« 2017年2月 | トップページ

2017年3月29日 (水)

鎌倉プリンスホテル ーレストラン編 2017年春

Img_4487_iphone5
 
 
 鎌倉プリンスホテルのレストラン・バーには、2Fのレストラン ル・トリアノン、3Fのラウンジ あじさい(ラウンジ・バー)、そして別棟の御曹司 きよやす邸(鉄板焼き・会席・蕎麦)があります。今回は夕食も朝食もル・トリアノンです。


Img_4494_iphone5_
 
Img_4495_iphone_5
 
 
 夕食では窓際の席に通されます。外は窓際の植栽が緑色にライトアップされているだけで、あとは漆黒の闇でどこを見ているのだろうか? という感じでした。あえて言えば、窓ガラスに反射している大きなステンドガラスと大型液晶モニターの映像が闇の中に見えているだけです。


Img_0236_iphone_se
 
Img_0239_iphone_se
 
Img_0242_iphone_se

Img_0248_iphone_se
 
Img_0252_iphone_se
 
Img_0257_iphone_se
 
Img_0260_iphone_se
 
 
 夕食のメニューは、チリ産カベルネ・ソーヴィニヨン、アミューズ、前菜、スープ、メイン(牛フィレ肉のロティ)、デザート、コーヒーです。アミューズ、前菜、牛フィレ肉のロティ、デザートなど、意外と言っては失礼ですが、予想外に美味しかったでした。アルコールのリストは平凡すぎですが、頼めば奥からお高いのが出てくるのでしょうね。
 
 みなさん、三々五々という感じで、あまり混雑した感じではなく、十分に楽しむことができました。
 
 


Img_4552_iphone_5

     
 朝食はバイキングです。席に着くと、窓の外はこの通り!! 
 なるほどと昨夜の光景が納得できました。朝食は結構な混雑です。
 
 
Img_0273_iphone_se
 
Img_0272_iphone_se
 
Img_0280_iphone_se
 
     
 豊富なメニューの中でもオムレツに力を入れているようです。具を自分で自由に選んで渡すと、その場でオムレツを作ってくれます。シラスも場所がらか沢山出ていました。ちなみに関西以西ではちりめん、静岡周辺は釜揚げ、関東以北はシラス干がそれぞれ主流だったそうです。パンはフレンチトーストが美味しかった。妻は温野菜が気に入ったようです。珈琲もお代わりして、のんびり過ごしました。
 
 
 チェックアウトは12時ですので、ゆっくりとホテル・ステイを楽しむことができます。早朝ドライブなどもあったのでしょうが、朝食を済ませた頃には前の道路はもう渋滞で車を出すような気分にはなれませんでした。そこで周辺の住宅街を眺めながら、稲村ヶ崎まで散歩をしました。久しぶりの海岸のそぞろ歩きでした。
 
 ジャスト12時にチェックアウトです。楽しい時間が過ぎていきます。
 
撮影機材 iPhone 5, iPhone SE (今回初めて気がついたのですが、"SE"は連写をするとMOVファイルも出来ているので動画ファイルから切り出したjpgファイルようです。一方、"5"の方は、連写しても全てjpgファイルでした。でも"5"はシャッター音が大きいですね、ちょっと恥ずかしいです。"SE"はかなり小さいです。)
 

| | コメント (0)

2017年3月26日 (日)

ラナンキュラス

Cx003185_

Dp3m1825___


 以前はラナンキュラスを買ってきてもすぐにダメになってしまいましたが、最近は大型化し、室内でも屋外でも元気に花が増えていきますね。以前は球根で育てていましたが、大型のラナンキュラスが出始めてからはついつい鉢植えで買ってしまいます。
 
 
Dp3m1827_


撮影機材 SIGMA DP3 Merrill、CONTAX645,  P30+,  Apo Macro Planar T* 120mm F4
 

| | コメント (0)

2017年3月21日 (火)

鎌倉プリンスホテル 2017年春

Cf003137_
 
 
 憧れの湘南!?
  
 我が家からそんなに遠い所ではありませんが、なかなか行く機会がありません。
 今回思い切って湘南をドライブして鎌倉プリンスホテルに出かけてみました。
 
 
 昔(1988年)、冬の稲村ヶ崎~七里ヶ浜の海岸線を歩いたことがあるのですが、当時はプリンスホテルは無かったはずと思いながらネットで調べてみると・・・・。
・1957年 旧七里ヶ浜ホテル(西武)開業
・1976年4月 県立七里ガ浜高等学校が七里ヶ浜ホテル跡地(現在地)に移転。
・1995年7月 鎌倉プリンスホテル開業(98室)
 
とのことで、1988年当時はこのあたりは何も無かった記憶と一致しているようです。


Img_4458_iphone5
   
 
 住宅街の中を車でウロウロしながらも、チェックイン開始の15時前にホテル到着です。
 
 ホテルスタッフの甘言に誘われて、SEIBU PRINCE CLUB会員向けの一番安い早割ツインルームBからなんとスイートルームに+10,000円でグレードアップ!!
 早めのチェックインのおかげでしょうか?
 でも駐車場料金は有料(笑)。
 
 
Cf003093_
 
Cf003100__2
 
 
 
 部屋は401号室、ベッドルーム、リビング、バスルームの3室で、シンプルな内装です。バスルームにはジャグジー付きバスタブ、シャワールーム、ダブルシンク、トイレ。アメニティなどは簡素。2箇所のトイレにはやや古さが感じられました。
 ソファ、テーブルと椅子、安楽椅子、そしてテラスにもテーブルと椅子があり、湘南を眺めながら、テレビを見ながら、のんびりとリゾート気分に浸れます。
 部屋はロビーやエレベーターにも近く、利便性も考慮されているようです。
 
 それにしても正規客室料金¥149,688にはちょっと驚きました。


(午後)
Cf003105_

Cf003109_


(初島)
Cf003112_

 
(黄昏時)
Cf003117_

Cf003119_

 
(日没後)
Cf003123_

Cf003125_

 
 角部屋ですので確かに展望はいいです。

 小さなテラスからは江ノ島・初島・伊豆大島が、天候が良ければ富士山・箱根山・日没が見えます。ホテルのプールも眼下に、稲村ヶ崎はちょっと影になります。江ノ電が通過する音もよく聞こえるのですが、姿はよく見えませんでした。
 午後からは雲も厚くなり、残念ながら日没は見えませんでしたが、黄昏時の江ノ島~七里ヶ浜付近の光景の変化を十分堪能できました。


Cf003147_
 
 
Cf003178_
 

 また朝起きると、相模湾には漁船、クルーザー、そして大勢のサーファーが間近に見えて、湘南の春の海を楽しむことができました。

 ホテルのスタッフからも眺めはどうでしょうかと確認されたので、ホテルとしても自慢の展望なのだと思いました。希少価値がありますね。
 
  
Img_4528_iphone5

Img_4536_iphone5

 
 ホテルは江ノ島を過ぎたあたりから遠くに見えてきますが、ホテルの中を散策すると最初は不思議な建物配置に戸惑います。
 
 どうやら海岸沿いの低地に建つ七里ヶ浜バンケットホール、高台に建つ3階・4階の客室とエントランス、その間の斜面に建って相模湾を望む1階・2階・ダイニングルームの3つに分かれているようです。いずれも低層の建物です。401号室の眼下に見える緑地と散策路は、実は2階の屋上のようです。
 
 
Img_4514_iphone5
 
Img_4507_iphone5


 客室からバンケットホールへは斜めエレベーターで1分30秒かけて移動します。
 バンケットホールにはたくさんの宴会場があり、3月後半という季節柄か、イベントがたくさん入っていて繁忙のようでした。バンケットホールのエントランスは、ホテルとは別に、海岸からほど近いところにもありました。

 あちらこちらを偵察し(笑)、ちょっとした迷路の探検です。
 
(続く)
 
撮影機材 CONTAX645,  P30+,  Distagon T* 45 mm F2.8,  Planar T* 80 mm F2,  Zonnar T* 140 mm F2.8,  iPhone 5
 

| | コメント (0)

2017年3月12日 (日)

春を想わせる白いストック (2)

Fs0a3026_
 
 
 CONTAX645のバックアップ用に7DIIで撮った白いストックです。CX645では試験的にウエストレベルファインダーをつけていたのですが、やはりこのような細かい部分にはピントがきちんと合っていないですね。
 
 
Fs0a3034_
 
撮影機材
EOS 7D Mark II + EF35mm F2 IS USM
 

| | コメント (0)

« 2017年2月 | トップページ