2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ

« Ai Nikkor ED 400mm F3.5S(IF)  + AiテレコンバーターTC-14BS  in 鹿島アントラーズ (11) / 内田篤人 | トップページ | Ai Nikkor ED 400mm F3.5S(IF)  + AiテレコンバーターTC-14BS  in 鹿島アントラーズ (13) »

2008年1月31日 (木)

Ai Nikkor ED 400mm F3.5S(IF)  + AiテレコンバーターTC-14BS  in 鹿島アントラーズ (12)

Kashima_56

2007年度 真のMVP 本山雅志


Kashima_57

撮影機材
NIKON F4S + MF-23、Ai Nikkor ED 400mm F3.5S(IF) + Ai TC-14BS / Fuji S800 / EPSON F-3200

※ 画像をクリックすると大きくなります。

« Ai Nikkor ED 400mm F3.5S(IF)  + AiテレコンバーターTC-14BS  in 鹿島アントラーズ (11) / 内田篤人 | トップページ | Ai Nikkor ED 400mm F3.5S(IF)  + AiテレコンバーターTC-14BS  in 鹿島アントラーズ (13) »

Nikon」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
昨年からフイルム写真を
はじめました。pentax mz-3
レンズは80-320 smc pentax-fa
4.5-5.6を持っています。
この本山選手のような写真をフイルムで
なんとか撮りたいです。
本当にすてきな、かっこいい写真です。
当然経験も必要だと思いますが
上記の機材では難しいでしょうか?
アドバイスお願いいたします。

スリー さん、今晩は。

コメントありがとうございます。つたない経験ですが、アドバイスになれば幸いです。


選手を等身大程度に撮影する場合ですが、

1. 撮影レンズ
1)スタジアムのメインスタンドあるいはバックスタンドの前から10列目あたりに座って撮影するとして、
サッカー専用スタジアム(ピッチまでの距離が近い)では400〜600mm程度
陸上競技場にある兼用スタジアム(ピッチまでの距離が遠い)では600〜800mm程度

2)試合開始前の練習時間あるいは試合終了直後に、スタジアムの最前列の手摺付近から撮影する場合では、300〜400mm程度

超望遠側では、フィルムカメラよりも、APSサイズやフォーサーズのデジタルカメラの方がやはり楽です。またデジタルならば、ピクセル等倍画像から必要な部分だけ取り出すことも簡単です。

2. カメラボディ
高速連写機能にはあまり拘る必要はないと思います。高速連写で偶然予想外のシーンが撮れる事もありますが、狙ったイメージは最初の1〜2コマ目でしか撮れないと思います。

3. その他
一脚は、不可欠です。
試合の流れ、選手の動き、お気に入りの選手の表情など、撮影のタイミングを事前に理解しておく事は当然ながら重要です。観客席からは、プレスのカメラマンがゴール付近から撮るような写真は絶対撮れないわけですが、サポーターの立場からはそれらとは違う選手の撮り方があると思います。
夕方以降の試合では水銀灯などが点灯されますので、状況によっては色温度の補正が問題になります。
スタジアムの席は狭いので、大型の機材は持ち込めません。

4. お薦め
仮にサッカー観戦の初心者でしたら、まずメインスタンドかバックスタンドの適当な指定席を買って、試合開始前の30分程度の練習(ウォーミングアップ)を最前列の手摺付近から撮影(場所取りがたいへんですが)してみたら如何でしょうか。これならば現在お持ちの機材でもある程度撮れると思います。手摺付近は、試合開始直前になるといることは出来なくなりますので、試合中は御自身の座席でどのような写真が撮れるか試すことになります。少し試されてから、新たに機材を揃えるのかどうか、考えたら良いと思います。

ご返信まことにありがとうございます。
このようなアドバイスをいただき感激
しております。
4つのアドバイスをよく読んで理解し
今後に役立てていきます!

一脚を購入しさっそく本日、
代々木第一競技場に女子バスケを
撮りにいきました。体育館で撮る事
も今回が初めてでした。

いただいたアドバイスを参考に、
試合前の練習を最前列で撮る事が
できました。早めに入場してよかった
です。

現像から上がってきた写真を見ますと・・
フイルム感度400を使いましたが
どれも暗い写真となっていました。
次回体育館で撮る際は1600で撮りたい
と思います。2月にまた撮りにいきます。

コンチェルトさんご使用のニコンF4、
カメラ屋で手に取りました。
少し重いですが、見た目もふくめて
かこよかったです。購入しようか
迷っています。

できれば今後もF4でアントラーズを
撮っていただければうれしいです(笑)。
自分もはやくアントラーズ戦を撮りたいです。

スリー さん、いろいろなスポーツを撮られているのですね。

フィルムは感度400よりも800を常用にした方が良いと思います。また増感現像という奥の手もあるので、写真屋さんで増感できるフィルムの種類を確認されたら良いと思います。

ニコンのフィルムカメラに興味があり、予算的に可能ならばF4よりもF5を是非お薦めします。F5はスポーツ報道用に特化して開発されたニコン最後のプロ用フィルムカメラで、高い評価を得ました。ただし中古のF5はかなり使い込まれたものが多いそうなので、お店の人と良く相談した方がよいでしょう。

フィルムカメラを楽しめるのはもう今しかありません。ご健闘をお祈りします。

あけましておめでとうございます。スリーです。今から天皇杯が始まります。こちらの本山選手の写真を見て、スポーツ写真撮ろうと思いました。本山選手ついに移籍してしまいました( ; ; )。
ニコンf4今も現役です(^o^)。わたしは、最近、バスケを撮っています。

 スリーさん、お久しぶりです。コメントありがとうございます。
 バスケの写真を続けておられるとのことで、なによりです。
 私の方は、ご覧の通り、サッカーは年に1回程度しか行かなくなったので、写真の方はさっぱりです。

 ところで、ご覧になったかもしれませんが、以前BS朝日で「キヤノン プレゼンツ The Photographers」という番組がありました。最初は新製品のプロモーションビデオかと思いましたが、分野ごとの写真家の紹介でなかなか面白かったでした。
 スポーツでは5人の写真家が出てきましたが、若い頃にやっていたスポーツのカメラマンになった方が多いようでした。キーワードは、選手の心情をつかむ、選手の喜び、戦いの舞台裏、陰の部分、スポーツは肖像、記録を残す使命感(歴史の証言者)、情景などでしょうか。いずれにしても撮影ポイント選びが重要という印象でした。機会があれば、是非再放送を見て下さい。

コメントありがとうございます。教えていただいたbsの番組、何年か前に見たことがあります!
確か、十文字美信という写真家の回で録画しました。今も確かこの番組、放送してたと思います。勉強します❗️
あと、最近、石川直樹という写真家?作家?が気になっています。マキナというカメラを愛用しています。とてもカッコいいカメラです(^o^)。
コンチェルトさんは、マキナお詳しいですか?

スリーさん

 今回は、スポーツ写真家 中西祐介、水谷たかひと、田中進弥、スケート写真家(公式記録フォトグラファー) 田中宣明、2輪レース写真家 赤松 孝、情景ラリー(サーキット)写真家小林直樹 の各氏、計6名の方です。CANON 7DIIの発売に合わせて作成された番組です。
 「キヤノン プレゼンツ The Photographers」あるいは「キヤノン プレゼンツ The Photographers 2」で検索するとBS朝日の番組紹介に出てきます。

 プラウベルマキナのことでしょうか? 中判用のニッコールがついていました。所有した事はありません。

情報提供頂きありがとうございます。
番組をチェックします。
勉強して、素人ならではのスポーツ写真とるぞ!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Ai Nikkor ED 400mm F3.5S(IF)  + AiテレコンバーターTC-14BS  in 鹿島アントラーズ (11) / 内田篤人 | トップページ | Ai Nikkor ED 400mm F3.5S(IF)  + AiテレコンバーターTC-14BS  in 鹿島アントラーズ (13) »