2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月11日 (土)

バッハコレギウムジャパン (2017.10)

Rx1r00199_


 前回はやむおうえない事情で行けなかったので、久しぶりのBCJです。
 
 今回はルター500プロジェクト - 宗教改革500周年を記念して - (第5回、シリーズ最終回)です。
 
 演奏会の開演に先立って鈴木雅明氏がステージに現れて、「定期演奏会では最初にあまりお話しするようなことはないのですが・・・」と言いながら、少々お話をされてから演奏会が始まりました。ウィキペディアなどを参照しながらフォローすると、ちょっと長くなりますが、以下のような趣旨のお話でした。
 
 
Bcj_201710_1__



 今日は街中ではちょうどハロウィンの日です。
 
 ハロウィンとは古代ケルト人が起源と考えられている祭のこと。ケルト人の1年の終わりは10月31日で、この夜は夏の終わりを意味し、冬の始まりでもあり、死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていた。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国では民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。
 
 したがって、ハロウィンはキリスト教の祭ではない。ただし、ややこしいことにキリスト教の「諸聖人の日」がハロウィンに重なっているために、教会でもこの日に合わせてパーティ等のイベントを行うことがある。そのために、ハロウィンに対してはキリスト教(カトリック、プロテスタント、東方教会)からは容認から批判まで様々な見解がある。
 
 カトリック教会では11月1日を「諸聖人の日」としているが、英語の「ハロウィン」は「諸聖人の日(万聖節)の夜」を意味する "All-hallow Evening" の短縮形をその語源としている。つまりハロウィンとはオール・ハロー(全ての聖人、我らの神)の日のイブという意味で、11月1日が「諸聖人の祝日」、その前夜祭がハロウィンになってしまった。これは、ケルト人が自然崇拝からケルト系キリスト教を経てカトリックへと改宗する過程で、ケルトの収穫祭に合わせて11月1日に設定したと考えられている。
 
 ところで、贖宥状(しょくゆうじょう)とは、16世紀にカトリック教会が発行した罪の償いを軽減する証明書で、免罪符などとも呼ばれています。贖宥状はドイツで盛んに売られて、ルターの批判を生むきっかけとなります。マルティン・ルターが1517年10月31日に『95ヶ条の論題』をヴィッテンベルク(ドイツ中部)の教会に掲出したことを発端に、ローマ・カトリック教会から分離したプロテスタントが誕生していく、宗教改革が引き起こされていきます。
 
 宗教改革に際して、ドイツ語聖書の出版を可能にした技術である活版印刷術は、ドイツ・マインツの出身者ヨハネス・グーテンベルクの発明とされています。マインツにはたくさんの聖遺物があるそうで(有名なマインツ大聖堂にあるのでしょうか)、その御利益を求めて贖宥状などお布施もたくさん集まったのでしょうね。ルターの書簡が本当に10月31日であったのかどうかはよくわからないそうですが、教会批判のシンボルとして「諸聖人の祝日」のイブである10月31日とどこでもされているそうです。


Bcj_201710_2_
 
 鈴木雅明氏は、以上の趣旨をごく簡単にお話しされて、シリーズ最後の演奏では、ルターに始まるカンタータ(斉唱)が様々な形で発展し最後J.S.Bachにより教会カンタータとして集大成されたその200年間の変遷の歴史を振りかえっていきたいとおっしゃられて、今日の演奏会が始まりました。
 

2017年11月 6日 (月)

2017 ルヴァンカップ決勝 ー セレッソ大阪 x 川崎フロンターレ戦

 
Fs0a4785_
 
 
Fs0a4888_
 
 久しぶりのサッカー観戦です。この日は天候に恵まれました。埼玉スタジアム2002、いつもはアウェーのゴール側ですが、今日はメインのホーム側。屋根が予想外に張り出している印象でした。これならば少々の雨ならば問題ないですね。
 
 
 決勝戦はセレッソ大阪 x 川崎フロンターレです。セレッソ大阪はJ2から再び昇格して新監督のもとで早くもタイトルが取れるかどうか、川崎フロンターレはシルバーコレクターの汚名を返上して初タイトルが取れるかどうか? あまり知った選手はいないのですが、優勝決定戦ということで出かけてみました。
 
 結果は、全体としては川崎フロンターレが押していたものの、セレッソ大阪が数少ないチャンスをものにして優勝しました。優勝セレモニーもゆっくりと見ることができました。決勝戦は華やかで楽しいです。


Fs0a4382_


Fs0a4421_
 
 
Fs0a4565_ 大宮アルジージャから完全移籍した家長昭博選手、夏頃からようやく本来の力を発揮。
 
 
Fs0a4575_


Fs0a4542_  
 
Fs0a4608_
川崎フロンターレの中村憲剛、37歳であの運動量は驚異的、頑張っていますね。
 


Fs0a4426_
「高みを目指せ」とあります。
 
  
Fs0a4644_


Fs0a4641_
セレッソ大阪の清武弘嗣選手、4年半の海外生活の後セレッソ大阪に帰ってきた。


Fs0a4729_  
 
Fs0a4843_ 鹿島アントラーズから完全移籍した山村和也選手、新監督のもとで大活躍。
 

Fs0a4778_ 尹 晶煥(ユン・ジョンファン、윤정환、Yoon Jung- Hwan)監督。監督歴はサガン鳥栖、蔚山現代FC.、そしてセレッソ大阪。韓国と日本ではサッカーのスタイルが全く違うのに、Jリーグを指揮して(日本人の心を直ぐに掌握して?)すぐに優秀な成績を上げるというのも不思議ですね。
 

Fs0a4873_

Fs0a4928_
 
 
撮影機材
EOS 7D Mark II  +  EF400mm F5.6L USM
 

2017年11月 5日 (日)

新国立劇場 くるみ割り人形

_

 
Dsc00182_
 
 
 新国立劇場バレエ団の「くるみ割り人形」(新国立劇場開場20周年記念公演)に行きました。「くるみ割り人形」は恒例のクリスマスシーズンの演目です。
 原作は子供向けのメルヘンですが、いろいろな版があるようです。
 
 今回のバレエでは、主役クララが夢の中で出会う出来事(くるみ割り人形とネズミの王様の戦い、お菓子の国での踊り)はもちろん主演の女性ダンサーが踊るのですが、冒頭のクララが夢見る前のクリスマスパーティや夢から覚めた場面は子供さんのダンサーが踊るのが特徴だそうです。つまり、クララは現実の世界では12歳の少女、夢の中では18歳のレディという設定で、夢見るシーンから主演ダンサーに入れ替わります。バレエを習っていると思われる子供さんたちが大勢来ているので、子供さんたちには分かり易かったのではないかと思いました。
 
 2015年暮れの熊川哲也Kバレエカンパニーの「くるみ割り人形」(今シーズンもやっているようです)との比較になってしまいますが、新国立劇場のバレエは生のオーケストラがつきますが、反面、舞台装置や演出がやや地味なような気もします。
 Kバレエでは、雪の国の精たちの踊りが大変印象的で、くるみ割り人形とネズミの王様との戦いやクララとの関係が分かり易かったと思います(ただし、音楽はCDですが)。
 今回は、オーソドックスに「花のワルツ」の群舞と「金平糖の精と王子のパ・ド・ドゥ」に力が入っていました。ネズミの顔は? ライオン? という感じでした。
 ちなみにパンフレットは、Kバレエは有料(高価)、こちらは無料ですので、解説の力の入れ方も違います。
 
 
Dsc00162_
 

 開演前に3階のイタリアン・レストラン「マエストロ」でランチをとりました。
 ランチは、サラダ&スープバイキング+メイン料理+ドルチェ+ドリンクバーという構成で、まずまずでした。こちらは、初めてですがまあ開場までゆっくりできるのが良いのかなと思いました。
 
 
Dsc00150__2

Dsc00153__2
 
Dsc00154__2
 
 
 なんやかんやで、新国立劇場で1日楽しく過ごすことができました。
 
 
 Dsc00174_
 
Dsc00165_


Dsc00167_

Dsc00168_


Dsc00178_
 
撮影機材 SONY RX1-R
 

2017年11月 3日 (金)

車山高原 SKYPARK HOHEL 2017秋

Img_5411_iphone5
 

Img_5403_iphone5 
 
Img_5401_iphone5


 
 車山高原で藤田観光が運営するSKYPARK HOHEL(通常のホテル) / プロミネント車山高原(会員制リゾートクラブ)に泊まりました。
 
 車山高原の宿泊施設エリアの奥まったところにあります。青い案内板がたくさんあるのですが、たくさんの宿泊施設の名前が小さな文字で書いてあるので、車の運転をしながらよく見ていないと曲がるべきところを通り過ぎてしまい、2度も道を間違えてしまいました(苦笑)。
  
 到着時は小雨、出発時は濃霧で周りの状況が分かりませんでしたが、ホテルのパンフレットを見ると、ここはどこ! と言う感じです(笑い)。この写真だけ見ると、スイスアルプス山麓のホテルと言われても驚かないくらいです。まあ、写真の撮り方次第ですが、ホテルなどは小高い尾根の上にあるので、どこから写真を撮ったのだろうか、と言う印象です。


_

  
 部屋はツインベット+和室で4人部屋でしょうか。気持ちのいい露天風呂もあり、晴れていれば八ヶ岳が目の前に見えるそうです。

 夕食は和食、朝食はバイキングです。

Img_5392_iphone5

Img_5394_iphone5
 
Img_5395_iphone5


Img_5397_iphone5

Img_5398_iphone5


Img_5404_iphone5
 
 
 チャペルもあって結婚披露宴にも力を入れているようです。翌朝、濃霧の中披露宴の準備が進められていました。室内温水プールや散策路もあり、確かにいろいろと楽しめそうです。
 
 チェックアウトの後も霧が晴れるかと思ってしばらくホテル周辺を散策して様子を見ていましたが、逆に霧は濃くなるだけなので諦めて出発しました。紅葉が美しいです。


Cx003816_

Cx003814_


Cx003823_

Cx003822_
 
 
撮影機材 iPhone5(食事、紅葉など)、CONTAX645,  P30+,  Zonnar T* 140 mm F2.8(紅葉)
 

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »