2019/04/04

御殿山に桜を -東京散歩-

御殿山(東京都品川区)に、桜の花を見に行ってきました。

御殿山は、江戸時代には桜の名所として有名でしたが、今は御殿山トラストシティ内の御殿山庭園になっています。

 

Img_1666

 

Img_1664

 

御殿山庭園の隣の「御殿山通り」の桜も満開でした。

 

H_dsc03199

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019/03/12

ポルトガルに行ってきました

以前、宮本輝さんの「ここに地終わり海始まる」を読みました。

 
北軽井沢の結核療養所に入院する21歳の女性のもとに、ある日、一枚の絵葉書が届きました。その絵葉書には、ポルトガルのロカ岬の写真が印刷されていて・・・。
 

「ここに地終わり海始まる」を読んで、ポルトガルのロカ岬に行ってみたい、と思いました。
日本からポルトガルには直行便がなくて、家庭の事情もあって、なかなか行くことが出来ませんでした。
 
しかし、念願のポルトガルに行ってきました。
 

Img_1557
 

ロカ岬は、晴れていましたが、強い風が吹いていました。
 
ロカ岬は、ヨーロッパの最西端にある岬です。
 
そこには石碑が建っていて、「ここに地終わり海始まる」と碑文が刻み込まれています。
ポルトガルの詩人カモンエス(カモンイス)の「ウス・ルジーアダス」(ウズ・ルジアダス)という詩の一節です。

大航海時代のポルトガルの栄光をうたった詩だそうです。
 

Img_1566
 
   
青い大西洋を前に、深く感動しました。
 
遂に、ここまで来た!
 
ここが、ロカ岬だ!!
 
と心の中で叫びました。
 




| | コメント (0)

2018/12/24

玉川上水緑道を歩く -東京散歩-

玉川上水緑道を歩いてきました。
 

江戸時代に、江戸市中に飲料水を供給するために造られた玉川上水は、多摩川の羽村取水口から四谷大木戸までの43㎞に及びます。

玉川上水緑道は、玉川上水に沿って造られた緑道です。
現在、福生市の平和橋から杉並区の浅間橋までの24㎞が、整備されて歩けるようになっています。
 


Img_1260



JR青梅線・西武拝島線「拝島駅」で下車しました。

拝島駅前に平和橋があり、「玉川上水緑道」と彫られた石の道標(銘名板)があります。

さあ、出発です。



Img_1255

 

美堀橋(東京都昭島市)のあたりです。
 

歩いている人は少ないのですが、走っている人は結構います。
今は、ランニング・ブームですか?

緑道には所々にベンチがあるので、水を飲んだりチョコレートを食べたりして休憩します。今回は、約2時間歩きました。

風は冷たいですが、歩いていると暑くなります。
 

歩くのは気持ちがいいですね!!!
 





 

| | コメント (0)

2018/11/29

囲炉裏に火が -東京散歩-

Img_1207
 


小春日和のある日、立川市の古民家園に行ってきました。

古民家園は、いつ来ても綺麗に清掃されていて、気持ちの良い場所です。
囲炉裏には火が入っていて、煙が土間に漂っていました。

子供の頃、遊びに行った田舎の家を思い出して、懐かしくなりました。
 


Img_1208
 


川越道緑地古民家園 (東京都立川市)
 
入園料は無料です。
 



| | コメント (0)

2018/11/13

不思議な峠駅 -奥羽本線-

2010年、増田誓志選手の応援のために、毎月、山形新幹線に乗って山形県天童市のモンテディオ山形のスタジアムに通っていました。

 
その時、山形新幹線の車窓から不思議な雰囲気の場所を見つけました。
その場所は、福島駅と米沢駅の間にありました。
 
大きな屋根と鉄骨に囲まれた場所で、ホームがありましたので、昔の駅でしょうか?
ある時、そのホームに人が立っていたので、吃驚しました。
帰宅して、ネットで調べてみると、奥羽本線(山形線)の峠駅でした。
 


Img_1134
 


Img_1153
 


Img_1146
 


峠とは、板谷峠のことです。
峠駅(山形県米沢市)は、標高626mで、奥羽本線内で最も高い駅で無人駅です。
スノーシェルター(雪覆い)に覆われたホームは、独特の雰囲気があります。
 
鉄道ファンにとって、峠駅は「聖地」のひとつだそうです。
 


Img_1133
 


10月に姥湯温泉(山形県米沢市)に行くことになり、アクセスを調べてみたら、最寄駅が峠駅でしたので嬉しくなりました。
 
福島発米沢行きの奥羽本線(山形線)は、昼間は1本しかありません。
上の写真は、福島駅の時刻表です。
12:51発の米沢行きに乗り遅れないように、早目の新幹線で福島まで行き、福島でうどんや駅弁を食べて時間調整しました。
最近は、新幹線がよく遅延するので用心のために。
 

Img_1154
 


峠駅前には、有名な「峠の茶屋」があります。
以前、新幹線の中で、「峠の力餅」を購入したことがあります。
 
姥湯温泉の送迎車の集合時間まで時間がありましたので、峠の茶屋にお茶に行きました。今回は、「あんこ餅」を食べましたが、お餅が柔らかく美味しかったです。


Img_1151
 


Img_1143
 

2010年に峠駅を知り、2018年に峠駅に降り立つことが出来たのは、何だか不思議な感じがします。
山形とは、不思議なご縁があるのかしら?
これも、増田誓志選手が導いてくれたご縁かもしれませんね。
 
 



 

| | コメント (0)

2018/11/01

丸の内仲通りを歩く -東京散歩-

10月のある晴天の日、丸の内仲通りをぶらぶらと歩きました。
 

10代の頃から丸の内、有楽町、日比谷、銀座界隈が好き!

逆に、新宿や渋谷は苦手です。
特に渋谷は、JRの改札口を間違えて歩き始めると、ここは何処? と直ぐに迷子になります。
 

Img_1176
 


JR東京駅前から行幸通りを歩き、皇居を眺め、その後、丸の内仲通りへ。

丸の内仲通りは、お洒落なショップやレストランが出来て、以前に比べると大分変わりました。
ここに、私の青春がある、と懐かしくなります。
 


Img_1180
 


国際ビルにある「バカラ ショップ 丸の内」でお買物。
 
結婚○○周年の記念に!!
 

 




 

| | コメント (0)

2018/10/09

最高の温泉 -姥湯温泉・桝形屋-

山形県米沢市の姥湯温泉(うばゆおんせん)桝形屋(ますがたや)へ行ってきました。
 

Img_1169
 

吾妻連峰の北側、標高1300mの奥深い谷間に湧く姥湯温泉。
山の中の一軒宿です。

 
紅葉と満天の星を眺めることが出来る露天風呂。
 
乳白色のお湯が肌に優しい内風呂。
 
尚、内風呂は10時過ぎに清掃があり、お湯を入れ替えていました。時間帯によってお湯の色や温度が変わりますので、連泊したので、色々と楽しむことが出来ました。
 
 

Img_1161

 
写真は、1日目の夕食です。
これ以外にも、お料理は次々と出てきます。

連泊したので、焼肉とすき焼きの両方を食べることが出来て、肉好きの私は満足しました。
芋煮が、以前、天童で食べたものと味が違うのに吃驚し、蓬そばも食べました。
 

満足
満足
満足
 

そして、お値段です。
 
1泊2食付 13000円 (税込 14040円) 平日
1泊2食付 13500円 (税込 14580円) 休前日
 
安い!
 

以前、1泊2食付 約50000円の高級温泉旅館に泊まったことがありますが、あれは何だったのかしら?
今、私の頭の中で、温泉旅館の価値観が揺らいでいます。
 
 
姥湯温泉は、山が好きな私にとって最高の温泉でした。
 





| | コメント (0)

2018/08/04

コロボックル ヒュッテのマグカップ -霧ヶ峰高原 車山肩-

Img_0954
 

 
霧ヶ峰高原(長野県諏訪市)の車山肩にある「コロボックル ヒュッテ」で購入したお土産の品。
 
山旅の記念に、マグカップ。
 


Img_0957
 


そして、絵葉書。

 


今日も、登山者や観光客が、「コロボックル ヒュッテ」でお茶しているでしょうか?
 




| | コメント (0)

2018/07/28

クヌルプ ヒュッテの朝食 -霧ヶ峰高原 沢渡-

霧ヶ峰高原の山行では、2軒の山小屋に泊まりました。

1軒目は、車山肩のコロボックル ヒュッテ。
2軒目は、沢渡のクヌルプ ヒュッテ。
 

2017年に創業60年を迎えた霧ヶ峰高原 沢渡(さわたり)の山小屋 クヌルプ ヒュッテ。

今回が初めての宿泊です。
1泊2食付の料金が6800円と安いので、あまり期待しないで行ったのですが、すごく居心地の良い山小屋でした。

お母さんと息子さんの二人で経営する、静かな山小屋です。
夜は、真夏なのに毛布と布団をかけて、ぐっすりと眠ることが出来ました。
 

Img_0941  
 

Dsc02643h_


朝食は、山小屋では珍しいパン食です。
 


初めての山小屋だったのに、とても懐かしく感じました。

 
また、行きたいなあ。
 

Dsc02586h_


Dsc02592h_








| | コメント (0)

2018/07/23

霧ヶ峰高原に行ってきました

Img_0901  

 

Img_0907  

 

週末に、霧ヶ峰高原(長野県諏訪市)に行ってきました。


先ずは、車山肩の「コロボックル ヒュッテ」でランチ。

ボルシチ・セット 1300円(税込)

テラス席からの山々の眺めは美しく、山女の私は興奮気味です。
ボルシチも美味しく、最高のランチになりました。

 

Img_0912


Img_0927


7月の霧ヶ峰高原に咲き乱れるニッコウキスゲの花。
 
鹿の食害のために、ニッコウキスゲの花はだいぶ少なくなり、現在は電気柵とロープ囲いの中に咲いています。一時は鹿の食害のために全滅したらしい、と聞いていたので、ニッコウキスゲの花を見ることが出来て嬉しかったです。
 

2泊3日の山行で、2軒の山小屋に泊まり、歩いて、食べて、充実した旅になりました。
 
足を痛めたため、もう3000mの山は無理と諦めていましたが、まだ2000mの山は十分に楽しむことが出来ました。


人生の新たな楽しみが出来て嬉しい今日この頃です。
 




| | コメント (0)

より以前の記事一覧