2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月 7日 (土)

2011年年末 銀座界隈(4)

2011_26s


2011_27s_3
(ワコー)
 
 
 リニューアル以降のワコーのショーウィンドーは、何故? と思うほど地味でしたが、いつのまにか復活したのでしょうか。
 
 
2011_29s


2011_30s
 
 
 
2011_32s
(以上、クリックで拡大)
  
  
撮影機材 
CONTAX 645, Planar T* 80 mm F2 , Fuji PN400N + EPSON F-3200
 

2012年1月 5日 (木)

2011年年末 銀座界隈(3)

2011_20s


2011_21s


2011_22s
(ミキモト)

 恒例のクリスマスツリーとショーウィンドー。
 今年も人気のクリスマスツリーの周りには大勢の人が。

 ショーウィンドーの中の小さな飾りには気を留めない人が多いようですが、私はこちらの繊細な作品の方がミキモトらしくて好きです。もっとも男性にミキモトはあまり関係ありませんが。
 
 
 
2011_23s
(カガミクリスタル)

 濃厚なブルーのクリスタルに気持ちが引かれました。
 
 
 
2011_28s
(中央通り)

 19時頃、車で一杯・・・・・。
 
(以上、クリックで拡大)
 
 
撮影機材 
CONTAX 645, Planar T* 80 mm F2 , Fuji PN400N + EPSON F-3200
 

2012年1月 3日 (火)

2011年年末 銀座界隈(2)

2011_18s

2011_16s

2011_17s
(カルティエ)
 
 
 中央通り側のショーウィンドーには、からくりの宝石箱が多数。宝石箱の蓋が順番に開いていきます。毎年恒例のような記憶です。
 女性にはなかなか人気のようで、立ち止まって一通りからくりを見て、携帯で写真を撮っていく人も大勢います。標準レンズなので全体が入りません。
 
 
 
2011_15s
(OPAQUE GINZA)
 
 
 ノエル・・・・。クリスマスやXマスとはやや響きの違った、甘い印象でしょうか。
 
 
 
2011_14s
(トラヤ帽子店)
 
 
ピントがずれているのもご愛嬌?
  
 
 
2011_19s
(マックス・マーラ)
 
 
 光の”点”で、満ちあふれている。
 
(以上、クリックで拡大)
 
 
撮影機材 
CONTAX 645, Planar T* 80 mm F2 , Fuji PN400N + EPSON F-3200
 

2012年1月 2日 (月)

2011年年末 銀座界隈(1)

2011_06s
(数寄屋橋交差点&ソニービル)
 
 
 年末年始のイルミネーションの撮影に良く行った時期もありましたが、今回久しぶりに出かけてみました。
 
 銀座界隈、予想外に華やかなイルミネーションでした。
 17〜18時頃はどこも人でごったがえしていましたが、19時を過ぎると皆さん食事をされているのか、もう帰宅の途につかれたのか、人もかなり減り、20時半頃になると人通りもぐっと減って、大型三脚を抱えて撮影中の写真愛好家も見受けられました。
 
  
 2011_01s_2
(ソニービル)
 
 
 
 デパートのメンズと言えば、東京では長らく伊勢丹新宿店のイセタンメンズでしたが、阪急MEN'S TOKYOもオープン以来大盛況のようです。一説によると30〜40歳代のシングル男性に人気とか。実は初めてみるのですが、モノクロ調でなかなか渋い外観です。JR有楽町駅周辺も綺麗になって、一体化しています。
 
 
2011_04s
 
2011_03s
(阪急MEN'S TOKYO)
 
 
 
2011_07s

2011_08s
(エルメス)
 
  
 エルメスのショーウインドー、シンプルですが、いつも凄いと思います。
 
 
 
2011_02s_2

2011_09s
 
 
 鳥の翼のイメージに球体を組み合わせたイルミネーション。
 これが、中央通りも含めて沢山さんありました。
 
 
2011_11s
(並木通り)
 
(以上、クリックで拡大) 
 
 
 
撮影機材 
CONTAX 645, Planar T* 80 mm F2 , Fuji アスティア RAP F + EPSON F-3200。  長らく愛用してきたアスティア(100F )もこの3月で出荷終了とか、残念だな。

 

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »