2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 「ころぼっくるひゅって」で過ごす一夜;霧ヶ峰高原 2018夏 | トップページ | 「クヌルプヒュッテ」で過ごす一夜;霧ヶ峰高原 2018夏 »

2018年8月15日 (水)

花いっぱいの八島ヶ原湿原;霧ヶ峰高原 2018夏

 
Rx1r_dsc02424_  
 

 八島ヶ原湿原、予想外に広くて立派な湿原で驚きました(苦笑)。それにしても、高山植物は8月よりもやはり7月ですね。いろいろな花々が咲き誇っていました。鹿対策のフェンスのおかげでしょうか。
 
 
 
Rx1r_dsc02396_  
 
Rx1r_dsc02403_
 
 
Stylus_p7210337_  
 
Stylus_p7210340_
 
 
Stylus_p7210402_
  
 
 沢渡から出発し、湿原周回コースの分岐点をビジターセンターを目指して反時計回りにトレッキングをすると、じきに小さな渓流に出会います。湿原には八島ヶ池・鬼ヶ泉水・鎌ヶ池の3つの池がありますが、この渓流は八島ヶ原湿原を源流として、御射山遺跡やヒュッテみさやま付近を流れて、下諏訪方面に流れ下っていくようです。
 

Stylus_p7210329_  
 
 
 
Rx1r_dsc02367_  
 

Stylus_p7210363_

  
 
 
 湿原の全景は、ビジターセンターへの登り口からは車山山頂までが、また車山肩や蝶々深山〜物見石からは周囲の山々に囲まれた八島ヶ原湿原がよく見えます。
 

Rx1r_dsc02437_
 
Rx1r_dsc02350_

 
 ビジターセンターまではビーナスラインを車やバスで来て、5分ほどで八島ヶ原湿原の散策ができるというのは、日光戦場ヶ原や小田代ヶ原よりも楽ちんかもしれません。車を利用した日帰りトレッキングコースとして、車山湿原〜八島ヶ原湿原はちょうど手頃なようです。でも予想外に良い所でした。
 
撮影機材 Olympus STYLIS 1s  6.0-64.3mm/F2.8(35mm換算28-300mm), SONY RX1R ( Zeiss Zonnar T* 35mm F2.0 )

 

« 「ころぼっくるひゅって」で過ごす一夜;霧ヶ峰高原 2018夏 | トップページ | 「クヌルプヒュッテ」で過ごす一夜;霧ヶ峰高原 2018夏 »

写真紀行 (Travel & Photo) - 国内(Japan)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ころぼっくるひゅって」で過ごす一夜;霧ヶ峰高原 2018夏 | トップページ | 「クヌルプヒュッテ」で過ごす一夜;霧ヶ峰高原 2018夏 »