2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 別邸 仙寿庵 (3) | トップページ | 長良川鉄道越美南線 »

2014年7月26日 (土)

カメラ回顧録(14)  Nikon F2 Photomic(SB) (3)

Dsc_0386_1976101
 
 
Dsc_0389_1976101
日本光学工業株式会社 1976年10月1日 カタログより 
 
 フォトミックファインダーDP-3は、受光素子をCdSからSPD(シリコンフォトダイオード)に変更、露出計表示も指針式からLED(発光ダイオード)に変更された結果、応答性や視認性が改良された最新のファインダーでした。
 DP-3は1985年頃中古で見つけ出し買いました。Nikon F2 Photomic SBとして、ちょっと恰好良い思いで最後まで使いました。
 
 
Dsc_0390_2_1976101

撮影機材
Nikon D2HS +  Ai AF Nikkor 35mm F2 S / Aperture
 
 

  
F2_21_01

F2_21_02

F2_21_03
1985年頃 秋の大菩薩峠
Nikon F2フォトミック+Ai 105mm F1.8S+Fuji Neopan 400 +EPSON F-3200
 
 晩秋、雨の大菩薩峠への山行でした。確か35mmと105mmを持参。雨でほとんど写真は撮れず、業を煮やして山梨県小菅村に下山中に晩秋の山中を無理矢理撮りました。この頃は防塵防滴機能も無いのに、雨の中カメラを濡らしながらも(タオルでいつも拭いていましたが)気にしないで平気で使っていました。
 
 
 
F2_22_01
 
F2_22_02_2
 
F2_22_03
 
F2_22_04
1985年頃 秋の赤坂 迎賓館界隈
Nikon F2フォトミックSB+New Micro-Nikkor 55mm F3.5ほか? + Ektachrome+EPSON F-3200
 
 迎賓館やその周辺はお気に入りの撮影スポットで何度か行っています。写真の同好会の方々がモデルさんを連れて楽しそうに撮影会をされていたりします。
 
 
 
F2_23_01
 
F2_23_02
 
F2_23_03
 
F2_23_04
 
F2_23_05
1983年11月 福井県三方町
Nikon F2フォトミック + New 35mm F2.8, New Micro-Nikkor 55mm F3.5 ? Kodachrome+EPSON F-3200
 
 晩秋の若狭の海です。Kodachromeの雰囲気にたいへんあっていると思いました。このポジ、細かい黒カビが全面に多数で、修復不能でした。
 魚がとにかく美味しかったのが印象的でした。
 
 
 
F2_24_01
 
F2_24_02_2

F2_24_03_2
 
F2_24_04_2
1987年冬 長野県五竜遠見
Nikon F2フォトミック(or フォトミックSB) + Ai 105mm F1.8S+KODAX トライX+EPSON F-3200

 昔懐かしい、勤務先の同僚と行った五竜遠見スキー場での写真です。モノクロ写真の珍しさも手伝って、スナップ・ポートレート写真は随分と喜ばれました。Ai 105mm F1.8Sは社内旅行などのポートレートでも大活躍し、御見合い写真に使ってくれた同僚もいました(笑い)。
 
 
 
F2_25_01
1984年頃のNikon F2ほか
New 35mm F2.8, New Micro-Nikkor 55mm F3.5, Auto 105mm F2.5C, Ai 105mm F1.8S, Ai ED 180mm F2.8S
 
この時はまだフォトミックSBファインダーは買っていなかったようです。Ai 105mm F1.8S, Ai ED 180mm F2.8Sは、1981年10月に発売された憧れのレンズでした。まだ慎ましい質素なシステムでした。
 

« 別邸 仙寿庵 (3) | トップページ | 長良川鉄道越美南線 »

カメラ回顧録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56365/60014067

この記事へのトラックバック一覧です: カメラ回顧録(14)  Nikon F2 Photomic(SB) (3):

« 別邸 仙寿庵 (3) | トップページ | 長良川鉄道越美南線 »