2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月30日 (金)

丸の内イルミネーション2016

Cf002931_

Cf002923_


 今年は、大手町仲通りにも「シャンパンゴールド」のイルミネーション点灯エリアが拡大しています。
 
 点灯はなんと17:30! と遅いです。仕方がなくショップに入って時間つぶしです。
 
 17:30、それまで閑散としていた通りが、点灯とともにどこからともなく人が溢れ出てきて、たちまち大混雑!!(笑)
 
 それにしても銀座も丸の内もあちらこちらで工事中で、街の景観としては落ち着かないですね。


Cf002917_


Cf002906_


Cf002903_
 
 
撮影機材 CONTAX645,  P30+,  Planar T* 80 mm F2
 

2016年12月27日 (火)

ギンザ・イルミネーション2016 ヒカリミチ

Cf002881_


Cf002870_

 
 ~“光の庭園”をテーマにしたイルミネーションで“昼と夜”2つのギンザの街並みを演出!~
 
 “光のアーティスト” として国際的に活躍しているフランスのクリエーションスタジオ“PITAYA(ピタヤ)”を起用、“花と樹”をモチーフにしたエレガントなイルミネーション・オブジェを銀座・中央通りに16個設置、32本の街路灯にバスケット状のイルミネーションを吊り下げて頭上からも沿道を照らし続ける。
 (「銀座インフォメーションマネジメント」のオフィシャルサイトから)
 
 
Cf002842_

Cf002862__2
 
 
 銀座中央通りも大型店舗、外資系ブランドばかりで、本当に変わりましたね。なじみ(好み)のショップは銀座と言っても周辺部が多くなりました(苦笑)。むかし行った小さな店は、建て替えなどでいつの間にかどこかに移転してしまったのか、見当たらないですね。
 
Cf002889__2
   
Cf002865__2

 
撮影機材 CONTAX645,  P30+,  Planar T* 80 mm F2
 

2016年12月22日 (木)

新国立劇場バレエ団 シンデレラ

Dp3m1811_

Dp3m1814__2

Dp3m1803__2


 シンデレラ (Cinderella) は、仏語で「サンドリヨン(Cendrillon)」、和名で「灰かぶり姫」あるいは「灰かぶり」。
 
 グリム兄弟によるアシェンプテル (Aschenputtel)やシャルル・ペローによるものがよく知られているが、より古い形態を残していると考えられているジャンバッティスタ・バジーレによるチェネレントラ (Cenerentola)もある。日本の落窪物語や中国の掃灰娘なども含めて、古くから世界の広い地域に伝わる民間伝承。日本では、ガラスの靴を履かせ、カボチャの馬車に乗せるというモチーフを付け加えたペロー版が有名。
 音楽はプロコフィエフ作曲のバレエ音楽「シンデレラ」。
(ウィキペディアより)


Dp3m1790__2

 
 出演者は全て日本人、振付・演出・指揮は外国人スタッフ。全3幕、約3時間弱のバレエでした。終演後には握手会が。素人なので良く分かりませんが、演出はやや地味のような印象でした。第1幕の最後、シンデレラが馬車に乗って舞踏会へ出かける場面、ステージを一周回って終わり・・・。あーっと思っているうちに、幕が下りてしまい、馬車の細部などよく見られない間に終わってしまいました。派手な演出がない中で、一番の見せ場だったような気がしますので、もっとよく見せて欲しかった。せっかくの馬車ももったいないような感想でした。でも楽しく見ることができました。

 バレエ音楽「シンデレラ」、知っている曲が全くありませんでした(苦笑)。


1__2

__2
 
撮影機材 SIGMA DP3 Merrill
 

2016年12月20日 (火)

名残りの紅葉ー奥多摩 沢井

Img664_dpp__2


Img661_dpp__2


Img681_dpp__2


 早朝ドライブで奥多摩の吉野街道を走り、澤乃井園付近まで出かけてきました。
 
 凍えるような寒さの中、付近はすっかり真冬の装いですが、わずかばかりの名残りの紅葉が朝日に輝いていました。


Img676_dpp__2


Img672_dpp__2

撮影機材 CONTAX645,  Zonnar T* 140 mm F2.8  +  MFB-1B  +  Fuji Pro 400,  Distagon T* 45mm F2.8  +  MFB-1A  + Kodax TX400、EPSON F-3200 (最後の220サイズPN400となりました)

2016年12月15日 (木)

殿ヶ谷戸庭園 2016晩秋 (2)

Cf002812_


Cf002819__2

 
 こちらも、この季節は最近のくだんの例にもれず三脚禁止でした。通路が狭く上り下りも多いので仕方がないと思います。CX645は三脚利用で最大限の性能を発揮できるのですが、やむおうえず三脚を預けての撮影です。
 
 建物を背景にしての紅葉撮影が好きですが、ここはあまりそのようなシチュエーションの場がありません。
 
 
Cf002806__2


Cf002786__2
 
撮影機材 CONTAX645,  P30+,  Distagon T* 55 mm F3.5,  Distagon T* 35 mm F3.5

2016年12月12日 (月)

殿ヶ谷戸庭園 2016晩秋

Cf002839__2


Cf002791__2


Cf002837__2


 殿ヶ谷戸庭園(東京都国分寺市)は崖にできた谷を巧みに利用した「回遊式林泉庭園」で、崖の上の明るい芝生地と崖下の湧水池、樹林で雰囲気が一変する造園手法がみどころだそうです。大正2年〜4年に江口定條氏(後の満鉄副総裁)の別荘として整備され、昭和4年には三菱財閥の岩崎家の別邸となったそうです。(東京都公園協会ウェッブサイトから)
 
 それほど大きな庭園ではありませんが、なかなか変化に富んでいます。ここには何度も来ているのですが、この季節に来たのは初めてです。モミジはやや盛りを過ぎた頃だと思いますが、たくさんの木々がありました。天気も良くて、月並みですがたいへん綺麗でした。
 
 休日のためか入場者も多く驚きました。邦楽(琴と尺八)の演奏会も行われていました。
 
 
Cf002832__2
ここは人気の撮影スポットのようですが、ごちゃごちゃしていて意外と難しいようにも思えました。

 
撮影機材 CONTAX645,  P30+,  Distagon T* 55 mm F3.5,  Distagon T* 35 mm F3.5

2016年12月 8日 (木)

ホテル・オークラ東京 2016クリスマスシーズン

Dp3m1758__2


Dp3m1741__2



Dp3m1735__2

 
 ホテル・オークラ東京での年末の某イベントに参加してきました。”本館”は現在建て替え中(工事中)ですので、”別館”での開催です。

 ホテルのエントランス付近とロビーの2カ所に大きなクリスマスツリーが飾り付けられていました。

 
Img_3960__2

Img_3956__2


Img_3974__2
 

 今日のメモリアルは、子供みたいですが、「ガトー・ド・ノエル ”ジ・オークラ”」と「クリスマスショートケーキ」です。
 
 ”ジ・オークラ” はエクアドル産カカオを使用した2種類の最高級クーベルチュールと濃厚なクリームによる芳醇な香りと上質な口溶けが特徴だそうですが、確かに非常に濃厚なチョコレートケーキです。ショートケーキの上には可愛らしいサンタクロースがちょこんと乗っています。

Hotelokura_

 
Img_3991_
 
 
 楽しい時間があっという間に過ぎていきます。
 窓の外にふと眼をやると、六本木の街並みが浮かんでいました。


Dp3m1746__2
 
撮影機材 SIGMA DP3 Merrill,  iPhone 5
 

2016年12月 6日 (火)

紅葉 2016東京

Cf002758__2


Cf002775__2

Cf002777__2

東京は10月の暖かさから11月の真冬並みの寒さへと急激に気温が低下したために、今年の紅葉は比較的綺麗なのかもしれないと思いました。


Cf002773__2

Cf002766_
 
撮影機材 CONTAX645,  P30+,  Zonnar T* 140 mm F2.8(三脚なしの手抜き撮影です)
 

2016年12月 2日 (金)

紅葉 2016東京 / 濃霧と初雪

Cf002714_2


Cf002701__2



Cf002753__2


Cf002725__2



 慌ただしく過ぎていったことしの秋。せっかくの季節、予定していた写真も撮れずに終わってしまいました。
 そんな中、東京には珍しい濃霧と記録的な初雪、紅葉との共演でした。


Cf002705__2


Cf002713__2


Cf002741__2

撮影機材 CONTAX645,  P30+,  Zonnar T* 140 mm F2.8 
(三脚なしの手抜き撮影です)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »