2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 輪番停電 | トップページ | 薔薇の新芽が伸びています »

2011年4月 3日 (日)

東京広尾 山種美術館とその界隈

Sp1020383_2


 昨日「ボストン美術館 浮世絵 名品展 :錦絵の黄金時代 ―清長、歌麿、写楽 」を見て、付近の広尾・恵比寿を散策してきました。

山種美術館の解説によると、

・アメリカ建国100周年にあたる1876年に開館したボストン美術館は、世界各地から集められた古代から現代までの約45万点もの美術品を収蔵。
・日本美術コレクションは、明治初期、日本美術に魅了されたエドワード・モース (1838-1925)、アーネスト・フェノロサ(1853-1908)、ウィリアム・ビゲロー(1850-1926)ら有識者によって 収集されたもので、その充実ぶりは有名。
・特に、約5万点の浮世絵版画、約700点の肉筆浮世絵、数千点の版本は、日本国外では質・量ともに世界屈指。
・ボストン美術館内でさえほとんど公開されてこなかった。
・ 錦絵の黄金時代と言われる天明・寛政期(1781-1801)に焦点 をあて、鳥居清長・喜多川歌麿・東洲斎写楽の3人の絵師を中心に、勝川春章、鳥文斎栄之、歌川豊国も加えた選りすぐりの作品を紹介。ほとんどがボストン美術館に収蔵されて以来、初めての里帰り、
だそうです。
 
 Sp1020340
 
 
印象としては、
・解説が分かり易い。清長・歌麿・写楽の作風の違いや、表現方法の変化や進歩が理解し易い。
・清長・歌麿の作品が多く、写楽は少なく、少々がっかり。東京国立博物館での5月からの特別展もあるので、仕方が無いのでしょうね。
・2枚、3枚、5枚組といったセット物があることを初めて知りました。大判サイズを並べてスケールの大きな作品となっていますが、当時の人々はどのようにして眺めていたのでしょうか。
・いずれにしても、充実しており、素人が見ても楽しめる。
 
 
Sp1020352


Sp1020354_2 


 展覧会の後、周辺(東京女学館、日赤医療センター、チェコ大使館、聖心女子大)をぐるりと巡ってみました。都心は、桜が予想以上に咲いていました。そして、久しぶりに恵比寿ガーデンプレスへ・・・・・、行ってみるとイベントがあるそうで、若い人達の長蛇の列。


Sp1020343


Sp1020344


Sp1020346
 
 
 
 遅い昼食をイタリアンでとります。トマトのサラダ、カツレツ、グラスワイン。2時頃から急に暑くなったために、冷えたトマトの丸かじりは美味しかったでした。


Sp1020356_2


Sp1020357_2
 
 
 
 東日本大震災が起って早くも3週間、福島原発も1年単位?の長期戦がしいられそうです。東京では4月1日から、震災対応の長期戦に供えて、出来るだけ平常に戻そうとしつつあるようです。4月に入っての最初の週末、そんな雰囲気もあってか、都心やデパートは大混雑でした。


Sp1020366


Sp1020368_2


Sp1020377

« 輪番停電 | トップページ | 薔薇の新芽が伸びています »

写真紀行 (Travel & Photo) - 国内(Japan)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 輪番停電 | トップページ | 薔薇の新芽が伸びています »