2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月13日 (日)

薔薇日記(終わり)

Cx004300_


Cx004288_


 パット・オースチンは、花芽の剪定をしすぎたせいか、あまり鈴なりでは咲いてくれませんでした。ラピスラズリは元気です。

撮影機材 CONTAX645,  P30+,  Apo Macro Planar T* 120mm F4
 

2018年5月10日 (木)

つくばローズガーデン (2) (薔薇日記)

 
P5050251_2  
 
 
P5050221_2
 

 このバラ園を作ったのはつくば市長を2期(1996年~2004年)務められた藤澤順一(ふじさわまさかず)氏。「バラ好きの薔薇狂老人の庭」だそうで、「2005年のある日、突如作り始めたガーデン。12年目を迎えた今でも、花咲か爺さんのようにガーデン造りをしています。現在、メインガーデンでは約700品種、2500株のバラを植栽しています。第2ガーデンでは、約140種類のハーブ、宿根草、一年草を植栽しています。」と紹介されています。
 
 
P5050214_2
 
 
P5050226_2  
 
P5050233_2
 
 ちなみに、藤澤順一氏のお父さんが、(旧)桜村村長を1959年~1979年にかけて4期務められた藤沢勘兵衛氏(つくば市名誉市民)です。
 
 旧茨城県新治郡桜村はつくば研究学園都市の中心部や筑波大学を抱えており、日本で最も人口の多い(約4万人)村として有名でした。
 
 1963年に筑波山麓に研究学園都市を建設することが決まり、1968年から研究施設の建設が始まり、1970年に筑波研究学園都市建設法という法律ができて都市建設と機関の移転が進み、1985年国際科学技術博覧会(科学万博)が開催されました(科学万博には、私もそのむかし家族で行った記憶があります)。その後1987年町村合併によりつくば市が誕生しました。藤沢勘兵衛桜村村長は研究学園都市の建設と共に歩んだのでしょう。
 
 ちなみに、勘兵衛新田という地名があるそうですが、この地域で新田開発に取り組んだのがご先祖様だそうです。「勘兵衛」は代々受け継がれた名前ですね。
 
 
P5050201_2
 
 
P5050215_2
 
P5050229_2
 
 
 「来ていただく方には藤沢邸といわれている、ローズガーデン。突如畑に父が作り出したバラ園です。」とあるように、現在は藤澤順一氏の子供さんの世代が運営されているようです。
 
 
P5050248_2
 
 
撮影機材 Olympus STYLIS 1s  6.0-64.3mm/F2.8(35mm換算28-300mm)
 

2018年5月 8日 (火)

薔薇日記(ラピスラズリ)

 
Cx004277_  
 
 
Cx004272_  
 
 
Cx004257_
 
 
 ラピスラズリの花も鈴なり状態で咲いています。
同じような写真ばかりですが・・・・。
 
撮影機材 CONTAX645,  P30+,  Apo Macro Planar T* 120mm F4
 

2018年5月 7日 (月)

つくばローズガーデン (1) (薔薇日記)

P5050206_1  
 
P5050161_1
 
P5050175_1  
 
 
 茨城県つくば市に行ったついでに、初めて「つくばローズガーデン」に立ち寄ってみました。つくば市の中心街と土浦市の中心街の中間地点あたりでしょうか。
 
 約900坪の庭園に700品種2500株のバラ、その他季節の移り変わりも楽しめる宿根草や一年草も植栽しており、個人で管理をしているガーデンだそうです。苗木のショップもありました。「2005年のある日、突如作り始めたガーデン。」とも紹介されているので、大きな農家・地主さん?がやっている、いわゆるオープンガーデンなのでしょうか?「藤澤邸バラ園」とも呼ばれているそうです。
 
 
P5050159_1
 
 
P5050163_1  
 
 東京方面は概ね満開ですが、つくば山麓はやはり気温が低いのと、イングリッシュ・ローズやオールドローズが多いためか、まだ一分咲き程度でちょっと拍子抜けしてしまいました。それでもほぼ満開に咲いている種類もあり、楽しむことができました。
 
 帰宅後、いろいろと調べてみると、ホームページ以外にもブログやfacebookもあり、情報発信を盛んにされているようでした。満開の際には車で行くのも大変かなと思いながら帰ってきました。
 
 
P5050171_1
 
 
P5050180_1
 
P5050173_1
 
撮影機材 Olympus STYLIS 1s  6.0-64.3mm/F2.8(35mm換算28-300mm)
 

2018年5月 6日 (日)

薔薇日記(実家)

H_p5040067_
 
H_p5040072_ 
 
 実家のバラも咲き出していました。しかし、よく見るとご近所は満開に近い状態。
なんで、こんなに違うのだろうか。
 
 
H_p5040078_
 
 
H_p5040056_ 
 
H_p5040110_
 
撮影機材 Olympus STYLIS 1s  6.0-64.3mm/F2.8(35mm換算28-300mm)
 

2018年5月 5日 (土)

丹波山温泉のめこい湯

Cx004225_


Cx004234_  
 
 山梨県北都留郡丹波山村「丹波山温泉のめこい湯」に行ってみました。
 
 東京都青梅市〜奥多摩湖〜丹波山村 道の駅「たばやま」〜柳沢峠〜山梨県甲州市へと抜けるいわゆる「青梅街道〜大菩薩ライン」の途中にあります。道の駅「たばやま」の駐車場に車を止めて、多摩川源流を吊り橋で渡るとすぐそこに「丹波山温泉のめこい湯」があります。
 
 
Cx004233_
 
 「のめっこい」は丹波山村の方言で、「つるつる、すべすべ」という意味だそうです。2種類の内風呂と、それぞれに小さな露天風呂がついています。
 
 温泉の後は昼食です。地元産の山菜の天ぷらなどを期待して行ったのですが、一品はどちらかというと居酒屋風でややがっかり(笑)。
 
Img_6138_iphone5
 
 
 
 
Cx004238_  
 
 ちょうど新緑の季節で綺麗でしたので、食事の後は外のベンチでのんびりとしてしまいました。そのせいか? 道の駅直売所に行くと、お目当ての農産物はもう売り切れ(あるいは今日は入荷せず)でほとんどありませんでした。残念!
 
 帰路も、あちらこちらに寄り道をしていると、なんとなく時間が過ぎてしまいました。
 
撮影機材 CONTAX645,  P30+,  Zonnar T* 140 mm F2.8,  ( iPhone 5 )
 

2018年5月 4日 (金)

薔薇日記(ラピスラズリ)

 
Cx004241_  
 
Cx004250_



 ラピスラズリの花も増えました。
 
 それにしても、このラピスラズリはうどん粉病に弱いです。
 ドアップ写真も撮ってみましたが、あまり形が良くないようです。
 
 
Cx004254_h
 
Cx004244_  
 
撮影機材 CONTAX645,  P30+,  Apo Macro Planar T* 120mm F4
 

2018年5月 3日 (木)

横浜イングリッシュガーデン (2)(薔薇日記)


Cx004191_2  
 
Cx004168_2  
 
Cx004151_2 
 
Cx004194_2

 
 行きは、相鉄の平沼橋駅から歩いて行きました。途中の大きなマンションのエントランス付近に、白のつるバラがたくさん咲いているのが印象的でした。管理組合でやっているようですが、バラの維持管理費などを考えると、理解のある人が多いのだなあと、感心しました。
 
 横浜駅からすぐかと思っていましたが、けっこう時間がかかりました。イングリッシュガーデンのショップを覗くと、テイクアウトがあったので、とりあえず、一休みというか早めのランチとしました。
 
 
Cx004217_2  
 

Img_6121_iphone_5_
 
Cx004177_2  
 
Cx004189_2
 
 
 まだトップシーズンではないようなので、入場者も三々午後と言う感じですが、散策路は狭いので、それなりの混雑です。
 おおよそ赤系、白系、黄色系と分けて栽培されています。
 
 
Cx004163_2  
 
Cx004188_2  
 
Cx004202_2  
 
 
Cx004166_2


 アーチが薔薇で満開になるころに、また来てみようと思います。
 
 
 ただ一つ難点なのは、そばを東海道線と相鉄線が頻繁に走るので、うるさいと言うことでしょうか。
 帰りは送迎バスを30分ほど待って帰りましたが、初夏の陽気の中で草臥れました。
 
 
撮影機材 CONTAX645,  P30+,  Distagon T* 55 mm F3.5,  Apo Macro Planar T* 120mm F4
 

2018年5月 1日 (火)

薔薇日記(ラピスラズリ)

 
Cx004223_  
 
Cx004220_
 
 

 ラピスラズリもかなり咲き出しました。今年は、花が小さいかな・・・・。
 
撮影機材 CONTAX645,  P30+,  Apo Macro Planar T* 120mm F4
 

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »