« タンジョンジャラ リゾート 2000/8/15-20(リニューアル更新)(1) / TANJONG JARA RESORT, MALAYSIA August, 2000 (Final Renewal) (1) | トップページ | タンジョンジャラ リゾート 2000/8/15-20(リニューアル更新)(3) / TANJONG JARA RESORT, MALAYSIA August, 2000 (Final Renewal) (3) »

2020年5月 4日 (月)

タンジョンジャラ リゾート 2000/8/15-20(リニューアル更新)(2) / TANJONG JARA RESORT, MALAYSIA August, 2000 (Final Renewal) (2)

 

D1_img2308
  
D2_img2309

Nikon F4, Ai Nikkor 105mm F1.8S, Fuji RVP
2000/8, Tenggol Island seeing from TANJONG JARA RESORT, MALAYSIA
          
    
D3_img2341

   

        

D4_img2268
D5_img2214
D6_img2253
D7_img2265
       
D8_img2294

日の出は午前7時。6時半頃から小さな番いの小鳥が鳴き始めます。曇りの時にはテンゴル島がよく見えますが、天気が良いとかすんで見えません。

延々と数km続くプライベートビーチ。やや黄色の砂で、遠浅ですが潮流が速いため泳ぎにくく、透明度は少ないですね。小魚はリゾートはずれの小岬の岩場周辺でしか見られません。タンジョンジャラのジャラは小さな内湾、入江の意味だそうです。それにしてもビーチでも極端に暑くないし、湿度が低く快適です。東京はなんと暑苦しいことか。  

     

                   

E1_img2315
E2_aps-f
         
E3_img2245
E4_mg2248
          
E5_img2215
E6_img2219

施設はレストラン、バー、テニスコート、マリンスポーツ、スパと売店がありました。私が一番気に入ったのは、このプライベートビーチの眺めです。ビーチ沿いに点々と2つずつ配置されたデッキチェアは、朝7:30になると、従業員がプールと同じ青いバスタオルを配って歩きます。私のお気に入りはコテージの丁度前の木陰にあるデッキチェアです。ここで読書をしていると、頭の上の木の枝に3cm位の小鳥がつがいでやって来て、美しい声で鳴きます。そうすると、いつのまにか眠ってしまいます。ここはまるで天国です。少し離れたデッキチェアでは、おじさんが二人、一日中、トランプをしていました。それにしてもマレーシアには椰子の木が多いですね。

TANJONG JARA RESORT,  MALAYSIA 15th-20th August 2000,  Nikon F4,  AF Nikkor 35mm F2S  Ai Nikkor 105mm F1.8S, Fuji RVP  EPSON F3200,  Fuji EPION 1000 MRC TIARA ix TITANIUM   Fuji NEXIA A200

|

« タンジョンジャラ リゾート 2000/8/15-20(リニューアル更新)(1) / TANJONG JARA RESORT, MALAYSIA August, 2000 (Final Renewal) (1) | トップページ | タンジョンジャラ リゾート 2000/8/15-20(リニューアル更新)(3) / TANJONG JARA RESORT, MALAYSIA August, 2000 (Final Renewal) (3) »

ホテル偵察記 (Hotel & Watching) - アフリカ、中近東、アジア(Africa, the Middle East, Asia)」カテゴリの記事

Nikon F, F2, F3, F4, D2Hs, and Nikkor Lenses」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タンジョンジャラ リゾート 2000/8/15-20(リニューアル更新)(1) / TANJONG JARA RESORT, MALAYSIA August, 2000 (Final Renewal) (1) | トップページ | タンジョンジャラ リゾート 2000/8/15-20(リニューアル更新)(3) / TANJONG JARA RESORT, MALAYSIA August, 2000 (Final Renewal) (3) »