2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

無料ブログはココログ

« UAE(アラブ首長国連邦)再訪 2013(備忘録) | トップページ | CX645 ウエストレベル ファインダー »

2017年1月12日 (木)

寒山寺ー奥多摩 沢井

Img670_dpp_

Img667_dpp__2


 奥多摩・御岳溪谷の急斜面にある小さなお寺、寒山寺(かんざんじ)です。
 あまり撮影スポットとは言えませんが、落葉したこの季節では寺の緑の瓦が印象的です。
 
(ウィキペディアなどによると)
 
 この「寒山寺」は中国の蘇州にある臨済宗の寒山寺にちなんでいます。書家の田口米舫氏が明治18(1885)年に蘇州の寒山寺を訪れた際、釈迦仏木1体を託され、帰国後、昭和5(1930)年に小澤太平氏(武陽銀行頭取)の協力によってここに寒山寺が建立された。


Img658dpp_
正面の3〜4本の木が撮影には邪魔ですが、これはどうしようもないですね。


Img671_dpp_
ここでも右側の木も邪魔ですが、撮影場所が限られているので、どうしても入ってしまいます。
 
 
 蘇州の寒山寺は「寒山拾得の故事」で名高い。「寒山」と「拾得」は共に唐代の脱俗的な人物で、乞食同然の生活をする非僧非俗の風狂の徒だったが、仏教の哲理には深く通じていた。両者とも詩作をよくし、寒山は文殊菩薩、拾得は普賢菩薩の再来と呼ばれることもある。
 宋代以後、彼らの生き方に憧れる禅僧や文人によって格好の画題とされてきた。

 1940年の日本映画『支那の夜』の挿入歌「蘇州夜曲」(女優の李香蘭でも有名ですが)でも寒山寺が登場するので、日本人には馴染みが深いようです。
 
撮影機材 CONTAX645,  Zonnar T* 140 mm F2.8  +  MFB-1B  +  Fuji Pro 400、EPSON F-3200 (最後の220サイズPN400となりました)
 

« UAE(アラブ首長国連邦)再訪 2013(備忘録) | トップページ | CX645 ウエストレベル ファインダー »

CONTAX 645」カテゴリの記事

写真紀行 (Travel & Photo) - 東京散歩(Tokyo)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« UAE(アラブ首長国連邦)再訪 2013(備忘録) | トップページ | CX645 ウエストレベル ファインダー »