2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月30日 (日)

大阪豊中 待兼山修学館のランチとマチカネワニと「マッサン」

Img_1166b
 
 
Img_1173b
 
 
 大阪大学にはあまり馴染みがないのですが、夏の終わりに初めて大阪大学豊中キャンパスに行く機会がありました。千里中央から大阪モノレールの乗って行ったのですが、モノレールからの展望にちょっとビックリ。天気が良かったせいもあり、大阪市街地の展望がすばらしく思わず見入ってしまいました。
 
 大阪大学総合学術博物館待兼山修学館で遅いランチを取りました。カフェと軽食が中心ですが、ランチは美味しかったでした。木陰のテラスでのんびりと食事できました。
 
 
Img_1178b
 
 
 博物館ですので、学術資料の展示室や大阪大学の歴史展示室、ミュージアムショップがありました。今や大学間の競争が非常に厳しいので、どこの大学でも博物館等で歴史の長さや優れた業績を大々的にアッピールしています。地方の大学でもびっくりするような立派な展示をされているところもありますが、こちらは比較的地味な展示でした。その中で眼についたのは湯川秀樹博士です。中間子理論を発表された時期には大阪大学に在籍されていたそうで、大きく取り上げられていました。
 
 
Img_1191b


Img_1185b
 
 
 大学のシンボルとしてマチカネワニ(待兼鰐)が有名だそうで、地元豊中市のゆるキャラにもなっています。1964年に大学キャンパスの工事中に、待兼(まちかね)山から出土したそうで、30-50万年前頃に日本に生息していた体長約7メートルの大型のワニです。
 
 
 NHK朝の連続ドラマ「マッサン」のモデルであるニッカウヰスキー創業者竹鶴政孝氏は大阪高等工業学校醸造科卒業だそうですが、今は大阪大学工学部応用生物工学科に続いています。ミュージアムショップではあまり気に留めなかったのですが(ドラマが始まる前でしたので)、以下のような出版物があるのに気がつきました。醸造については深い歴史があるようです。本を見てこなくて残念でした。
 
大阪大学総合学術博物館叢書
ものづくり上方“酒”ばなし
先駆・革新の系譜と大阪高等工業学校醸造科
松永 和浩 編著
 
 
Img_1182b
 
 
撮影機材
iPone 5
 

2014年11月27日 (木)

JR釜石線「SL銀河」

Imgb_1227

Imgb_1260

  

 JR釜石線遠野駅に昼食をとるために立ち寄ったところ、運良く!「SL銀河」が停車していました。

 今年の4月から土日に運行しているそうです。遠野市SL停車場プロジェクト推進室という部署があるそうで、チラシが出ていました。遠野駅で約1時間停車しているようで、ホームや駅の周辺に鉄道ファンや私のような冷やかし見物客が大勢いました。その勇姿を見て私も懐かしくなりました。
 
 まだ小さな子供の頃、両親の田舎に帰省するときはまだ蒸気機関車に引かれた列車も多く、トンネルに入るたびに慌てて窓を閉めたことが、ぼんやりとまだ脳裏に残っています。石炭の匂いをかぎながら実物を見たのは数十年ぶりかな?と思いながら、ちょっと得をしたような気分になり、遠野を発ちました。

 

Imgb_1235
 

Imgb_1239

 
撮影機材
iPhone 5

2014年11月23日 (日)

晩秋 2014

Fs0ab0776
 

Fs0ab0779
パットオースチン

 
 今年は厳しい残暑はなかったものの10〜11月と暖かい日が多く、紅葉は期待はずれで終わりそうです。

 日立中央研究所、秋の公開に出かけてみました。桜が多いにもかかわらず、紅葉は全くだめでした。それにしても大変な混雑!!。自宅前の街路樹の方がよっぽど奇麗(苦笑)。

 
Fs0ab0005
季節はずれの桜
  
 
Fs0ab0006
 
  
 自宅の秋バラ、パットオースチンも数は少ないものの、奇麗に咲いてくれます。

 
Fs0ab0012
 
Fs0ab0011
 
   
撮影機材 EOS 7D Mark II + EF35mm F2 IS USM
 (ただいま練習中)
 
 jpg撮って出し、無加工の画像です。やはり今まで保有していたカメラと色調の傾向が違うので多少戸惑います。EF35mm F2 IS USMの開放時のぼけ味はまずまずでしょうか。それにしても7DII、小型軽量、撮影も軽快で楽チンですが、AIサーボAF特性の選択方法や設定で悪戦苦闘です。なかなか思うようにいきません。10コマ/秒でサーボ特性のテストをしているだけであっという間に1000コマをオーバー、特性を理解できるまでにいったい何コマ必要なのだろうか?これが現代のデジタルカメラかとぼやいています。
 

2014年11月15日 (土)

休日のコーヒー

P1070901_b


 「休日の朝は、夫の入れたコーヒーの香りで目が覚めて・・・・・」
 
といった感じの女性ナレーションで始まるFM放送番組が以前ありました。我家もだんだんそのような雰囲気になりつつあります。
 
 土日の休日と言っても、双方の親の介護や世話であっと言う間に過ぎて行く一日で、のんきに過ごして遊んでいた昔が懐かしくなります。
 
 そんな日常の中、休日の朝、もう捨ててもいいような古いコーヒーミルでフレンチローストの豆を挽いて、大振りのモーニングカップにミルクをたっぷり注いでいつものカフェオレを作ります。真空パックの袋を開封してしばらくは豆の香りが印象的です。コーヒーの香りとまろやかなミルクの味がなんとも言えません。
 
 
P1070911_b
 
P1070910_b


 久しぶりに買い替えたオーディオで、海外のインターネットラジオやCDを聞きながら、少し音が良くなったかなと自己満足しながら、朝の時間が過ぎていきいます。
 
 
撮影機材
LUMIX DMC-LX3

2014年11月 9日 (日)

Canon EOS 7D Mark II ー我家の第2世代デジタル一眼レフカメラー

P1070917b
 
 
 10月22日の発売日発表後、23日都内某大手カメラ専門に予約申込、11月7日入荷連絡、本日9日受け取りました。某口コミ情報では11月下旬~12月の見込みとあったので、まったく予期せぬ連絡でちょっとびっくり。予約後もまだ迷いがありましたが、D810でもドタキャンをしているので、今回は観念して購入です。
 
 長い間NikonとCONTAX主体できました。一時期Canon FDレンズを使用した経験もありますが、EOSは全く初めてなので使用説明書をじっくり読まないと操作系がちんぷんかんぷんです。NikonはF以来の友ですが、手持ちのNikonも旧式ですので、状況によってはCanonへのマウント変更の可能性もでてきました。
 
 画像センサーなどは門外漢で分かりませんが、Canonの操作系と記憶色(色調)、今あるべきAPSカメラの姿、高速連写とAF性能に興味がありました。一方で、D810や5DIIIなどのフルサイズとの比較も当然ながら気になり迷う大きな原因となります。CanonのAPS-Cセンサーは通常よりも少し小さく(NikonなどのAPS-CとFoveonの中間くらい)、レンズの換算率がx1.6であることも初めて知りました。Canonのレンズ群を改めて眺めていると、7DIIに対して望遠系は良いのですが、普段使いの広角~中望遠系には選択枝が少なく悩みます。とりあえず、練習用にEF35mm F2 IS USMを買いました。
 
 今回の新規購入と下取りでフィルムカメラはCONTAX 645のシステムのみとなりました。カメラの更新をどうしようかと堂々巡りの議論をしながらも、我家でもデジタル化が一段と進んでいきます。
 
 
追伸:GET BG(バッテリーグリップ)キャンペーン
   申込書 投函 11月11日
   お申込み受付完了のお知らせ 11月19日
   景品発送時期のお知らせ   11月27日
   配達     11月30日
 
撮影機材
LUMIX DMC-LX3
 

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »