2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月28日 (木)

宮内庁楽部の雅楽演奏会に行ってきました

Gagaku_521_2


 10月22日〜24日の3日間行われた宮内庁の秋の雅楽演奏会に、運良く抽選があたり、行く事が出来ました。
 演奏会は例年の行事で、今までも何度か申し込みはしたのですけれども、今回初めて当選しました。事前の勉強もせずに行きましたが,第一印象としてはたいへん良かったでした。

 会場の宮内庁楽部は、皇居東御苑の一角にあります。大手町近くの大手門や竹橋に近い北桔橋門から入ります。東御苑自体は公園として一般公開されていますが、宮内庁管理下にあるので、入園に際してはぎょうぎょうしいですね。東御苑は想像以上に綺麗でした。


Gagaku_568


 楽部の建物の前に設置されたテントで受付をします。早目に行ったものですから、良い順番で並ぶことが出来ました。


Gagaku_518


 建物に一歩入った瞬間、二つの事に驚きました。まず、楽部の建物=お役所の建物で演奏会場はその一部のつもりで行ったのですが、一歩入ったそこが華やかな舞台のある演奏会場で、先ずびっくり。楽部=コンサート・ホールでした。
 次は、足元が白の小砂利で敷き詰められていることでした。つまり舞台の周りの観客席は、すべて小砂利。これは舞台自体が屋外をイメージしているのでしょうか? 勉強不足で良く分かりません。
 客席は一階が主で、二階は少数の席と昔の衣装や楽器などが少しですが陳列棚に展示されていました。舞台や周りの観客席には、寺社に良く見る擬宝珠(ぎぼし)と同じものが、赤く塗られて沢山立ち並んでいます。元来は神仏への奉納ということでしょうか?。

 雅楽とは、日本古来の歌と舞、5〜9世紀に中国・朝鮮から伝来した器楽と舞が日本化したもの、それらを基に民謡や漢詩を歌詞とする歌などの総体で、10世紀(平安時代中期)に完成したものだそうです。当時は、宮廷・貴族社会・有力寺社で行われてきたそうです。
 源氏物語にも出てきますね。第7帖「紅葉賀」、あるいは田辺聖子さんの新源氏物語(1)では「燃ゆる紅葉のもと人は舞うの巻」で舞楽の話が出て来て、光源氏と頭中将が帝の前で青海波を舞って素晴らしかったということです。


Gagaku_485


Gagaku_500


Gagaku_502


 今回演奏時間は1時間半、前半は管弦(器楽、器楽伴奏で歌われる民謡)、後半は舞楽(中国系と朝鮮系の2題、器楽伴奏付きの舞)でした。器楽演奏者は16名、舞楽の踊り手はそれぞれ4名でした。管弦の曲目は比較的短いのですが、舞楽はかなり長くて少々驚きました。また曲目・演題にもよるのかもしれませんが、管弦では意外と繊細な調べの印象でしたが、舞楽ではその舞に負けないほど重厚な器楽演奏で驚きました。


Gagaku_479_2


Gagaku_480


 太鼓等の打楽器は、装飾も美しくまさに工芸品ですね。舞台の手前中央の太鼓には獅子が描かれています。舞台後方の左右にある大きな太鼓、右の大太鼓には鳳凰と上方には銀色の玉状のものが、左側の大太鼓には龍と上方には金色の玉状のものが施されています。もっとも演奏者は、太鼓の後ろに隠れてしまい、どのように太鼓を叩いているのかよく分かりません。舞楽の際の太鼓の響きはなかなかの迫力です。


Gagaku_519


 東儀秀樹さんで一躍有名になった篳篥(ひちりき)、確かに旋律楽器なんですね。琵琶や琴(楽箏、和琴)は、現在のバンドのベースのような雰囲気でしたが、琵琶なんて演奏の所作もちょっと格好良くてメロディーも奏でられそうに思いますが、どうなんでしょうか。笙(しょう)も面白いですね。音程が狂わないように、演奏の合間にいつも火鉢の側で振りながら暖めているのが、可笑しいというか面白い。つい見とれてしまいます。上の白い器です。音色も何とも言えない雰囲気で、シルクロードっぽいと言うのでしょうか。


Gagaku_520


 管弦の際の装束は茶系で、これは衣冠なんでしょうか。意外と地味な装束です。舞楽の舞人の装束は曲目によっても違うようです。今回、左方の舞と呼ばれる中国系(唐)の慶事の際の舞楽では、無地の華やかな橙色系の狩衣?に冠(兜?)です。また、右方の舞と呼ばれる朝鮮系(高麗)の舞楽では、綺麗な萌黄色の狩衣?の中に太鼓に見られる獅子が小さくデザインされていました。いずれも4人で踊るのですが、ペアーで踊るというよりも、同じ所作で踊る群舞のようです。管弦の楽師の人達も、舞楽の際には装束を着替えてきます。遠目に見て、その装束が素晴らしく綺麗なようですが、舞台の奥の方にいるので詳しく分かりません。残念でした。

 その他、若い楽師さんも結構いたのに驚きました。
 また普通のコンサートと違って拍手をするタイミングが分かりません。結果として、管弦と2曲の舞楽の最後、計3回、皆さんが退出した時に拍手となりました。最後に楽師や舞人の皆さんが全員出てくるわけでもなく、それで終わりでした。

 演奏会終了後も皆さん記念写真を撮ったりして、管弦と舞楽の音色と色彩がまだ頭の中を流れている中、三々五々会場を後にしました。


「雅楽」 別冊 太陽、平凡社、2004年 に詳しく載っていました。これからゆっくり読みたいと思います。主な画像は、クリックで大きくなります。

撮影機材
Panasonic DMC-LX3


2010年10月26日 (火)

久しぶりの京成バラ園(2)

Keisei_r_436

Keisei_r_437

Keisei_r_449

 今回は時間が無かったので、バラの名前をメモしてきませんでした。したがって、な〜んとなくのバラの写真です。白のバラを主に載せました。

Keisei_r_419

Keisei_r_442

撮影機材
Panasonic DMC-LX3

2010年10月24日 (日)

久しぶりの京成バラ園

Keisei_r_417

Keisei_r_422

Keisei_r_425

 10年ぶり、あるいはもっと? という感じで実に久しぶりに千葉県にある京成バラ園に行ってきました。柏方面から16号線を南下しますが、案の定、近道をやり過ごしてしまい、京葉高速鉄道八千代緑ヶ丘駅周辺でうろうろ・・・・。それでも9時半には着いたので、まだ駐車場もがらがらでした。

 ショップでいろいろと物色した後、バラ園に行ってみます。

 猛暑の影響でまだ3分咲きとのこと、迷いながらもせっかく来たのだからと入園します。3分といっても、咲いているところでは咲いていて、盛りを過ぎた花弁もたくさんありました。痛んでいる枝もありました。春とちがってツル系が咲いていないので、華やかさに欠けます。でも、やはり綺麗ですね。

Keisei_r_439

Keisei_r_443

 今日は地元の高校生のブラスバンドがジブリなどを演奏していました。帰る頃には、駐車場も一杯になっていました。

 来年春の我が家のバラが楽しみです。

Keisei_r_424

撮影機材
Panasonic DMC-LX3

2010年10月22日 (金)

勝沼ぶどう郷 2010 ぶどう狩りシーズン

Ka_316


 新酒のワイン祭りというよりも、ぶどう狩りのこの季節、ちょっと勝沼まで出かけてきました。

 猛暑も一段落して、秋晴れの日、またしても午前10時、勝沼ぶどう郷駅に降り立ちます。
 駅前からは、南アルプスの白根三山から赤石岳方面が良く見えます。それにしても手前の電線が気になります。せっかくの眺めが台無しです。


Ka_372


Ka_329


 今回はゆっくりと散策です。生食用の葡萄(普通の葡萄)やワイン用の葡萄が彩り豊かに実にさまざまです。
 石垣、橋の欄干、マンホールなどに葡萄のデザインが施されています。


Ka_322_2


Ka_362


Ka_374
 
 
 
 
 
Ka_351


 高台の勝沼ぶどう郷駅からぶらぶら歩いて約20分、原茂園(原茂ワイン)に到着です。先客が多く、第二巡目です。席に着いたのは正午を過ぎていました。今回も定番の「パンの気まぐれブランチ」ですが、当然内容は毎回違っています。ここではグラスワインで我慢です。


Ka_373


Ka_382_2


 次は新装のシャトーメルシャンに向かいます。原茂園から予想外に時間がかかり、さらに以前のショップと間違えたりして、着いたのは3時でした。空模様も怪しくなってきます。

 古民家の原茂園とは対照的に、新装シャトーメルシャンは超モダンな佇まいです。メルシャンでも軽食が出るようになりました。原茂園でもカフェが大人気ですから、メルシャンでも食事を出そうという事になったのでしょうね。テイスティングだけではやはり儲からない。資料館も綺麗になっていました。ワイナリーツアーのお客さんも大勢いました。せっかく来たのですから、「シャトー・メルシャン 桔梗が原メルロー シグナチャー2005」を試飲してみました。日本でもこのような味わい、雰囲気のあるワインが出来るのだと感心しました。値段も手頃でしたが、荷物が一杯でもう持てません。


Ka_380


Ka_376_2


 その内に雨が降ってきました、予報よりもかなり早めです。駅まで歩いて戻るのはしんどいなと思っていた矢先に、ちょうど良い理由が出来て、即タクシーを呼んで帰路につきました。楽しい一日でした。勝沼周辺、東京から意外と短時間で着いて、いろいろと楽しめる所です。


撮影機材
Panasonic DMC-LX3

2010年10月 9日 (土)

東京スカイツリー

T_tree_04
 
 
最近しばしばテレビや新聞、マスコミに出てくる「東京スカイツリー」に行ってみました。
東京と言っても、普段あまり出かけない方角ですので、どのようなルートで行こうかと迷いました。東武鉄道、地下鉄銀座線、半蔵門線・・・・・。
 
 
T_tree_01_2
 
 
T_tree_03
 
 
T_tree_02
 
 
それにしても大きく目立つので、どこかと探す必要は無いですね。大きすぎて真下に近づくと、タワーの上の方がよく見えません。確かに人、人、人です。誰かが原宿みたいと言いながら歩いていました。
 
 
T_tree_06
 
 
T_tree_05
 
 
地元案内や仮設トイレの即席の看板が、あちらこちらに沢山ありました。仮設トイレの案内板というのがおかしいですが、まあ近くに公衆トイレなんてあまり無いでしょうしね。また東京スカイツリーの模型で解説をしているおじさんがいました。確か、テレビにも出ていたような気がします。工事現場がこんなに話題になることは珍しい。出来たら行ってみたいと思いますが、完成当初は皆が殺到して大変でしょうね。

撮影機材 
CONTAX 645, Distagon T* 35 mm F3.5  / Fuji  Pro 400 (PN 400N)/ EPSON F3200

2010年10月 1日 (金)

勝沼新酒ワイン祭り 2009

Ka010
(もう一年たってしまいました。アップするのを忘れていました。)

 今回は、11月の月末に出かけて行きました。秋晴れのよい天気でした。
午前10時、勝沼ぶどう郷駅に降り立ちます。下車する人がほとんどいません、駅前もがら〜んとして、まだ「ワイン祭り」やっているの?? という感じでした。ロータリーにそびえる銀杏の巨木が黄色く綺麗に色づいていました。遠くに見える南アルプスも冬支度です。
 
 
Ka006


Ka005


Ka003_2


 まず原茂ワインです。今シーズン最後の営業日なので、カフェのランチを食べに結構大勢のお客さんが来ています。上手く一巡目に入り込みます。オーダーは定番の「パンの気まぐれブランチ」、これ美味しいですね。今日は5名での参加です。オリーブオイルの話題で盛り上がりました。ワインもがんがん飲んでしまい、午後のコースが不安になりました。この時期だと、テラス席はちょっと寒そうです。

 シャトー・メルシャンは、改装中で今シーズンはクローズ中。残念。
 
 
 
Ka022


Ka018


Ka002


 勝沼醸造では、初めて「スタッフ・ツアー」に参加しました。2時間、有益な時間でした。畑も見せて頂きましたが、この時期には収穫は既に終わっているので、葡萄はほとんど残っていません。次回は9月頃、まだ葡萄がある頃来たいですね。その後、アイスワインを試飲して、また購入。
 
 
 
 
Ka011
 
 
Ka016
 
 
Ka012
 
 
Ka013_2
 
 疲労感の濃い中、最後のメインイベントのレストラン「風」です。充実したメニューです。しかし、既に飲み過ぎていて、今年もやや食傷気味です。バンド、パフォーマンスは相変わらずですが、スタッフとの交流は希薄になりつつあります。そうはいっても知人4人と伴に、楽しい3時間を過ごし、レストランの車で駅まで送って頂き帰路につきました。

撮影機材
CONTAX Tix, Sonnar T*28mm F2.8 / Fuji nexia 400

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »