2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 不作のカサブランカ | トップページ | 「ころぼっくるひゅって」で過ごす一夜;霧ヶ峰高原 2018夏 »

2018年8月 5日 (日)

霧ヶ峰高原 2018夏

Stylus_p720058_
 
Stylus_p7200064_
 
 6月末から猛暑が続く異常気象。標高1800〜1900mあまりの高原でも暑かった。
しかし、真っ青な空に、真っ白な入道雲がもくもくと沸き立ち、山吹色のニッコウキスゲが咲き乱れる! 子供心にも懐かしい、夏らしい情景・・・・。
 
 11時〜13時ごろが団体さんのピークです。それを過ぎると、再び静寂の高原に戻ります。
 
 
Stylus_p7200190_
 
Rx1r_dsc02180_
 
Stylus_p7210248_
 
 
Stylus_p7210315_
 
 高原のひろ〜い草原。
 近世以降は、高原全体が周辺農村の採草地とし利用され、野焼き(火入れ)も行われ、現在のような大草原となっていたようです。自然にできたものではなく、人の手が加わっているようです。
 
 「ニッコウキスゲ」(日光黄菅)は、花が黄色で葉がカサスゲ(笠萓)に似ており、日光の霧降高原などに多く見られたので、このように呼ばれています。本来は、ゼンテイカ(禅庭花)と呼ばれる花で、多年草ですが、朝方に開花すると夕方にはしぼんでしまう一日花です。確かにしぼんでいる花弁も多いです。最近は鹿の食害で、すっかり減ってしまい、保護のための電気柵の中を除くと、あまり見られません。
 
 
Stylus_p7210282_
 
 
Rx1r_dsc02378_
 
 
Rx1r_dsc02481_  
 
撮影機材 Olympus STYLIS 1s  6.0-64.3mm/F2.8(35mm換算28-300mm), SONY RX1R ( Zeiss Zonnar T* 35mm F2.0 )
 
 

« 不作のカサブランカ | トップページ | 「ころぼっくるひゅって」で過ごす一夜;霧ヶ峰高原 2018夏 »

写真紀行 (Travel & Photo) - 国内(Japan)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 不作のカサブランカ | トップページ | 「ころぼっくるひゅって」で過ごす一夜;霧ヶ峰高原 2018夏 »