われる文章が書かれているのですが、さすがに読んでいる時間はありませんでした。対応は非常にクールで合理主義的な印象です。
(ふとロビーを見渡すと、軽装でチェックインする人達もけっこういるではないですか・・・。)

そして、そのスタッフが部屋に案内してくれました。内心、彼の美男子ぶりに圧倒されました。やはり、フランスは容姿で勝負なのでしょうか!。年令は20代後半、身長は190センチ位の長身で細身、金髪、クールなルックス、そして、夕方なので燕尾服?(ブラックタイでしたが、どう見てもタキシードではありませんでした)を着用していましたが、その服装がたいへん板についていました。

   

21_apspdf1jpg

   

Hôtel Ritz Paris,  August 2002,  CONTAX 645 D35mm F3.5  P80mm F2 / Fuji PN400  REALA  NS160 Film Scanner EPSON F-3200,   Fuji TIARA ix TITANIUM

|

« 上高地 2020 静かな夏 | トップページ | ホテル リッツ  (August 2002)リニューアル更新 (2) / Hôtel Ritz(Hotel Ritz Paris)(August 2002) Renewal (2) »

CONTAX 645 (Film and Digital) and Zeiss Lenses」カテゴリの記事

ホテル偵察記 (Hotel & Watching) - フランス(France)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 上高地 2020 静かな夏 | トップページ | ホテル リッツ  (August 2002)リニューアル更新 (2) / Hôtel Ritz(Hotel Ritz Paris)(August 2002) Renewal (2) »