2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ

« テッポウユリが盛大に咲き出しました | トップページ | テッポウユリの季節も終わりに »

2018年6月10日 (日)

那須 三斗小屋温泉から旧会津中街道の大峠まで

Img_6454_iphone5
 
Img_6517_iphone5  

Img_6415h_


Img_6406h_
 
 三斗小屋温泉(さんどごやおんせん)大黒屋旅館の前を通って旧会津中街道の大峠まで往復します。
 三斗小屋温泉は標高約1,460m、大峠が標高1,450mとあるので、以外と楽なのかな? と思いきや、赤岩沢、中ノ沢、峠沢と3つも谷を越えていくので、その度に上り下りがあり結構くたびれました。
 
 
 季節柄、ブナなどの新緑が綺麗でした。ところどころに真っ赤なツツジや、水のある付近には小さな白い花が咲き乱れていました。途中、展望は良いと言えず、大峠が見えるのは2、3か所でしょうか。

Img883_2_

Img_6521h_

Img_6518_iphone5

Img_6436h_

Img882_
 
 赤岩沢、中ノ沢、峠沢の3か所では飛石伝いに渓流を渡っていきますので、大雨の後などは苦労しそうです。中ノ沢を渡ったところでは、ロープでちょっとした岩場を登ります。また登山道自体も、雨やその後は歩き難そうです。このルートは全体としてゆっくり休息するような場所もなく、食事を取れるのは中ノ沢くらいでしょうか。ここは小さいながらも、ちょっと美しい渓流です。
 
Img_6506h_
 
 大峠にようやく到着します。幾つかの石仏が出迎えてくれます。真新しい道標にはやや興ざめです。南側の展望が開けています。大峠山方面に少し登ると、三斗小屋温泉が見えるそうです。三本槍岳から下ってくる人も少ないですがいます。

Img_6475_iphone5

Img_6473_iphone5

Img885_
 
 会津中街道は、1683年の日光大地震により鬼怒川流域を通る会津西街道が通行止めとなり、会津藩によりその代りに整備されたそうです。氏家宿から矢板宿、板室宿を経て那須山中の三斗小屋宿、大峠、松川宿などを経て会津に至る街道でした。
 三斗小屋宿は、幕末の戊辰戦争の際、会津軍(旧幕府軍)と新政府軍との激しい戦いがありました。昭和32年(1957)に廃村になったようですが、現在でも墓碑・石仏・石像などが残っているそうです。
 
 登山道の途中に、三斗小屋温泉と三斗小屋宿跡の分岐の道標が立っていますが、ここから三斗小屋宿跡へのコースは地図にも載っていないし、街道跡も消失しているとのことですが・・・。

Img_6458_iphone5
 
撮影機材 iPhone 5,  CONTAX645  +  Planar T* 80 mm F2,  MFB-1B + Fuji Velvia100 + EPSON F-3200
 
 

« テッポウユリが盛大に咲き出しました | トップページ | テッポウユリの季節も終わりに »

写真紀行 (Travel & Photo) - 国内(Japan)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« テッポウユリが盛大に咲き出しました | トップページ | テッポウユリの季節も終わりに »