2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月27日 (水)

ヴェルディ 椿姫 ー新国立劇場ー

2


 「椿姫」はイタリアのジュゼッペ・ヴェルディによる19世紀中頃のオペラで、世界のオペラ劇場の中で最も上演回数が多い作品の一つだそうです。

 原作の小説はアレクサンドル・デュマ・フィスによる「椿姫」(椿の花の貴婦人)で、オペラの原題は「堕落した女(道を踏み外した女:ラ・トラヴィアータ)」ですが、日本では「椿姫」として上演されることが多いようです。
 
 ちなみに、アレクサンドル・デュマ・フィスの父親は「モンテ・クリスト伯(巌窟王)」や「三銃士」に始まる「ダルタニャン物語」で非常に有名なアレクサンドル・デュマ・ペール、そのまた父親はフランス革命期の軍人としても知られているトマ=アレクサンドル・デュマで、3代続いて有名な人物を輩出した家系です。

 欧米にはツバキの自生はありません。日本のツバキが18世紀、中国経由でイギリスにわたり、東洋の神秘を秘めた花姿は瞬く間に、ベルギー・フランス・イタリアに広がり、19世紀前半には一大ブームになったそうです。フランスの小説家デュマは、汚れ無き愛と悲しみをツバキに込めて、名作「椿姫」を発表したと言われています。
(綺麗なツバキの花とは対照的に、サザンカやツバキにはチャドクガ(毛虫)がたくさん発生して、消毒や駆除、そしてひどい皮膚炎にならないように対策がたいへんです。)
 
 
Op5230317b
 
 
Op5230309b



前置きが長くなりましたが、

「椿姫」は基本的には悲劇ですが、明るさ、華やかさ、力強さをもった音楽であることが人気の高い理由と言われています。お話は単純で、青年貴族が高級娼婦と恋に落ち、それに反対した青年の父親が娼婦に身を引くように懇願し娼婦も泣く泣く身を引くのですが、最後に不治の病の娼婦と青年の愛は再び実るのですが、時既に遅し・・・・、という悲恋のお話です。
 
 

 今回の公演は「新制作」と呼ぶ新しい演出のようです。素人なのでよく分かりませんが、
 
・主役のソリストをアレクサンドル・デュマ・フィスの原作小説の主人公の世代に近づけて比較的若いソリストを採用

・豪華絢爛というよりもシンプルですが、評価の高い舞台演出
(舞台に大きな鏡があり舞台全体が反射して見えるので、奥行きとともに出演者が非常に多く見えて、最初は少々戸惑を感じ、驚きました。また第3幕ではピアノがベットの代用?になっています。)
 
・第3幕で主人公が息を引き取るに至る場面では、紗(しゃ)をカーテン状に配置して主人公の夢の世界を表現しながら、紗に時々(多分、恋人の)男性の顔が浮かび上がりました。
 
 

Op5230301b
 
 
Op5230306b
 
 
 主演は3人の外国人ソリストです。その他のソロは主に二期会の方々のようです。合唱は新国立劇場合唱団、管弦楽は東京フィルハーモニー交響楽団。指揮、演出、美術などは外国の方です。

 妻は第1幕と第2幕の合唱に惚れ込んでいました。確かに良かったでした。でも、この「椿姫」はほとんど個人技で決まるような感じです。主演も一人くらいは日本人でも良かったような気がしました。
 
 
 私が知っているのは、第1幕「乾杯の歌」、ヴィオレッタのアリア「ああ、そはかの人か~花から花へ」、第3幕「ヴィオレッタのシェーナ」くらいですが、開演早々超有名な「乾杯の歌」やヴィオレッタのコロラトゥーラのアリアを歌うのは、なかなか大変なのではないかと思います。
 
 主演のソプラノは、ピアノの上などで横たわりながら非常に不自然な姿勢で歌うことが多く、体の柔らかさとともに驚きでした。

 また、オペラのタイトルの「椿」ですが、妻によると第3幕のいつのまにか小さな白い椿を持っていて、最後に舞台の前方に出てくる直前に椿を落としていたそうです。

 幕間の休憩時間、外のテラスは気持ち良かった。パンフレットも1000円ですが、非常に読み応えがありました。インターネットによるといろいろな評論があるようですが、舞台も見やすい席だったし、我家は楽しんで帰る事ができました。

 今回は少々時間もあったので、劇場内もいろいろと見ることができました。満足の一日でした。

 
Op5230281b_2


Op5230285b
 

Op5230290b

撮影機材 OLYMPUS STYLUS 1s(28-300mm相当F2.8)
 

2015年5月24日 (日)

新緑の軽井沢 2015 ー万平ホテルー

Fs0a1170b

 久しぶりに軽井沢万平ホテルに立ち寄りました。ツツジが満開です。
 
 週末の午前中、外のカフェテラスでちょっと一休みです。
 まだお客さんも少なく、初夏の陽気ながら清々しい空気の中で、新緑を眺めながらドライブの疲れを癒します。定番の信州りんごのアップルパイのケーキセットを頼みます。

 途中の街並はずいぶんと変わったように思えますが、万平ホテル周辺は昔の面影がそのまま残っているようです。
 
 
Fs0a1139b


Fs0a1147b


Fs0a1144b

 
 そのうち正午に近くなり、午後の予定を考えながらここで昼食を取ってから出かける事にしました。メインダイニングのランチに行って、ビーフストロガノフ万平風を注文。今度は中庭を眺めながらの食事です。我家のビーフストロガノフとはずいぶん違っていて、大きな牛肉ががたくさん入っていました。美味しかった。


Img_1734b


Img_1736b


Fs0a1159b

撮影機材
EOS 7D Mark II + EF35mm F2 IS USM,   iPhone 5
 

2015年5月22日 (金)

ラ・マルセイエーズ 2015(薔薇)

Cf000939
 

Cf000944

 

 我家の3年目のラ・マルセイエーズです。今年も10個ほどの花が咲きました。今年はやや小振りですが、ハイブリッドティー、四季咲き大輪です。美しい赤です。

 花の開花と撮影とのタイミングがあわず、あまり写真が撮れずに残念です。来年はもう少し花が増えて欲しいな。

 

撮影機材
CONTAX 645,  P30+,  Apo Macro Planar T* 120mm F4

 

2015年5月14日 (木)

パットオースチン 2015(薔薇)

Cf000916b
 

Cf000847b



 今年もちょうど薔薇の季節となりました。


 銅色がかった濃いオレンジ、中輪〜大輪の元気なイングリッシュローズです。それほど大きくない樹形に今年は15ほどの花が順番に咲いてきます。最初は中輪でバランスの良い形を保っていますが、今年は気温が高いためか直に花がだらしなく大きく開いてしまいます。それでもちょっと壮観です。

 来年はもっと咲いて欲しいなあ・・・・・。
 

Cf000923b

 
撮影機材
CONTAX 645,  P30+,  Apo Macro Planar T* 120mm F4

 

2015年5月10日 (日)

多摩動物公園 ーネコ科ー

Cf000899b


 十数年ぶりに東京都日野市にある多摩動物公園に行ってみました。初夏の陽気の中、広い園内を歩き回るのは結構疲れます。

 いかにも動物園で撮った!という感じにならないようにと思いましたが、なかなか難しいですね。フェンスが張られている場合が多いし、植物からはどう見てもアフリカや東南アジアでないし、岩もコンクリート製? 
 また、小さな子供さんたちを連れたご家族連れが大多数ですから、遠慮しながらの撮影(練習)です。
 
 
Cf000905b

Cf000897b

ユキヒョウ:意外と可愛らしい顔をしていて、その長いふさふさとした尻尾を思わず掴んでいたずらしたくなる感じです。体の模様が周囲の岩場に似ていて、保護色のような雰囲気です。こちらも奥の木陰でゴローンとしてることが多いです。
 
 
Cf000860b
 
Cf000857b
 
サーバル:ちょっと大きめの猫ちゃんという感じで可愛い。しばらく木の上に大人しくしていた(絶好の撮影チャンス)後は、暑さのためか奥の木陰に引っ込んでしまいました。こちらも周辺をうろうろして時間をつぶしながら待つのですが、とうとう時間切れに。
 
 
Cf000864b
 
Cf000865
 
 
ライオン:開園前に行ったのですが、その時点でライオンバスは3時間待ちという放送があり、バスは諦めました。妻が昔、ライオンバスに乗った際には興奮したライオンがバスにすがりつき、迫力満点だったとか。今はもうライオンも慣れてしまい、興奮する事もないのでしょうか? 周辺からも、これならばわざわざ3時間待ちしてバスに乗る必要もないかな・・・、との声も。ところが、バスが丁度通りがかったその時、突然、雄がそばにいた雌に近づき、・・・・・・!!!! となりました。 
 
  
Cf000885b
 
トラ:一番ダイナミックな飼育場でしょうか? ウロウロと歩き回ることが多く、岩の上にどーんと寝そべっている勇姿は見られませんでした。小さな池に浸かっている時が一番ユーモラスな感じです。
 
 
Cf000853b  
 
チーター:毛並みが奇麗。暑さにも関わらず、ウロウロと歩き回ることが多いのですが、なぜが写真の構図というか背景が気に入らなくて、たくさん撮ったわりにはほとんどがボツに。
 
  
 という次第で、あまり上手く撮れませんでしたが、練習&気分転換というところでしょうか。
 
撮影機材
CONTAX 645,  P30+,  Zonnar T* 210 mm F4
不安定な足場のもと一脚使用ですので、まあこんなものでしょうか。
 

2015年5月 5日 (火)

残雪と桜 ー奥越後&奥信濃ー (2)

Cf000824b
 
 
 少し遠望の利く所を探します。
 こちらは苗場山、標高2,145mの火山。平坦な山頂が特徴的で、山頂の湿原が有名です。
 
Cf000826b
 
 
 鳥甲山?(あるいは手前の布岩山の 間違い?) 地元では有名な山です。標高2,037メートル、日本200名山に名を連ね、夏でも雪が残り岩肌も荒々しく、第2の谷川岳とも言われているそうです。
 
 
Cf000823b
 
Cf000822b_2


 この付近は標高600m程度ですが、道路を除くとまだ雪でいっぱいです。遠くには志賀高原の山々が見えているのだと思いますが、良く分かりません。赤い屋根と白い雪のコントラストが奇麗です。
 
 
Cf000793b
 
Cf000802b
 
Cf000838b
 
 
 雪解けの水で、どこも激流が流れています。

 国道117号線沿いには津南町の物産館や栄村の道の駅があり、こしひかり、野菜や山菜などの農産物が販売されており結構人気が高いようです。
 秘境 秋山郷の探訪マップは津南町と栄村の共同企画となっています。考えてみると、双方のとなりには十日町市と飯山市という大きな市がありますが、それらとの合併の道を選ばず独立独歩の選択をしたようです。
 
 
Cf000761b

撮影機材
CONTAX 645,  P30+,  Planar T* 80 mm F2,  Apo Macro Planar T* 120mm F4,  Zonnar T* 210 mm F4,  Mutar T* 1.4X
 

2015年5月 3日 (日)

残雪と桜 ー奥越後&奥信濃ー

Cf000786b


Cf000777b


 新潟~長野県境に接する新潟県津南町と長野県栄村に行く機会がありました。日本有数の豪雪地帯、日本3大秘境と言われる秋山郷、魚沼こしひかりなどで有名でしょうか。この季節、残雪に咲くソメイヨシノが見所のようです(多分ほかの雪国でも同じかと思いますが)。今年は雪融けが遅いようで、田んぼや畑はまだまだ雪原の状態です。そんな雪の中の桜は、都会に住んでいると、ちょっと不思議な光景です。


Cf000773b


Cf000771b


 「中子の桜」は良く知らないで行ったのですが、残雪の桜、湖面に映る桜、背景の杉林、幻想的な朝霧などで撮影スポットとしてたいへん有名な場所だそうです。県外ナンバーの車でいっぱいで、ちょっとビックリ。確かに、ありそうで、なかなか揃わないシチュエーションなのでしょうね。撮影距離もほどほどだし。

 その日は初夏のような陽気でとても幻想的な雰囲気は無理でしたが、早朝や深夜の撮影で確かに良い写真が撮れそうな場所でした。何度も来ている方の話も伺えて楽しかったでした。
 

Cf000816b


Cf000815b

Cf000840b

 
 場所を変えて、残雪の中の桜を探します。満開の所が多いようです。
 
 
撮影機材

CONTAX 645,  P30+,  Planar T* 80 mm F2,  Zonnar T* 210 mm F4,  Mutar T* 1.4X

Zonnar T* 210 mm F4  +  Mutar T* 1.4Xでは三脚使用ですが、完全にぶれているようです。解像度が全く出ていません。デジタルバックではフィルムよりもはるかに細心の注意が必要なようです。レンズのサポーターが必要なのかなとの感想です。

 

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »