2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月24日 (火)

その後のRECBOX:トラブル顛末

 最終バックアップ用にRECBOX(I-O DATA   HVL-AV2.0DT)を導入して、約1年4ヶ月です。

 TV本体と外付けHD中に保存してある日常の録画データを整理しながら(これもそれなり面倒ですが)、現時点で5台のRECBOXにカテゴリー別に保存しています。BDよりはるかに便利ですっかり安心しきっていましたが、思わぬトラブルがある一台のRECBOXで続けて2回発生しました。2回ともまだ外付けHDに録画データを残してありましたのでデータ自体の喪失は免れましたが、再保存の作業を考えると2回目はさすがに気持ちが萎えてしまいがっくりきました。
 

1.トラブルの内容
 Magical Finder から RECBOX にアクセスするとメニュー画面になります。
・「コンテンツ操作」においてサーバーにアクセスできないとのエラーメッセージがでます。つまり、録画ファイルに対する各種の操作が全くできなくなっています。
・「詳細設定」の「セキュリティ設定」を見ると「許可」の状態が消えて、セキュリティの設定作業自体ができなくなっています。
・「詳細設定」にあるその他の設定には異常がないようです。
・「かんたん設定」にも異常はなく、「ディスク状況表示」も正常動作が示されており、データが消失している雰囲気はありません。

2.対応
・掲示板などを見ても、これに類するトラブル対応はあまり出ていないようです。
・「かんたん設定」からファームウェアの更新をかけても状況は変わりません。
・リセット、初期化してもやはり状況は変わりません。したがって修理依頼です。

3.修理
・2回とも購入した量販店で修理依頼をお願いしたところ、I-O DATAまでは行かずに、グループ内での修理部門で対応済みの模様でした。
・制御プログラム領域もしくはデータ障害発生。ドライブ初期化およびシステム再インストール後、正常動作確認との修理内容。
・部品交換などはなかったようで、無料で修理完了でした。

4.原因
・修理伝票からはシステムの破損のように思われます。
・原因は、状況からして電源スイッチのON/OFFにあるような気がします。電源スイッチには短押しと長押しがありますが、スイッチが小さいために時々どちらの押し方になっているのか分からなくなる事があります。この時、続けてスイッチを押すと、このトラブルが発生するように思えます。
・スイッチの短押しと長押しで機能が変わることは良くありますが、ちょっとしたスイッチの押し加減でシステム破損が生じるのは問題だと思います。

5.対策
・電源スイッチを押す場合はもちろん細心の注意を払いますが、たとえ押し方が意図しない状態であっても、機器の状態が確定するまで(電源が入る、スタンバイモードになる、電源が切れる)、慌てないで必ず数分待つことにしました。
・RECBOXの利用目的は機器縛りから逃れる事ですから、録画データをまめに[disk1]から[contents]に移動しておくことにしました。データでいっぱいになっているRECBOXが将来再び同様なトラブルになった際に、確認はできていませんが、[contents]に移動してあれば見る事だけは出来るかもしれないと思ったわけです。

6.最後に
 RECBOXが壊れる可能性は当然想定していたわけですが、このようなシステムの破損はあまり考えていませんでした。私の場合、RECBOXは永久保存版用で外付けHDのように日常的に使うものではないので、逆に久しぶりに使おうとして電源スイッチを変に押してしまいトラブルに見舞われるというリスクが高いようです。簡単・安心安全のRECBOXのつもりでしたが、2度も冷や汗をかく事態となりました。
 
 

[追記]

 実は、2度あることは3度ある! を地でいってしまいました。それも3度目は3〜4回の使用で全く同じ現象が発生、今度はさすがに心当たりがありませんでした。少々、実害も発生。あきれ果てて、今度はもうハードの交換を申し入れました。修理伝票では、ハードには異常が認められないが、システムの初期化とハードの交換を実施との記述が。修理後は、しばらくお蔵入りの状態です。
 

2015年2月19日 (木)

スノードロップ

Dp3mb0965
 
 
 春を告げる花として知られていますが、その可憐さに引かれて買ってみました。
 一袋に5個の球根が入っていましたが、小さな花が一輪咲くだけで、豪華に見せるためには相当数の球根を買わないと駄目だとわかりました。
 
 日本では1月1日などの誕生花で、花言葉は「希望、慰め、逆境のなかの希望、恋の最初のまなざし」。
 
 
 スノードロップはキリスト教の聖燭節との関係が深いそうで、修道院の庭でよく育てられていたそうです。聖燭祭は、イエス・キリストが聖母マリアとナザレのヨセフによって神殿に連れて来られた際の出来事を記憶して祝う行事で、エルサレムでは5世紀から、ローマでは7世紀からと古いお祭りのようです。
 

2015年2月14日 (土)

フリージア

Dp3mb0946

 秋植えの球根植物で春に開花します。我家では毎年今頃、切り花で買ってきます。1週間くらいは、華やかな雰囲気が部屋中に満ちあふれて楽しめます。早春には、このフリージアをはじめとしてクロッカスや水仙など黄色の花が目立ちますが、春の訪れを知らせるようで好きです。


 18世紀の中頃に南アフリカで発見されて、ヨーロッパに紹介されたそうです。和名としてアサギスイセン(浅黄水仙)、中国名としてコウセツラン(香雪蘭)があるそうですが、一般には使われていません。


Dp3mb0953

撮影機材
SIGMA DP3 Merrill

2015年2月12日 (木)

多摩川中流域 多摩市交通公園 冬の散策

Dscb4_0037


Dscb4_0050


Dscb_0039


Dscb_0064


Dscb_0100


 京王線聖蹟桜ヶ丘駅下車、多摩川の河原をバードウォチングで有名な交通公園まで散策してきました。寒波の最中でしたが、風もさほど強くなく快適なウォーキングとなりました。

 広々とした河川敷や堤防の上をぶらぶらしていると、バードウォチングのグループや本格的な鳥撮りさんの人たちと出会います。


Dscb_0072


Dscb_0157


Dscb_0128


Dscb_0142


 河原にはサギがたくさんいました。ちょっと話を聞くとこの日はカワセミはまだ現れていないようでした。

撮影機材 NikonD2Hs+Ai ED 180mm F2.8S,Ai AF Nikkor 35mm F2 S
 

2015年2月 7日 (土)

多摩川中流域 冬の散策

Dscb_0067


Dscb_0065


Dscb_0045
カルガモ?


 冬枯れの中、福生市の福生南公園〜昭島市の水鳥公園〜拝島市拝島第四小学校〜水道橋までの軽い散策です。


Dscb_0001


Dscb_0093
オオバン?(中央)

 
 昭和用水堰の周りには鴨などがチラホラ。でも、あまりいないな・・・・と思っていると、いつの間にかおじさんがやって来て餌付けをやっていました。すると、どこからもなく鴨がたくさん出てきました。それに便乗させてさせてもらい、写真を撮らせてもらいました。ラッキーです。
 
 
 
Dscb_0112


Dscb_0128


 冬のためかサイクリングやウォーキングの人、今日は少ないようでした。
 
 
撮影機材
NikonD2Hs+Ai ED 180mm F2.8S,Ai AF Nikkor 35mm F2 S
 

2015年2月 1日 (日)

小田原城散策 2015冬

Fs0ab0944


Fs0ab0948


 箱根湯の花温泉ホテルからの帰り、時間が余っているので小田原城に行ってみました。

 駅前(西口広場)には、北条早雲(伊勢盛時)が千頭の牛の角に松明を灯し夜襲をしかけて小田原城を手に入れたという、城盗り物語の逸話による銅像があります。

 小田原城といえば、戦国大名の北条五代(鎌倉時代の執権北条氏とは別です)、秀吉の北条攻め(石垣山一夜城、小田原評定)、江戸時代東海道一の宿場町(城主は稲葉氏と大久保氏。稲葉氏は三代将軍徳川家光の乳母である春日局の子供の一族、元は明智光秀の重臣。)が有名だと思いますが、今見るお城の建物はほとんど最近の復元のようです。


Fs0ab0968


 妻は、小田原城で一番有名な話は春日局が家光に頼み込んで子供を城主の座に据えたことだと思っていたようですが、春日局と稲葉氏の話題はほとんで出てきません。

 地元では「北条五代」を大河ドラマに!・・・と運動しているようですが、展示を見ると、古文書を除くと「北条五代」の遺構などのモノはあまりないような印象でした。

 石垣山一夜城の出現で北条方は戦意を喪失したと言われていますが、北条の小田原城は中世城郭のお城、一方、石垣山城は石垣や櫓を備えた本格的な「近世城郭」。田舎武士であった北条方が多分初めて見るような立派なお城で、みんな度肝を抜かれたのでしょうね。


Fs0ab0953

Fs0ab0956

Fs0ab0959

 正面入口の「馬出門土橋」から入ると、銅門〜常盤木門〜本丸御殿跡と近くに見えるわりには遠くて、天守閣までなかなかたどり着きません。途中には梅、臘梅(ロウバイ)、寒桜が咲いています。

 地元の家族連れや観光客がかなり来ています。

 天守閣に入っても展示を見ながら急な階段を何度も登って行くと、ようやく展望台のある最上階に到着です。先ほどまでいた箱根の山々が間近に見えます(フェンスが少々邪魔ですが)。


Fs0ab0966

Fs0ab0967

 最後に、遅いランチですが、海鮮丼を食べて帰りました。


撮影機材 EOS 7D Mark II + EF35mm F2 IS USM

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »