2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 鹿島アントラーズ 岳ちゃん(柴崎 岳 選手) | トップページ | 初冬の天童荘 2010 (2) »

2011年5月11日 (水)

初冬の天童荘 2010 (1)

Dsc_0515
JR天童駅(クリックで画像拡大)

Dsc_0510_2

Dsc_0507

Dsc_0511

 
 天童荘は、山形県天童市天童温泉の一角にある純和風の温泉旅館です。JR天童駅から徒歩20分、タクシーで5分です。白壁に囲まれた元料亭風の造りで、母屋と離れからなります。温泉街の中ではちょっと目立った存在です。
 
 
 母屋の「東亭」(一部2階建て)は、ロビー・大小の広間・談話室・大浴場(露天風呂付き)・客室(8室)などから、また、離れの「離塵境」は客室(7室)のみからなります。総客室数は15室です。建物全体として、内装は純和風でシンプルですが、照明・活花・書画などにこだわりが見られます。廊下の各所に活けられた花と花器も興味深く見ました。
 
Dsc_0500
 
 
 一昨年のGW前に広間のダイニング・部屋の内風呂・ベッドの付いた洋室などがリニューアルされたそうです。NHKの大河ドラマ「天地人」の放送や地元サッカークラブ「モンテディオ山形」のJ1昇格に合わせたのかもしれません。

 予約は、「東亭」1階、10畳+広縁+檜内風呂付で申し込みましたが、チェックインの際にアップグレードという事で、 離れ「離塵境」、主室9.5畳+広縁+半露天風呂付の307号室「もも」へ通されました。307号室は、数寄屋造りで、広い床の間や明り取りを思わせる小さな障子の付いた主室、内庭が見渡せる広い縁台、坪庭に面した内風呂、洗面所、手水の付いたトイレからなります。内庭の木々はほとんど落葉し、紅葉の名残りがわずかに偲ばれるのみでした。
 
 
Dsc_0449

Dsc_0412_2

Dsc_0430_2
 
 
 なお、平日と週末での料金差は無いようです。トップシーズンはさくらんぼが出回る6月や年末年始だそうです。
 
 
撮影機材
Nikon D2HS,  Ai AF Nikkor 35mm F2 S / Capture One 4  (PHASE ONE)

« 鹿島アントラーズ 岳ちゃん(柴崎 岳 選手) | トップページ | 初冬の天童荘 2010 (2) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Nikon」カテゴリの記事

ホテル偵察記 (Hotel & Watching) - 国内(Japan)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鹿島アントラーズ 岳ちゃん(柴崎 岳 選手) | トップページ | 初冬の天童荘 2010 (2) »