2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 三鷹の森ジブリ美術館 & 「カフェ 麦わら帽子」 | トップページ | 小雨の旧古河庭園で薔薇を »

2019年5月15日 (水)

不作のパット・オースチン(薔薇)

 

Cf005393_cx

 

Cf005412_cx

 

今年は不作のパット・オースチンです。
全体として枝が細いようで、花のつき方のバランスや見栄えが悪いです。
残念ですが、切り花で楽しむようにしました。

 

 

Cf005401_cx

 

☆ こちらも併せてどうぞ 〜 タンブラー(tumblr) への浮気! ☆ tumblr(タンブラー)とはマイクロブログサービス(TwitterなどのSNS〜ブログの中間のサービス)。記事は画像・タイトル・テキスト本文・タグ(キーワード検索)の順に配列。画像をクリックすると拡大された画像一覧が左右に並んで、左右の画像クリックにより順次閲覧。「ARCHIVE」クリックでサムネイル画像により記事一覧表示。ブログの持つ多機能性はありませんが、画像の劣化が少ないのが気に入っています。

撮影機材 CONTAX645, P30+, Apo Macro Planar T* 120mm F4

« 三鷹の森ジブリ美術館 & 「カフェ 麦わら帽子」 | トップページ | 小雨の旧古河庭園で薔薇を »

CONTAX 645」カテゴリの記事

花 - 薔薇」カテゴリの記事

コメント

いつもフォト・コンチェルトは見させて貰っておりますし、新しい方も見させてもらっております。

一番最初はもう18年以上前ですかね、当時中華人民共和国に現地赴任しており帰国(回家、home leaving)の際に、北京で借りた京セラG2と45プラナーの写りに驚愕し、G2セットとN1セットを購入、その時にコンタ645が出てるのを発見しこのブログにたどり着きました。
それまではライカRレンズに夢中でMレンズも少しはあったのですがZeissの抜けるようなポジでの色合いにやられちまいました。ライカレンズはアンダーにZeissレンズはオーバーにと言われますが当時は新鮮でした。

もう主力お散歩カメラの座から外れて久しいCONTAX645ですが、現在でも(使ってませんが)2台保有し
レンズも35と350を除いて各2セット保有してます。

C645もリーフAptus2-5というイスラエル製のデジタルバックで使ってたのですが、C645がディスコンに
なったのでC645レンズの活用という言い訳でライカS2とライカ純正のSアダプターCと一緒に導入し
C645レンズをライカSマウントで使用してます。これは純正でC645よりもAF速く正確ですね。
ライカS2は途中で故障して本国送りになり、その間の対応として中古でもう一台購入して2台あります。

そのあとは、富士からGFX50sが出て発売日に中野のフジヤカメラに行ったら現物があったので
即購入3462ズームとの購入でしたが結局レンズもかなり集めてしまってます。
Frinngerからコンタックス645レンズをGFXで使用できるスマート電子アダプター購入し
手持ちのC645レンズ使えるようになってます。
でもアダプターに関してはライカSのアダプターのほうが数段使いやすいですね、値段も25諭吉でありますがね。

色々書いてしまいましたが、コンタックス645やはり素晴らしいシステムですね。

golfkidds さん、こんにちは。

 いつも私のブログを見て頂いており、また毎回暖かいコメントを頂きましてたいへん感謝しております。

 私の方はご覧の通り相変わらずCX645が主力カメラとして活躍しており(苦笑)、ちょうど20年でしょうか。Nikon F2を20年少々保有していましたので、間も無く我が家の長寿カメラNo.1となりそうです(笑)。フィルム撮影も時々行っており、古いCX645のネガ・ポジのデジタル化も合わせると、フィルムスキャナー(EPSON F3200)の稼働率も結構なものになっています。しかし、富士フィルムの大幅値上げも間近に迫っており、コダック並みの価格になってしまうと、さすがに手が出なくなってしまいそうです。手持ちのストックが無くなりそうな2年後が、フィルム・デジタルハイブリッド CX645の分れ道になりそうです。

 マウントアダプターを介してFuji GFX50S/RやLEICA Sシリーズの利用についても、golfkiddsさんや皆さんのご意見も拝見しており、新宿のCONTAX専門店からもトレンドはGFX50Rと薦められましたが(笑)、アダプターの不完全さ、先立つもの(苦笑)、今更そこまでCX645に投資すべきか? と二の足を踏んでいます。体力的にもカメラ一式と三脚一式を抱えて移動するのがだんだん辛くなってきていますが、今のところは、CX645とP30+の性能を常にフルに発揮できるように、細かい工夫をするように心がけています。

 最近は、大型重量級のCX645と小型軽量のコンパクトデジカメ(3機種)の使い分けになっていますが、中間のふつうのデジタル一眼レフが休眠状態で悩んでいます。フルサイズミラーレスは気になりながらも様子見で、そのうち比較的小型のZ6あたりと入れ替えるのかなあ?と思いながら、けっきょく堂々巡りをしています。

 話は変わりますが、今週末に「FUJIKINA 2019 東京」「LUMIX S1R・S1タッチ&トライイベント」があるので、どちらかには行こうかと思っています。三井倶楽部でのFUJIKINAでは運良くGFX50Sが借りられましたが、今回は出遅れてダメでした。GFX50Rを手に入れたら、多分レンズは純正を使ってしまうでしょうね。

 それではこれからも楽しいカメラライフを楽しみましょう。ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 三鷹の森ジブリ美術館 & 「カフェ 麦わら帽子」 | トップページ | 小雨の旧古河庭園で薔薇を »