2018/02/10

紫花豆を煮ました

P1240027

 


今日は、紫花豆(群馬県産)をコトコトと煮ました。
 
紫花豆は、粒が大きく、まだら模様があるいんげん豆で、デパートの食材売場で特に大きなサイズを買いました。
家で紫花豆を煮ると、甘さを自分好みに調整することが出来て良いですね。
 


富士ゼロックス・スーパーカップをTV観戦しました。
 
川崎フロンターレ x セレッソ大阪戦は、2-3で、セレッソ大阪が初優勝。
セレッソ大阪は、強いなあ。
 




| | コメント (0)

2018/01/21

苺のロールケーキを

P1210015


今日は、苺のロールケーキでお茶にしました。

美味しかった!





| | コメント (0)

2018/01/10

朝食にバタールを

P1100075


先日、伊勢丹立川店の「MAISON KAYSER メゾン カイザー」でバタールを買いました。
 
ここのバタールは、風味が格別です。
 
パンは、近所のスーパーマーケットかパン屋で買いますが、伊勢丹立川店へ行った時は、「メゾン カイザー」で買うのが楽しみです。
 

美味しいパンがある朝食は、幸せです。





 

| | コメント (0)

2017/12/28

年末にポトフを

Pc280931


仕事納めの今日の夕食は、ポトフにしました。

忙しい年末には、簡単に出来て美味しいポトフが楽です。
野菜の表面の黒い粒々は、胡椒です。

 

増田誓志選手は、宮崎に帰省したのかしら? 
それとも、山形に行ったのかしら?

この季節になると思い出すのが、増田誓志選手の餅つき動画です。
2012.12.31に、アントラーズの寮で餅つきがあり、増田誓志選手が杵で餅をつく様子が動画でありました。

「誓志、手が逆ではないの?」
とツッコミをいれながら、大笑いしたものでした。

あの動画は、今でも見ることが出来るのかしら?







 

| | コメント (0)

2017/12/25

クリスマスにケーキを

Dsc00663_

 

Dsc00671_
 


今年のクリスマスケーキは、夫がケーキ屋さんで買ってきてくれました。
 
下の写真のケーキは、チョコレートが濃厚で美味でした。
 




| | コメント (0)

2017/12/22

冬至にかぼちゃ小豆を

Pc210926


今日は、冬至です。

 
一年で最も日が短く、夜が最も長い日です。
 
実家の母は、冬至には必ず「かぼちゃ小豆うどん」を作りました。
子供の頃、「かぼちゃ小豆うどん」はくどい味で、食べるのに難儀したものでした。
 
今夜は、かぼちゃ小豆の煮物を作りました。
ゆであずき缶詰を利用して簡単に作りましたが、ホクホクしたかぼちゃが美味しいです。
 
私にとって、冬至は子供の頃を懐かしく思う日です。
 





 

| | コメント (0)

2017/12/08

伊香保温泉でお茶を

Dsc00534_2_

 
11月下旬に、伊香保温泉(群馬県)に行ってきました。
 
遠くに見える雪山は、群馬&新潟の県境にある谷川岳です。
 
以前、谷川連峰を仲間たちと歩いたことを思い出し懐かしくなりました。

 

Dsc00540_
 

Dsc00321_

 
早目に到着したので、「茶屋たまき」で休憩します。
 
「茶屋たまき」は、伊香保温泉・石段街の下のロータリー(バス停)の道路を挟んで向かい側にあります。
茶屋の半分は厨房なので、意外と狭いカフェです。
しかし、大きな窓からは山々が見えて眺望は良く、コーヒーを飲みながらのんびりと寛ぐことが出来ました。
山女の私は、眺めが良ければ満足です。
 

Dsc00525_
 

Dsc00518_
 

Dsc00522_
 


温泉旅館に泊まって、翌日は石段街をぶらぶらと散策します。

石段街の中程に、「カフェ&バー楽水楽山」の看板が出ていたので、行ってみました。
そこは、老舗旅館「千明仁泉亭」に併設しているカフェでした。
夜はバーになるようで、ちょっと古めかしいですが落ち着いた雰囲気です。
プリン大好きな私は、満足しました。
 


「芽吹きの頃の伊香保はいいですよ」
と旅館の女将。
 
また、伊香保温泉に行きたいなあ。
 




| | コメント (0)

2017/11/15

静岡グルメを

Img_0516


Img_0511


Img_0510


Jリーグの再開が待ち遠しい今日この頃。

今週末、静岡で何を食べましょうか?


ネットの情報によると、
増田誓志選手が、地域密着型のフリーペーパー「清水ベイプレス」に登場したそうです。
静岡のグルメ本を3冊買って、休日は奥様と一緒にあちこちに出掛けているそうです。





| | コメント (0)

2017/10/23

蓼科高原でお茶を -茶房 銀のポスト-

Img_5377_iphone5
 
 

Img_5362_iphone5
 


慌ただしい生活の中で、また行きたいなあ、とふと思うカフェがあります。
 
蓼科高原(長野県茅野市)の「茶房 銀のポスト」です。
 
旧蓼科郵便局の局舎を、昭和63年(1988年)に喫茶店に改築した老舗店で、地元客、別荘客、観光客、登山者に愛されている店です。

 

Img_5368_iphone5
 

Img_5387_iphone5
 


山歩きが好きで、北八ヶ岳によく登りました。
 
「下山した時に利用できる日帰り温泉はありませんか?」
と北八ヶ岳の山小屋のスタッフに尋ねました。
 
その時に紹介されたのが、「蓼科温泉共同浴場」です。
 
北八ヶ岳ロープウェイ山麓駅前のバス停留所から、茅野駅行きのバスに乗り、途中のプール平停留所で下車します。
蓼科温泉共同浴場は、バス停留所から徒歩で約2〜3分です。
 
山小屋にはお風呂がありませんので、温泉に入り、着替えをして、ザックの中身を整理整頓すると、身も心もさっぱりとします。
 
共同浴場から出て、道の反対側にあったのが、「茶房 銀のポスト」でした。
ここで休憩することにしました。
 
「茶房 銀のポスト」は、母娘のようなお二人が働く、こじんまりとしたお店で、カウンター席とテーブル席がありました。よくよく観察すると、奥には和室もあるようでした。
花瓶に活けられたアリストメリアの花が素敵で、記憶に残りました。
サンドイッチとコーヒーを注文しましたが、後でピラフも追加。
のんびりと寛げる空間で、いつまでも居たかったのですが、バスの時間が気になり、席を立ちました。
 

Dsc00142_
 


それからは、北八ヶ岳山行の帰りには、必ず「茶房 銀のポスト」に寄るようになりました。
 
北八ヶ岳に登らない年は、無性に、蓼科高原の「茶房 銀のポスト」が恋しくなります。
 

| | コメント (0)

2017/10/09

日高市で高麗鍋を

P9300956


先日、高麗の里(埼玉県日高市)を歩いたのですが、きっかけは毎日新聞の首都圏版の記事でした。
 
2017.09.18付の「ぐるっと首都圏」で、「埼玉・日高 高麗鍋」が紹介されていました。高麗鍋は、地場野菜と韓国食材で作る鍋で、お店によって色々な味が楽しめるそうです。
 
その日は、高麗神社と高麗山聖天院を訪ねて歩き、帰りにJR高麗川駅の手前で「高麗鍋」ののぼり旗に気がつきました。
 
その店は、「日本料理あさひ」。

空腹と疲労で、新聞記事のお店を探す元気もなく、一見、料亭風のお店に入りました。
「高麗鍋御膳」が1400円。
高麗鍋の他に、ご飯、漬物、天ぷら等が付いている御膳です。
 
「日本料理あさひ」の高麗鍋は、キムチ鍋とは違いました。
ここの高麗鍋は、キムチは控えめで、優しい味でした。豚肉、こんにゃく、根菜等の野菜がゴロゴロ入っていて、私好みでした。
揚げたての天ぷらも美味!
 
満足しました!!
 

秋の日の高麗の里の散策は、楽しい日帰り旅行でした。

 



| | コメント (0)

より以前の記事一覧