2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月26日 (日)

白馬・八方池山荘

P1040523


P1040524


P1040518


 村営・八方池山荘をベースとした登山/トレッキングです。運悪く天候不良で、ほとんど雨とガス(霧)でした。
 
 JR白馬駅前では、2年前に栂池に行く途中に立ち寄った時と比べても、お店がクローズしていて、その寂れ方に驚きました。東京から白馬方面のアクセスは、昔からある新宿からのJR線に加えて、長野新幹線経由で長野駅からの特急バス、新宿からの高速バス、それに勿論マイカーがありますが、多分大糸線でくるお客さんが非常に少ないのでしょうね。事実、新宿から南小谷行きの直通のあずさが一日1本というのは、昔を知る者としては驚き以外の何物でもありません。沿線の眺めは良いのに、時代の大きな変化を感じます。八方尾根も久しぶりです。長野オリンピック(1998年)の名残があちらこちらにあります。昔滑ったゲレンデはどこだったのだろうと、案内板を思わずつぶさに見回しました。

 八方池山荘まではゴンドラとリフト2基を乗り継いで行きます。山荘は、標高1830m付近、部屋こそ相部屋(空いていれば個室的な扱い)ですが、電気は24時間完備、立派なお風呂、水洗トイレ、食堂にはテレビがあり、山小屋というよりは立派な山荘です。付近には平坦地がないので、天候が悪いとせっかく上がって来た観光客さんにとってはする事も無く、山荘の食堂で休息するくらいで、ちょっとつまらないですね。


P1040537


P1040563_3


P1040582

 八方尾根自然研究路、山荘から八方池まで片道1時間半、確かにそんな程度です。コース周辺は、本当にお花畑で綺麗です。しかし栂池自然園とは全く違います。天気が良ければ、素晴らしい光景に満ちあふれた快適なコースですが、雨に振られると結構たいへんです。木道もありますが、岩もそれなりにごろごろ、滑り易いし、泥で汚れる。ビジネスシーズを履いた男性、お洒落な街中で似合うような白のパンツに可愛らしい靴やサンダルの女性、多分一回で駄目になります。ハイキングで歩く準備が必要ですね。


 山荘のスタッフの話では、通常7月下旬が花の盛りのようです。今年は一週間ほど遅かったそうです。でも沢山の高山植物が見られて良かったでした。
 
 八方池というと、池に写る白馬三山が有名ですが、これってスイス・ツェルマットの池で見られる逆さマッターホルンに似ていますね。期待して行きましたが、池自体がほとんどガス(霧)の中でした。残念!! コースの途中にケルンが沢山ありますが、マップと実際のケルンの名称とが混乱しました。
 
 
P1040556_2


P1040575


P1040588


P1040591


 山荘の夕食は、和食のバイキングでした。珍しい? ただし連泊すると飽きるかもしれません。朝食は普通の和食です。味付けもにもそれなりの工夫があり、山の食事としてはまあ良いのではないでしょうか。


P1040649


 帰り際にオコジョのバンダナを買いました。たまにはシンプルなデザインのバンダナにしようと思いました。


撮影機材
Panasonic DMC-LX3

2012年8月18日 (土)

SIGMA DP2 Merrill (その3)

Sdim0044_2s
(チングルマ)


Sdim0044_2l
(チングルマ)


Sdim0065_2s
(クガイソウ)



 夏山での使用です。天候不良のため、朝の出かけにCX645+DP2MからLX3+DP2Mへと急遽軽装備に変更しました。天候回復までDP2Mを温存しようとしましたが、結果的にはほとんど雨と霧の中での撮影となりました。一脚での不安定な撮影、風雨の中、バッテリー消耗が気になり構図が適当になりがちで、DP2Mの性能をあまり活かせていません。

 高山植物は風で揺れているのか、一見した所あまり解像感はありませんが、拡大してみるとそれなりの解像はしているのはさすがです。SPPでは緑系を抑えた画像処理をしています。
 
 
 
Sdim0068_2s
(タカネマツムシソウ)


Sdim0074_2s
(タカネマツムシソウほか)


Sdim0083_2s
(ヤナギラン?)


Sdim0086_2l

(すべてクリックで画像拡大)


撮影機材 
SIGMA DP2 Merrill 30mm F2.8

2012年8月17日 (金)

新旧登山靴(2)

Sdim0068_2l2
(クリックで画像拡大)


 アルカ・クリスピー、良かったでした。足も全く痛めず、さすが伊達にあの正札がついているのではないですね。日本人の足に合わせてイタリアに製造委託をしているという説明でした。小さい工場だけれども、高い技術で手作りだそうです。

 ところで使用後のお手入れですが・・・。靴の上部は主にスウェードの素材(デザイン上、黒と赤の部分)、ソールとの間もスウェード風の素材(黒の部分)からなりますが、こちらは普通の革素材と比べて土が入り込み汚れが目立ち易いようです。今回はとりあえずブラッシングだけですが、次回は水でもう少し洗った方が良いのかもしれません。

 ショップからはシャンプーなるものを薦められて試してみました。ボトルに入った液体ですが、良く見るとフランス製のスウェードシャンプーでした。登山靴用の保革油というよりも、一般的なスウェード靴用のお手入れ用品のようです。シャンプーというので土の汚れを洗い落と洗剤かと思いましたが、それほどでもないようです。ショップで今度確認してみようと思います。

 今回は天候が悪くて初回から随分と汚れてしまい、ちょっと残念でした。まあ、コレクション趣味ではないので。


撮影機材
SIGMA DP2 Merrill 30mm F2.8

2012年8月12日 (日)

新旧登山靴

P1040510sp2


 最近はあまり山にも行かないので、古い登山靴でずっと我慢していたのですが、漸く更新する事になりました。今時ほとんど見かけなくなった伝統的な総革製の登山靴です。何時買ったのか、すぐに思い出せません。ICI石井スポーツで買いましたが、何度も修理に出しています。確かお茶の水界隈で買って、店舗も無くなったりしたので、いつからか新大久保の店で修理を頼んだりしましたが、こちらもだいぶ前に無くなっています。最近は、履く度に足を痛める事も多かったので、毎年のように買い替えようと思っていました。


 
P1040513sp2


P1040517sp2


 今年はとうとう思い切って、気になっていたアルカのショップに行ってみました。アルカの靴は初めてですが、スタッフのコンサルティングには、本当に驚きました。買ったアルカ・クリスピーは、縦走・岩場用の田部井モデルではなく、その一つ下のランクの軽登山靴です。違いはソール(靴底)の硬さ、つま先部分のプロテクターでしょうか。両方履き比べて、微妙なフィッテイングの違いで、軽い方に決めました。つま先部分の革のプロテクターに惹かれましたが、最後はこれで十分と思いました。シンプルなデザイン、色的にも好みです。まだ山では使用していませんが、履き心地は何と言って良いのか分かりませんが、スポンジでふんわりと包まれているような感じです。


撮影機材
Panasonic DMC-LX3

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »