2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 昭和記念公園 2014年 春 ー東京散歩ー | トップページ | 昭和記念公園 2014年 春(2) ー東京散歩ー »

2014年4月27日 (日)

ラナンキュラスの森

Dp3m0696b

 

Dp3m0703b

 
 

 春の鉢花として、紙のように薄い花びらが幾重にも重なった姿が優美なラナンキュラスに憧れて、時々秋に球根を買って育てています。

 ラナンキュラスはキンポウゲの仲間で世界中に沢山あるそうです。園芸店でラナンキュラスの名前で出回っているのはそのうちの1種、ラナンキュラス・アシアティクスと呼ばれる種類で、その改良品種が多くを占めるそうです。名前はラテン語でカエルを意味する「ラナ」に由来し、カエルが住むような湿地に自生することにちなむそうです。(「ヤサシイエンゲイ」より)ちょっと意外な名前の由来ですが。

 最初の頃は、乾燥した球根をゆっくりと吸水状態にすることが上手くできなかったりしましたが、こつが分かると安定して発芽させることができます。八重咲きの花が一般的なイメージですが、今年は一重の品種も混じっていたようで、最初は見かけない花が咲いたと、少々慌ててしまいました。

 

Dp3m0708b
 
Dp3m0738b
 
 

撮影機材

SIGMA DP3 Merrill

« 昭和記念公園 2014年 春 ー東京散歩ー | トップページ | 昭和記念公園 2014年 春(2) ー東京散歩ー »

SIGMA DP2 & DP3 Merrill」カテゴリの記事

花 - ラナンキュラス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昭和記念公園 2014年 春 ー東京散歩ー | トップページ | 昭和記念公園 2014年 春(2) ー東京散歩ー »