2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月30日 (水)

NIKON D850 : NIKON 100TH ANNIVERSARY FAN MEETING 2017 -TOKYO&OSAKA-

Dsc00062_
 
 東京会場での2日間のイベントも終わり、約1ヶ月以上続いたNIKON D850についての巷での噂と興奮状態も、発売日までひと段落でしょうか。
 
 初日は開場前から大変だったようですが、2日目10時半頃行った際には入場規制もなくちょっと拍子抜けしました。もちろん会場内はかなりの混雑でしたが人をかき分けかき分けというような状態ではなく、エアコンが寒いくらい良く効いていました。そうは言っても、モデル撮影体験コーナーやプロフィールフォトコーナーは長蛇の列、製品説明・相談カウンターもある程度待ちました。ステージ(写真家やニコン開発者によるセミナー)も整理券が必要でしたが、問題なく毎回聞くことができました。
 

Fs0a3854_


ニコンのスペースカメラと宇宙事業 ~黎明期から最新のニコン機材まで~
 時間の関係で最後の方だけ立ち見でした。以前参加した後藤哲朗氏のトークショーのヴァージョンアップといった感じで、最新情報としてスペースカメラとしてのNikon D5(直前に発表されたNASAからD5の大量受注)、宇宙からNikon D4で撮影したタイムラプス映像(Nikon in Space)を大幅に時間オーバーしながら話されていました。このタイムラプス映像は自宅に戻って何度も見ました。
 
Dsc00078_
 
 
D850 開発者プレゼンテーション
 キャッチコピー「その刹那に、かつてない精彩を」から話が入りましたが、このコピーの意味や意義については結局説明はありませんでした。ニコンらしい頑固な哲学的な?アプローチですが(笑)、久しぶりにSuper Nikon(F3)のような分かりやすいキャッチコピーがあっても良いような気がしました。
 
Dsc00063_ 
 D810についてユーザーの声を聞くと、満足度の高い点は画質・バッテリーの持ち・ファインダー、不満な点は暗所性能(高感度)・AF・連写速度(動態を背景に含む風景写真などへの対応)だったそうです。これらの不満な点を丹念につぶして、風景・人物・動態・動画に対応すべく正常進化させたモデルがこのD850だそうです。8KUHDに対応するために45MPとのこと。プレゼンでは、目的ごとに機能一覧のどれが対応して(複数の機能が組み合わさって)役立っているのかが示されて、分かり易かったでした。カタログでもこのような説明方法は有効と思いました。
 
D850写真家セミナー: 中野耕志氏「D850で撮る野鳥写真・飛行機写真」
 AF捕捉力+高画質が特徴。新型機によるモチベーションの向上。作例はトリミングができない、見開き写真は構図に工夫が必要。今回のカタログでは見開き写真が多く好みです。 
 何と言っても、AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR  +  AF-S TELECONVERTER TC-14E III の圧倒的な写りに感動しました。100万円オーバーの超高級レンズの凄さですね。
 
カメラ雑誌編集長 ライブディスカッション:「アサヒカメラ」、「カメラマン」、「CAPA」、「デジタルカメラマガジン」、「日本カメラ」の各編集長。
 DL発売に併せて特集記事を組んでいたのにドタキャンで発売中止になり慌てた! といった話題くらいで、あとは当たり障りない話題でやや期待外れでした。一眼レフとミラーレス一眼との競合の中で、D850の位置付けくらいの話は出るのかと思いましたが、これは10月号のネタでしょうか?

Dsc00046_
 
  
ニッコールレンズ対談
 写真家阿部秀之氏とPC NIKKOR 19mm f/4E ED、AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED、AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRの設計を担当されたお三方との対談。こちらも時間の関係で最後の方だけ立ち見でした。阿部氏のまとめ方、機能の説明(セールストーク?)はさすがに上手いです。3人の設計者も、この後も会場を回っているので、是非話をして欲しいとのこと。
 
製品説明・相談カウンター
 D850  +  AF-S NIKKOR 28mm f/1.4E ED 、AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G、AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED、AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED+フィルムデジタイズアダプター(試作品)でちょっとお試し。マルチパワーバッテリーパックMB-D18 は数が少ないそうで回ってきませんでした。
 
 通常の7コマ連写とLVでの6コマサイレント撮影モードを体験。D8XXシリーズは持っていないので良く分かりませんが、連写の音は意外と大きい印象。サイレント撮影モードは無音・無振動なので、慣れないとこれで撮れているの?という感じ。グリップの握りが深くて、重さを感じない印象でした。F1.4大口径シリーズ、やはり良いなあ・・・。スチール写真用に裏面照射型CMOSセンサーやLVのメリットを最大限取り入れた一眼レフカメラということでしょうか。フィルムデジタイズアダプターは昔のスライドコピアのデジタル版、ペンタックス・フィルムデュプリケーターのお手軽版。
 
ニコンクイズグランプリ
 一番難しかったのは、ゴルフの4大メジャー選手権(マスターズ・トーナメント、全米プロゴルフ選手権、全米オープン選手権、全英オープン)のいずれを協賛(?)しているかでした。まだ始まったばかりのこのクイズで正解者が2〜1割くらいに激減して司会者も慌てていました。私もこれであえなく沈没!カメラオタクはゴルフをやらない?
 
Dsc00070_             主催者側も楽しんでいる感じ
 
 
最後はファンミーティング集合写真撮影
  集合写真では、皆さん、ニコンのNを指で形造っています。
 結局なんとなく最後まで残ってしまいました。
 
 
Dsc00074_
 
 
 

2017年8月28日 (月)

牛久シャトー 2017年夏

 
P8121312_olympus 
 
P8121354_olympus 
 
P8121283_olympus
 
 
P8121290_olympus 
 
 所要があり、牛久シャトー(シャトーカミヤ)のフレンチレストラン「キャノン」で夕食をとりました。
 
 100年以上の歴史を誇る国指定重要文化財のワイン貯蔵庫を改装した空間だそうで、東日本大震災の後、大幅な耐震補強を行っています。
 夏の週末ということで、家族(一族)での食事が多いようです。
 
 
Img_4996_iphone5
 
Img_4998_iphone5

Img_4999_iphone5

Img_5004_iphone5
 
Img_5006_iphone5 
 
 敷地内には大きなビアガーデンもありますが、こちらも大盛況でした。
 
 東京都内と比べると、こちらの夜はかなり涼しいことが多いのですが、この日は夜になっても暑い日でした。


P8121365_olympus
 
撮影機材 Olympus STYLIS 1s, iPhone5
 

2017年8月26日 (土)

オークラフロンティアホテルつくばエポカル(EPOCHAL)館

 
P1090573_lx3  
 
 茨城県つくば市には、つくばエクスプレスに乗れば東京都心から1時間程度で到着ですが、所要のため2泊しました。最初はビジネスホテルを探したのですが、適当なところがなく、こちらの長~い名前のホテルにしました。
 
 夏の直前割スペシャル 朝食付き、デラックス・ツインですが、なかなか良いホテルで快適に過ごすことができました。
 
 
P1090568_lx3
 
 
P1090565_lx3  
 
 部屋も十分広く、7階ですので眺めも良く、エアコンも静かでよく眠れました。
1階の広々としたメインロビーにはつくば国際会議場への連絡通路あり、そのためか外国人宿泊客が多かったでした。
 
 朝食はテナントで入っているレストランCASA(カーサ)で取ります。地方なので確かにたいへん合理的ですが、シティホテルとしてはやや寂しいですね。でも、仕方がないですね。
  
 
Img_4974_iphone5


 このホテルは、つくば中央駅に近い本館とアネック館、少し離れたエポカル館からなります。エポカル館は駅からは近くはないですが、ホテルの外の飲食店で食事をするにはこちらの方が良いようにも思えます。
 
 もともとはつくば科学万博(1985)に合わせて、つくばセンタービル筑波第一ホテルとして1983年に開業したそうです。
 
 
P1090693_lx3
 
 
 1泊目の夕食はつくば中央駅付近で、2泊目はホテルの近くで食べました。
  
 夜のつくば中央駅付近を散歩しましたが、西武百貨店筑波店がないと不思議に思っていたところ、2月末に閉店したことに気がつきました。こちらも万博に合わせた西武セゾングループのショールーム的な存在の百貨店だったそうです。セゾン・・・、懐かしいですね。当時ここはまだ村だったそうで、村にある大手百貨店は日本唯一だったそうです。
 
撮影機材 LUMIX DMC-LX3
 

2017年8月20日 (日)

写真家 沢田教一展 ーその視線の先にー(日本橋高島屋)

 
Fs0a3819_  
 

 ベトナム戦争の戦場写真家としてピュリッツアー賞ほか、国際的に数々の受賞をしたカメラマン沢田教一氏。昨年生誕80周年と言う節目で、各種の企画がなされているようです。東京ではこの8月開催で、マスコミでも随分と取り上げられていましたので、出かけてみました。
 
 曜日・時間帯にもよるのでしょうが、私が出かけた際には入場券を買うのにも長蛇の列で少々びっくり。時代は1960年代、やはり中高年が多いです。
 
 心を打たれるのは、ピュリッツアー賞受賞作品である「安全への逃避」に関する後日談でしょうか。単なる決定的瞬間ではなくて、家族の救出、受賞の賞金の一部を携えて記憶も定かでない村々を回って家族を探し出しことと、3度にわたる妻のサタさんの再訪、そして今回の相互訪問(当時2歳の女児、サタさん)など連綿とした流れがあることが(もちろん、マスコミなどの支援があったわけですが)、1枚の写真を通して歴史に翻弄される人間と歴史の流れや重みを感じざるをえませんでした。
 
 帰りに、沢田教一 プライベートストーリー、くれせんと出版部(2005年)を買ってしまいました。展示ではモノクロとカラー写真が混在していますが、モノクロ写真の訴求性に改めて感じ入りました。
 
 
Fs0a3830_
 
 
 
 
 戦場カメラマンといえば、「ちょっとピンぼけ」のロバート・キャパ(スペイン内戦、日中戦争、第二次世界大戦のヨーロッパ戦線、第一次中東戦争、第一次インドシナ戦争)、今回の「ライカでグッドバイ」の沢田教一、「地雷を踏んだらサヨウナラ」の一ノ瀬泰造(ベトナム戦争)などの各氏が有名です。
 
 田中長徳氏によると「キャパからベトナム戦争まで、つまりあのグラフジャーナリズム全盛のヒューマニズムがまだ力を持っていた時代と、湾岸戦争以来の眼に見えない電子戦とでは、スチルカメラのジャーナリズムで占める地位というものが変わってしまったのだ。」(チョートクのカメラジャーナル No.1, 1993年5月)
 
 ちなみに、戦場におけるカメラ機材の伝説的話題としては、一ノ瀬泰造氏の弾丸が貫通したニコンF、「安全への逃避」はニコン嫌いでM3を愛用した沢田教一氏が実はNikon Fで撮っていたこと、またチョートクのカメラジャーナル創刊号では、ボスニア・ヘルツェゴビナの内戦でアメリカ人カメラマンのコンタックスT2に爆弾の破片が被弾し、新しい「カメラ伝説」の誕生か、と話題提供していました。
 
 
 最近では、ビデオジャーナリストの山本美香氏が2012年シリア内戦での取材中に殺害されましたが、ビデオジャーナリズムがスチルカメラよりも主流のようです。そうは言っても、NHKの番組(ディープピープル)で、3人の戦場カメラマン(渡部陽一氏・宮嶋茂樹氏・高橋邦典氏)の対談があったりして、再び注目されているのでしょうか。
 
 
Dp3m2111_


2017年8月16日 (水)

カメラ回顧録(19)  Canon EF + New FD50mm F1.2L


Img730_

Img731_

Img729_

Img759_
 
 
 そもそも何でNew FD50mm F1.2Lを買ったのでしょうか。それはカメラ雑誌に載ったCANONの広告、写真家による絞り開放での作例(コダクローム64)でした。男女のモデルさんが一風変わった衣装をつけて海を背景に桟橋あるいは船上の端に佇むという構図でした。
 私自身それほどポートレート写真を撮るわけではないのですが、この写真が非常に印象的に残り、さんざ迷った末に無理をして買うことになりました。CANONの広告には、このレンズ以外にも印象に残る作例が多かったように記憶しています。
  
  

Img740_   
 
Img741_  
 
Img742_
 
 
Img743_  
 
Img744_  
 
Img745_  
  
 ところで初めての海外旅行(ウィーン)にどのカメラとレンズを持って行こうかと悩みました。当時の主力カメラで絶対的な信頼性を置くNikon F2 Photomic SBか、お試しで買ってみたCanon EFで迷いました。常識的にはF2なのですが、レンズは最小限1〜2本とすると、明るいニッコールレンズを持っていないのが難点でした。
 一方、EFには信頼性に難があるものの大口径のNew FD50mm F1.2Lのメリットは大きいように思いました。それで結局、EF + New FD50mm F1.2Lになりました。
 
 さて、結果は?
 
 
Img747_


Img750_

Img751_
(フジカラー 退色補正)
 

Img754_            (フジカラー 退色補正)
 
 
 50mm1本というのはさすがにきつかったでしたが、そこは標準レンズでの工夫次第ということでしょうか。順光での撮影は問題ないのですが、すでに述べたようにEFの平均測光の特性で、空が背景のポートレートは大幅なアンダーになることが多かったでした。
 大口径のメリットですが、室内などの暗所での撮影も多かったのですが、さすがにフィルム自体がISO100でしたので、手ブレが多くあまりメリットはなかったようです。それでは、ボケを積極的に活用した撮影はというと、実はあまりありませんでした。今思うともったいないというか、まだ経験不足でした。
  
 
Img757_  

Img758_

 結論としては、致命的な大失敗やトラブルはなかったのですが、使い慣れたF2, 35m, 105mmの組み合わせで良かったのではないかと思い返します。
 
 
撮影機材 Canon EF + New FD50mm F1.2L+ Fuji  RDP, Fuji Color 100(撮影1988年5月)、EPSON F-3200

関連サイトはこちらへ。春のウィーン(1)春のウィーン(2)
 
 
 
 

2017年8月 6日 (日)

北横岳(北八ヶ岳)ー北横岳ヒュッテ 2017年7月


Cx003336_



 
 北八ヶ岳のいつものロープウェイと山麓駅の食堂・売店ですが、この日は濃霧に覆われていつもとちょっと違った雰囲気です。いつの間にか経営母体や組織が変わったのか、名前も「ピラタス蓼科ロープウェイ」から「北八ヶ岳ロープウェイ」と変わり、山麓駅のレストランも「スカイレストランこまくさ亭」と名前も変わりスタッフの制服も随分とお洒落になっていました。食事の内容も、数年前の前回はかなり酷かったのですが、今回は価格なりのまともな内容になっていました(笑)。ロープウェイ乗車中のガイドは、以前よりもあっさりと、簡素化されたような印象でした。
 
 
Cx003315_
 
 
Img_4945_iphone5           スカイレストランこまくさ亭 ポークカツレツ
 
 
 山頂駅の前に広がる坪庭もいつもの坪庭と思って振り返ると、そこには山頂駅につながる大きな展望台ができていて、またびっくり! この季節ならば坪庭も高山植物であふれているのかと思いきや、やはり水はけが良すぎるのか、期待したほどではなかったでした。しかし、お目当てのハクサンシャクナゲなどはそれなりに咲いていて、眼を楽しませてくれました。

 坪庭を過ぎて小さな渓流を渡ると、いよいよ北横岳への登りになります。登山にまだ慣れていない体には、けっこう堪える登りです。自分のペースでゆっくりと登ります。縞枯山荘の三角屋根が眼下に見えてくると道半ばでしょうか、もう少しの頑張りで、間もなく三岳分岐に到着です。ここまで来れば、あと一息で、緩い登り道を歩いて北横岳ヒュッテへ到着です。
 
 
 
Cx003393_  
 
Cx003337_  
 
 今回、初めて北横岳ヒュッテに宿泊します。チェックイン?にはまだ時間があったので、いつもパスしてしまう七ツ池に行ってみました。あまりにもすぐ近くなので、ちよっと拍子抜けしてしまいます。窪地に雨水がたまり小さな七つの池があったそうですが、水が枯れて今では二つしかないそうです。休息できる場所もないので、あまり長居もできません。ガスがかかると幻想的な趣ですが、少々タイミングを外した写真になってしまいました。
 
 
Cx003323_
 
 
Cx003325_
 
 北横岳ヒュッテ、昔ながらの山小屋でしょうか? ウエッブサイトを見ると、なかなか厳しそうな管理人さんのようですが、実際に行ってみるとどうでしょうか? 通常はご夫婦で運営されているようですが、大変なんだと思います。ウエッブサイトは頻繁に更新されている反面、山小屋の周囲はややごちゃごちゃ感に当惑します。

 夕食には、馬肉のすき焼き鍋が出てきて、驚いてしまいました。写真のすき焼きは三人前です。食べきれませんでした。この日は平日で宿泊客も少なくのんびりと過ごせました。夜には晴れて、満天の星空が見えました。
 
 

Img_4954_iphone5
 
 
Img_4952_iphone5
 
 
Img_4958_iphone5
 
 
 北横岳への最後の登りは少々息が切れますが、ヒュッテからそれほど時間もかからず登ることができます。山頂の大展望を満喫するためには早朝登山が当然ながらベストであるわけです。そのためには北横岳ヒュッテ泊まりは便利だと言えます。
 
 
Cx003420_
 
 
Cx003423_
 
Cx003424_
 
 
Cx003454_  
 
 お土産に山小屋のバンダナを買いました。中央にキツネとイワカガミ、周囲にオコジョが描かれています。

撮影機材 CONTAX645,  P30+,  Apo Macro Planar T* 120mm F4、Distagon T* 55 mm F3.5, Planar T* 80 mm F2, iPhone 5
 

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »