« 横浜オクトーバーフェスト2019 (横浜赤レンガ倉庫) | トップページ | 「ころぼっくるひゅって」付近から見る驚きの北アルプス;霧ヶ峰高原 2019秋 »

2019年10月10日 (木)

LUMIX GINZA TOKYO~LUMIX G9 PRO

 

P1005929_lumix-g9-20028

LEICA DG 200mm/F2.8

  

 

 またLUMIX GINZA TOKYOへお邪魔して、今度はマイクロフォーサイズのG9 PROを試写させていただきました。


 今まではほとんど関心のなかったマイクロフォーサイズでしたが、そのサイズ的なバランス感に興味を持ちました。G9 PROボディ自体はなかなか大きくてちょっとびっくりしますが、レンズとのトータルバランスは、サイズ・重量の点からも本当にいいですね。

 

 気になるレンズとして、

LEICA DG SUMMILUX 12mm/F1.4 ASPH. H-X012(35mm換算24mm/F1.4)、

LEICA DG NOCTICRON 42.5mm/F1.2 ASPH./POWER O.I.S. H-NS043(35mm換算85mm/F1.2)、

LEICA DG ELMARIT 200mm/F2.8/POWER O.I.S. H-ES200(35mm換算400mm/F2.8)、

LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm/F1.7 ASPH. H-X1025(35mm換算20~50mm/F1.7 静止画よりも動画撮影用のレンズだそうです)

の4本です。いずれもレンズの名称が長いです(笑)。

 

P1005854_lumix-g9-102517

LEICA DG 10-25mm/F1.7

 

P1005872_lumix-g9-102517

LEICA DG 10-25mm/F1.7

 

P1005771_lumix-g9-1214

LEICA DG 12mm/F1.4

 

P1005811_lumix-g9-42512

LEICA DG  42.5mm/F1.2

 

 
 ショールームの中での試写ですが、どのレンズも良く写りますね。200mm/F2.8は超小型軽量だし、10-25mm/F1.7は凄い、マイクロフォーサイズならでのレンズ! 普通のパソコン・ディスプレイで見ている限り、画像に不満や遜色はないようです。

 G9 PROの操作性はショールームでちょっと触っただけでは十分分かりませんが、指摘されているEVFの歪みは確かに目立ちますね。気にするかどうか、慣れの問題かもしれません。

 マイクロフォーサイズのシステムとしてのサイズ・重量のトータルバランスに魅かれますね。でも、このシステムを揃えた後、ふと、やはりフルサイズの高画素機だ!と思うかもしれない自分が不安になります。

 

☆ こちらも併せてどうぞ 〜 タンブラー(tumblr) への浮気! ☆ tumblr(タンブラー)とはマイクロブログサービス(TwitterなどのSNS〜ブログの中間のサービス)。記事は画像・タイトル・テキスト本文・タグ(キーワード検索)の順に配列。画像をクリックすると拡大された画像一覧が左右に並んで、左右の画像クリックにより順次閲覧。画像のキャプションが入る場合もあります。「ARCHIVE」クリックでサムネイル画像により記事一覧表示。ブログの持つ多機能性はありませんが、画像の劣化が少ないのが気に入っています。

撮影機材 LUMIX G9 PRO, LEICA DG 12mm/F1.4, 42.5mm/F1.2, 200mm/F2.8, 10-25mm/F1.7

 

|

« 横浜オクトーバーフェスト2019 (横浜赤レンガ倉庫) | トップページ | 「ころぼっくるひゅって」付近から見る驚きの北アルプス;霧ヶ峰高原 2019秋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 横浜オクトーバーフェスト2019 (横浜赤レンガ倉庫) | トップページ | 「ころぼっくるひゅって」付近から見る驚きの北アルプス;霧ヶ峰高原 2019秋 »