2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ

« アヤ・ソフィア博物館/旧ハギヤ・ソフィア大聖堂、イスタンブール 4 (Ayasofya / Hagia Sophia, Istanbul 4) | トップページ | 金角湾から見るスュレイマニエ・ジャーミィ、イスタンブール 6 (Suleymaniye Camii from Golden Horn, Istanbul 6) »

2007年5月22日 (火)

アヤ・ソフィア博物館/旧ハギヤ・ソフィア大聖堂、イスタンブール 5 (Ayasofya / Hagia Sophia, Istanbul 5)

Istanbul_31

 アヤ・ソフィアに関わる歴史を少々まとめてみました。

紀元前後?:ビザンティウム、ギリシャ神話の神々が立ち並ぶ広場
4世紀前半:コンスタンティヌス1世、ローマ帝国を再統一し、首都をローマからビザンティウム(コンスタンティノーブル)に移転。それまでの多神教のローマ帝国から、一神教であるキリスト教を国教としたことでも有名。
4世紀中頃:ハギヤ・ソフィア大聖堂の原型が”大教会”として誕生。後にキリスト教の総主教座が置かれる。
4世紀末:ローマ帝国が東西に分裂。
6世紀前半:幾度も建て直される中、ハギア・ソフィア(聖なる神の叡智)と呼ばれ、ビザンツ帝国(東ローマ帝国)の黄金時代を築いたユスティニアヌス1世によりようやく完成。
11世紀中頃:キリスト教会の東西分裂(カトリックと東方正教会)。コンスタンティノーブルは東方正教会(ギリシャ正教会)の中心地へ。
13世紀前半:第四回十字軍のコンスタンテイノーブル占領と略奪。→ カトリックによる東方正教会(ハギヤ・ソフィア大聖堂)の占領、略奪。
15世紀中頃:オスマン帝国メフメット2世、コンスタンティノーブルを征服(入城)後、直ちにハギア・ソフィアで礼拝。祈りの時を告げるための塔(ミナレット)を建設し、アヤ・ソフィア・モスクへ。
20世紀前半:アヤ・ソフィア博物館

CONTAX 645, Planar T* 80mm F2 / Fuji Pro 400 (PN 400N)

« アヤ・ソフィア博物館/旧ハギヤ・ソフィア大聖堂、イスタンブール 4 (Ayasofya / Hagia Sophia, Istanbul 4) | トップページ | 金角湾から見るスュレイマニエ・ジャーミィ、イスタンブール 6 (Suleymaniye Camii from Golden Horn, Istanbul 6) »

写真紀行 (Travel & Photo) - アフリカ、中近東、アジア(Africa, the Middle East, Asia)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。