2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ

« カメラ回顧録(16)  Nikon F3 | トップページ | 小田原城散策 2015冬 »

2015年1月25日 (日)

箱根湯の花温泉ホテル 2015冬

Fs0ab0929

Fs0ab0928

 
 昨年インフルエンザで直前にキャンセルとなった箱根湯の花温泉ホテルに行ってきました。
 予約は早得 21日前、2食・箱根会席です。

 今年は残雪も無く、時々小雪の舞う時間帯もありましたが、まずまずの天候でした。
  

 
Fs0ab0898

Fs0ab0909

  
 装飾的なものを排した、シンプルでモダンな和風のホテルです。部屋からの眺望はすばらしく、遠くには新宿副都心(東京スカイツリーも?)、小田原市街地、相模湾や湘南方面が見えます。

 温泉は箱根十七湯の中で一番標高の高い標高935mにあります。露天風呂は単純硫黄泉の乳白色の温泉です。妻の感想では、硫黄臭が非常に強かった昨年と比べると、今年はやや硫黄臭が少ないようでした。硫黄臭が強すぎると、洋服に匂いがついてしまい後の始末がけっこう大変です。
 それほど混雑してるわけでもなく、のんびりと楽しめました。
  
 

Imgb_1577


Imgb_1579


Imgb_1581


Imgb_1586
 

 箱根会席は全体として美味しかったと思います。蒸鉢(冬瓜と茸のスープ仕立て)、パパイヤ釜クリーム焼き(パパイヤの不思議な味わい、ごぼうの天婦羅が美味しい)、鯛御飯が、ちょっと変わっていて面白い。
 赤のハウスワインを飲みましたが、もう少し美味しいワインをお願いしたいものです(リクエストを出せば、お酒のリストに掲載されていないワインが出てくるのかもしれませんが)。

 お孫さんへと言われて(苦笑)、食事のあとに折り紙の「コマ」をもらいました。実際にくるくると回ります。
 
 
P1070918b


Imgb_1601
 

 冬の箱根は道路の雪や凍結が心配で、ついホテルのシャトルバスを利用してしまいますが、そうするとチェックアウトが10時であまりのんびりとできないのが欠点です。

撮影機材 EOS 7D Mark II + EF35mm F2 IS USM、iPhone 5 ほか
 

« カメラ回顧録(16)  Nikon F3 | トップページ | 小田原城散策 2015冬 »

Canon」カテゴリの記事

ホテル偵察記 (Hotel & Watching) - 国内(Japan)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« カメラ回顧録(16)  Nikon F3 | トップページ | 小田原城散策 2015冬 »