2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月25日 (土)

東京駅界隈 2014 (2)

Img2102b_2

Img2112b
 
 
 買物をするショップは無いのですが、お気に入りの雰囲気の丸の内仲通りをいつもの通り散策します。休日の夕方、人通りがまだ少ない時間。夕暮れ時の早い冬のひとときです。
 
 
Img2132b

Img217b
 
 
撮影機材
CONTAX 645, Distagon T* 45 mm F2.8 +  Fuji Pro 400 + EPSON F-3200
 

2014年1月20日 (月)

東京駅界隈 2014 (1)

Img1932b

Img190b

Img200b


 今更ですが、改めて東京駅改装後のドームの写真を撮りに行きました。相変わらず立ち止まって上を見上げる人も多いです。
 
 東京駅の駅舎は、もともと1914年(大正3年)12月に完成しましたが、第二次世界大戦で焼失しました。ずっと私たちが見慣れていた東京駅は、2階建ての”戦災の応急復旧”の姿であったそうです。そして、ようやく2012年(平成24年)10月に、大正の開業時の3階建ての姿への復原工事が完成しました。
 
 解説によると、ドームの装飾用レリーフには以下のようなものがあるそうです。肉眼で見分けるのはなかなか難しいですね。
 
1)クレマチスレリーフ、2)鷲レリーフ、3)秀吉の兜をモチーフにしたキーストーン、4)干支のレリーフ、5)剣と鏡のレリーフ、6)鳳凰、動輪と矢束のレリーフ
 
 全体としてはベージュ~黄色主体でレリーフも同系色、ヨーロッパの豪華絢爛なドームの装飾と比較してしまうと、地味目です。
 
 
Img202b

Img205b

 2013年3月にオープンした「KITTE(キッテ)」に初めて立ち寄ります。旧東京中央郵便局の局舎を一部保存・再生した部分と新築部分からなるJPタワーからなる高層ビルです。「キッテ」というネーミングは、「切手」と「来て」2つの言葉に由来するそうです。女性が喜びそうな専門店街がたくさんあります。中の造りは、「表参道ヒルズ」に似ています。
 
 5階の屋上庭園「KITTEガーデン」に出て見ます。東京駅丸の内側駅前広場がよく見えます。でも肝心の駅の二つのドームが良く見えません。この季節、太陽による建物の陰や逆光も重なり見難いです。庭園を南側に歩いて行くと、八重洲口側とJRのホームがよく見えます。
 

Img2062b

撮影機材
CONTAX 645, Distagon T* 35 mm F3.5 +  Fuji Pro 400 + EPSON F-3200
 

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »