2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月31日 (土)

ブルータイム(バラ)

Img170


ブルータイムはそれほど華やかなバラではありませんが、この微妙な色彩感がなんとも言えません。
    
撮影機材
CONTAX 645, Apo Macro Planar T* 120mm F4 + Fuji Pro 400 + EPSON F-3200
   

2014年5月28日 (水)

ペラルゴニウム(サーフィンローズ)

Dp3m0856b

ペラルゴニウム、と言ってもいろいろあるようで、これは「サーフィンローズ」とラベルに書いてありました。エンジェル、マリーン湘南、サーフィンローズ、と3回も買ってしまいました。今年は元気に咲いています。

 

Dp3m0864b

撮影機材 SIGMA DP3 Merrill

2014年5月25日 (日)

パットオースチン(バラ)

Dp3m0844b


イギリス David Austin氏による作出、銅色がかった濃いオレンジ、大輪、強い香り、完全四季咲きのイングリッシュローズ。
 
春に買ってきた小さな苗に、中輪の花が5輪ほど咲きました。まだ色もあまり濃くないし、香りもあまり出ていません。酷暑を上手く切り抜けて、次のシーズンに期待です。
今年もバラの季節が終わろうとしています。
 
 
撮影機材
SIGMA DP3 Merrill
 

2014年5月20日 (火)

ラ・マルセイエーズ(バラ)

Dp3m0808b

Dp3m0832b

 

我家の2年目のラ・マルセイエーズですが、10個ほどの花が咲きました。 ハイブリッドティー、四季咲き大輪、明るい赤色、香りは少ない、フランスで創出された薔薇です。奇麗な大輪を咲かせるために、1本の枝に花芽は一つだけ残して摘んでしまいます。
 
 
撮影機材
SIGMA DP3 Merrill
 

2014年5月18日 (日)

神田明神と湯島聖堂

Sdim1440b

Sdim1437b


 久しぶりに秋葉原界隈に行きました。昔はAppleのMacintoshの中古や部品を探しに頻繁に行きましたが、最近はすっかり御無沙汰です。用件を済ますと、そこは秋葉原からやや外れた所、秋葉原駅方面の雑踏に戻るもの面倒だし、どうしようかと街の案内図を見ていたら「神田明神」の文字が眼に飛び込んできました。そういえば、昔、父に誘われて「神田明神」に行ったな・・・・と、深い記憶が甦ってきました。

 

 
Sdim1433b

Sdim1428b
 
 

 神田明神(神田神社)というと、私などはすぐにテレビドラマの銭形平次(野村胡堂「銭形平次捕物控」)を連想してしまいます。しかし、平将門が祀られたり江戸総鎮守として尊崇されたりなど、都内では歴史ある由緒ある神社です。江戸三大祭りの一つである神田祭をおこなう神社としても知られています。お祭りの山車は将軍上覧のために江戸城中に入り、「天下祭」と言われたそうです。また「神田囃子」の由来は源頼朝まで遡るとも伝えられています。ただし、江戸時代の社殿は大正12年の関東大震災で焼失してしまいましたので、建物の歴史的な価値はありません。
 
 
Sdim1421bjpg

Sdim1423b

Sdim1420b


 境内にはそれほど多くの人はいませんでしたが、逆に外国人観光客が目立ちました。大祭は2年ごと(次回は2015年)で行われますが、神輿もちらりと見ることができました。昨今のパワースポットブームのせいか若い女性も多く、境内への出入りの際にはきちんと”礼”をしているのには、少々吃驚しました。
 境内を散歩して気がついたのは、ここは丁度高台の端(台地の端)にあること。昔は、秋葉原、大手町、日本橋といった下町方面が良く見えたのだろうと思いました。

 次は、東京医科歯科大学の裏の本郷通りを渡って湯島聖堂へ。こちらは人もまばらですが、新緑が美しいです。
 
 
Sdim1451b

Sdim1457b


 湯島聖堂(国の史跡)は、元禄時代、5代将軍徳川綱吉によって建てられた孔子廟。ここが幕府の官立の昌平坂学問所となります。「昌平」とは、孔子が生まれた村の名前で、そこからとって「孔子の諸説、儒学を教える学校」の名前とし、それがこの地の地名にもなったそうです。
 教育・研究機関としての昌平坂学問所は、明治維新後は東京大学や師範学校の源になります。それゆえ「日本の学校教育発祥の地」とされています。湯島天満宮(湯島天神)とともに、受験生の合格祈願として有名です。

 

 Sdim1460b

Sdim1465b
 
 

 最後、お茶の水駅に出て家路につきます。ちょっと懐かしい一日でした。
 
 
Sdim1467b

撮影機材

SIGMA DP2 Merrill

2014年5月15日 (木)

ブルータイム(バラ)

Dp3m0774b

Dp3m0796b
 

我家のブルータイム、ほっておくと花芽がやたらとついてしまうので、大きな大輪を咲かせるために、1本の枝に花芽は一つだけ残して摘みます。今年のブルータイムは6個、手から溢れんばかりの大きさです。でも今年は香りが乏しいですね、残念。

 

撮影機材

SIGMA DP3 Merrill
 

2014年5月11日 (日)

カメラ回顧録(12)  Nikon F2 Photomic (1)

Bp133_1971

 

Bp137b_1971

1971年秋 日本光学工業株式会社 カタログより

Nikon F2 新発売時のカタログの表紙は、従前のカタログとはがらりと雰囲気を変えてシルバー一色の地に白の「Nikon F2 Photomic」の文字。下部には、透かし彫りのような凹凸のある刻印でカメラと交換レンズを表現。Canon F1の分厚い赤い表紙のカタログをかなり意識したのだとすぐに思いましたが、このカタログには少々驚きと戸惑いを感じ、あまり好きになれませんでした。製品の写真(印刷)も、なぜかギラギラした感じです。

 

 

 

 父からNikon F Photomic FTNを買ってもらった1971の秋には、Nikon F2 PhotomicとCanon F1が発表になります。その後Nikon F2 Photomicも買い増しして、さらにファインダーを中古で買ってNikon F2 Photomic SBとして長期に使用しました。Nikon F Photomic FTNと比べると小型コンパクトになった印象で、建て増し的なF系と比較して最初から設計し直したという意味での使い易さが向上していました。

 

 

Bp140b_1971

1971年秋 日本光学工業株式会社 カタログより

NikonF2+フォトミックSファインダー+EEコントロールアタッチメント+モータードライブMD-1+バッテリーケースMB-1+250フィルムバックMF-1+ズームニッコールオート80~200F4.5 という当時としては豪華絢爛な組合わせ。

 

Bdsc_0370_1971

1971年秋 日本光学工業株式会社 カタログより

NikonF2+フォトミックファインダー+モータードライブMD-1+バッテリーケースMB-1+250フィルムバックMF-1+AF-Nikkor 80mm F4.5 オートフォーカスレンズの試作品が出ています。当時のカメラショーかなにかで実物を見た記憶がありますが、その巨大さに驚きました。自動露出が中級機でようやく出始めた頃(Asahi Pentax ES, Canon EF, Nikomat ELなど)ですから、その次はオートフォーカスなんだと自問自答しました。

 

 

 ある時、地下鉄の車内でNikon F2(ブラック)を持った若い男性が、一緒の女性に一生懸命カメラを説明している光景に出会いました。Nikon F2(ブラック)はカメラ店でもあまり見る機会が無かったものでしたから、その場の光景の羨ましさ?と供にF2 ブラックのシンプルな恰好良さが非常に印象的でした。しかしながら、結局チタンモデルも含めてF2(ブラック)を入手する機会はやってきませんでした。昔はカメラ店でF2チタンを20~35万円程度で良く見かけましたが、最近ではほとんど見る機会がありませんね。

 このころには少しずつ交換レンズも増えて、20mmF3.5, 35mmF2.8、50mmF1.4, マイクロ55mmF3.5, 105mmF2.5, 200mmF4などが手元にありました。使用したレンズを記録するのはたいへんで、交換レンズ情報が記録できるデータバックが欲しいと切実に思いましたが、それが実現するのはずっと後になります。

 

 

F2_01

1978年4月 静岡県清水市

NikonF2フォトミック+Nikkor Auto 50mm F1.4 C +Ektachrome +EPSON F-3200 多層膜コーティングの開始。

F2_02

1979年2月 新潟県

NikonF2フォトミック+Nikkor Auto 50mm F1.4 C ? + Ektachrome +EPSON F-3200 青が強すぎるような気もしますが、晴天と雪面の青が印象的でしたので、あえて退色補正をかけないでオリジナルの状態でスキャンしています。

F2_03

1979年秋 群馬県片品村

NikonF2フォトミック+50mmF1.4 or マイクロ55mmF3.5 or 105mmF2.5+Ektachrome +EPSON F-3200

F2_04

1979年1月 茨城県筑波山

NikonF2フォトミック+50mmF1.4 or マイクロ55mmF3.5 or 105mmF2.5+Ektachrome +EPSON F-3200

F2_05

 

F2_06

1978年10月 栃木県

NikonF2フォトミック+50mmF1.4 or マイクロ55mmF3.5 +Ektachrome, Kodakurome, +EPSON F-3200 退色補正のためか、樹木の木肌の色がやや不自然?

F2_07

1979年11月 山形県月山

NikonF2フォトミック+マイクロ55mmF3.5 ? +Fujichrome +EPSON F-3200

退色が酷く、黒カビも多数。

F2_08

1979年11月 山形県大鳥村

NikonF2フォトミック+マイクロ55mmF3.5 ? Ektachrome +EPSON F-3200

F2_09

1979年11月 山形県長井市

NikonF2フォトミック+マイクロ55mmF3.5 ? Fujichrome +EPSON F-3200

(続く)

撮影機材

Nikon D2HS +  Ai AF Nikkor 35mm F2 S / Aperture

 

2014年5月 6日 (火)

昭和記念公園 2014年 春(3) ー東京散歩ー

P1070177b
 
P1070185b
 
 

 この春、2度目の昭和記念公園です。風に揺れるアイスランドポピーが奇麗です。深紅のシャーレポピーは、まだまだこれからという感じでした。菜の花、チューリップも少し残っています。

 
P1070142b
 
P1070150b
 
P1070207b
 
撮影機材 Panasonic DMC-LX3

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »