2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月26日 (月)

バッハ・コレギウム・ジャパン (2016.9)

Img_3703_2_


 今回の主たる演目は、世俗カンタータの 音楽劇「急げ、渦巻く風よ」BWV201ーフェーブス(ポイボス=アポロン)とパンの争いーです。
 
 このカンタータの題材は、古代ローマの詩人オウイデイウスの「変身物語」の中の「パンとフェーブス」のエピソードをアレンジしたそうです。「パン」とはギリシャ神話の牧神で、葦笛を得意とします。「フェーブス」(ドイツ語)とは同じギリシャ神話の音楽の神アポロンのことで、竪琴(リラ)を奏でます。パンがフェーブスに音楽で挑戦するのですが、このカンタータでは葦笛と竪琴を、歌の競演(歌合戦)に変更しています。
 
 
Img_3710_
 
Img_3719_
仔細は不明ですが、紙芝居の原画だそうです。
 
 バッハの世俗カンタータは、通常世俗の統治者である王様(ザクセン選帝侯アウグスト三世)などの特定の人を讃える、あるいは祝祭行事のためのカンタータです。しかし、このカンタータは、かなりの大編成の大曲にもかかわらず、作曲の目的が定かでなく、バッハの真意をめぐって色々な議論があるそうです。音楽劇ですのでソリストも少々変わった衣装や小道具を用意し、鈴木雅明氏の解説も加わって、初めて聴く曲でしたがなかなか興味深い一夜となりました。

 今回はチラシ自体もかなり変わった趣向でした。

Bcj_201609_


 ところで話は少し変わりますが、NHKのFM放送で昔からバロック音楽を朝6時台に放送しています。番組の名称は時々変わっていますが、今は「古楽の楽しみ」という番組です。朝の出勤時、朝食時のBGMです。いわば、テレマンのターフェルムジークのようなものです。
 
 この4月からBCJの鈴木優人氏がレギュラー出演するようになり驚きました。BCJの最近のNHKへの露出度は非常に高いですね。8月下旬に特集があり、同じくレギュラーの大塚直哉氏と鈴木優人氏との対談(共演)「チェンバロ男子トーク」がありました。話もなかなか面白かったのですが、その中で二人でバッハの「2台のチェンバロのための協奏曲BWV1061」の共演もありました。今回の演奏会では、ちょうどBCJの鈴木父子による同じ曲の共演CDが販売されていたので購入し、ミーハーですが演奏会終了後のサイン会でサインをもらいました。このNHKの対談特集(5回?)は興味深く、朝のBGMではなくもう一度聞きたいと思いました。
 
 
P1090173_

P1090180__2


撮影機材 iPhone 5 (仕事帰りですので、手抜きです) 
 

2016年9月20日 (火)

雨の横田基地日米友好祭2016 (2) (Japanese-American Friendship Festival, Yokota Air Base, Japan)

Cf002639_
こちらはいつも場所取りが大変そうです!
 

Cf002572__2


Cf002643__2
子供達(大人も?)に人気の「横田線」です。周りの案内係りは「車」に注意と言っているのが可笑しいです。

 AIRLIFT MAZINEというウェッブサイトにFriendship Festivalの詳しい案内が出ていますので、事前にもう少し予定を考えて来たほうが良さそうです。


Cf002631__2

Cf002629_
SPORTS CAR CLUBのハンバーガーです。長蛇の列です。
 

 
Cf002633_
普段、広い基地内を移動する「足」です。

   
 とにかく広いので、以前のような8月の真夏だともう汗まみれで、木陰もなくて(輸送機の翼の下が唯一の木陰です)座る場所もなくて困ります(シートや折りたたみ式の椅子が欲しくなります)。最後は花火大会で終わるようですが、朝から夜までいようと思うと、もうそれこそ体力勝負ですね(笑)。

 
 その他、軍関係の特殊な車、消防関係の車、オートバイなどが地味ながらも、物珍しさと異彩を放っています。
 
  
Cf002569__2
これは第一次世界大戦(あるいは第二次世界大戦?)の時の軍用車両でしょうか? 所有者は個人の方のようです。通常のナンバープレートが付いていますので、車検が通っているんですね。タイヤは現代のブリジストンだし・・・。ここまでかなりの距離を自走して来たんですね。趣味とはいえ、凄いものを持っている人がいるんですね。まさにインディー・ジョーンズの世界です(笑)。
 
Cf002641__2
こちらは一転して現代ものですが、日本もPKOで使用している「軽装甲機動車」でしょうか?

 
 午前中の一時期、かなり激しい雨となり、輸送機の翼の下で雨宿りです。早めに引き上げることにしましたが、基地の入り口ゲート付近はこれから入場する人達が続々と詰めかけてきます。
 
撮影機材 CONTAX645,  P30+,  Planar T* 80 mm F2
  

2016年9月19日 (月)

雨の横田基地日米友好祭2016 (1) (Japanese-American Friendship Festival, Yokota Air Base, Japan)

Cf002628__2

Cf002621__2


 久しぶりに東京の横田基地日米友好祭に行ってみました。
(前回のブログ2010年の2回はこちらへ (1)(2) )

 
Cf002584__2


Cf002596__2

  
 2011年以降、予算の関係で中止と聞いていましたが、実際中止になったのは2013年だけだったようですね。2010年は多摩地域でも非常にPRされていた記憶があるのですが、年によりずいぶんと違うようです。いろいろな事情があるのでしょうね。
 今回は天候が悪いために、開門の前に行ったつもりが、すでに大勢の入場者がいて驚きました。凄い人気ですね(笑い)。9時オープンの予定ですが、8時すぎには開場されている雰囲気でした。


Cf002607_


Cf002617__2
土砂降り
 

 地上展示航空機は輸送機、戦闘機(少数)、ヘリコプターなどです。ウエッブサイトで毎年の開催状況を見ると新型機が展示されるのは2、3年ごとでしょうか。人気の的は、輸送機の中に乗り込むこと、アメリカンなグッズの販売店ブースやフーズ、横田線(乗り物)。そしてたくさんのステージでしょうか。ステージは早朝からすでに場所取りをしているようです。前回は、軍人・軍属の家族(推測ですが)が参加してるハンバーグやステーキの販売ブースが印象的でしたが、今回は日本人の販売店ブースが長蛇の列で目立っていたような印象でした。フェスティバルに参加しているアメリカ人の方達も、もうサービス精神いっぱいで目一杯楽しんでいる感じでした。

 
Cf002623__2

Cf002609__2

Cf002608__2
 
 
撮影機材 CONTAX645,  P30+,  Planar T* 80 mm F2
 

2016年9月15日 (木)

ディープシーブルー・パールエフェクト Audi A3 Sportback 1.8T FSI

Fs0a2153_blog_2

Fs0a2139b

 
 2008年モデル、5年3ヶ月で約19,000km走りました。A3 SportbackはハッチバックスタイルでAudiとしては便利な実用車で、1.8ターボ(160 psi)でよく走ります。高原リゾートへの小旅行や、親の介護や実家の整理で大変活躍しました。
 
 
P1090149b

P1090146b

P1090141b

 
 ネイビーはシックで好きな色です。若い頃には、BMW3シリーズの紺色に随分と憧れました。このA3 SBのボディカラーはディープシーブルー・パールエフェクト(濃紺)、インテリアカラー(レーザーシート)もディープブルーです(よく見ないと濃紺〜黒の区別が難しいです)。ルーフの内装は明るいグレー(?)ですが、この色の違いは普段はほとんど意識や視界に入ってきません。
 
 Audiの規模の大きい認定中古車センターに行くと予想外にいろいろな色の車を見ることができて、紺系と言っても様々というか微妙に違う色があって、色の選択肢に参考になります。華やかな紺系に「アクアブルーパールエフェクト」(R8用?)という魅力的な色があるようですが、普通の車には設定がないようです。
 
 
P1090136b
 
P1090140b
 
  
 ところで、Sトロニックの極低速間でのギクシャク感は半年くらいで慣れるかと思って購入しましたが、最後まで残りました。疲れてきて運転がややラフになると、どうしてもこのギクシャク感が出てしまいます。妻には不評でした。このあたりがさすがに古いモデルという印象です。
 レザーパッケージですが、一度シートヒーターを経験してしまうと気持ちがよくて、次も欲しくなります。エアコンの温度や風量調整のダイヤルなどの操作が、運転中には面倒でした。
 緊急用のエマージェンシィキットが専用のバッグに収められているのですが、やや大きくてなかなかの重量です。この置き場所がないのです。トランクに入れておくとかなり動いて邪魔なので、結局、右側後部座席の足元が専用置き場になってしまいました。家に置いておく人も多いようです。
 燃費は、何度かレシートを紛失してしまい、正確な記録ではありませんが、都内や高速を入れて平均11km/L程度でした。
 
 5年以上大きな故障もなく安定していました。さすがAudiです。やや費用がかかったものとしてはタイヤ交換、バッテリー交換、マウンティング、オイル交換などでした。しかし、最後にちょっと意外というか、もちろんびっくりするようなトラブル(すぐに人命に関わるようなものではありませんが)がありました。それは・・・・・・・。
 
 

2016年9月 7日 (水)

CANON EOS 5D IV発表会(FIVE GRAPHY EOS 5Dシリーズスペシャルセミナー)

 キヤノン、話題の新製品EOS 5D IVの発表イベントに行ってきました。この日は、中西敏貴、竹沢うるま、福田 健太郎、山﨑友也の4氏の写真家の方々のトークショーでした。品川のキヤノンプラザ Sは時々覗くことがありますが、3階のキヤノンホール Sは初めてでした。なかなか大きなホールで、この日は250席くらい用意されており、東京では3回目でしたが7割くらいの入りだったのでしょうか。十分楽しめたトークショーでした。

  
 山﨑友也氏は鉄道写真、中西敏貴氏は美瑛に居を構えて撮影、竹沢うるま氏はスナップ中心で海外専門から最近は国内撮影へ、福田健太郎氏は自然といのち(動植物)がテーマだそうです。中西敏貴氏は計算し尽くされた理論的な写真、竹沢うるま氏は感性に任せたスナップ・取材写真と、両極端で面白かったでした。皆さんそれぞれ5D IVのセールストークにも力を入れていましたが、今までも5DIIIを使っていたわけですから、あまり5DIIIをけなすと自己矛盾に陥ってしまいますので、「正常進化」のセールスには工夫がいるようです。その中で皆さんが強調されていたのは、ダイナミックレンジの広さ、階調の豊かさでした。雨や台風などの悪天候に合わせて撮影に出かけたり、毎日500枚撮影がノルマ、年間200日ロケとか、プロの所以でしょうね。
 
 
 作品や作例の紹介では、デジタル時代の性でこれは合成やPhotoShopによる画像処理?と質問されることが多い(笑)、星空や天の川と何かを組み合わせた写真(流行っている!)、PLフィルター(私も若い頃は使用したけれども・・・)などが話題の共通点として印象的でした。また、露出アンダー気味の写真がないのも驚きました(私がずれている?)。
 
 
 機能的にはタッチパネルAFは利便性大で一致、一方、DP-RAWは出たばかりということもあり、プロとしては緊急避難的なツールなのか、あまり話題に上りませんでした。F16-32使用時に回折現象低減には良いのかもしれません。アマチュア向けでしょうか、ピクチャースタイル(Detail重視)が自然のみずみずしさ表現に便利というような説明もありました。
 
 
 今回16-35/2.8, 24-105/4の新型レンズが出たせいもあり、使用レンズは普通の焦点距離のズームがほとんどで、超望遠レンズや特別な大口径レンズはありませんでした。
 
 
 今のところ5D IVを購入する予定はありませんが、美しい写真を見ていると、いい場所に出かけて我こそも!という意欲(写欲)が出てきますが、サンデーカメラマンにとっては、もう少し身近なところで非日常的な写真が撮れたらと思います。先立つものは「感性」ですね。7DIIを持って出かけたのですが、撮る機会もありませんでした(苦笑)。
 

2016年9月 5日 (月)

藝祭 2016 ー 東京芸術大学

 新聞の東京地方版に時々、東京芸大の学園祭の御輿パレードが紹介されており、一度見に行きたいと思っていました。今年はようやくそのチャンスが巡ってきました。

 この御輿パレードは学園祭のオープニングを飾る長い歴史を持つ伝統的なイベントだそうです。美術学部と音楽学部の各科一年生が8つのチームを作り共同して御輿を作り、手製の法被を纏い、上野公園内を廻ります。上野公園が芸大のキャンパスになったかのような雰囲気です。先輩からのアドバイスが当然あると思いますが、さすがにその出来栄えには吃驚です。
 

Fs0a2712

Fs0a2921_2
亀さん:空間構成がダイナミックですごいと思いました。ただし、亀さんの頭が低い位置にあるので御輿が担がれている時には頭が良くみえず、後ろの波ばかり目立ってしまうような感じでした。法被もカッコイイ!最後は、もう皆さん疲労困憊です。
 
 
Fs0a2746
キングコング:すごいリアル感です。出発直前に片腕がとれてしまったようで、終着の竹の台広場でようやく修復して、表彰式前の競演に臨みます。本当にお気の毒でした。

 
Fs0a2755
花鳥風月?:影になっていますが、イノシシ、シカ、鶴などに、花札の組み合わせです。
 
 

Fs0a2818
先頭を行くサンバ隊、皆さん熱演というか陶酔状態?
サンバ隊の後ろに付けているのはカニさん、目立つので得です。

 
Fs0a2968
カニさん:表彰式前の8チームの競演の一コマ。御輿をぐるぐる回して大変そう。上に乗っている美青年?も振り落とされそうになります。カニさんの色と波の色が美しい。


Fs0a2738_3

Fs0a2934_2
イソギンチャク? :大学正門を出発。ようやく竹の台広場に到着、そして記念撮影。青春時代の貴重な一コマです。


Fs0a2865_2
サンバ隊の指揮をとる女子学生さん! 格好いい!!



Fs0a2941_2
竹の台広場で全員集合:サンバ隊のリードで盛り上がります。

  
 午後、そろそろ帰ろうとして大学正門を出ると、ちょうど朝とは逆に御輿パレードが帰ってきました。学生さんたちも、暑い中、疲れた表情です。ちょっと声をかけてみたのですが、表面は発泡スチロールだけれども、中の骨組みは木材なので非常に重たいとのことでした。それにしても、発泡スチロールでこんなに非常に細かい細工ができるんだと感心しました。でも部分的に壊れてしまったところもあったり、また修理するのでしょうか。
 
 私が在籍した大学では5月中旬に学園祭がありました。私の学科でも恒例行事として、入学したての1年生が”ハリボテ”を作る習慣がありました。4月入学後、しばらくはオリエンテーションがあり、それが終わると学園祭の準備ばかりしていたような記憶があります。細い材木で骨組みを作り、紙をかぶせて絵を描きました。2年生になると、今度は新1年生にいろいろとアドバイスをしていました。遠い昔の思い出となってしまいました。
 
 また、来年も行ってみようと思っています。学生さんともっと話をしようと思います。
 
撮影機材
EOS 7D Mark II + EF35mm F2 IS USM
 

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »