2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 雪帽子 (Snow cap) | トップページ | アフリカ ( Afrique ) »

2007年2月12日 (月)

名古屋 マリオット・アソシア・ホテル (MARRIOTT NAGOYA ASSOCIA HOTEL) 2005.10

Nagoya_1

 このホテルは、名古屋駅のツインタワーからなる、「JRセントラルタワーズ」の一方のタワーに入っています。現在、東京駅八重洲口にも高層のツインタワーが建設中ですが、「元気な愛知」・「元気な三河」の象徴の一つです。15階のフロント・レセプションでチェックインの後、若いベルボーイに案内されて3107号室まで行きます。スタンダード・ツインのシングルユースです。標準的なスタンダードやデラックスでも、コンシェルジュフロア・高層階・超高層階で客室料金が少しずつ異なります。部屋自体は、このクラス相応のもので、特にもの珍しいものはありませんでした。


Nagoya_2_1

 夕食は15階のカリフォルニア・グリル「ラホーヤ」(LA JOLLA)へ。南カリフォルニアのオープンテラス・レストランのイメージでしょうか。白いパラソル、白い壁、そして高い天井が印象的です。テーブルにはキャンドルと赤の水グラス。メニューは、付け合わせ、前菜の真鯛のマリネ、主菜はポークのグリル、デザートは洋ナシのタルト、コーヒー、パンからなるコース料理、そしてプラス白ワインのグラスです。レストランは、平日なのに大勢の若い女性のパーティ、カップルで賑わっていました。黄昏時、テーブルからは近鉄特急の出入りが見えて、昔楽しかった伊勢方面の旅行を思い出しました。


Nagoya_4_1

 チェックアウト時、フロント・レセプション前のコンコース(スカイストリート?)とエレベーターホール付近を散策し、ガラス越しに名古屋の街並を眺めます。このタワーのオフィスに出勤してくる人達も見受けられます。気合いの入った仕事をする時には、このようなホテルを利用するのもたまには良いでしょう。

Nagoya_3_1

« 雪帽子 (Snow cap) | トップページ | アフリカ ( Afrique ) »

ホテル偵察記 (Hotel & Watching) - 国内(Japan)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪帽子 (Snow cap) | トップページ | アフリカ ( Afrique ) »