2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

無料ブログはココログ

« その後のパイオニア プラズマテレビ KURO KRP-500A | トップページ | 冬の東京スカイツリー (1) »

2013年1月 5日 (土)

その後の東芝 VARDIA RD-X9

こちらもトラブルも無く順調ですが、頭が痛いです。

 

1)外付けHD:USB接続の外付けHDが4台まで増殖してしまい(苦笑)、内蔵HDと併せて10T! こうなると、もうブレーレイに焼くのもおっくうになります。その時間と労力がもったいないし、保管スペースを作らなくてはならない。あるいは厳選して、REGZAブルーレイ D-BR2(?)かブルーレイレコーダーを一台買って焼くべきか、悩みが大きいです。コストパフォーマンスを狙ってRD-X9にしましたが、失敗かもしれません。

 

2)IO DATA REGBOX: HDに保存できるのは何と言っても便利です。REGBOXを使用すればレコーダーやテレビの機種依存性から逃れるようですが、掲示板を見ても専門用語が多く話が複雑で私の頭の理解を超えています(苦笑)。Macでもいけるかもしれないので、とにかく一台買って試してみようと思います。

 

3)動作性: とにかく動作の遅いのには、家族から総スカンです。

 

4)キーボード入力: 1,980円の一番安いキーボードですが、タイトル修正に大活躍、もう楽チンです。キーボードのエンターキーでも修正が一見出来たようにみえますが、画面中での登録を行わないと、次回開いた際にタイトルが訂正されていない、という現象が出ます。

 

« その後のパイオニア プラズマテレビ KURO KRP-500A | トップページ | 冬の東京スカイツリー (1) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« その後のパイオニア プラズマテレビ KURO KRP-500A | トップページ | 冬の東京スカイツリー (1) »