2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 今年も最初の薔薇が一輪咲きました | トップページ | 不作のパット・オースチン(薔薇) »

2019年5月10日 (金)

三鷹の森ジブリ美術館 & 「カフェ 麦わら帽子」

 

L1120611_

 

 

L1120713_

 

 

 この数年来思いながら、なかなか行く機会に恵まれなかったジブリ美術館、ようやく行ってきました。決して大きな「美術館」ではないですが、いろいろな工夫がされていてアイデアいっぱい、良く出来ていますね。

 
 屋内は実にレトロな雰囲気。たくさんのステンドガラスと昔風のひずみの大きなガラスが使われています。美術館エントランスのステンドガラスはトトロ関連の図柄で本当にいいです。これ欲しいと思いました(笑)。

 
 ここはかなりマニアックで、完全に大人対象の「美術館」。高畑勲、宮崎駿両監督や関係スタッフの人たちの思いがこもっていますね。子供を連れた家族連れも多いですが、幼児には「ねこバス」のコーナーが大人気。幼児の反応を見ているのも面白いです(笑)。

 

 

L1120624_

  

 

L1120683

 
 

 美術館の中は撮影禁止ですが、屋外からの外観、カフェ、屋上などでは撮影OKでした。中国人、欧米人がたいへん多いのにも驚きですが、それにもかかわらず英語などの解説がないもの気になりました。英語はカフェの入り口のメニューくらい? でもスタッフは皆さん語学は堪能な感じでした。

 
 入場時間は、チケットを買う際に10,12,14,16時と2時間おきでしたので、2時間で入れ替え制かと思いましたが、そうではありませんでした。10時に入って、好きなだけのんびりできます。

 

 

L1120668_ 

 

L1120655_  

 

L1120658_

 

 「カフェ 麦わら帽子」 ミニシターを見て直ぐに並びましたが、この平日でも80分待ち、ジャスト12時に案内されました。休日は終日大混雑で大変なようです。

 
畑ごはんのカツカレー(1200円) カツに脂身もなく良心的なメニューで、カレールーも含めて美味しかった。ただし、ごはんが雑穀米でやや硬めの炊き上がり。雑穀米が苦手な人には、白米メニューがないので考えものかもしれません。
麦わら帽子のパフェ(800円) 大味の巨大なパフェ、食べきれませんでした(苦笑い)
ふぞろいイチゴのショートケーキ(800円) こちらも大味なケーキで、やはり大きすぎて食べきれませんでした(苦笑)。注文しすぎでした。
アイスコーヒー(500円)
ふわふわミルク入りコーヒー(500円)

 

L1120638_

 

L1120641_2_

  

L1120645_

 

L1120651_2_

 

 

 カフェのテラスで、飲食物持込みがOKなのも良心的です。

 ミュージアムショップ 大混雑でたくさんのグッズがありますが、「どんぐり共和国」でいつも見るグッズが無いなと不思議に思いましたが、帰宅後ウェブサイトで確認するとどんぐり共和国と株式会社スタジオジブリは直接の関係は無いのですね。ミュージアムショップ限定品として、バカラ製の飛行石がありました!結局グッズは買わずに終わりました。

 行きはJR三鷹駅前からコミニュティバスで、帰りは頻繁に来る路線バスでJR吉祥寺駅へ出ました。

 

 

L1120609_

 

L1120709_

 

 

☆ こちらも併せてどうぞ 〜 タンブラー(tumblr) への浮気! ☆ tumblr(タンブラー)とはマイクロブログサービス(TwitterなどのSNS〜ブログの中間のサービス)。記事は画像・タイトル・テキスト本文・タグ(キーワード検索)の順に配列。画像をクリックすると拡大された画像一覧が左右に並んで、左右の画像クリックにより順次閲覧。「ARCHIVE」クリックでサムネイル画像により記事一覧表示。ブログの持つ多機能性はありませんが、画像の劣化が少ないのが気に入っています。


撮影機材 Leica X Vario 18mm/F3.5 - 46mm/F6.4(35mm換算 28-70mm)

« 今年も最初の薔薇が一輪咲きました | トップページ | 不作のパット・オースチン(薔薇) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年も最初の薔薇が一輪咲きました | トップページ | 不作のパット・オースチン(薔薇) »