2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 霧ヶ峰高原 2018夏 | トップページ | 花いっぱいの八島ヶ原湿原;霧ヶ峰高原 2018夏 »

2018年8月11日 (土)

「ころぼっくるひゅって」で過ごす一夜;霧ヶ峰高原 2018夏

Stylus_p7200180_

Stylus_p7200131_  
 
 車山肩にある「ころぼっくるひゅって」に泊まりました。「ころぼっくるひゅって」は、今ではカタカナではなくてひらがなで書くようです。
 
 


Rx1r_dsc02187_ 

  
 霧ヶ峰では、昭和10年頃にはすでにスキー場が賑わい、それに伴う山小屋や売店がけっこうあったようです。いま営業されている山小屋は昭和30年代に開業されたところが多いようで、こちらは昭和31年(1956年)オープンです。当時はもちろんビーナスラインはまだなく(昭和56年全線開通)、無人の草原だったようです。
 
 
 昭和35年に八島ヶ原湿原・踊場湿原・車山湿原の3カ所がまとめられて、改めて「霧ヶ峰湿原植物群落」として天然記念物に指定されたり、八ヶ岳中信高原国定公園が昭和39年に指定されたりして、昭和30年代は山小屋を再興する気運も高まっていたのでしょう。
 
 
 
Stylus_p7200114_
 
 
Stylus_p7200115_

  
 車山肩、今はビーナスラインの大駐車場があり、霧ヶ峰トレッキングの拠点となっており、日中は大勢の観光客や登山者で大混雑です。大駐車場からほんのわずか歩いたところにある「ころぼっくるひゅって」からは、車山湿原や車山山頂を望むことができます。また、このあたり一帯ではニッコウキツゲが保護されており、夏にはその大群落を見ることができます。
 
  その意味では、まさに絶妙なロケーションにあります。初代オーナーさんの眼力は、大したものだと思います。


 
Rx1r_dsc02328_

 
 
 「ころぼっくるひゅって」でいちばん有名なのはカフェのようです。ネット上でも評判のようですが、確かに美味しいです。昼食でボルシチセットとトーストを食べました。ボルシチの味付けはなかなかです。トーストは味とその巨大さにびっくり!入道雲がもくもくと湧き上がる真夏の空の下で、車山湿原や車山を眺めながらの楽しいランチです。
 
 
Rx1r_dsc01992_  
 
Rx1r_dsc01998_            分厚い!トースト; 左はハチミツとチーズ、右はシナモン

  
 
 「ころぼっくるひゅって」の宿泊はわずか3室です。週末は満室でしたが、車での日帰りトレッキングの人たちが多いのでしょう。日中の喧騒も15時を過ぎると、本来の山の静寂が戻ってきます。雷雲が近づいてきたり、ガスがかかってきたり、天候も急に変化していきます。「ひゅって」のワンちゃんも綱を放たれて、自由気ままに遊んでいます。山小屋と言っても電気もあればお風呂もあるといった贅沢です。


 
Stylus_p7210228_
 

 
Rx1r_dsc02166_

 
Rx1r_dsc02248_

 
Rx1r_dsc02259_

 
 
 食堂には、昔使ったランプがたくさん並んでいます。この日の夕食はハンバークでした。ボルシチとはちょっと違った感じでしたので、カフェと宿泊の食事は、料理される方が違うようです。

 
Rx1r_dsc02238_
 
Rx1r_dsc02220_
 
 
 

 
 早朝の散歩です。ガスが速く流れていき、車山湿原があっという間に見えなくなってしまいます。ニッコウキツゲが朝露に濡れて輝いています。
 
 朝食を食べて出発の準備をしていると、車でやってきた登山者がもう歩き始めていました。カフェにも、もうお客さんが待っています。
  
 今日も、暑くなりそうです。
  

 
Stylus_p7210282_
 
 
Stylus_p7210301_
 
  
 

Rx1r_dsc02292_
  

Stylus_p7210290_

  
 
 
Rx1r_dsc02298_  
 
 
Stylus_p7210317_ 
 
  
撮影機材 Olympus STYLIS 1s  6.0-64.3mm/F2.8(35mm換算28-300mm), SONY RX1R ( Zeiss Zonnar T* 35mm F2.0 )
 

« 霧ヶ峰高原 2018夏 | トップページ | 花いっぱいの八島ヶ原湿原;霧ヶ峰高原 2018夏 »

写真紀行 (Travel & Photo) - 国内(Japan)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 霧ヶ峰高原 2018夏 | トップページ | 花いっぱいの八島ヶ原湿原;霧ヶ峰高原 2018夏 »