2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 師走のホテル・ニュー・グランド(横浜) (1) | トップページ | 春は黄色が美しい »

2012年4月10日 (火)

師走のホテル・ニュー・グランド(横浜) (2)

P1030573
 
 
 横浜という場所柄、明治〜昭和に至る歴史を色濃く残しているホテル・ニュー・グランドの歴史を簡単に。

 明治3年(1870)年にグランド・ホテル・ヨコハマとして開業、大正12年(1923)の関東大震災で被災し、その後ホテル・ニュー・グランドとして昭和2年(1927)再開。だから”New"なんですね。

 東京国立博物館の本館や銀座の和光(服部時計店)を設計した建築家の渡辺 仁さんの作品です。建物の丸みがレトロな雰囲気です。
 
 
P1030576 
 
 
 ホテルに関係した有名人は、マッカーサー元帥と作家の大佛次郎氏です。昭和20年(1945)太平洋戦争が終わり、ホテル・ニュー・グランドはGHQの総司令部として接収されます。1945年8月30日、厚木飛行場に降り立つマッカーサー元帥の姿(濃いサングラスにノーネクタイ、コーンパイプ)は、映像などであまりにも有名です。元帥は声明を発表後、このホテルに直行したそうですが、長期間滞在したわけではなく、すぐに居住地を変えたようです。

 初代総料理長はスイス人のサリー・ワイル氏、パリでも有名なシェフだったそうです。スパゲティ・ナポリタン、シーフード・ドリア、プリン・ア・ラ・モードは、彼の創作料理だったそうで、ちょっとびっくりです。
 
 
P1030579
 
 
 食事の後、本館のザ・ロビーを散歩します。この時間、ほとんど人も居なく、静けさの中にライトアップされた光の陰影を楽しみながら、ほろ酔い加減で散策します。
 
 
P1030585
  
 
 一階に戻ると、バーのシーガーディアンは満席でした。残念。諦めて、中庭を覗くと、青白いLED照明のクリスマスツリーが美しく輝いていました。小雨の降る中、楽しそうなカップルも見かけます。
 
 
P1030590
 
 
 翌日は、朝風呂そして朝食を頂きます。京料理の熊魚庵(ゆうぎょあん)たん熊北店ですが、味の印象がイマイチでした。

 朝からの大雨の中をチェックアウト。みなとみらい駅まで、またもや土砂降りでした。

撮影機材
Panasonic DMC-LX3
 

« 師走のホテル・ニュー・グランド(横浜) (1) | トップページ | 春は黄色が美しい »

ホテル偵察記 (Hotel & Watching) - 国内(Japan)」カテゴリの記事

Panasonic LX3」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 師走のホテル・ニュー・グランド(横浜) (1) | トップページ | 春は黄色が美しい »