« カクタス・グリーン・パールイフェクト/アボガド・グリーン  アウディ A3 | トップページ | 大内塗り »

2011年8月13日 (土)

カメラ回顧録 (7) ー New Mamiya 6 MF (Multi Format)

Mamiya_51


Mamiya_52


 1940〜1950年代にマミヤ・シックスという6x6判のスプリングカメラがありました。これは、いわばそのリバイバル版ということでNewと名乗っています。1988年にフォトキナでまずNew  Mamiya 6が登場し(1989年発売)、1992年のフォトキナでマルチフォーマット化されたNew  Mamiya 6 MFが登場しました。マルチフォーマット! アダプター使用で6X6判に加えて、6X4.5判と35mm判パノラマサイズ(横幅が通常の1.5倍)が可能となりました。類似の機能を持ったカメラとしては後のフジフィルムのTX-1,TX-2があります。
 
 この35mm判パノラマサイズのダイナミックスさに惹かれて、このカメラを購入しました。さてその結果は・・・・・。
 
 
Mamiya_53
  
 
 35mm判パノラマサイズは、中判カメラ用レンズの中央部だけ使用しているだけあって、ネガ(ポジ)だけで見ても十分迫力があります。しかし、35mm判パノラマサイズは、当時流行っていた”35mmパノラマ写真”の規格とは異なり、実はかなり特殊な規格でした。

 まず現像は、ネガ・ポジを所定の長さに裁断してシートに入れてもらうのではなく、フィルム1本まるごと”ロール”の形で受け取ります。つまり、この規格外の撮影フィルムを自動で裁断すると、コマの途中で裁断する可能性が高いので、自分でコマを確認しながら裁断することになります。ところが、この”ロール”が、かなりきつく丸めてあるものですから、広げても裁断しにくい、またシートに入れても丸まっていてなかなか平坦にならないなどの、クセがあります。
 
 またプリントするのも、すべて手焼きの指定になります。確かに出来上がりのプリントは素晴らしいのですが、とにかく面倒くさい。35mmフィルムなのに同時プリントなんて、とてもあり得ない訳です。最初は超高画質のお手軽パノラマ撮影のつもりで買ったものですから、これにはかなりストレスを感じました。
 
 
 
 
Mamiya_54

Mamiya_55
 
 
 今回この35mm判パノラマサイズの素晴らしさをスキャンニングしようと思ったのですが、見事に失敗です!!35mm判パノラマサイズの規格が設定されていないので、プレビューの段階でコマが分割されてしまいました。いろいろ工夫してみましたが、私のスキャナーでは駄目なようです。色調も変な画像が良く出てきます。その中でも比較的まともな画像(パノラマサイズの部分)をアップしています。
 
 
Mamiya_56jpg

Mamiya_57
 
 
 カメラ自体はかなり以前に手放していますが、今回改めて諦めがつきました。
 
 
撮影機材
New  Mamiya 6 MF + 75mm F3.5 / Fuji V100 + EPSON  F-3200
 

|

« カクタス・グリーン・パールイフェクト/アボガド・グリーン  アウディ A3 | トップページ | 大内塗り »

カメラ回顧録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カクタス・グリーン・パールイフェクト/アボガド・グリーン  アウディ A3 | トップページ | 大内塗り »